共働きの親御さんへ!夏休みの過ごし方ポイント 高学年向け

スポンサーリンク

青い空と草原

もうすぐ夏休み!

お子さんのいるお家ではお子さんがお家にいる時間が増えますね。

共働きのお家では不安・心配が多いのではないでしょうか?

一人で留守番させるのは心配。遊びに行ったとき何かあったらどうしよう。

様々な悩みが出てくるかと思います。

しかも高学年になると子供たちも自分で考えて動いて行動範囲も増えると思います。

そこで、今回は高学年のお子さんがワンステップ成長できる夏休みの過ごし方のポイントをご紹介します!

子供にとって共働きってさみしい?

落ち込む人のイラスト?

親からすれば高学年でもまだ10歳ほどの小さな子供ですよね。

でも意外にも子供からすればもう色々出来るよ!となる年。

意外に親がいなくてもさみしい、と思わない子も少なくないと思います。

もちろんさみしい子もいるはずです。

その子供の気持ちはきちんと確認しておいた方がいいでしょう。

親が自分の気持ちを知っている、というだけで十分支えになるときもあります。

そして子供の心境を把握した上で夏休みの間子供にどのように過ごしてもらうかを考えるといいかと思います!

夏休みを使って子供のしたいことを経験させよう!

元気な女の子のイラスト

夏休みにどこかへ連れていく、となると親御さんの仕事の都合などで難しくなるかと思いますが、なるべくお子さんとの時間を作ってあげるといいです。

中学生になってしまえば、部活動や友人とどこかへ出かけるなど、家にいる時間がどんどん減っていきます。

なので小学生のうちに家族の時間夏休みの間に経験出来ることをしてあげることがとても大事になります。

夏休みの計画を子供自身に作らせる!

勉強する子供のイラスト

夏休みという長期休みにお子さん自身に計画を作らせるのは不安になるかと思います。

しかし、小学生のうちに自分で計画を立てる、ということに慣れていえば中学や高校に上がったときにお子さんが苦労せずに計画的に行動することができるようになります。

もちろん、まるっきり子供に丸投げしてしまっては意味がないので、作った計画表などを見て、絶対にできないだろう、という部分だけ訂正を入れるといいでしょう。

少々無茶な計画でもそのままにしておくのもいいかな、と私的には思います。

その計画で失敗して、学習することで次に生かせることができます。

夏休みのルールを作る!

もちろん、いくら自主的にさせる、といっても最低限のルールは必要です。

家での戸締りや火の扱い、困ったときにどこへ連絡するか、など親御さんの思う不安・心配要素を中心にルールを作っていくとよいでしょう。

作ったルールも子供に押し付けるのではなく、納得できるようなものにしましょう。

子供からすれば納得できないルールは守れませんからね。

子供にスマホを持たせるべき?

スマホのイラスト

最近は何かと物騒なのですぐに連絡が取れるようにしておきたいですよね。

でも早いうちから子供に携帯を持たせるのは、と思う方も少なくないと思います

そこで私がおすすめするのはiPodtouchや昔使っていたスマホなどWi-Fiがあれば使える媒体を持たせるといいと思います。

携帯のように好きなように使うことはできないけれど、Wi-Fiがあれば連絡を取ることはできるので安心できると思います!

まとめ

草原の中の少女

 

  • 夏休みのルールを作る
  • 子供の自主性を育てる
  • 子供の気持ちを尊重する

いかがでしたでしょうか。

親御さんからすれば様々な不安・心配があると思います。

でも子供からすればもう一人でも大丈夫だよ、という子も少なくないと思います。

だからこそお子さんと話し合って、夏休みどんな風に過ごすかを家族で決めてみるといいと思います。

ご参考になれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました

【こちらも読まれています】

共働きの夏休みはかわいそう?高学年なら一人でも平気?過ごし方は?
共働きをしている家庭でどうしても避けられないものとして子どもにとっても長い夏休みがあり、「子どもを預けて働くのはかわいそう?」という心配がありますよね。 低学年の頃は特にそういった気持ちが強く、しかしだからといって高学年になったら一人でも平気かと言われれば疑問ですし、どう過ごしてもらったら良いのか迷ってしまいます。 ここでは「夏休みに親が共働きだとまだ小学生の子どもはかわいそうでは?」という心配に対する解決策、また高学年なら大丈夫かどうかなどについての情報をまとめています。 両親ともに仕事をしているとどうしても避けられない夏休みの心配事、ここで少しでも心配を減らしたり、解決への糸口を探してみましょう!

コメント