共働き家庭の夏休み!高学年の子供はひとりで過ごせる?安心する留守番方法とは?

スポンサーリンク

子供たちにとっては楽しみにしている夏休み。でも共働きの家庭では、休みの間ずっと家にいることができない為、子供だけでお留守番をさせるのは心配だったりするものです。

共働き家庭は、夏休みが近づいてくると、「どうやって過ごしたらいいのだろうか」と考えると思います。自分の夏季休暇と照らし合わせて予定をどうしようかと頭を悩ませますよね。

日中家にいることができませんので、どうやって子供の夏休みの生活を規則正しく充実させるのかが、悩みの種です。

「一日の生活リズムはちゃんと守れるのか」
「夏休みの思い出を作るためのおでかけはどうすればいいのか」
「宿題などの学習の習慣を付けるためにはどうすればいいのか」
などなど色々の不安がありますよね。

少しでもお役に立てるような、共働き家庭の夏休み、小学校高学年の子供におすすめするポイントをご紹介いたします。

 

【この記事も読まれています】

夏休み留守番時の過ごし方!小学生の子供に安心して任せる方法とは?
夏休みは、学校に行く必要がないため子供たちは楽しみでしょうがないかと思いますが、親にとっては大変な期間ですよね。特に共働きの家庭が増えている今、子供だけでのお留守番が必要となることも多いようです。特に夏休みは、1日中お留守番をお願いすることもあるかと思います。そこで今回は、子供だけでも安心してお留守番が出来る方法や過ごし方をご紹介致します。

子供だけでお留守番をする

小学校3年生までは、学童保育に通っている子供も多くいます。ただ、小学校4年生以降は、学童によっては受け入れがされていない学童も多いようです。

また、受け入れがあったとしても、3年生までにあわせていますので、4年生以降では楽しくなかったり、ストレスを感じてしまったりと行きたくない子もいるようです。

そのため、高学年に差しかかる4年生から、学童に行かない子供は、家でお留守番をしている家庭が多くなります。子供1人でお留守番する家庭が多いようです。

子供がお留守番をすることについては、別の記事でご紹介していますので、そちらもご覧ください。

シッター、ファミリーサポートを活用する

子供だけで家でお留守番するのは心配ですよね。誤って火事の心配であったり、不審者が家に入ったらどうしようなど様々な心配があります。

また、さらに子供のストレス軽減のためにもたまにシッターさんやファミリーサポートを利用することもおすすめです。

シッターというと、赤ちゃんのお世話をしてくれるとのイメージがありますが、小学生以上でも利用できるシッターもあります。

また、家事代行サービスでもサービスの内容次第では、対応が可能のようです。ただ、シッターにしても、家事代行サービスにしても問題は、かなりの費用がかかってしまうことです。

そこで、ファミリーサポートという取り組みもあります。ファミリーサポートとは、自治体ごとに育児や介護の援助を受けたい人とおこないたい人が会員となり、助け合いを行う会員組織です。

シッターなどよりも料金は安いですが、登録が大変だったり、預ける人が見えない不安もあります。ただ預ける人は、支援をしたいと思って会員になっている自治体の方ですので、共働きの家庭には強い味方かなと思います。

シッターやファミリーサポートなど子供のストレス軽減のためにも、利用してみてはいかがでしょうか。

習い事などして大人の近くに置く

習い事を始めたり、増やしたりするご家庭も多いようです。学習塾やそろばん教室やスイミングスクールなどに通うことで、家で留守番する時間を少なくしているようです。

ただ、家で留守番をさせるのが心配だから、子供の興味がない習い事を受けさせることは、子供にとってストレスとなります。子供が興味を持つ習い事をさせてあげましょう。

家でのお留守番は、ずっと一人でいる必要がありますが、習い事に行くとお友達や先生などと一緒に時間を過ごせるので、話もでき楽しく過ごせるでしょう。子供にとってストレスも少なくなります。

楽しく習い事ができれば、お留守番をするときも習い事の勉強をしたり、上手くなる為に練習したりと、楽しくお留守番できることにも繋がると思います。

子供だけでサマーキャンプにいく

人気がありますので、早めに予約が必要ですし、少し費用が高いので大変ではありますが、サマーキャンプに参加することは、とてもいい経験となるのでおすすめです。

サマーキャンプでは、大自然に触れることができ、好奇心や探究心を育ててくれます。また、グループ活動は協調生を求められるので、人間関係などを学ぶことができます。

子供とっては、親がいない環境で過ごす経験ができますし、新しいお友達ができますので、楽しく過ごすことができるでしょう。子供のうちに色々な経験をすることができるチャンスは逃さず参加してみましょう。

子供だけで田舎の祖父母の家へ

子供だけで田舎の祖父母の家に行かせることは、できないですよね。一人で飛行機に乗せるのは不安になってしまうと思います。

そんな時に、利用できるものが、「ANAジュニアパイロット」または「JALのキッズお出かけサポート」です。

これは、子どもだけで乗れるサービスで、出発の空港から到着の空港まで子供をサポートしてくれるサービスです。ただ、お見送りとお迎えはこちらで準備する必要がありますので注意が必要です。

子供だけで、祖父母の家に行けたら、子供の自信につながりますし、祖父母の家で楽しく過ごすことができます。共働きでなかなか子供と過ごせない場合は、このサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ママ友と協力して子供を預かり合う

ママ友と協力をして、休みの日に交代で子供を預かるなどやっている方もいるようです。

預かるママは大変ですが、友達と楽しく遊ぶことが出来たり、話が出来ることは子供にとって有意義な時間となります。プールや海など連れて行ってあげると喜ぶでしょう。ただし、事故などには十分注意してください。

また、ママ友とルールを作るなど、預かり合うことが過度な負担にならないよう、しっかりと話をしてから預かるようにしましょう。

共働き家庭の小学生の夏休みに有意義に過ごすための方法まとめ!

1.子供だけでお留守番をする
2.シッター、ファミリーサポートを活用する
3.習い事などして大人の近くに置く
4.子供だけでサマーキャンプにいく
5.子供だけで田舎の祖父母の家へ行く
6.ママ友と協力して子供を預かり合う

いかがでしたか。共働きですと、夏休み中の子供がどのように過ごさせるかがとても大変だと思います。お留守番ばかりだとかわいそうですので、シッターやファミリーサポートなどを活用して誰かと一緒に過ごす時間を作ってあげるといいでしょう。

習い事をすることで、大人の近くで過ごすことが出来ますし、子供の成長にも繋がりますのでおすすめです。子供が興味を持った習い事をさせてあげるといいでしょう。

また、子供だけでサマーキャンプや、飛行機のサポートを活用して旅をさせると一回り成長することもできるかもしれません。そして、一緒に子育てで苦労しているママ友と協力する方法もいいでしょう。

子供たちにとって夏休みが楽しかったと思える有意義な時間となるように参考にしてみて下さいね。

コメント