東京オリンピックのチケット「スケボー(スケートボード)」の費用は?

スポンサーリンク

東京オリンピックの話題がニュースでも大きく取り上げられるようになってきました。とても楽しみで、待ち遠しいですね!

その中でも新種目の「スケートボード」は若い選手が多く、日本でも実力のある選手が実績を上げてきています。でもスケートボードってどんな競技なのかな?どんなルールなのかな?知らない人も多いと思います。

そこで今回は、スケートボードの魅力、競技ルールや注目選手などをわかりやすく紹介していきます。チケットの購入方法も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【東京オリンピックのチケット「スケボー(スケートボード)」の費用は?買い方は?】

東京オリンピック2020のチケット購入方法をご紹介します。

東京2020観戦チケット公式サイト

東京2020観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020大会における観戦チケットについてご紹介します。

チケットの抽選申込方法

抽選申込期間2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59

①2019年4月18日~       ID登録・電話番号認証
②2019年5月9日~5月28日  抽選申込受付期間
③2019年6月20日~7月2日  抽選結果発表・購入手続き
④2020年5月以降        チケットのお届け

※抽選は公平に行われますので、申込順は当選に影響しません。
※当選すると来場予定者の登録をする必要があります。

2019年秋ごろには先着順販売、2020年春ごろには直前期販売の予定です。

2020年春以降には、チケットを購入したけれども観戦できなくなった人が、チケットを出品できる「公式リセールサービス」もはじまります。

決済方法

チケット代金の支払はVisa決済、または現金決済(コンビニエンスストア)が選べます。

現金決済のご利用は30万円未満(税込)となります。
支払金額が30万円以上の場合はVisa決済のみの選択となります。

チケットのタイプ

モバイルチケット(スマホ・タブレット等)

Print@Home(自分でプリントアウト)

紙チケット
※紙チケットには手数料324円 配送料864円必要

チケットの種類

①一般チケット

A席からE席まで最大5種類の席種から選択できます
競技によって席種の数は異なります。

チケットは大人・子ども・幼児(席有)一律同額となります。

②車いすユーザーチケット/同伴者チケット

車いすを使用される方および同伴者の方が一緒に観戦できるチケットとなります。車いす席と同伴者席は、隣接した座席となります。

車いすユーザーと同伴者のチケットは同価格となります。

③東京2020みんなで応援チケット

12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループで、気軽に会場に来ていただけるグループ向けのチケットとなります。

各競技・会場の最下位席種エリアで1枚2,020円(税込)です。

チケットの上限枚数

第1希望と第2希望の合計申込枚数は最大60枚となりますが、当選枚数は最大30枚です

1セッションの申込上限は6枚です。(東京2020みんなで応援チケットは8枚です)

スケートボードのチケット価格

スケートボードのチケット価格は4,000円~11,500円になっています。

【東京オリンピックのスケボー(スケートボード)はどんな競技?ルールは?】

なぜオリンピック競技に選ばれたの?

近年は若い年代の「オリンピックへの関心」が急速に薄れてきています。それに対してスケボーは若者向けのスポーツで、人気があります。若者にオリンピックを見てもらいたいという、運営側の願いがあるのです。

また、会場設営費が安く抑えられるのも理由の一つです。

さらにスケボーは世界中の若者を中心に関心があるスポーツなので巨大な放映権が発生し、そこからの収入も見込まれるのです。

競技の特徴

前後に車輪がついた板に乗り、トリック(ジャンプ、空中動作、回転などの技)を行い、その技の難易度や高さ、スピードなどを評価する採点競技です。

オリンピックで行われる種目は、街の中を滑るようなコースで技を競う「ストリート」と、複雑な形のコースで技を競う「パーク」でそれぞれ男女別に行われます。

①ストリート

ストリートは街にあるような階段や手すり、縁石やベンチ、壁や坂道などを模倣した直線的な構造物を設置したコースで行われます。

選手は1人ずつ競技を行い、設置された構造物を使いながら様々な技を繰り出し、そのトリックの難易度や高さ、スピード、オリジナリティ、完成度を審査員が総合的に判断し採点します。

デッキ(板)を直接レールやレッジに当てて滑る「スライド」や、デッキとウィール(車輪)をつなぐ金属部分のトラックを当てて滑る「グラインド」。選手が手を使うことなくボードとともにジャンプする「オーリー」などの技があります。

また、「スタンス」と呼ばれる選手の向きがあり、向きが変わることによって同じトリックでも難易度が変わってきます。デッキ(板)の回し方なども含めて、見ている人達の意表を突く技のテクニックを成功させることがスケートボード最大の見どころとなっています。

②パーク

パークは大きな皿や深いお椀をいくつも組み合わせたような、複雑な形をした窪地状のコースで行われます。

湾曲がついた曲線的な形状の窪地の底から、垂直に近い曲面の傾斜を一気に駆け上がり、空中へ飛び出す美しい「エア・トリック」がパークの特徴です。

空中でデッキを手でつかむ「グラブ」も、どこをつかむか、どちらの手でつかむか、そのときの姿勢をどうするか、などによって難易度が異なります。

その「グラブ」や、デッキ(板)を回転させたり、選手自身が回転したりする、それらの組み合わせや、回転方向や回転位置によってオリジナリティや難易度を上げていきます。

空中に浮いたような状態の中で、パフォーマンスの大きさやスピードを加えながら、多くの複雑なトリックを行います。

採点は、トリックの難易度や完成度、オリジナリティ、スピードに加えて、全体の流れやダイナミックさ、安定感、浮遊感なども総合的に評価されます

スケードボードのルール

①ストリート

RUN方式」「BEST TRICK方式」という2つの方式で滑り、その合計点で競います。

RUN方式は持ち時間45秒でコースを自由に滑って、技や滑りを競います。2回のランを行い、最高点が持ち点になります

BEST TRICK方式はコース内にある障害物を一つ選び、そこで技を一つ繰り出します。5回のチャンスがあり、点数の高い4回が持ち点に加算されます

②パーク

持ち時間45秒で、コースを自由に滑って、技や滑りを競います。
3回のチャンスがありその中の最高得点で勝敗が決まります

スケートボードではフィギュアスケートのように、技の基礎点や完成度によって加点減点されるといったような明確な基準がありません

そのため、先に競技をした選手が繰り出した技を、次以降の選手がやった場合には評価がさがることもあるのです。それだけオリジナリティが求められる競技なのですね。

滑走する選手は前の選手がどんな技を繰り出したのかを考慮しながら、スタートラインまで自分がどうするか考えて滑る。スケートボードは選手も観客もスリリングな競技ですね。

【スケボー(スケートボード)の注目日本人選手は?メダルの可能性は?】

注目日本人選手は?メダルの可能性は?

男子の注目選手は、2017年5月にスペインのバルセロナで行われた大会で日本人初の3位となった堀米雄斗選手です。ストリートを得意としていますが、パークもこなすオールラウンダーな選手でメダルが期待されています。

また、平昌オリンピック男子スノーボードで銀メダルを獲得した平野歩夢選手もスケードボードへの挑戦を表明し、日本オープン・パーク大会で3位になっているので注目の1人です。

女子では、2018年のパーク世界選手権で優勝した四十住さくら選手。まだ高校生での快挙でした。2018年には4つの大会で優勝している実力ある選手で「初代優勝コレクター」と呼ばれているそうですよ!

また2014~2016年にアメリカの複数の大会で入賞経験のある中村貴咲選手にも注目です。東京2020大会ではパークで金メダルを目指しています。

そして2017年の日本選手権のストリートで優勝した西村碧莉選手も好調で目が離せません。

スケートボードの日本選手は、世界との差を着実に縮めているのです。

世界で有名な選手

ストリート、パークともに、そして男女ともに発祥地のアメリカの強さが他を圧倒しています

男子の注目選手は、スケートボード界のスーパースターとも呼ばれるアメリカのナイジャ・ヒューストン選手「X Games」に11歳で初出場し、前人未到の6連覇を達成しています

そしてブラジルのルアン・オリベイラ選手も注目選手のひとりです。ナイジャ・ヒューストンのX Games連覇を阻んだオリベイラは、全南米スケーターの希望の星として期待されています。

また、冬季オリンピックのスノーボード・ハーフパイプで3度の金メダルを獲得したアメリカのショーン・ホワイトも出場に意欲を見せており注目が集まっています。

女子はアメリカのレイシー・ベイカー選手。2018年は「X Games Norway 2018」のスケートボード・ストリート部門で銀メダルに輝きました。スケートボードの技術だけでなく、自分自身でいることを大切にする飾らない生き方も、多くの人々に影響を与えています

またマライア・デュラン選手にも注目です。「X Games Minneapolis 2018」のストリート部門で、日本の西村碧莉選手を破っての金メダル、そして続く「Sydney 2018」でも金メダルに輝きました。

スケートボードは選手の年齢層が低く、10歳代後半から20歳代が中心であるため、若くて実力のある選手が次々と登場しています。どの選手が東京2020大会に出てくるのか楽しみですね!

【将来のスケートボードオリンピック選手になるために!子どもたちがオリンピックを目指すには?】

もし、お子さんが既にスケートボードをしていて、将来オリンピック選手になるべく練習やコンテストにでているのであれば、選考基準を満たせるような選手になる必要がありますよね!

2020年東京オリンピック選手に選考されるには次の3つの方法があります。今後オリンピックを目指す子どもたちも、将来は同じような選考基準で選ばれます。

年齢制限はないので、選考基準を満たせば何歳でも出場できます。

①世界選手権大会2019の上位3名

ワールドスケート連盟が主催する世界選手権大会で上位3名の選手は、無条件で東京オリンピックの出場枠を獲得

②ワールドスケート連盟の世界ランキングの上位16名

対象期間中に開催される5つの大会で上位入賞者にポイントが付与され、2020年5月31日時点で、獲得ポイントの高い上位16名がオリンピック出場枠を得る。世界選手権で上位3名に選ばれた選手は除く。

・世界選手権大会
・Pro Tour 大会(詳細未定) ※SLS(ストリートリーグ)とVans Park Series(バンズパークシリーズ)が有力
・5スター大会(詳細未定) ※X Games(エックスゲーム)が有力
・大陸別選手権大会
・国内選手権大会

③開催国での世界ランキング上位1名

開催国選手のうち、上記で紹介した世界ランキングの上位1名が、オリンピック出場枠を獲得できます。

新たにスケードボードを始めて、オリンピックを目指そうとするのであれば、練習環境があるのかどうかが大事になってきます。プロで活躍している人は1日6・7時間練習しています

プロになる人は本場ロサンゼルスに渡米している人が多いです。それはスケートボードの本場で、海外のスケーターたちから刺激を受けられる環境に身を置くためです。

練習環境を確保して、すばらしいスケーターから刺激を受けながら技の完成度を磨いていく。そして、その技を組み合わせて新しいトリックを魅せていくスケーターになること。そのためには家族の協力がたくさん必要になりますね!

【スケートボードの日本選手に期待大!】

①スケートボードのチケット価格は4,000円~11,500円
②新種目に決まったのは「若者にオリンピックを見てもらいたいから」「会場設営費が安い」「巨大な放映権からの収入」
③種目は「ストリート」と「パーク」の2種類
④技の基礎点や完成度によって加点減点されるといったような明確な基準がない。
⑤日本男子の注目選手は、「堀米雄斗選手」と「平野歩夢選手」
⑥日本女子の注目選手は、「四十住さくら選手」と「中村貴咲選手」「西村碧莉選手」
⑦世界で注目されている男子選手は「ナイジャ・ヒューストン選手」「ルアン・オリベイラ選手」
⑧世界で注目されている女子選手は「レイシー・ベイカー選手」「マライア・デュラン選手」
⑨スケートボードのオリンピック選手になるには、練習環境を確保して、優秀なスケーターの刺激を受けながら、技の完成度を磨く。

ストリート、パークともに、そして男女ともに発祥地のアメリカの強さが他を圧倒していますが、日本でも実力のある若い選手が様々な大会で実績を残しています。オリンピックがとても楽しみです!

コメント