東京オリンピックのバドミントンチケット費用は?日程と出場枠は?

スポンサーリンク

バドミントン日本代表には世界ランキング上位者が多く、東京オリンピックでは金メダルの期待が持てる競技の一つです。

観たい!と思ってもチケットの入手困難になる可能性が高くなります。でもどうしたらいいのかわからない人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は東京オリンピックのバドミントン競技のチケット購入方法はもちろん、日程やバドミントンのルールなど詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね!

【東京オリンピックのバドミントンチケットはどこで買う?当日の購入は可能?】

東京オリンピック2020のチケット購入方法をご紹介します。

東京2020観戦チケット公式サイト

東京2020観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020大会における観戦チケットについてご紹介します。

チケットの抽選申込方法

抽選申込期間:2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59

①2019年4月18日~       ID登録・電話番号認証
②2019年5月9日~5月28日  抽選申込受付期間
③2019年6月20日~7月2日  抽選結果発表・購入手続き
④2020年5月以降        チケットのお届け

※抽選は公平に行われますので、申込順は当選に影響しません。
※当選すると来場予定者の登録をする必要があります。

2019年秋ごろには先着順販売、2020年春ごろには直前期販売の予定です。

2020年春以降には、チケットを購入したけれども観戦できなくなった人が、チケットを出品できる「公式リセールサービス」もはじまります。

決済方法

チケット代金の支払はVisa決済、または現金決済(コンビニエンスストア)が選べます。

現金決済のご利用は30万円未満(税込)となります。

支払金額が30万円以上の場合はVisa決済のみの選択となります。

チケットのタイプ

モバイルチケット(スマホ・タブレット等)

Print@Home(自分でプリントアウト)

紙チケット
※紙チケットには手数料324円 配送料864円必要

チケットの種類

①一般チケット

A席からE席まで最大5種類の席種から選択できます
競技によって席種の数は異なります。
チケットは大人・子ども・幼児(席有)一律同額となります。

②車いすユーザーチケット/同伴者チケット

車いすを使用される方および同伴者の方が一緒に観戦できるチケットとなります。車いす席と同伴者席は、隣接した座席となります。

車いすユーザーと同伴者のチケットは同価格となります。

③東京2020みんなで応援チケット

12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループで、気軽に会場に来ていただけるグループ向けのチケットとなります。

各競技・会場の最下位席種エリアで1枚2,020円(税込)です。

チケットの上限枚数

第1希望と第2希望の合計申込枚数は最大60枚となりますが、当選枚数は最大30枚です。

1セッションの申込上限は6枚です。
(東京2020みんなで応援チケットは8枚です)

費用は?

予選(男女)
A席13,500円 B席11,000円 C席7,000円 D席4,000円準々決勝/準決勝/3位決定戦(男女)
A席21,000円 B席16,800円 C席12,800円 D席7,500円

決勝(男女)
A席45,000円 B席36,000円 C席17,500円 D席8,000円

試合当日にチケットを購入することは可能?

チケットは、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)のみでしか販売しません

2020年に入ってから、チケット販売所を通じた販売も行いますが、どのように販売されるかはまだわかりません

バドミントン日本代表には世界ランキング上位者が多く、東京オリンピックでは金メダルの期待が持てる競技の一つです。

バドミントンはテレビでもオリンピック会場で見てみたい競技の第1位と発表されていましたので、チケットの入手困難になる可能性が高くなります

当日、会場に着いてもチケットを購入できない場合もあります。
なるべくなら事前に購入しておくべきでしょう。

【東京オリンピックのバドミントンの日程と会場は?】

会場武蔵野の森総合スポーツプラザ
住所:東京都調布市西町290-11
アクセス:京王線「飛田給駅」下車徒歩約5分

バドミントンは7月25日(土)~8月3日(日)までの10日間行われます。

男子シングルス
予選:7月25日(土)から7月29日(水)
準々決勝:8月1日(土)
準決勝:8月2日(日)
決勝:8月3日(月)
男子ダブルス
予選:7月25日(土)から7月28日(火)
準々決勝:7月30日(木)
準決勝:7月31日(金)
決勝:8月1日(土)
女子シングルス
予選:7月25日(土)から7月29日(水)
準々決勝:7月31日(金)
準決勝:8月1日(土)
決勝:8月2日(日)
女子ダブルス
予選:7月25日(土)から7月28日(火)
準々決勝:7月30日(木)
準決勝:8月1日(土)
決勝:8月2日(日)
男女混合ダブルス
予選:7月25日(土)から7月27日(月)
準々決勝:7月29日(水)
準決勝:7月30日(木)
決勝:7月31日(金)

午前と午後の二つの時間帯で競技が行われます。
・午前の部:09:00 – 14:30/10:00 -15:30
・午後の部:18:00 -21:30/18:00 -23:00

日本人選手が出場する試合は人気が高くなりそうですね!特にバドミントンは決勝に進む可能性が高いので、準決勝や決勝のチケットは競争率がとても高そうです。

【東京オリンピックバドミントンの出場枠は?注目日本人選手は?メダルの可能性は?】

東京オリンピックバドミントンの出場枠

2019年4月29日から2020年4月26日の1年間の世界ランキングポイントから出場資格が決定します。

ただし1カ国・地域から出場できる人数は各種目2名/2組に限られており、さらに2名/2組のうち世界ランキングが下位の選手は、シングルは16位以内、ダブルスは8位以内でなければ出場権は得られません。

この他にも「大陸代表枠」といった特別枠があり、基準に当てはまらない選手が出場権を得る場合もあります。

2019年4月29日から2020年4月26日の間に獲得したポイントは2020年4月最終週に発表される世界ランキングに反映されて、各国の代表選手が選出されることになります。

要するに、日本は

・東京オリンピックのシングルにおける日本の出場枠は、男女それぞれ最低1名、最大2名が出場できる。
・ダブルスも、基本的に一カ国1組までですが、トップ8に2組いる場合は2枠が与えられる。

ということになりますね。

日本の注目選手

2019年5月現在の世界ランキングでは、バドミントンの日本代表は世界ランキング上位を独占しています

男子シングル:世界ランキング1位 桃田賢斗選手
世界ランキング10位 西本拳太選手
世界ランキング11位 常山幹太選手

女子シングル:世界ランキング2位 奥原希望選手
世界ランキング4位 山口茜選手

男子ダブルス:世界ランキング2位 園田啓悟/嘉村健士ペア
世界ランキング6位 遠藤大由/渡辺勇大ペア

女子ダブルス:世界ランキング1位 松本麻佑/永原和可那ペア
世界ランキング2位 福島由紀/廣田彩花ペア
世界ランキング4位 松友美佐紀 高橋礼華

混合ダブルス:世界ランキング3位 渡辺勇大/東野有紗ペア

注目選手が多く存在するバドミントン競技はメダル獲得が最も高い競技と言っても過言ではないでしょう!

世界の注目選手

男子シングルス世界ランキング2位で世界選手権準優勝、中国のシー・ユーチ選手や、女子シングル世界ランキング1位で2017年のアジア選手権で優勝した台湾のタイ・ツーイン選手

男子ダブルスはインドネシアマルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョのペアが世界ランキング1位をキープしています。

女子ダブルス、混合ダブルスは中国に注目です。
全体的にアジア勢が強い印象ですね!

【はじめての観戦でも大丈夫!東京オリンピックバドミントンの楽しみ方・ルールは?】

競技人口

日本バドミントン協会によると、バドミントンの選手登録者は平成19年で約22万7400人

遊びや趣味でバドミントンを 楽しんでいる人まで数えたら、もう数えきれない人数になりますね。

バドミントンの歴史

元々は1820年代にインドのプーナで行なわれていた「プーナ」という皮でできた球をネット越しにラケットで打ち合う遊びを、イギリス人兵士が1873年に本国に伝えたのが始まりとされています。

ほかにも、イギリスに昔から伝わる「バドルドーアンドシャトルコック」という球を打ち合う遊びが、次第にバドミントンへと変化していったという説もあります。

1893年イギリスにバドミントン協会が誕生すると、1899年にはロンドンで第一回全英選手権が行われました。

その後1921年にカナダ、1930年にデンマーク、オランダ、フランスにもバドミントン協会が設立され、1934年に世界バドミントン連盟が誕生しました。

1992年のバルセロナオリンピックより正式競技種目として採用され現在に至ります

競技のルール

①基本ルール

バドミントンには、1対1で対戦するシングルス2対2で対戦するダブルスとがありますが、基本的なルールはどちらも同じです。

試合は3ゲームマッチで行われます。先に2ゲームを先取したほうが勝ちです。ファーストゲーム(第1ゲーム)、セカンドゲーム(第2ゲーム)と進め、 もし1対1になった場合は、ファイナルゲーム(第3ゲーム)が行われます。

1ゲームは21点で行われます。先に21点取ったほうが勝ちです。
ただし、20対20になった場合は、延長ゲームとなり、2点差がついた時点で終わりとなります。また2点差がつかないまま続いた場合は30点を取ったほうが勝ちとなります。

サービスに関係なく、そのラリーに勝ったほうに得点が入ります。

②サービスのルール

シングルではラリーに勝った選手が次のサービスを行います
サーブを打つ位置は、自分の得点が偶数なら右から。奇数なら左からとなります。サーブを受ける相手は、その対角線の場所に立ちます。

ダブルスではサービスで自分が勝てば、左右を交代しながら続けてサービスをし、 相手からサービス件を得たときは、前回サービスをしていなかった人がサービスをするという順序になります。

サーブをするときのルールは以下の通りです。

・サービス時には、シャトルは腰より下で打たなければならない。
・サービス時、シャトルを打つ瞬間にはシャフトが下向きでなければならない。
・サービス時には、サーバー・レシーバーともに両足を床につけていなければならない。
・サービス完了まで、サーバーやレシーバーはラインを踏んだり、超えたりしてはいけない。
・相手コートのライン上に落ちた場合や、一度ネットに触れてから相手コートに入った場合は有効。
・サーバーが一度サービスの体勢に入ったら、途中で中断することはできない。
・サーバーが構えてから故意に時間を稼ぐ行為は禁止。
・サービス時には、シャトルをトスする際に回転を加えない。

③フォルト

以下の行為をするとフォルトとなり相手に得点が入ってしまいます。

・ネットを越えてシャトルを打つ
・シャトルを打ち終わった後、ラケットがネットを越えたとき
・プレイヤーの身体の一部がネットを越え相手コートに入ったとき
・身体やウェア、ラケットがネットやネットポストに触れること(タッチザネット)
・シャトルが身体やウェアに触れること(タッチザボディ)
・同じプレイヤーが2回続けてシャトルを打つこと(ドリブル)
・ダブルスで同じチームの2人が続けてシャトルを打つこと(ダブルタッチ)

上記以外でも以下のような行為をすることで、程度により警告・フォルト・失格など取られてしまいます。

・プレイヤーが主審の許可なくコートを離れる
・プレイを故意に中断し、時間稼ぎをする
・シャトルをいじり、スピードをわざと変える
・不愉快なふるまいをしたり、暴言を吐く

バドミントンの観戦マナー・楽しみ方

長時間のラリーや、スマッシュが決まった時、接戦のファイナルゲームなど盛り上がるプレイがたくさんあります。見逃さないように集中して観戦しましょう

応援スタイルは自由ですが、ファインプレイには選手に惜しみない拍手を送ってくださいね。

当然ながら試合観戦時のフラッシュは厳禁携帯もマナーモードにしましょうね!

【バドミントンは注目選手が多くて見どころ満載!】

東京オリンピックのバドミントンについて紹介しました。
簡単にまとめますと以下の通りになります。

①チケットは、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)のみで販売。
②バドミントンはオリンピック会場で見たい競技の第1位
③チケットの入手困難になる可能性が高く早めの購入がおススメ。
④チケット料金は4,000円から45,000円
⑤会場は武蔵野の森総合スポーツプラザ
⑥日程は7月25日(土)~8月3日(日)までの10日間
⑦2020年4月最終週に発表される世界ランキングで各国の代表選手が選出される
⑧日本は桃田選手など世界ランキング上位者がたくさんいます!
⑨盛り上がるプレイがたくさんあるので見逃さないように集中!

バドミントンはメダルが狙える世界的な選手の宝庫です!
観戦しないという選択肢はもうないでしょう。
開催国ですからホームでたくさんの応援と称賛の拍手を届けましょう。

コメント