台風で欠航して飛行機が飛ばない!ホテル代は?払い戻し方法は?

スポンサーリンク

秋の旅行シーズンに旅の計画を立てて飛行機やホテルも予約、あとは当日を楽しみに……なんて思っていたら、台風の接近情報で焦ってしまった経験はありませんか?

秋は台風など天候が原因でダイヤが乱れたり最悪欠航になってしまう可能性があり、こうなった場合は「飛行機代の払い戻し方法は」「ホテル代はどうなるの?」など悩みが出てきます。

また季節や場所による欠航率、万が一の保険はあるのか、そもそも欠航の可能性や欠航時どうなるのかは、できるだけ事前に知っておきたい情報ですね。

このように9月に旅行の予定を立てたけれど台風が接近してきて不安、計画を立てたいけれど台風で欠航した場合の飛行機やホテル代の払い戻しはどうなるのかについてまとめています。

台風の影響でキャンセルとなったホテル代はどうなるのか、飛行機の欠航率や欠航の可能性、保険、欠航時はどうなるのかなど秋の旅行で気になる疑問の解消のため、ぜひご確認ください!

【台風で欠航して飛行機が飛ばない!欠航の基準は?国内線・国際線・航空会社によって違う?】

飛行機とまとめていますが大きな分類として国内線・国際線があり、それぞれの欠航基準や可能性については以下のようになっています。

国際線

・国内線に比べ欠航率は低い
・出発遅延などの対策が多い

国内線

・欠航率は高くはない
・沖縄、九州方面は多少多め

国際線の場合はそもそも便が少なく欠航するとダメージも大きいので、出発時間をずらすなど安全に航空出来る対策があればできるだけ対応しています

ですから逆に「台風だからどうせ欠航になる」と確認もせずにいると知らない間に飛んでしまったなんてことにもなるので、注意が必要です。

ちなみに国内線・国際線での台風時の結構基準については各航空会社にマニュアルがあり基本的にそれに沿って対策されてはいますが、最終的には「臨機応変な対応」がほとんどです。

判断が微妙な状況で出航予定だったものが出発前のブリーフィングで欠航を決定する場合もあり、天候が相手ですから事前に読み切るというのはなかなか難しいんですね。

また飛行機の機種によっても安全に飛べるかどうかの違いもでるので、総合的に判断するため「格安航空会社は欠航しやすい」という噂は決して間違いではありません

しかし機体の損傷や滑走路の風速や風向きによって直前に欠航を決定する場合もあり、「高いチケットを買えば確実に飛べる」なんて保証もないので注意しましょう。

欠航が決まった場合はそれぞれの航空会社のホームページで確認ができ、その際周辺空港への振替便などが提案されることもあります。

台風が直撃していても飛行機が飛ぶこともあるので、予定を変更したくない場合ともあれ定刻までに空港に到着出来るように行動しておくのも良いですね。

【台風で欠航する可能性はいつわかる?欠航決定がくつがえることはあるの?】

先程欠航の基準についてお話した通り欠航の基準については臨機応変な対応が多く、出発直前に欠航が決定することも少なくありません。

こまめに情報をチェックしておくことが大切になるので、航空会社のホームページなどはできるだけチェックし、すぐに対応できるようにしておきましょう。

電話で確認を取ることは可能ですが同じように考えている方ももちろん多く対応しきれない可能性があり、インターネット環境がある場合はできるだけこちらを使ったほうが早く情報を入手できます。

また一度欠航が決定した後で風向きが変わる、台風がそれるなどが起こると「欠航決定したけれど覆るかも?」と思ってしまうこともありますよね。

しかし一度欠航が決定した場合は状況が変わってもその決定が覆されることはありませんので、一度欠航の情報が出たら即座に対策をはじめて大丈夫です。

【台風で欠航が決定して飛行機がとばない!ホテル延泊代金は航空会社が払ってくれる?】

旅行中に台風が直撃してしまい飛行機の欠航が決定した……こうなると家に帰ることはできないので、多くは飛行機が動けるようになるまでホテルを延泊することになります。

こういった場合、「飛行機が飛ばなかったために一日伸ばすことになるのだからホテル代は払ってくれるのでは?」と考える方もいらっしゃいます。

基本的に飛行機が欠航してホテルに延泊するようになったなどの場合、ホテル代を払ってくれるかどうかは以下の状況で分けられます。

会社都合の欠航

会社都合とは例えば機材の故障やシステム障害など、航空会社に責任がありこれらの原因で飛ぶことが出来なかったことを指します。

責任が航空会社にあるためホテル代を請求することは可能になりますが、この場合も多くは「ホテル代を実費で払い、その後航空会社に費用を請求する」という形が多くなるのでご注意ください。

不可抗力の欠航

台風など天候が理由の場合は航空会社の努力でどうにかなることではありませんので、航空会社がホテル代を負担するということはありません

ホテルをキャンセルする場合の費用についても基本的にこの2つのどちらかで判断されるので、台風の場合は不可抗力、ホテル代の保証などもないことを知っておきましょう。

【台風で欠航した場合に飛行機費用の払い戻しはどうする?手続き方法は?】

台風で予定していた便が欠航してしまった場合、飛行機費用についても払い戻しなどの手続きが必要になるので、払い戻し方法も事前に知っておきましょう。

最初に考えることとして、払い戻してもらうか別の飛行機に予約を変更するかを選ばなければならないのでプランを練り直してみましょう。

払い戻し・予約の変更どちらにしても台風など天候が原因の場合は責任などはない「不可抗力」なので手数料はなし、国内線・国際線どちらも出発予定日から10日以内を条件に無料となります。

払い戻しや予約の変更は空港に行ってカウンターで処理してもらうこともできますし、航空会社のホームページで手続きをすることが可能です。

台風が近づいている危険なシーズン、事前に空港に移動してしまっている場合は空港で、自宅で欠航を知った場合は自宅から手続きをしてしまいましょう。

逆に「一刻も早く代替え便を確保して目的地に行きたい」という場合は空港に移動しておいてキャンセル待ちをするのが一番早い方法になります。

台風の場合はどれだけ長くなっても一両日中には飛行機が飛ばないなんてことはなくなるので、ちょっとでも急いで目的地に向かいたい場合はこれもひとつの方法ですね。

【台風で欠航して飛行機がとばない場合に会社は有休扱いになる?】

旅行を楽しんで帰る際の飛行機が欠航してしまい帰れなくなった結果、次の日の会社に出社できなくなった……こんな場合はどうしても焦りますし、どのような休みになるのかも気になります。

基本的に会社側から見ると単純に「労働者からの労働」がありませんのでその期間の賃金を支払う必要がなく、そのままでは欠勤扱いとなってしまうことが多いです。

台風による飛行機の欠航の責任はもちろん会社にはありませんし、状況としては「労働者が会社に来れなかった」という事実があるだけなんですね。

会社には「台風のために飛行機が欠航になり一日帰るのが遅れてしまい、出社できませんでした」と正直に言うしかありませんし、下手な言い訳は逆効果になることも多いです。

もちろんこれで終わってしまっては困るので、基本的に出来る対策としては以下のようなものがあります。

有給休暇に振り替えてもらう

対策として有給休暇に振り替えてもらうことが最も多いですが、この場合は会社の許可を得る、また有給の事後振替の規定がある場合はもちろん会社での手続きを行う必要があります。

その際に欠航の証明書が必要になる場合もあるので、旅行に行く前に会社の規定を確認しておき、必要な書類を用意しておけると良いですね。

現場待機の命令を出してもらう

これは個人的な旅行ではなく出張などが理由で出かけ戻れなくなった場合にしか使えない方法ですが、会社から待機命令が出たという状態であれば休業手当を取得することも可能です。

【9月の台風シーズン、旅行は危険?台風の欠航率が高い旅行先は?】

9月に旅行するとなれば気になる台風、この時期は飛行機を使う旅行は避けておく方もいらっしゃるほどですが、その中でも特に欠航率が高い旅行先はどこかをチェックしておきましょう。

まず最初に、9月の台風シーズンで欠航率が高い旅行先としては、以下の場所があります。

・沖縄
・九州
・山口

こうしてみると分かりやすく台風が直撃しやすい沖縄や九州地方の欠航率が高いので、この時期にどうしても九州・沖縄に行きたいという理由がなければ時期をずらしても良いかもしれませんね。

過去の台風の流れを詳しく把握したい場合、毎月の違いなどを詳しくチェックしたい場合は気象庁のサイトにて台風関係の資料なども見ることが可能なので、そちらを参考にしてみましょう。

気象庁サイト:

気象庁 | 台風情報

【台風で欠航して飛行機が飛ばない場合でも安心!台風保険とは?】

先程お話した通り台風が原因の場合に飛行機が飛べないのは「不可抗力」となってしまい責任はなく、ホテル代などは自腹でなんとかしなければならなくなってしまいます。

この対策としておすすめなのが旅行保険などにつけることが出来る「航空機遅延費用等特約」で、旅行が多い方で必要と思われた場合にはぜひおすすめします。

「台風保険」とも言われるこの「飛行機遅延費用」などは飛行機の遅延や欠航によって発生した費用を保証してくれる保険契約で、以下のような場合に適用されます。

・6時間以上の遅延
・欠航時
・受付不備などで搭乗できなかった
・着陸地点変更などがあった

このような場合にホテル代などの宿泊費用や食事代、これらが原因によって必要となった移動費用、電話などの通信費などが補償されます。

航空機遅延費用の特約を付ける場合の保険費用についてはそれぞれの保険会社で多少の差はあるものの旅行保険に数百円プラスになる程度で、ぜひつけておきましょう。

また現在加入している保険に航空機遅延費用特約がつけられないかどうか、そもそも入っているかも確認しておくと、より使いやすく安心して頼れます!

【まとめ】

台風が直撃して飛行機が欠航になってしまった場合の払い戻し方法や必要となるホテル代、台風に関わる保険などまとめ!

1:国際線は比較的遅延などで対策を取ることが多く欠航は少なめ、しかし決定は直前になることもあるので柔軟に動けるようにしておこう
2:飛行機は欠航と決定された場合は例えその後変化があっても覆されることはないため、欠航が決まったら速やかに対策しよう
3:台風による欠航などが理由の場合は航空会社にとっても不可抗力となるのでホテル代や食事代などは支払われないことに注意
4:欠航時の手続きをする場所として空港のカウンターはもちろん、自宅からインターネットで払い戻しや予約の変更手続きをすることも可能
5:台風による欠航が原因で会社を欠勤することになっても基本的には対処されない、有休の事後振替など手段がある場合は有休にすることも可能
6:台風シーズンはやはり直撃しやすい沖縄や九州地方への飛行機の欠航率が上がるため、九州・沖縄地方へ旅行に行く場合は注意しよう
7:台風保険に入っておけば安心、「飛行機遅延費用等特約」は数百円でつけることが可能なので旅行が多い方はぜひ加入しておこう

台風が原因による欠航は航空会社にとっても利用者にとっても「不可抗力」であり、安全に飛べないと判断して欠航になった場合は仕方がありません。

このような天災にも対応できるように台風保険に入っておくことも大切ですし、払い戻し方法などは事前に確認しておき、当日慌てないようにしていきましょう!

 

【こちらも読まれています】

台風で新幹線が運休!払い戻し方法は?帰れない場合のホテル料金は?車中泊の場合は?
9月になると暑さもマシになってきて旅行が楽しいシーズンではあるものの、一方この時期の旅行で心配なこととして台風がありますよね。 台風が旅行の予定日に直撃して予定していた新幹線が運休になってしまったなんて可能性があり、そうなった場合はどうすればいいのか、払い戻しの方法なども気になります。 ここでは台風のシーズンでもある9月に旅行したい方に向けて、台風で新幹線が運休となってしまった場合の払い戻し方法、旅行中だった場合はホテル料金などがどうなるのかをまとめています。 せっかく旅行が楽しいシーズンでもある9月、旅行はしたいけれど台風の影響が気になるという方はぜひ事前にチェックしておき、旅行を楽しめるようにしていきましょう!

コメント