東京オリンピックの競歩の開始時間は?コースとチケット費用・購入方法は?

スポンサーリンク

競歩(きょうほ)は、トラックあるいは道路上で決められた距離を歩く速さを競う陸上競技種目です。

長距離でスピードを競う「競歩」は、競技中のスタイルが変わらないため、競技を見る機会が少ないとお尻を振り歩く異様なスタイルに映ってしまうかもしれません。

どうしてあの歩き方なのかな?と疑問に思ったことはありませんか?また、あの歩き方でないとゴールしても失格!になってしまうことを知っていますか?これには競歩のルールが深く関わっているのです!ルールを知ると競歩の観戦が楽しくなります。

今回は東京オリンピックの競歩のチケットや、競技ルール、歴史など競歩について詳しくご紹介します!競歩に対する見方が変わりますよ!

【東京オリンピックの競歩の開始時間・日程・コースは?】

コース

競歩は、皇居外苑の内堀通りを周回するコースで、二重橋前をスタートし20キロ競歩は1周1キロのコースを20周50キロ競歩は1周2キロのコースを25周します。

スケジュール

男子20km競歩決勝 7月31日(金)7:00 – 9:00
男子50km競歩決勝 8月8日(土) 5:30 – 10:00
女子20km競歩決勝 8月7日(金) 6:00 – 7:45

【東京オリンピックの競歩チケットはどこで買う?当日の購入は可能?】

東京オリンピックの競歩はチケット販売がありません。
沿道から応援できます!

そこで今回は東京オリンピック2020のチケット購入方法をご紹介します。

東京2020観戦チケット公式サイト

東京2020観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020大会における観戦チケットについてご紹介します。

チケットの抽選申込方法

抽選申込期間:2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59

①2019年4月18日~       ID登録・電話番号認証
②2019年5月9日~5月28日  抽選申込受付期間
③2019年6月20日~7月2日  抽選結果発表・購入手続き
④2020年5月以降        チケットのお届け

※抽選は公平に行われますので、申込順は当選に影響しません。
※当選すると来場予定者の登録をする必要があります。

2019年秋ごろには先着順販売、2020年春ごろには直前期販売の予定です。

2020年春以降には、チケットを購入したけれども観戦できなくなった人が、チケットを出品できる「公式リセールサービス」もはじまります。

決済方法

チケット代金の支払はVisa決済、または現金決済(コンビニエンスストア)が選べます。

現金決済のご利用は30万円未満(税込)となります。

支払金額が30万円以上の場合はVisa決済のみの選択となります。

チケットのタイプ

モバイルチケット(スマホ・タブレット等)

Print@Home(自分でプリントアウト)

紙チケット
※紙チケットには手数料324円 配送料864円必要

チケットの種類

①一般チケット

A席からE席まで最大5種類の席種から選択できます
競技によって席種の数は異なります。
チケットは大人・子ども・幼児(席有)一律同額となります。

②車いすユーザーチケット/同伴者チケット

車いすを使用される方および同伴者の方が一緒に観戦できるチケットとなります。車いす席と同伴者席は、隣接した座席となります。

車いすユーザーと同伴者のチケットは同価格となります。

③東京2020みんなで応援チケット

12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループで、気軽に会場に来ていただけるグループ向けのチケットとなります。

各競技・会場の最下位席種エリアで1枚2,020円(税込)です。

チケットの上限枚数

第1希望と第2希望の合計申込枚数は最大60枚となりますが、当選枚数は最大30枚です。

1セッションの申込上限は6枚です。
(東京2020みんなで応援チケットは8枚です)

費用は?

各競技にて異なるので公式サイトで確認しましょう。

試合当日にチケットを購入することは可能?

チケットは、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)のみでしか販売しません

2020年に入ってから、チケット販売所を通じた販売も行いますが、どのように販売されるかはまだわかりません

当日、会場に着いてもチケットを購入できない場合もあります。
なるべくなら事前に購入しておくべきでしょう。

【はじめての観戦でも大丈夫!東京オリンピック競歩の楽しみ方・ルールは?】

競技説明

競歩(きょうほ)は、トラックあるいは道路上で決められた距離を歩く速さを競う陸上競技種目です。競技会では50kmWのように最後にW (walk) を付けて表記します。日本での競技人口は約3000人です。

歴史

競歩競技の歴史には色々な説があり定かではありませんが、ヨーロッパが発祥の地であるのは間違いなさそうです。

初めてオリンピック種目となったのは、約100年前の1908年第4回ロンドン大会でした。その時の陸上競技の種目は、男子競技として3,500m競歩、10マイル競歩でした。

その後、1932年ロンドン大会から50km競歩が、1966年メルボルン大会から20km競歩が追加され、50km競歩・20km競歩の2種目がオリンピック種目となりました。

競技のルール

陸上競技種目で唯一の判定種目である。後述のルールに沿った歩形(フォーム)を維持しながら歩かなければならず、順位やタイムだけでなくルール(失格)との戦いがある。

日常生活における普通の歩行法を行うと「ベント・ニー」の反則(後述)と判定され失格になる可能性もあるため、バテてしまうと歩行すら困難になってしまい完歩すら出来なくなるなど、イメージとは裏腹にかなり過酷なスポーツである。

守るべきルール

①常にどちらかの足が地面に接していること。
両方の足が地面から離れると、「ロス・オブ・コンタクト」という反則となります。②前脚は接地の瞬間から地面と垂直になるまで膝を伸ばすこと
膝が曲がるとベント・ニーという反則をとなります。

違反しているおそれがあると競歩審判員が判断したときに、競技者は注意を受けます。審判は「イエロー・パドル」と言うカードで競技者に知らせます。

定義に明らかに違反している場合は赤カードが発行される。ある競技者に対しての赤カードが累積3枚になると、競技者は主任審判員より失格を宣告されてしまいます。

ただし、主催者などが「ピットレーン」を採用した場合は、赤カードが累積3枚になった選手はピットレーンにおいて所定の時間(レース距離10キロに対して1分)待機し、レースに復帰することができる。この場合は4枚目の赤カードで即失格となります。

競技審判員と主任審判員がチェック

オリンピックにおいては、競技審判員だけではなく「主任審判員」も判定を行い、累計赤カード数に関係なく主任審判員が違反していると判定した競技者は失格になります。これは危険なラストスパートを抑制する目的で定められたものです。

1人の審判員は1人の競技者に対して、注意は「それぞれの反則について1回ずつ」、赤カードは「どちらかの反則について1回のみ」出すことができます。

1人の審判員が何枚も赤カードを発行することはできず、主任審判員は赤カードが3枚そろった時点でそれぞれのカードが違う審判員のものであることの確認を行ないます。また国際大会では赤カードがそれぞれの違う国籍の審判員のものでなければ失格にはなりません。

審判員は赤カードを発行すると連絡員を通じて主任審判員に提出します。その内容が競歩掲示板に表示され、競技者のナンバーと違反した反則の記号が表示されるようになっています。たとえゴールしても赤カードが3枚そろえば失格となり、主任審判員が失格の宣告を行ないます

周りの言動や野次などに惑わされることなく審判の判定は必ず各審判員の目視のみで判定し、ビデオ判定は行われていません。

観戦マナー・観戦の楽しみ方

男子50kmの世界記録は、ヨアン・ディニス(フランス)が2014年に記録した3時間32分33秒これはマラソンで計算すると約3時間の記録になります。

フルマラソンを走ったり、観戦したことのある人なら、これがいかに速いタイムかが伝わると思います。競歩ではそれを歩いて記録してしまうので驚きです。ぜひそのスピードに注目してください!

男子50kmは陸上競技で最も距離の長い種目であり、それゆえに最も過酷な陸上競技と言われることもあります

順位やタイムだけでなくルール(失格)との戦いを繰り広げながらひたすら前を向き懸命に「歩く」競歩選手のストイックさを見て欲しいなと思います。

【東京オリンピック競歩の注目日本人選手は?メダルの可能性は?】

日本陸上競技連盟は、東京オリンピックでの競歩金メダル獲得を目指し重点的に強化しています。

男子の注目選手は2016年のリオデジャネイロオリンピック男子50キロで、日本選手オリンピック初のメダル、銅メダルを獲得した荒井広宙選手

競歩では2015年3月に男子20kmで鈴木雄介が当時の世界新記録を樹立。同年の世界選手権の男子50kmで谷井孝行が銅メダル。リオデジャネイロ2016大会の男子50kmで荒井広宙が銅メダルと、日本選手の活躍が続いているのです!

女子では2016年リオオリンピック日本代表で、2018年2月日本選手権4連覇の岡田久美子選手に注目です。

選手層が厚みを増してきており、2020年に向けて期待が持てますね。

競歩はヨーロッパ勢が強かったが、男子20kmではロンドン2012大会で中国が金と銅、リオデジャネイロ2016大会で同じく中国が金と銀メダルを獲得し、男子50kmでは日本の荒井広宙が銅メダルを手にしています。

女子でもリオデジャネイロ2016大会で中国が金と銅メダルを獲得するなど、近年はアジア勢の活躍が目立つようになりました

東京2020大会では地元アジア勢を中心として激しいメダル争いが展開されることが期待されます。

【競歩はフィニッシュしたのにゴールできない時も!厳しいルールとの闘いがあるのです!】

東京オリンピックの競歩について情報をお伝えしました!
まとめますと。

①競歩は、皇居外苑の内堀通りを周回するコース
②スケジュールは
男子20km競歩決勝 7月31日(金)7:00 – 9:00
男子50km競歩決勝 8月8日(土) 5:30 – 10:00
女子20km競歩決勝 8月7日(金) 6:00 – 7:45
③東京オリンピックの競歩はチケット販売がない。
④競歩は決められた距離を歩く速さを競う陸上競技種目
⑤競歩はルールに沿った歩形を維持しながら歩かなければならない。
⑥順位やタイムだけでなくルール(失格)との戦いがある。
⑦日本人を含めたアジア勢が躍進しており、東京2020大会ではアジア勢を中心として激しいメダル争いが展開されると予想

競歩のルールでは、ゴールしたのに失格になる可能性もあります。
スピードも必要だけれども、選手同士の駆け引きや、ルールとの闘い、更に陸上競技で最も長い距離を歩くという過酷さ!頑張る日本代表を、沿道で応援しましょう!

 

こちらも読まれています

東京オリンピックのマラソンスイミングチケット費用は?会場とルールは?
オリンピック水泳種目の一つ「マラソンスイミング」は、自然の海を10キロメートルにわたって泳ぐ競技です。マラソンスイミングは国際的には認知も人気も高いのです! 日本ではあまり認知されていないのかもしれませんが、駆け引きが多く、迫力に満ちたマラソンスイミングは詳細を知ると観戦が楽しくなります! ルールも競技内容も知らない、選手の名前もわからない人たちに向けて今回は東京オリンピックの「マラソンスイミング」についてご紹介していきます! チケットの購入方法、価格、競技ルールや魅力など、これを読めば観戦が楽しくなりますので、参考にしてみてくださいね!

コメント