運動会での挨拶を会長に任せたら閉会式が感動に包まれた幼稚園の話

スポンサーリンク

運動会では会長挨拶はつきものですよね。分かってはいても、いざとなると文章が考えられないなんてことありませんか。子どもの前で恥をかいてしまったら、子どもの立場も危うくなるし、自分の自信消失もつながりかねません。

普段から仕事で挨拶を頻繁にしている方ならまだしも、普通人前で話す機会はそんなに多くはないと思います。

そんな会長さんでも感動の文章が書ける方法をお伝えします。

運動会

運動会は体育祭などと称されることもあり、イギリスやドイツの職高体育的行事に起源を有します。

しかしながら、日本における運動会の発足は「国威発揚」「富国強兵」「健康促進」を目的として明治末期から社会的に広く普及したことから「近代日本独特の体育行事」であるとされています。

そんな運動会ですが、季節的には「春の運動会」「秋の運動会」どちらかに分かれるのではないでしょうか。

どちらも季節的にはいいような響きですが、昨今の気候については、どちらの時期も熱中症が不安視されるようになりました。9月は残暑が続くので、5月の比較的涼しい時期に運動会を実施しようと変更した学校も多くみられました。

しかし、2019年の5月は例年になく真夏日となった日に当たってしまい、午後の部を中止し、後日改めて、行うという判断をした学校も多かったのではないでしょうか。

ここ最近の異常気象により、体調を崩す人が多くなってきています。屋外での運動会が限界にきている気がしますね。

その点私の子どもたちが卒園した幼稚園では、運動会は体育館で行われます。初めて聞いた得は「運動会は外でしょう」と思っていましたが、この異常気象を配慮すると、体育館は賢い選択なのかもしれません。

屋内であっても十分楽しめましたし、天候に左右されることもないので私はおすすめします。

挨拶

「長」のつく役を任されている方は、挨拶は必須ですよね。緊張もするかもしれません。どんな挨拶をすればいいのか、考えていたら朝になってしまったなんて経験あるのではないでしょうか。

聞く側からしてみれば、またあの「挨拶か」と言ったようにあまり期待をしていないのが現実です。

しかし、挨拶が変われば周りの見る目が変わってくるのではないでしょうか。一般的に、幼稚園の役員がする挨拶は前年度の挨拶を参考にする事が多いと思います。私も、幼稚園や小学校の挨拶をお願いされたときは、「前年度の挨拶文を参考にしてください。」と渡されました。

読んでみると当たり障りのない文章でまとめられています。確かに毎年同じような挨拶だとは思っていましたが、こういうことだったのかと、理解したものです。当然、文章を考えないで済むので、だれにでも出来ますね。

ですから、同じような文章であっても少しアレンジを加えることで自分らしい挨拶にする事も出来ます。「あっ」と言わせる挨拶をしてみたいものです。

会長

子どもがいれば誰にでもなる可能性があるのが、父母会やPTA、また、保護者会の会長です。私もなりました。

しかし、父母会やPTA、また、保護者会の会長になったからと言って、ただの役員とはそれほど変わりません。

なぜなら、前例のないことをあえてしようとする人が少ないからです。もちろん、自主的に会長を望まれる方は別ですが。多くの方は自分からというよりは、お願いされてやられるのではないでしょうか。

どちらにしましても、「長」の役割を果たせば問題なしですが、積極的に良くしていってくれる方がいると、他の役員の方たちも積極的に参加して頂けると思います。

昨今では、父母会やPTA、また、保護者会に参加をしない方が増えていると聞きます。幸い私の地域ではそういったことは起きていませんが、子どもたちが、幼稚園や学校生活を楽しくのびのびと送る為には必要不可欠だと思っています。

「会長にはなりたくない」ではなくて会長になったら何が出来るのかを考えて参加して頂きたいです。

幼稚園

3歳から小学校就学までの幼児を教育し、年齢に相応しい適切な環境を整え、心身の発達を助長する為の教育施設が幼稚園であると定義されています。

3歳未満の乳幼児は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする場合、保育園に入所することになります。

また2006年には教育・保育を一体的に行う施設で、幼稚園と保育園の両方の良さを併せ持っている施設である認定こども園が誕生しました。

認定こども園には4つのタイプがあります。

・幼保連携型
・幼稚園型
・保育所型
・地方裁量型

以前は、幼稚園に通った子と保育園に通った子で1年生になったときに大きな差になっていました。入学後の教室内での子どもたちの行動をみれば一目瞭然です。話の聞き方一つとっても、幼稚園に通った子の方が落ち着いて話が聞けるのです。

どちらがいいかは、分かりませんが。就学時には皆足並みが揃っていると先生は嬉しいだろうなといつも感じていました。そんな悩みを解消してくれるはずと期待してしまうのが、認定こども園ですね。

どこに通うかは、家庭の事情なので、子どもたち自身で選ぶ子とは出来ません。小学校就学前は子どもたちにとって大切な時期です。平等に教育を受けさせる環境は私たちが創って行くものだと思います。

幼稚園の生活が有意義で思い出に残るものになることを願っています。

まとめ

<運動会での挨拶を会長に任せたら閉会が感動的になった幼稚園のポイント>
1. 運動会は異常気象の影響で「春」「夏」どちらがいいとはいえないので、体育館を活用しよう。
2. 挨拶は前年度の文章を入手し、アレンジを加えると感動する文章が出来る
3. 会長は積極的にやってくれる方がいると助かる。
4. 幼稚園は3歳からだが、認定こども園が増えたことで、保育園でも教育が受けられるようになった

幼稚園の運動会での挨拶は子どももよく見ています。

○○ちゃんのお父さん・お母さんなどと声が上がるかもしれませんが、気にせずに、大きな声で、はっきりと分かりやすい内容の挨拶が出来るといいですね。

初めての運動会、最後の運動会様々な思いがあると思います。私も運動会で涙を流した人の一人です。感動の挨拶で締めくくりましょう。

 

【こちらも読まれています】

運動会閉会式で児童挨拶の言葉例文集!何を盛り込む?練習場所は?
小学校の運動会は学年も1~6学年まで幅広く、成長もひとしおに感じられるものではないでしょうか。そんな運動会で児童により行われるのが開会と、閉会の言葉です。運動会の閉会式でどんな言葉を述べればいいのか、またその練習についてなどをご紹介したいと思います!

コメント