東京オリンピックのスポンサー企業一覧!スポンサーになると特典は?

スポンサーリンク

東京オリンピック2020では、多くのスポンサーパートナー企業があり、広告や宣伝を目にする機会が増えてきましたね。

オリンピックを応援する企業は、どのくらいあるのでしょうか?そしてそのメリットはどれくらいなのでしょうか?意外と良くわからないですよね。

そこで今回は東京オリンピックをパートナー・スポンサーとして応援している企業の一覧と、それぞれの権利やメリットなどをわかりやすくまとめてみました!

【東京オリンピックの応援企業一覧!スポンサー・パートナーの種別は?】

スポンサー、パートナーの種類

オリンピックスポンサーは大きく分けて4種類あり、そのレベルによって使用できる権利や権利を使用できる範囲や期間まで決められています

①ワールドワイドオリンピックパートナー

国際オリンピック委員会(IOC)と契約しており、世界中でその権利を行使できるトップ契約です。世界中でオリンピックのロゴを活用したマーケティング活動が可能になります。

年間25億円程度のスポンサー料が必要ですので、大規模の会社でないとスポンサーになるのは難しいですね。また、このワールドワイドオリンピックパートナーは、1業種1社限定とされています。

②ゴールドパートナー

ゴールドパートナーは「ワールドワイドオリンピックパートナー」と違い、各国の組織委員会との契約になります。2020年なら、東京オリンピックの組織委員会との契約です。

その権利を行使できるのは日本国内に限定されます。

東京オリンピックの組織委員会によればゴールドパートナーからのスポンサー収入の合計は、目標である1500億円を既に上回っているそうです。

③オフィシャルパートナー

オフィシャルパートナーもゴールドパートナーと同様に、東京オリンピックの組織委員会との契約で権利を試行できるのは、国内に限ります。

オフィシャルパートナーには与えられない権利があります。

・JOCシンボルアスリートの肖像使用権ができない。
・選手団記者会見におけるパートナーロゴを露出できない。
・JOCホームページのトップページにパートナーロゴ露出がない。
・独占記事広告の提供ができない。

スポンサー料は年間20億円程度×4年=80億になります。

④オリンピックオフィシャルサポーター

日本国内に限定のスポンサー活動で、オフィシャルパートナーよりもさらに権利が絞られます。

そもそもなぜスポンサー、パートナーが必要なの?

「オリンピック」はお金がかかる!」とよく言われますね。
東京オリンピックの場合その予算は約2兆円と言われています。

この莫大なお金は以下の大きく4つの収入源によって支えられているのです。東京オリンピックの収入計画は、

テレビ放映料(約23%)
チケット売り上げ(約23%)
スポンサー契約料約37%
税金(約17%)

このように予定しています。

過去のオリンピックでは、国の税金を多くつぎ込んだことで多額の負債を抱え、国家が揺らいでしまうという大問題がありました。そのため、近年のオリンピックは税金にあまり頼らずに運営していこうという傾向があるようです。

やはり、「パートナー」呼ばれる企業からのスポンサー契約料が一番多くなっていますね。スポンサー企業がいるからオリンピックが円滑に開催されると言っても過言ではないのです!

【東京オリンピックの応援企業一覧!スポンサー・パートナーの種類別スポンサー】

東京オリンピックの応援企業一覧を紹介します。

ワールドワイドオリンピックパートナー

①コカ・コーラ

公式HP

コカ・コーラ ジャーニー
コカ・コーラ ジャーニーは、日本コカ・コーラの製品情報や企業情報だけでなく、ソーシャルメディアで発信した情報をキュレーションし、コカ・コーラにまつわるストーリーを発信するデジタルマガジンです。

契約カテゴリー :ノンアルコール飲料

②トヨタ自動車株式会社

公式HP

トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
企業情報、投資家情報、ニュースルーム、モビリティ、サステナビリティ、採用情報等、トヨタの企業情報全般を提供するトヨタ自動車の公式企業サイトです。

契約カテゴリー :モビリティ
(車両、モビリティサービス、モビリティサポートロボット)

③パナソニック株式会社

公式HP

パナソニック公式オリンピックサイト | Panasonic
公式パートナーとして、長年にわたりオリンピックを支えてきたパナソニック。“Sharing the Passion”のスローガンのもと、アスリート達の情熱や感動を世界中へ届け、人々の思いをつなぐ。そんなパナソニックのスポンサー活動を紹介。

契約カテゴリー :AV機器、白物家電、電動自転車

④株式会社ブリヂストン

公式HP

CHASE YOUR DREAM|株式会社ブリヂストン
ブリヂストンはオリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーです。オリンピックおよびパラリンピックをサポートする、ブリヂストンの活動をご紹介します。

契約カテゴリー :タイヤ、タイヤ・自動車サービス、自転車(電動・モーターアシスト除く)、免震ゴム・樹脂配管システム等の化工品

⑤P&G

公式HP

P&G Japan
洗剤(アリエール、ボールド他)、家庭用品(ファブリーズ他)、衛生用品(パンパース)、ヘアケア製品(VS、パンテーン他)、化粧品(SK-II)などの製品・キャンペーン情報、生活関連情報、企業情報、採用情報など。

契約カテゴリー :パーソナルケア及びハウスホールドケア製品

⑥オメガ

公式HP

オメガ・ウォッチ: スイス高級時計メーカー | OMEGA®
スイス高級時計ブランド「オメガ」の公式ウェブサイトです。世界中で愛されるオメガ・ウォッチとファインジュエリーのコレクションをご覧ください。

契約カテゴリー :時計、計時、得点記録及び会場結果

⑦VISA

公式HP

あなたの目指すところへ
Visaは、最も革新的で信頼性が高く安全な世界最大の決済ネットワークで、個人、企業、金融機関、政府機関を結ぶ、決済テクノロジーカンパニーです。

契約カテゴリー :決済システム

⑧アリババ

公式HP

Alibaba Group

契約カテゴリー :クラウドサービス

⑨サムスン電子

公式HP

Galaxy Mobile Japan 公式サイト
スマートフォン世界No.1のGalaxyブランド。できることはもっとある。ついに登場、待望のGalaxy S10 | S10+をはじめ、Galaxy A30、Galaxy Note9、Galaxy Feel2 、Galaxy S9 l S9+ 、Galaxy Note8、Galaxy S8 l S8+などdocomo、...

契約カテゴリー :ワイヤレス通信機器

⑩ダウ・ケミカル

公式HP

ダウ・ケミカル日本グループ
ダウ・ケミカル日本株式会社は、米国ミシガン州に本社を置く 世界最大規模の総合化学品メーカーの日本法人です。

契約カテゴリー :化学品および原料

⑪インテル

公式HP

インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション
クラウド・コンピューティング、データセンター、IoT、PC ソリューションにおけるインテルのイノベーションが、日常のスマート・コネクテッドなデジタル環境を支えています。

⑫ATOS

公式HP

日本 - Atos

⑬GE

公式HP

GE.com Japan
imagination at work

東京2020オリンピックゴールドパートナー

①アサヒビール株式会社

公式HP

アサヒビール
ようこそ!アサヒビールスマートフォンサイトへ。ビール・発泡酒・チューハイ・ワイン・焼酎・ウイスキー・カクテルなどの情報が満載!おつまみレシピやプレゼントの情報が満載。工場見学やお近くのお店情報へもどうぞ。

契約カテゴリー:ビール&ワイン

②株式会社アシックス

公式HP

【公式】アシックス オンラインストア- ASICS 【公式通販】 | ASICS
【ASICS公式通販】アシックス公式オンラインストア。Tポイントも使える公式サイトだから安心安全のお買物。直営限定モデルのシューズ・ウェア、キッズ用・ウォーキング用やスポーツ用品まで、プロがおすすめする人気の最新商品を豊富にご用意。

契約カテゴリー:スポーツ用品(スポーツアパレル及び競技用具)

③キヤノン株式会社

公式HP

キヤノン:キヤノンホームページ
キヤノンの日本国内ポータルサイトです。商品・サービス情報、サポート情報の他、会社情報、採用情報、IR情報などをご覧いただけます。

契約カテゴリー:スチルカメラ&デスクトップ・プリンター

④JXTGエネルギー株式会社

公式HP

JXTGエネルギー
JXTGエネルギーのウェブサイト。

契約カテゴリー:石油、ガス、電気供給

⑤日本電気株式会社

公式HP

NEC(Japan)
NECは、社会と技術の変化を見据え、ICTで新たな社会価値を創造します。ビッグデータ、クラウド、ネットワーク、パブリックセーフティなどの最先端ICTで、豊かで明るい未来の創造に取り組んでいきます。

契約カテゴリー:パブリックセーフティ先進製品(生体認証、行動検知・解析、ドローン)、ネットワーク製品(SDN、有線ネットワーク、無線ネットワーク)

⑥日本電信電話株式会社(NTT)

公式HP

NTT公式ホームページ
NTTグループの公式ホームページです。NTTグループのニュースリリースや商品・サービスに関する情報やNTT(持株会社)の会社情報などをご紹介しています。

契約カテゴリー:通信サービス

⑦株式会社三井住友フィナンシャルグル―プ

公式HP

三井住友フィナンシャルグループ
三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)のウェブサイトでは、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまに、三井住友フィナンシャルグループの企業情報やIR情報、CS情報、各社の採用情報など紹介しています。

契約カテゴリー:銀行

⑧株式会社みずほフィナンシャルグループ

公式HP

みずほフィナンシャルグループ
みずほフィナンシャルグループのホームページです。

契約カテゴリー:銀行

⑨株式会社 明治

公式HP

株式会社 明治
明日をもっとおいしく。株式会社 明治(meiji)のWebサイトです。企業情報やブランドサイト、お得なキャンペーン情報、CMギャラリーをご紹介しています。

契約カテゴリー:乳製品・菓子

⑩日本生命保険相互会社

公式HP

日本生命保険相互会社
生命保険(医療保険や学資保険、個人年金)など、日本生命の豊富な商品ラインナップをご案内します。生命保険の見直しを検討中の方、セカンドライフに備えたい方もぜひご活用ください。保険の基礎知識や選び方のポイントもご紹介しております。

契約カテゴリー:生命保険

⑪三井不動産株式会社

公式HP

都市に豊かさと潤いを 三井不動産グループ
三井不動産のウェブサイトです。新築分譲マンション、一戸建て、オフィスビル、商業施設、海外事業、採用情報、IR情報などについてご紹介いたします。

契約カテゴリー:不動産開発

⑫東京海上日動火災保険株式会社

公式HP

東京海上日動火災保険
東京海上日動の公式サイトです。東京海上日動は、お客様の信頼をあらゆる企業活動の原点におき、安心と安全の提供を通じて、豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献します。

契約カテゴリー:損害保険

⑬株式会社LIXIL

公式HP

株式会社LIXIL | 住まいと暮らしの総合住生活企業
株式会社LIXILのホームページ。LIXILは、世界中の誰もが描く住まいの夢を実現するために、先進的なトイレ、お風呂、キッチンなどの水まわり製品と窓、ドア、インテリア、エクステリアなどの建材製品を開発、提供しています。

契約カテゴリー:住宅設備部材&水回り備品

⑭野村ホールディングス株式会社

公式HP

ホーム - 野村グループ
野村ホールディングスのウェブサイト。各グループ会社の情報やニュー>スリリース、サービス、CSR、IR情報、採用情報をご提供しています。

契約カテゴリー:証券

⑮富士通株式会社

公式HP

富士通
富士通は、クラウド、モバイル、IoT、AI、セキュリティなど最先端テクノロジーを提供し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するパートナーとして、お客様とともに豊かで夢のある未来を目指します。

契約カテゴリー:データセンターパートナー

オフィシャルパートナー

①味の素

味の素(株)商品情報サイト~Eat Well, Live Well.~AJINOMOTO
味の素株式会社の公式ウェブサイト。商品の詳しい情報やブランド別のお楽しみサイト、味の素グループのホットなニュースをご紹介する「AJINOMOTO NEWS」などを掲載しています。

②アース製薬

アース製薬 製品情報
アース製薬の殺虫剤・防虫剤、入浴剤、オーラルケア、消臭・芳香剤、お掃除用品、衛生用品、園芸用品に関する製品情報、キャンペーン情報やCM情報などのスペシャルコンテンツについてご紹介します。

③キッコーマン

キッコーマン株式会社 商品情報サイト | キッコーマン ホームページ
キッコーマン株式会社の公式ウェブサイト。商品情報や工場見学などをご案内。ホームクッキングは今日の献立レシピ、旬の食材レシピ、簡単お弁当、健康レシピなどを連載中。

④JTB

JTB 東京2020スペシャルサイト|Bridging the New つながれば、はじまる。
JTBの東京2020オリンピック・パラリンピックスペシャルサイトです。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたコンセプトムービーやテーマ、またオフィシャルパートナーとしてのJTBの活動をご紹介しております。Bridging the New つながれば、はじまる。

⑤SECOM

防犯対策やセキュリティ、警備ならセコム株式会社
セキュリティのことならセコム。防犯、防災商品からご自宅のセキュリティ、法人向けの警備や情報セキュリティまで幅広いサービスをご用意しています。ホームセキュリティや防犯対策、警備のサポートをお探しの方は、ぜひ、セコムへ。

⑥ANA

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線
ANAのスマートフォンサイト。国内航空券の予約・購入、空席・運賃の照会などはANA SKY MOBILEで。いろいろ選べるANAのおトクな運賃情報や、空港・機内サービス、運航状況などをご確認いただけます。

⑦日本郵便

日本郵政ホーム‐日本郵政
日本郵政株式会社のWebサイトへようこそ。日本郵政株式会社は、日本郵便株式会社・株式会社ゆうちょ銀行・株式会社かんぽ生命保険などからなる日本郵政グループの持株会社です。

⑧JR東日本

JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社
JR東日本の公式サイト。列車の運行・時刻表&#1253...

⑨ヤマトホールディングス

ヤマトホールディングス
ヤマトグループの持株会社、ヤマトホールディングスのウェブサイトです。企業情報、事業概要、IR情報、CSRの取り組みなどをご紹介します。

⑩日本経済新聞社

日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

その他22社

オリンピックオフィシャルサポーター

①AOKI

AOKIホールディングス
アオキホールディングス 事業内容

②ECC

ECC | 総合教育・生涯学習機関 ECCグループの企業サイト
総合教育・生涯学習機関であるECCグループのポータルサイトです。英会話教育を基盤に多様な教育のあり方を探究し、広く社会に提供しています。

③KADOKAWA

KADOKAWAオフィシャルサイト
KADOKAWAのポータルサイト。書籍、雑誌、映画、アニメ、ゲーム、グッズをはじめとする製品・サービス・イベント情報、企業情報、IR・投資家情報、採用情報、ニュースリリースなどがご覧いただけます。

④コクヨ

コクヨ
ようこそ、コクヨのホームページへ。文具やオフィス家具をはじめとする商品・サービスを通じて、皆さまの仕事や生活のさまざまなシーンの知的活動の進化につながり、「社会の役に立つ」ことを目指すコクヨの活動を紹介します。

⑤清水建設

子どもたちに誇れるしごとを。清水建設
清水建設株式会社は、1804年創業の大手総合建設会社です。建設プロジェクトの全段階でお客様にとっての最善を提案し、実現いたします。メッセージに込められた思い(シミズのしごと)、培われてきた技術(実績・技術ソリューションサイト)、企業情報(企業情報サイト)をご紹介します。

⑥丸大食品

丸大食品
丸大食品の商品情報 簡単・お料理レシピ 企業情報や採用情報などより安全で安心な食品に関する情報満載です。

⑦産業経済新聞社

トップページ
産経新聞社のニュースサイト。政治、経済、国際、社会、スポーツ、エンタメ、災害情報などの速報記事と解説記事を掲載しています。

⑧パーク24

東京2020特設サイト|パーク24株式会社
パーク24株式会社の東京2020特設サイトです。パーク24はこれからも、この先に当たり前となっていく“快適さ”を追求し、安全で、ベンリで、 快適な駐車場の提供を通じて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に貢献していきます。

⑨パソナグループ

パソナグループ

⑩TANAKAホールディングス

はばたけ、金のタマゴたち。 TANAKAホールディングス株式会社

他4社

【東京オリンピックの応援企業になるには?条件・費用は?】

条件、費用は?審査はあるの?

スポンサーになりたい意向があることを、オリンピックのスポンサー契約を担当する電通に伝え、検討の結果、組織委員会からの返事が来ます。そこからIOCとの契約になります。

ワールドワイドオリンピックパートナーになったブリヂストンは契約期間が2014年から2024年の10年契約で総額300億円以上と日経新聞が報じています。

トヨタは10年間で1000億円以上とまさに破格の契約であると朝日新聞が報じました。パナソニックは東京オリンピックを含む7年間の期間で総額200億円以上のスポンサー料を払っています。

ゴールドパートナーは約25億円といわれています。

今からでもなれるの?

東京2020スポンサーシッププログラムでは、2015年1月以降、契約締結日から2020年12月31日まで日本国内限定のスポンサーを募集しています

権利行使ができる領域は日本国内となります。
また、権利行使が可能な期間は、スポンサーレベルに応じて異なります。

個人事業主や小さな会社でも可能?

審査を通過してスポンサー料を払い契約が完了すれば可能ですが、東京オリンピックのスポンサーになれたとして、終わった後に費用対効果があるかという事を検討する必要があります。

オリンピックを支援する予算も費用対効果も「オリンピック」と言う言葉を使うことがそもそも難しいことだと思います。

【東京オリンピックの応援企業になると会社側のメリットは?特典は?】

応援企業、スポンサーになると企業側のメリットは?

オリンピックスポンサーになると、より上位のスポンサーになるほどメリットが大きいと言われています。

例えばVISAの場合、オリンピック大会では唯一の決済プロバイダーとして、競技チケットの電子決済はVISAのみとされ、その収益は何十億ドルと言われています。

コカ・コーラでは聖火リレーランナーを決める権利があり、CMなどで「コカ・コーラは聖火ランナーを募集します」という告知をすることができます。

認知度が大きくあがるので企業にとっては大きなメリットになるのです。

公式スポンサーになれること自体が名誉であり、世界的に優良企業である一流企業のイメージを固定化できるので、ビジネスを行う上で圧倒的な有益があります。企業にとってメリットの大きい投資、一大事業になるのです。

社章のようなオリンピックバッジはスポンサーだけしかもらえない?

非売品バッチはオリンピックとパラリンピック両エンブレムがデザインされています。公式販売バッジはオリンピックのエンブレムのみで、パラリンピックは別製品です。

非売品バッチは東京都で、多くの人に大会エンブレムに親しんでいただくため、「東京2020大会広報PR用バッジ」を作成し、東京都のイベントなどを通じて、無料で配布しています

公式販売バッジはオンラインショップで販売しています。

東京2020オフィシャルオンラインショップ

【公式】東京2020オフィシャルオンラインショップ | オリンピック、パラリンピック
東京2020オリンピック・パラリンピックの商品を取り扱うオフィシャルオンラインショップです。ピンバッチ、Tシャツ、生活雑貨など商品数を拡大中!

【公式スポンサーになれることは企業の名誉】

東京オリンピックの応援企業について紹介してまいりました。
下記に簡単にまとめます。

①スポンサーは大きく分けて4種類「ワールドワイドオリンピックパートナー」「ゴールドパートナー」「オフィシャルパートナー」「オリンピックオフィシャルサポーター」

②ワールドワイドオリンピックパートナーは国際オリンピック委員会(IOC)と契約。世界中でオリンピックのロゴを活用したマーケティング活動が可能

③「ゴールドパートナー」「オフィシャルパートナー」「オリンピックオフィシャルサポーター」は各国の組織委員会との契約。(2020年は東京オリンピックの組織委員会との契約)

④東京オリンピックの収入計画はスポンサー契約料が大きく占める。

⑤公式スポンサーになれること自体が名誉であり、世界的に優良企業である一流企業のイメージを固定化できる

たくさんの企業がオリンピックを盛り上げるために様々な活動をしています。東京オリンピックの公式ホームページではその活動について紹介されていますので、ぜひご覧になってくださいね!

こちらも読まれています

東京オリンピックのチケットの値段閉会式はいくら?確実にゲットするには?
いよいよ東京オリンピックのチケット販売予約がスタートしました。 特に人気なのはやっぱり「開会式」と「閉会式」ですよね!人気なだけチケット代もお高いのでは?と気になりますよね! ところで、みなさん「閉会式」ってどんな内容かご存知ですか?そういえば「開会式」はわかるけれど「閉会式」ってどんな内容なのか知らないなぁという人も多いのではないでしょうか? そこで今回は東京オリンピック2020の「閉会式」について気になるチケットの値段から、閉会式の見どころまで調べてみました!チケット購入の参考にしてみてくださいね!

コメント