梅干しに白いカビがはえた!カビ防止方法は?梅はちみつ漬けもカビる?

スポンサーリンク

たくさんの梅干し

真っ白なご飯と一緒に食べたり、おにぎりの具として入れたり、とてもおいしい梅干し

長期的に保存できて、賞味期限なんて言葉は無縁の食べ物って感じがしませんか。

正直私も、腐ったりカビがはえたりせず、ずーっと保存できるものと思っていました。

実際、私の実家でもおばあちゃんが毎年梅干しを漬けてくれていましたが、腐ったりカビがはえたりしたのを見たことがありませんでした。

でも、よくよく見るとスーパーなどに売られている梅干しって賞味期限がありますよね。

あれ、ということは梅干しって腐るの?もしかしてカビもはえたりする?

気になったら何でも調べてみたくなるのが私の性格なので、調べてみました!

梅干しのいろんなこと。

まさか、梅干しにカビがはえるなんて!

せっかく調べたので、梅干しにはえるカビのことや、賞味期限、保存方法までご紹介していきたいと思います。

もしよかったら、参考にしてみてくださいね。

梅干しに白いカビがはえた!食べれるの?捨てた方がいい?

みなさんは梅干しにはえたカビって見たことありますか?

残念ながら私は実際に見たことはありません。

私が食べている梅干しはたいていスーパーで買ったものなのですが、何か月か冷蔵庫に入れていてもカビがはえたりしませんでした。

私のような方は、カビのはえた梅干しなんて見たことがないんじゃないでしょうか。

それもそのはず、スーパーで売られているものには防腐剤が混ざっているので、カビがはえにくくなっているのです。

それに、賞味期限が記載されているので、やっぱり期限を守りますよね。

じゃあ、いつ、どんな梅干しにどんなカビがはえるのでしょうか。

それはずばり、お家で漬けた梅干しです。

お家で梅干しを作っていると白カビのようなものとよく出くわします。

なんだかびっくりですよね。

できあがった梅干しじゃなくて、作る途中でカビがはえるなんて。

でも、せっかく保存食として作った梅干しにカビがはえたら悔しいやら、悲しいやら。

私なら、へこみ過ぎてしばらく立ち直れないかもしれません(笑)

では、そもそも手作りの梅干しになぜ白カビがはえるのでしょうか。

それは梅の実を洗った後しっかり乾かさなかったり、直射日光に当ててしっかり水分を抜かないとカビがはえる原因になってしまいます。

つまり、水分が原因ってことですね。

それと、梅酢にしっかり漬かっていないとこれもまたカビがはえやすくなるので、しっかり梅酢につけましょう。

それでももし、白カビがはえてしまったら、梅を取り出して熱湯かホワイトリカーでしっかり洗って、半日から1日天日干しにしてください。

梅酢はガーゼかコーヒーフィルターでこして、ホーロー鍋でしっかりと煮立たせてから、冷まし、天日干しにした梅をいれて漬けなおします。

ざるに干された梅干しでももし、梅酢が変な匂いがしていたり、梅の中にまでカビがはえていたら、潔く捨てて下さいね。

カビが梅の中にまで入ってしまうと、消毒しても殺菌されないので、気を付けて下さい。

ちなみに、昔おばあちゃんが漬けてくれていた梅干しにカビがはえたり腐ったりしていなかったのは、お塩のおかげでした。

おばあちゃんが作る梅干しは、お塩たっぷりでとっても酸っぱい梅干しでした。

なんと、お塩をたくさん使うことで、殺菌効果があり、かびたり腐ったりしない賞味期限のない梅干し、本当の保存食が完成していたのです。

なるほど、やっぱり昔の人はすごいなと感心させられました。

でも、今は健康志向なので、塩分は少なめの方がいいですよね。

お塩が少なくなる分、カビがはえたり腐りやすくなったりはしますが、きっちり、手間をかければ、おいしい梅干しができるというわけです。

もし、おうちで梅干しを漬けるなら、しっかり除菌と乾燥をしてカビをはやさないおいしい梅干しを作りましょう。

梅干しのカビか塩か見分け方!

塩がまぶされた梅

手作りの梅干しにはえる白カビ。

でも、この白カビって見分けるのが意外と難しかったりするんです。

その代表的なものとして産膜酵母といわれるものがあります。

なにそれ?酵母ってなに?って私も初めて聞いたとき思いました。

ぱっと見は梅酢にうっすら白い膜がはったようになるので、初めて見たら、確かに白カビと間違えるかもしれませんね。

でもこの産膜酵母、全く体に害がないんです!

むしろ梅を柔らかくしてくれる素敵なものなんです。

産生酵母は、酵母の1種で増殖することで、ペクチンやセルロースを分解する酵素を産生するんです。

なので、梅酢が白くにごってしまったと慌てなくても、大丈夫ということです。

ただし、産膜酵母はほっておくとその膜に他のカビがはえてきてしまうので、ちゃんとお手入れをしないといけません。

といっても、毎日瓶をゆすってかき混ぜるだけ。

これだけでカビ予防になり、おいしい梅干しができるのです。

うれしいですね。

そして、もう一つ白カビとの区別が難しいものとしてお塩があります。

梅干しを漬けるときには大量のお塩を使うので、梅干しに白いものがついていたら、カビ?それともお塩?なんて悩んでしまいますよね。

この2つの大きな違いとしては、ふわふわしていたり白い膜のようなものが張っていたら白カビ

ツブツブがあって触るとかたいものがお塩です。

そういわれても、パッと見てわからないかもしれないし、もし間違えてカビを食べちゃったら・・・と考えるとぞっとしますよね。

なので、もっと正確に見分ける方法として、私がおすすめしたいのはお湯につける方法です。

お湯につけて、溶ければお塩、溶けなければ白カビです。

とっても簡単だと思いませんか。

これなら私でも間違えることなく判断ができますね。

梅はちみつ漬けもカビる?

はちみつ梅干し

私が大好きなはちみつ漬けの梅干し

まろやかな酸っぱさと、甘さが何ともいえませんよね。

酸っぱい梅干しは苦手だけど、このはちみつ漬けなら食べられるという方も多いんじゃないでしょうか。

ただ、この甘さや塩分の少なさが、カビをはえやすくしているのです。

昔の梅干しはとにかくお塩をたくさん使っていたので、塩分濃度が高くカビがはえにくかったのです。

昔ながらの梅干しはだいたい塩分濃度18%以上で作られていました。

今の梅干しは塩分濃度10%未満、それこそ7~8%のものもあるので、カビがはえやすくなっているということです。

はちみつ漬けを作るときも、他の梅干しを作るときと同様に水分が残らないように十分気をつけることで、カビを防ぐことができますよ。

梅干しをカビさせずに上手に保存するには?賞味期限は?

お塩たっぷりで作られていた昔の梅干しは、半永久的にそして常温で保存が可能でしたが、塩分がおさえられている最近の梅干し。

いったいどのくらい保存できるのでしょうか。

一般的にスーパーで売られているものの賞味期限はだいたい3か月~6か月程度です。

ものによってはもっと短いものもあります。

そして、私も必ずしていましたが、冷蔵庫で保存してくださいね。

これもやっぱり塩分濃度との兼ね合いで、塩分濃度が低い梅干しは、冬でも冷蔵保存をして、賞味期限を守ってくださいね。

賞味期限が6ヵ月というのは考えようによっては、ありがたいなぁとも思いますが、でもそんなに一度にたくさん食べられないのも梅干しの特徴。

そんな時にお勧めなのが、冷凍保存です。

なんと梅干しも冷凍保存できるんです!

大きな粒なら1粒ずつ、小粒のものなら食べる分ずつだけ小分けにラップして、保存袋に

いれて冷凍してください。

なるほど、冷凍か。

考えもしなかったというのが私の感想です。

解凍もとても簡単。

冷凍庫から出して自然解凍するだけ。

とっても便利ですよね。

私もぜひやってみたいです。

まとめ

小鉢に入った梅干し

  • お家で梅干しを漬けるときは白カビに注意。
  • 梅干しにはえる白いものには産生酵母、お塩、白カビがあります。
  • お湯につけてお塩と白カビをしっかり見分けよう
  • 塩分濃度が低いはちみつ漬け梅干しはカビがはえやすくなります
  • スーパーの梅干しは冷蔵保存をしっかりと。冷凍保存もおすすめです

いかがでしたか。

ご自宅で梅干しを漬けるときは、梅や保存容器の水分が残らないようにし、しっかり除菌と乾燥をさせて下さいね。

もし、それでも梅干しに白いものがはえたら、お湯につければそれがお塩なのか白カビなのかわかりますよ。

梅酢が白くにごっているときは産生酵母の可能性あり。

食べても体に害はありません。

梅を柔らかくしてくれる酵母なので、カビがはえないように毎日ビンをゆすって、かき混ぜましょう。

はちみつ漬けなどの梅干しは、昔の梅干しと違ってお塩の量がすくないため、カビがはえやすくなっています。

しっかり冷蔵庫で保存してくださいね。

たくさん食べれないときは、あらかじめ冷凍保存することをお勧めします。

しっかり保存しておいしい梅干しをながく食べれたらいいですね。

【こちらも読まれています】

ぶどうにカビがはえた!カビの種類は?黒・緑のカビは?白い綿毛の正体は?
夏になるとスーパーでよく見かけるぶどう。でも、ぶどうを食べるときにいつも気になるのが、白いモヤモヤとしたもの。買ってきたばかりのものについていることもありませんか?でも、これって本当に大丈夫かな?少し心配になったので、ぶどうとカビについて調べてみました。

コメント