東京オリンピックの飛び込み競技チケット費用は?当日ゲットは可能?

スポンサーリンク

今まであまりテレビ放送もされておらず、飛込競技についてなじみの無い方も多いかもしれません。

競泳に比べると人気は劣りますが、競技中の緊張感と美しい演技が魅力の注目競技なのです!

飛込競技のことは知っているけれども、ルールははいまひとつわからないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、今回は東京オリンピックの飛び込み競技について、チケットの取り方や、基本的なルールや採点などについて調べてみました。注目選手も紹介しているので観戦時には一層楽しむことができますよ!

【東京オリンピックの飛び込みチケットはどこで買う?当日の購入は可能?】

東京オリンピック2020のチケット購入方法をご紹介します。

東京2020観戦チケット公式サイト

東京2020観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020大会における観戦チケットについてご紹介します。

チケットの抽選申込方法

抽選申込期間:2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59

①2019年4月18日~       ID登録・電話番号認証
②2019年5月9日~5月28日  抽選申込受付期間
③2019年6月20日~7月2日  抽選結果発表・購入手続き
④2020年5月以降        チケットのお届け

※抽選は公平に行われますので、申込順は当選に影響しません。
※当選すると来場予定者の登録をする必要があります。

2019年秋ごろには先着順販売、2020年春ごろには直前期販売の予定です。

2020年春以降には、チケットを購入したけれども観戦できなくなった人が、チケットを出品できる「公式リセールサービス」もはじまります。

決済方法

チケット代金の支払はVisa決済、または現金決済(コンビニエンスストア)が選べます。

現金決済のご利用は30万円未満(税込)となります。

支払金額が30万円以上の場合はVisa決済のみの選択となります。

チケットのタイプ

モバイルチケット(スマホ・タブレット等)

Print@Home(自分でプリントアウト)

紙チケット
※紙チケットには手数料324円 配送料864円必要

チケットの種類

①一般チケット

A席からE席まで最大5種類の席種から選択できます
競技によって席種の数は異なります。
チケットは大人・子ども・幼児(席有)一律同額となります。

②車いすユーザーチケット/同伴者チケット

車いすを使用される方および同伴者の方が一緒に観戦できるチケットとなります。車いす席と同伴者席は、隣接した座席となります。

車いすユーザーと同伴者のチケットは同価格となります。

③東京2020みんなで応援チケット

12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループで、気軽に会場に来ていただけるグループ向けのチケットとなります。

各競技・会場の最下位席種エリアで1枚2,020円(税込)です。

チケットの上限枚数

第1希望と第2希望の合計申込枚数は最大60枚となりますが、当選枚数は最大30枚です。

1セッションの申込上限は6枚です。
(東京2020みんなで応援チケットは8枚です)

費用は?

飛び込みのチケット価格は予選・準決勝・決勝で異なります。

予選(男女)A席1,000 B席8,000 C席5,800 D席3,500
準決勝(男女)A席12,500 B席10,000 C席7,000 D席5,000
決勝(男女)A席30,500 B席24,500 C席12,500 D席8,000

試合当日にチケットを購入することは可能?

チケットは、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)のみでしか販売しません

2020年に入ってから、チケット販売所を通じた販売も行いますが、どのように販売されるかはまだわかりません

当日、会場に着いてもチケットを購入できない場合もあります。
なるべくなら事前に購入しておくべきでしょう。

【東京オリンピックの飛び込み競技の会場・日程】

開催地東京アクアテイクスセンター

日程7月26日(日)から8月8日(土)まで

7月26日(日)決勝(女子)15:00-16:00
7月27日(月)決勝(男子)15:00-16:00
7月28日(火)決勝(女子)15:00-16:00
7月29日(水)決勝(男子)15:00-16:00
7月31日(金)予選(女子)15:00-17:30
8月1日(土)準決勝(女子)15:00-16:30
8月2日(日)決勝(女子)15:00-16:30
8月3日(月)予選(男子)15:00-17:30
8月4日(火)準決勝、決勝(男子)10:00-11:30 15:00-16:30
8月5日(水)予選(女子)15:00-17:30
8月6日(木)決勝(女子)10:00-11:30 15:00-16:30
8月7日(金)予選(男子)15:00-17:30
8月8日(土)決勝(男子)10:00-11:30 15:00-16:30

約2週間、選手たちはしのぎを削って華麗に舞い、金メダルを狙って争います。人気なのは決勝戦ですが、やっぱり日本人選手が出場するときも注目ですね!

【はじめての観戦でも大丈夫!飛び込み競技の楽しみ方・ルールは?】

競技説明

飛込は、入水までのわずか2秒間に高難易の技を決め、水しぶきを上げずに入水する競技です。まず飛込競技の種目は三つあり、「高飛込」「飛板飛込」「シンクロナイズドダイビング」です。

【高飛込】

高飛込とは、固定された硬いコンクリート製の飛込台を使い、5m、7.5m、10mの高さから飛込み、その落下中の回転やひねりの芸術性や技術力が採点される種目です。

【飛板飛込】

プールにせり出している弾力のある飛込板を使用し、助走やステップを経て板の反発力を利用して跳躍し、1mまたは3mの高さから飛込む種目です。

【シンクロナイズドダイビング】

3mまたは10mの高さから2人同時に飛込む種目で、その同調性が採点に加わる点が他の種目との最大の違いです。

採点割合は演技40%なのに対し同調性(シンクロナイゼーション)が60%なので、個人の技術が高くても二人の技が揃っていなければ高得点には繋がりません

2000年のシドニー大会から正式にオリンピックに採用されたのでまだ新しい種目と言えます。

オリンピック種目としての歴史

現存している記録によると、1886年にドイツで行われた水泳選手権で最初の飛込が競技として行われました。

その後、1904年にオリンピック・セントルイス大会で高飛込が正式種目に加わり、翌大会のロンドン大会から飛板飛込も正式採用されました。

日本では明治時代に伝わったと言われており、オリンピックに出場したのは1920年開催のアントワープ大会で男子高飛込に出場した内田正練さんが最初です。

飛び込み競技のルール

個人競技では、7人の審判員が採点し、最低点2人と最高点2人を除いた3人の審判員の平均値に技の難易率を掛けたものが得点になります。

助走から演技は始まっており、その姿勢、飛び上がった時の高さ、落下中のフォームの美しさ、入水時の姿勢、入水角度など多岐にわたって採点されポイントになります。

採点は10点満点から減点法で行われ、男子は6回、女子は5回演技を行います。

飛び込み競技の観戦マナー

選手たちは集中して 試合に臨んでいるので、それを妨げるような行為をしてはいけません。基本的に静かに見ていましょう

飛び込み競技の観戦の楽しみ方は?

オリンピックの決勝で戦う世界のトップ選手たちは、ほとんど水しぶきを上げず、ぼこぼこと泡が水面に見えるだけでとても美しいものです。

以前は、3m飛板飛込では踏切から入水までの回転が、1回転半から2回転半が主でしたが、今では3回転半から4回転半も回転するダイナミックな演技がメインになっているので注目です。

【飛び込み競技の注目日本人選手は?メダルの可能性は?】

注目の日本人選手

男子選手

日本のエースと言われているのが「寺内健選手」です。

中学二年生の時に日本選手権に出場し史上最年少で初優勝、1996年の高校一年生の時にアトランタ大会出場、以後、5回もオリンピックに出場しています。2001年の世界選手権では3m飛板飛込で日本人初の銅メダルを獲得しました。

両親ともに元飛込選手で現在コーチ、姉と妹も現役の飛込選手の「坂井丞選手」は、小学校5年生の時に全国大会で初優勝、中学二年生で世界ジュニア大会に初出場しました。

高校総体では3年連続で飛板飛込と高飛込の二冠を達成。2009年17歳の時には日本選手権で、1m飛板飛込で初優勝しています。

東京五輪の超新星と言われているのが、中学1年生の「玉井陸斗選手」。回転の速さを武器に、高難度の技を連発してシニアで優勝。2位に60点以上の大差をつけました。

世界選手権(7月、韓国)は国際水連の年齢制限ルールで出場できないが、来年の東京五輪は出場可能!

世界レベルの種目構成で、前宙返り4回転半抱え型(109C)など、高難度の技を6本そろえ、先に紹介した寺内健選手も「初めて高飛びで世界チャンピオンを目指せる選手」と太鼓判を押しています。

女子選手

女子ではリオ大会に出場した日本人選手の中で、紅一点2000年生まれの「板橋美波選手」です。14歳の時に日本選手権で最年少優勝を果たしました。板橋選手の最大の武器が、109C(前宙返り4回転半抱え型)という、男子選手にとってもかなり高難度の大技です。

JSS宝塚に所属している21歳、「馬淵優佳選手」も注目です。2009年香港東アジア大会では3m飛板飛込で銅メダル、2012年高校総体では飛板飛込で3連覇を果たしています。

注目の世界選手

現在の飛込の代表的な名選手といえば「デービッド・ボウディア選手」です。1989年生まれのアメリカの飛込競技選手です。2012年のロンドンオリンピックで金メダルを獲得しています。

アメリカ代表の「カシディ・クック選手」は名門スタンフォード大学で学生生活を送っている才女です。過去には、ジュニアの大会でワールドカップ含めて複数回優勝しています。

過去のオリンピックで日本人が表彰台に上がったことはありませんが、日本選手のレベルは確実に世界に近づいています。

【東京オリンピックの飛び込み競技を応援しよう!】

東京オリンピックの飛び込み競技についてご紹介してきました。
まとめますと、

①チケットは、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)のみで販売。
②飛び込み競技は東京アクアテイクスセンターで行われる。
③競技日程は7月26日(日)から8月8日(土)
④飛込は、入水までの2秒間に高難易の技を決め、水しぶきを上げずに入水する競技
⑤飛込競技の種目は「高飛込」「飛板飛込」「シンクロナイズドダイビング」
⑥注目の日本人選手は男子が「寺内健選手」「坂井丞選手」「玉井陸斗選手」女子が「板橋美波選手」「馬淵優佳選手」
⑦注目の世界選手は「デービッド・ボウディア選手」「カシディ・クック選手」

ルールを知ると飛び込みの試合を一層面白く見ることができます。ね!
日本人選手は飛込競技オリンピックで、まだメダルを獲得したことがありませんが、東京オリンピックで表彰台に登ってほしいですね。

 

こちらも読まれています

東京オリンピックのチケットの値段閉会式はいくら?確実にゲットするには?
いよいよ東京オリンピックのチケット販売予約がスタートしました。 特に人気なのはやっぱり「開会式」と「閉会式」ですよね!人気なだけチケット代もお高いのでは?と気になりますよね! ところで、みなさん「閉会式」ってどんな内容かご存知ですか?そういえば「開会式」はわかるけれど「閉会式」ってどんな内容なのか知らないなぁという人も多いのではないでしょうか? そこで今回は東京オリンピック2020の「閉会式」について気になるチケットの値段から、閉会式の見どころまで調べてみました!チケット購入の参考にしてみてくださいね!

コメント