東京オリンピックの競泳チケットの買い方・費用は?スケジュールは?

スポンサーリンク

東京オリンピック2020でも人気の高い「競泳」はメダル候補がたくさんいるのでチケットの競争率も高そうですね!

それだけ人気であれば、チケットは高いでしょう?どのくらいの値段になるのかな?とか、見たい種目のスケジュールを気にしている方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は東京オリンピック2020の競泳について、チケットの購入方法から価格、競泳スケジュールや注目選手などの情報を紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

【東京オリンピックの競泳チケットはどこで買う?費用は?】

東京オリンピックの競泳チケットはどこで買う?

東京オリンピック2020のチケット購入方法をご紹介します。

東京2020観戦チケット公式サイト

東京2020観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020大会における観戦チケットについてご紹介します。

チケットの抽選申込方法

抽選申込期間:2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59

①2019年4月18日~       ID登録・電話番号認証
②2019年5月9日~5月28日  抽選申込受付期間
③2019年6月20日~7月2日  抽選結果発表・購入手続き
④2020年5月以降        チケットのお届け

※抽選は公平に行われますので、申込順は当選に影響しません。

※当選すると来場予定者の登録をする必要があります。

2019年秋ごろには先着順販売、2020年春ごろには直前期販売の予定です。

2020年春以降には、チケットを購入したけれども観戦できなくなった人が、チケットを出品できる「公式リセールサービス」もはじまります。

決済方法

チケット代金の支払はVisa決済、または現金決済(コンビニエンスストア)が選べます。

現金決済のご利用は30万円未満(税込)となります。
支払金額が30万円以上の場合はVisa決済のみの選択となります。

チケットのタイプ

モバイルチケット(スマホ・タブレット等)

Print@Home(自分でプリントアウト)

紙チケット

※紙チケットには手数料324円 配送料864円必要

チケットの種類

①一般チケット

A席からE席まで最大5種類の席種から選択できます
競技によって席種の数は異なります。

チケットは大人・子ども・幼児(席有)一律同額となります。

②車いすユーザーチケット/同伴者チケット

車いすを使用される方および同伴者の方が一緒に観戦できるチケットとなります。車いす席と同伴者席は、隣接した座席となります。

車いすユーザーと同伴者のチケットは同価格となります。

③東京2020みんなで応援チケット

12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループで、気軽に会場に来ていただけるグループ向けのチケットとなります。

各競技・会場の最下位席種エリアで1枚2,020円(税込)です。

チケットの上限枚数

第1希望と第2希望の合計申込枚数は最大60枚となりますが、当選枚数は最大30枚です

1セッションの申込上限は6枚です。
(東京2020みんなで応援チケットは8枚です)

費用は?

水泳(競泳)のチケットは人気があり、料金は高めの設定となっています。特に決勝は超高額チケットになっています。

予選(男女)
A席37,500円  B席30,000円
C席10,000円  D席5,800円

決勝(男女)
A席108,000円  B席72,000円
C席36,500円  D席11,800円

試合当日にチケットを購入することは可能?

チケットは、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)のみでしか販売しません

2020年に入ってから、チケット販売所を通じた販売も行いますが、どのように販売されるかはまだわかりません

当日、会場に着いてもチケットを購入できない場合もあります。
なるべくなら事前に購入しておくべきでしょう。

【東京オリンピックの競泳競技日程】

競泳の競技日程は?

競泳は、大会第1日目(2020年7月25日)の午後より競技を開始し、予選を午後、決勝を午前に行います。9日間で全35種目が実施されます

競技会場 東京アクアティクスセンター
東京都江東区辰巳二丁目2番1号
東京メトロ有楽町線「辰巳駅」下車徒歩約10分

1日目 2020年7月25日(土)

19:00~21:30 予選
・男子400m個人メドレー ・女子100mバタフライ
・男子400m自由形    ・女子400m個人メドレー
・男子100m平泳ぎ    ・女子4x100mリレー

2日目2020年7月26日(日)

10:30~12:30 準決勝・決勝
・男子400m個人メドレー決勝 ・女子100mバタフライ準決勝
・男子400m自由形決勝    ・女子400m個人メドレー決勝
・男子100m平泳ぎ準決勝   ・女子4x100mリレー決勝

19:00~21:30 予選
・女子100m背泳ぎ  ・男子200m自由形
・女子100m平泳ぎ  ・男子100m背泳ぎ
・女子400m 自由形  ・男子4x100m リレー

3日目 2020年7月27日(月)

10:30~12:30 準決勝・決勝
・女子100mバタフライ決勝  ・男子200m自由形準決勝
・女子100m平泳ぎ準決勝   ・男子100m平泳ぎ決勝
・女子400m自由形決勝    ・男子100m背泳ぎ準決勝
・女子100m背泳ぎ準決勝   ・男子4x100mリレー決勝

19:00~21:30 予選
・女子200m自由形     ・男子200mバタフライ
・女子200m個人メドレー  ・女子1500m自由形

4日目 2020年7月28日(火)

10:30~12:30 準決勝・決勝
・女子200m自由形準決勝 ・男子200m自由形決勝
・女子100m背泳ぎ決勝  ・男子100m背泳ぎ決勝
・女子100m平泳ぎ決勝  ・男子200mバタフライ準決勝
・女子200m個人メドレー準決勝

19:00~21:30 予選
・男子100m自由形  ・女子200mバタフライ
・男子200m平泳ぎ  ・男子4x200mリレー
・男子800m自由形

5日目 2020年7月29日(水)

10:30~12:30 準決勝・決勝
・男子100m自由形準決勝  ・女子200m自由形決勝
・男子200mバタフライ決勝 ・女子200mバタフライ準決勝
・男子200m平泳ぎ準決勝  ・女子200m個人メドレー決勝
・女子1500m自由形決勝  ・男子4x200mリレー決勝

19:00~21:30 予選
・女子100m自由形  ・男子200m背泳ぎ
・女子200m平泳ぎ  ・男子200m個人メドレー
・女子4x200mリレー

6日目 2020年7月30日(木)

10:30~12:30 準決勝・決勝
・男子800m 自由形決勝    ・男子200m平泳ぎ決勝
・女子100m自由形準決勝   ・男子200m背泳ぎ準決勝
・女子200mバタフライ決勝  ・男子100m自由形決勝
・女子200m平泳ぎ準決勝   ・男子200m個人メドレー準決勝
・女子4x200mリレー決勝

19:00~21:30 予選
・女子800m自由形  ・男子100mバタフライ
・女子200m背泳ぎ  ・混合4x100mメドレーリレー

7日目 2020年7月31日(金)

10:30~12:30 準決勝・決勝
・女子200m平泳ぎ決勝   ・男子200m背泳ぎ決勝
・女子200m背泳ぎ準決勝  ・男子200m個人メドレー決勝
・女子100m自由形決勝   ・男子100mバタフライ準決勝

19:00~21:30 予選
・男子50m自由形   ・女子50m自由形
・男子1500m自由形  ・女子4x100mメドレーリレー
・男子4x100mメドレーリレー

8日目 2020年8月1日(土)

10:30~12:30 準決勝・決勝
・男子100mバタフライ決勝  ・女子200m背泳ぎ決勝
・女子800m自由形決勝    ・男子50m自由形準決勝
・女子50m自由形準決勝  ・混合4x100mメドレーリレー決勝

9日目 2020年8月2日(日)

10:30~12:30 決勝
・男子50m自由形決勝   ・女子50m自由形決勝
・男子1500m自由形決勝  ・女子4x100mメドレーリレー決勝
・男子4x100mメドレーリレー決勝

一番の人気の日、注目の日は?

8日と9日に決勝が行われる国同士の総力戦の「リレー」は人気間違いなしです。日本はリレー種目では5大会連続でメダルを獲得しており、東京オリンピックでもメダルが期待できます。

【東京オリンピックの競泳 池江璃花子選手復活はある?注目の日本人選手は?】

池江璃花子選手復活は?

2018年夏ジャカルタ・アジア大会で最優秀選手に輝き、次々と日本新記録を更新していた池江璃花子選手。東京五輪という大舞台でも金メダル獲得が有力視されていた選手です。

活躍を期待されている中で、2019年2月12日午後14時に自身のツイッターで白血病を報告したのは記憶に新しいですね。

白血病は通常、化学療法になりますと、やはり数か月単位での治療期間が必要になりますので、その間はトレーニング等できません。

しっかり治療をすれば完治する病気であるとのことですが、東京五輪については、目指すとなれば時間的に非常にタイトなスケジュールになってしまいます。

短期で治るタイプの白血病であれば何よりですが、多くの場合は入院加療に半年以上の期間が必要だといわれます。1年から2年という長い闘病の覚悟が必要な場合がほとんどです。

そう考えると東京オリンピック出場の可能性は非常に難しいと感じます。今は東京オリンピックに間に合うかどうかという議論自体すべきものではなく池江璃花子さん自身の治療を優先して欲しいです。

まずは、病気をしっかり治してから、またあの笑顔で戻ってきてくれるだけで充分だと思います。温かく見守っていきたいですね。

注目の日本人選手は?

①男子選手

東京オリンピックで一番金メダルに近い選手といえば、リオオリンピック金メダリストである萩野公介選手ではないでしょうか。リオオリンピックでは400m個人メドレーで金メダル、200m個人目取れで銀メダルを獲得しています。

自身初のオリンピックとなったリオオリンピックで銅メダリストの瀬戸大也選手にも期待がかかっています。

平泳ぎ200m世界記録保持者の渡辺一平選手にも注目です。

②女子

女子200m・400m個人メドレーでメダルが有力視されている大橋悠依選手が東京オリンピックの注目選手となります。

大橋選手は体を水平に保ちながら泳ぐのが特徴です。また、身長が173cmと大きく、それゆえに多くの水を捉えることができます。大きな大会での優勝経験もあり、メダル最有力候補です。

【将来のオリンピック選手になるために!子どもたちがオリンピックを目指すには?】

水泳選手には、誰でもなることができます。特別な資格は必要ありません。各都道府県の水泳連盟(協会)に選手登録をすれば、「水泳選手」になることができ、各種の大会に参加できます

ただし、大会に出場するには、大会ごとに設けられた標準記録をクリアしておく必要があります。標準記録を突破していなければ、大会にエントリーすることができません。

スイミングスクールやクラブに所属したり、高校、大学の水泳部に所属して選手登録を続ければ、少なくとも大学を卒業するまで水泳選手でいることはできます。

社会人になっても第一線の水泳選手として競技生活を続けようと思えば、遅くとも高校時代に高校総体や国体といった全国大会に出場しておかなければなりません。

オリンピックを目指すなら金メダルタイムに100mで1秒差内、200mで2秒差内には迫っておきたいです。

競泳史上最年少金メダル獲得記録保持者は「いままで生きてきた中で一番幸せです」という名言を残した1992年バルセロナオリンピック当時14歳の金メダリスト岩崎恭子さんです。

国際水泳連盟(FINA)は、世界選手権も五輪も現在は年齢制限を設けていないと明言しているので2015年の世界水泳ではバーレーンの10歳の女の子が出場したことがあります。

【競泳のチケットは争奪戦になります!】

東京オリンピックの競泳チケットや、日程、選手の情報などをご紹介いたしました。
簡単にまとめますと、

①チケットは東京2020観戦チケット公式サイトで抽選申込をする。
②チケットは、公式チケット販売チャネルのみでしか販売しない。
③当日お目当てのチケットを購入するのは難しいので早めに購入。
④競泳のチケットは予選が5,800円から37,500円。
決勝が11,800円から108,000円。
⑤東京アクアティクスセンターにて2020年7月25日午後より
競技開始。9日間で全35種目が実施される。
⑥東京五輪までに池江璃花子選手の競技復活は厳しいが、温かく見守ろう!
⑦注目の日本人選手は男子が「萩野公介選手」「瀬戸大也選手」「渡辺一平選手」女子が「大橋悠依選手」
⑧オリンピック選手になるには各都道府県の水泳連盟に選手登録して全国大会に出場し、金メダルタイムに迫っておくことが必要。
⑨競泳史上最年少金メダル獲得記録保持者は当時14歳の岩崎恭子さん。

競泳のチケットはお値段だけではなく、競争率の高いものになりそうです。早めに抽選予約をしておきましょう!

コメント