共働きの夏休みはかわいそう?高学年なら一人でも平気?過ごし方は?

スポンサーリンク

共働きをしている家庭でどうしても避けられないものとして子どもにとっても長い夏休みがあり、「子どもを預けて働くのはかわいそう?」という心配がありますよね。

低学年の頃は特にそういった気持ちが強く、しかしだからといって高学年になったら一人でも平気かと言われれば疑問ですし、どう過ごしてもらったら良いのか迷ってしまいます。

ここでは「夏休みに親が共働きだとまだ小学生の子どもはかわいそうでは?」という心配に対する解決策、また高学年なら大丈夫かどうかなどについての情報をまとめています

両親ともに仕事をしているとどうしても避けられない夏休みの心配事、ここで少しでも心配を減らしたり、解決への糸口を探してみましょう!

【共働き家庭の夏休み、子供がかわいそう。学童ばっかりで罪悪感・・・】

友達は夏休みに入って毎日ゆっくり寝て親と一緒に出かけることも多い、そんな中我が家は毎日朝から学童へ送って一緒に出かける回数も少ない……このように比べてしまうこともあります。

しかしまず大前提として、両親ともに働いていて子どもだけで家で過ごしてもらうわけにはいかないので、学童へ行くことに対しては子どもにも納得してもらうしかないんですね。

夏休みの間ずっと片親は休んで家で過ごせる環境を作れるのであればそれもありかもしれませんが、実際に仕事をしているとそんな状態にはなかなか出来ません

また子どもにとっても「学童ばかりでかわいそう」と一方的に思い込んでしまうのは間違いで、子どもは毎日学校が終わって学童へ行き、そこでの人間関係や友達も構築しています。

逆に朝から学童で親しくなった友達と遊べて楽しい、みんなでやるから宿題もきちんと進められると感じている子どももいて、単純にかわいそうと見られない場合も多いんです。

学童ばかりはかわいそう、つまらないかどうかというのは正直なところ子ども次第であり、子どもによってはもちろん「毎日学童は嫌だ、できるだけ家にいたい」という子もいます。

そういう子どもにはしっかり説明をして納得してもらう、できるだけ休める環境や早く迎えにいける状態を作る努力も必要ですが、学童にいる子ども全てがそう思っているわけではありません。

子どもによって受け取り方は全然変わってくるのでまずはしっかり子どもとも話し、子どもが学童をどう受け取っているのか、どうして欲しいのかを汲み取ってあげることが大切です。

【高学年であれば夏休みに親がいなくても平気?】

小学校低学年頃の場合は遠くに住む子どもと遊ぶこともなかなか難しいので、むしろ「学童で家が遠い友達とも遊べる」というメリットを強く感じている子どももいます。

一方高学年になるとルールに縛られるのではなく自分自身で選びたい、学童に通っていない友達とも遊びたいなど、行動の幅が広がることによって学童が嫌になる子も多いです。

学童がそもそも人数が多く高学年になるとやめていく子が多い、または3年生までという場所もあり、「高学年になれば家にひとりでも安心?」という疑問もありますよね。

こちらも残念ながら答えとしては「その子ども次第」というところではあり、一人で過ごしても平気、戸締まりなども安心して任せられる子ども、逆に一人では不安という子どももいます。

また子どもは「一人でも平気、友達のところへ遊びに行く」など言っていても親が戸締まりなど不安な場合も多く、こちらもしっかり子どもや両親で相談していくことが大切です。

【共働き家庭の夏休みの子供へのケア・フォローの方法は?】

最初にお伝えしたとおり、共働きで毎日学童に通ってもらうのは親としてもかわいそうという気持ちはあれど、仕事で家にいられない以上どうしてもしなければならない部分でもあります。

子どもには下手に隠したり押し付けたりするのではなく、夏休みはお休みしたいけれどお仕事は休めない、一人だと心配だから学童で友達と遊んだりして待っていてほしい」とお願いしましょう

逆に子どもが高学年になってきて学童は嫌だ、学童に通っていない友達とも遊びたいから一人でいいと言ってきた場合も、しっかり相談した上でお互い納得して過ごし方を選びます。

もし家庭で子どもが一人過ごすことになるのであれば火の取り扱いや鍵の管理、何時から何時まで友達と遊んで良いか、連絡方法などの決めごともしっかり行っておきましょう

また逆に「仕事だから仕方ない」という姿勢で子どもと向き合い、自分が休みのときにも仕事疲れで子どもの相手をろくにしないというスタイルでは、子どもは絶対に不満を貯めてしまいます。

日頃我慢してもらっている子どものためにも、お休みの日は自分の無理のない範囲で子どもと一緒に過ごす、お出かけするなど、しっかりフォローも考えていきましょう。

子どもが喜びやすい、そして親も無理がないお休みの過ごし方としておすすめなのは映画鑑賞などで、映画であれば子どもも日頃楽しめない大画面で楽しみ、親もゆっくり座っていられます。

仕事の時間や休みの日、子どもや親の趣味や性格などで変わるのでなかなか「これが正解!」というフォローや接し方はありません。

しかし例えば「家で一人でも平気」と言っている子どもであれ全く寂しくないなんてことはまずないので、お休みの日はしっかり子どもと向き合ってあげてくださいね。

【共働き家庭の子供が学童以外で楽しく過ごす方法は?】

子どもを毎日学童に預けて共働きをしているというのはどうしても罪悪感がある、学童以外で子どもが楽しく過ごす方法はないかと悩まれている方に、学童以外で過ごす方法を紹介します。

祖父母に預ける

基本的に祖父母が近くに住んでいる場合にのみ考えられる方法ですが、祖父母の家で預かってもらうのは条件付きで良い方法です。

おじいちゃんやおばあちゃんにとってはかわいい孫が遊びに来てくれる、子どもにとっては自分を甘やかしてくれるおじいちゃんおばあちゃんと一緒にいられると、お互い楽しく過ごせます。

しかしこれも家庭により、今はおじいちゃんおばあちゃんも日頃は仕事をしていることも多く、そうなればゆっくり体を休めたい休日に孫がしょっちゅう来てしまうと困ることもあります。

また昔のようにおじいちゃんおばあちゃんはいつでも孫を歓迎するというわけではなく、自分の生活や趣味で手がいっぱい、なかなか孫の面倒が見れないなんてことも多いです。

それでも「かわいい孫のためなら」と預かってくれることもあるかもしれませんが、それに頼ってしまい毎日当たり前のように預けに行く、感謝の言葉もないなんてトラブルも見かけます。

自分の親の世代はそれだけ体力も自分に比べ衰えているもの、孫かわいさで頑張って面倒をみてくれているのにそれに甘えて調子に乗ってしまってはいけません。

祖父母に預ける場合は事前にしっかり「いつ預けるか、何時に迎えに行くか」などをしっかり相談し、お互いに納得した上で預かってもらうことへの感謝の気持ちを忘れないでくださいね。

祖父母に預ける場合の費用は「いらない」と言われてしまうことも多いですがこちらも事前にしっかり相談する、もしいらないと言われた場合はお礼を考えるなど、ちょっとしたフォローも大切です。

兄弟姉妹に預ける

両親よりももっと気軽に頼める兄弟や姉妹が近くに住んでいて頼みやすい、そういった場合は兄弟や姉妹に預かってもらうのもひとつの方法です。

兄弟姉妹に子どもがいれば子ども同士昼間遊んで楽しく過ごせますし、大人の人数が増えるので分担して休みやすいなどのメリットもありますね。

もちろん兄弟姉妹にも「預かってもらって当然」という態度や感謝がないなんてことになればせっかくの親しい関係も崩壊しかねないので、預かってもらう場合はしっかり感謝も伝えましょう

費用についても特にかからない、いらないと言われるかもしれませんがお互い何かとお金がかかる子育て世代、おやつやちょっとしたお土産などフォローしていけるとなお良いと思います!

【まとめ】

共働きで子どもの学童はかわいそうかどうか、高学年なら平気かなど、学童以外での過ごし方など夏休みの悩みまとめ!

1:共働きで子どもに学童へ行ってもらうのは基本的に仕方なく、しかし押し付けてしまうのではなく親の気持ち、子どもの気持ちを相談しあおう

2:小学校高学年になれば交友関係や移動範囲が広がるため学童を嫌がる子どもも、子ども次第なのでこういった場合も相談することが大事

3:学童を楽しんでいる場合でも子どもはやっぱり寂しさは感じるもの、お休みの日は一緒に過ごすなどケア・フォローを心がけよう

4:学童以外での過ごし方としては祖父母に預ける、兄弟姉妹に預けるなどがおすすめ。頼るのが当たり前になるのはNGで、常に感謝の気持ちを

子どもを学童に預けて仕事をしていると長いお休みになってしまう夏休みは「かわいそう」と言う気持ちにもなってしまいますが、本当にかわいそうかどうかはその子ども次第です。

どのように過ごすかも含め親子でしっかり相談する、休める日は子どもに向き合いフォローする姿勢が大切なので、罪悪感にとらわれず、子どもとしっかり相談していきましょう!

【こちらもおすすめです】

共働き家庭の夏休み!高学年の子供はひとりで過ごせる?安心する留守番方法とは?
共働き家庭の夏休み、小学校高学年の子供におすすめするポイントをご紹介いたします。子供たちにとっては楽しみにしている夏休み。でも共働きの家庭では、休みの間ずっと家にいることができない為、子供だけでお留守番をさせるのは心配だったりするものです。日中家にいることができませんので、どうやって子供の夏休みの生活を規則正しく充実させるのかが、悩みの種です。

コメント