必見!共働きの子供の夏休みかわいそう?そんなことないかも

スポンサーリンク

海岸で遊ぶ親子

皆さんは子供のころ、親御さんは共働きだったでしょうか?

私は小学校までは家に母がいましたが、中学からは共働きになって「お母さん頑張れ!」と言っていた気がします。

今の時代、大体のお家は共働きなのではないかと思います。

これから夏休みに入って、子供が夏休みだけど、変わらず仕事で時間を作ってあげられない、なんて家庭も少なくないはず。

そうすると周りから「子供がかわいそう」なんて言われることがある方もいらっしゃると思います。

かわいそう、と言われても、どうすることもできない…。

でも実際そうかもしれない…。

なんて悩んでる親御さんに今回は私なりの考え方や実際に小さいころから共働きだった周りの友人たちの様子を踏まえた上で、子供の考えや気持ちについて書いていこうと思います。

「かわいそう」は周りのエゴではないか?

陰口を言う人

少々言い方はきつくなってしまうかもしれませんが、大前提として家族ではない方にかわいそうなんて言われる筋合いはないのです。

ましてやそこに自分はこうした、子供のためを思うならこうするべきだ、など意見をおっしゃられる方もいらっしゃると思います。

しかしそれはあくまでもその方の家庭でのお話です。

参考になる部分もあるかとは思いますが、大半は綺麗ごとで実際はそんな風にできない!という意見だと思います。

ある程度の方は家でのことを知らずにそのようなことを言ってくるかと思います。

つまり、「子供だけで過ごさせている」という部分だけを見ていろんなことを言ってくることになると思われます。

その場合は単なる意見の押し付け、周りの「こうであるべき!」というエゴを押し付けられているだけなので私は共働きの子供はかわいそうだ、という考え方自体が好ましく思いません。

そもそも子供はどう思っている?

お絵描きするこども

そもそも子供によっては親がいないという状況がさみしいと思わない子もいます

私の場合はもう中学に上がってからでしたので、さみしいと思うことはなかったですし、私の周りにいた友人たちも共働きの家庭が大半でしたが、小学生の頃からさみしい、と言っていた友人はいませんでした。

小さいころからの慣れや一人で過ごしているわけではないなど様々な環境の問題もあるかもしれませんが大半の子はその状況が「当たり前」だと思って過ごしているのかもしれません。

もちろん中にはさみしいと思っている子だっているかもしれないので、そこはきちんとお子さんと向き合ってきちんと本音を聞いてあげることが大事だと思います。

子供側もほっとかれているわけではないんだ、と安心すると思います。

子供は意外に強い

子供だからと言ってあいまいにごまかすのではなく、きちんと話しましょう

逆にあいまいにされてしまうと子供はもやもやとした気持ちになり、よくないです。

きちんと子供と向き合って話せば子供はきちんとわかってくれます。

中には「お仕事頑張ってね!」と応援できる子も少なくありません。

親がいない、自分で考えて行動しなければ、と考え考える力、自主性が身につきます。

なので、必ずしも「さみしがっている」とは限りません。

共働き=ほったらかし?

共働きだから子供をほったらかしている、なんてことはないはずです。

きちんと普段から愛情を子供に与えていれば、子供はきちんとわかることができます。

もちろん愛情の形は人それぞれですし、必ずしもこの形が正しい!というものを一概には決められませんが、毎日コミュニケーションをとっていたり、ご飯を一緒に食べたりするだけでも十分愛情を伝えることはできます。

他にも一人で家にいるわけではない、という家庭も多いでしょう。

きょうだいがいる、祖父母がいるなど様々な方法で一人で過ごさせない方法はあります。

なので、ほったらかしている、というのは当てはまらないと私は思います。

子供がさみしがっているときは

親子で芝生に座るイラスト

それでもさみしがるお子さんのいる家庭もいらっしゃると思います。

その場合はお子さんと向き合って、少しずつ解決していくといいかと思います。

一緒にいて上げることが難しくても、「夕飯は必ず一緒に食べる」や「おはよう、おやすみのあいさつは必ずする」などの些細なコミュニケーションを毎日とるだけでもうれしいものですし、夏休みの間に旅行に行く、など特別な思い出を作ってあげるのもいいと思います。

お子さんに直接聞いてお子さんの気持ちを聞いてあげることはとっても大事なことだと思います。

なので、お子さんの主張は出来るだけ聞いてあげてください。

まとめ

子供3人

  • 子供の気持ちを決めつけない
  • 周りの意見を鵜呑みにしない
  • 各家庭なりの楽しい夏休みを

いかがでしたでしょうか。

共働きをしている方は一度は悩むことだと思います。

今回はあくまで私なりの考え方で、これが正しい、というものではありません。

一番は周りの意見に流されるのではなく、きちんとお子さんの気持ちを確かめて、各家庭なりの楽しい夏休みを過ごしていただけたら、と思います。

この記事を見た方のお悩みが少しでも軽くなっていたら幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

【こちらも読まれています】

共働きの夏休みはかわいそう?高学年なら一人でも平気?過ごし方は?
共働きをしている家庭でどうしても避けられないものとして子どもにとっても長い夏休みがあり、「子どもを預けて働くのはかわいそう?」という心配がありますよね。 低学年の頃は特にそういった気持ちが強く、しかしだからといって高学年になったら一人でも平気かと言われれば疑問ですし、どう過ごしてもらったら良いのか迷ってしまいます。 ここでは「夏休みに親が共働きだとまだ小学生の子どもはかわいそうでは?」という心配に対する解決策、また高学年なら大丈夫かどうかなどについての情報をまとめています。 両親ともに仕事をしているとどうしても避けられない夏休みの心配事、ここで少しでも心配を減らしたり、解決への糸口を探してみましょう!
共働き家庭の夏休み!高学年の子供はひとりで過ごせる?安心する留守番方法とは?
共働き家庭の夏休み、小学校高学年の子供におすすめするポイントをご紹介いたします。子供たちにとっては楽しみにしている夏休み。でも共働きの家庭では、休みの間ずっと家にいることができない為、子供だけでお留守番をさせるのは心配だったりするものです。日中家にいることができませんので、どうやって子供の夏休みの生活を規則正しく充実させるのかが、悩みの種です。

コメント