東京オリンピックのアーチェリーチケット費用は?当日ゲットは可能?

スポンサーリンク

東京オリンピックでメダルが期待される競技のひとつ「アーチェリー」緊張感で張り詰める中で矢を放つ姿を見ていると、思わず息をのんでしまいます。

でもアーチェリーのルールを知っている人は少ないのではないでしょうか?日本の弓道と同じように感じる人もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は東京オリンピック2020のアーチェリーについて、チケットの購入方法や価格、競技日程、ルールや観戦マナーなどを詳しく紹介していきます!もちろん注目選手の紹介もありますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

【東京オリンピックのアーチェリーチケットはどこで買う?当日の購入は可能?】

東京オリンピック2020のチケット購入方法をご紹介します。

東京2020観戦チケット公式サイト

東京2020観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020大会における観戦チケットについてご紹介します。

チケットの抽選申込方法

抽選申込期間:2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59

①2019年4月18日~       ID登録・電話番号認証
②2019年5月9日~5月28日  抽選申込受付期間
③2019年6月20日~7月2日  抽選結果発表・購入手続き
④2020年5月以降        チケットのお届け

※抽選は公平に行われますので、申込順は当選に影響しません。

※当選すると来場予定者の登録をする必要があります。

2019年秋ごろには先着順販売、2020年春ごろには直前期販売の予定です。

2020年春以降には、チケットを購入したけれども観戦できなくなった人が、チケットを出品できる「公式リセールサービス」もはじまります。

決済方法

チケット代金の支払はVisa決済、または現金決済(コンビニエンスストア)が選べます。

現金決済のご利用は30万円未満(税込)となります。
支払金額が30万円以上の場合はVisa決済のみの選択となります。

チケットのタイプ

モバイルチケット(スマホ・タブレット等)

Print@Home(自分でプリントアウト)

紙チケット

※紙チケットには手数料324円 配送料864円必要

チケットの種類

①一般チケット

A席からE席まで最大5種類の席種から選択できます
競技によって席種の数は異なります。

チケットは大人・子ども・幼児(席有)一律同額となります。

②車いすユーザーチケット/同伴者チケット

車いすを使用される方および同伴者の方が一緒に観戦できるチケットとなります。車いす席と同伴者席は、隣接した座席となります。

車いすユーザーと同伴者のチケットは同価格となります。

③東京2020みんなで応援チケット

12歳以下の子ども・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループで、気軽に会場に来ていただけるグループ向けのチケットとなります。

各競技・会場の最下位席種エリアで1枚2,020円(税込)です。

チケットの上限枚数

第1希望と第2希望の合計申込枚数は最大60枚となりますが、当選枚数は最大30枚です

1セッションの申込上限は6枚です。
(東京2020みんなで応援チケットは8枚です)

費用は?

アーチェリー(男女)の費用は比較的手に入れやすい価格設定になっています。

予選3,000円  ・決勝7,000円

試合当日にチケットを購入することは可能?

チケットは、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)のみでしか販売しません

2020年に入ってから、チケット販売所を通じた販売も行いますが、どのように販売されるかはまだわかりません

当日、会場に着いてもチケットを購入できない場合もあります。
なるべくなら事前に購入しておくべきでしょう。

【東京オリンピックのアーチェリーチケットの会場・日程】

会場:夢の島公園アーチェリー場
住所:東京都江東区夢の島二丁目1番4号
アクセス:JR京葉線、東京メトロ有楽町線、東京臨海高速鉄道
りんかい線「新木場駅」下車徒歩約7分

日程

7月24日から白熱の試合が始まり、その一週間後の8月1日にメダルが決まります

1日目 7月24日(金)
予選(男子/女子)9:00-11:00 13:00-15:00

2日目 7月25日(土)
準々決勝/準決勝/決勝(混合) 9:30-12:05 14:15-17:25

3日目 7月26日(日)
準々決勝/準決勝/決勝(女子)9:30-11:05 13:45-17:25

4日目 7月27日(月)
準々決勝/準決勝/決勝(女子)9:30-11:05 13:45-17:25

5日目 7月28日(火)
予選(男子女子)9:30-13:25 16:00-19:55

6日目 7月29日(水)
予選(男子女子)9:30-13:25 16:00-18:40

7日目 7月30日(木)
予選(男子女子)9:30-13:25 16:00-18:40

8日目 7月31日(金)
準々決勝/準決勝/決勝(女子)9:30-11:15 14:45-17:20

9日目 8月1日(土)
準々決勝/準決勝/決勝(男子)9:30-11:15 14:45-17:20

人気なのは決勝戦ですが、やっぱり日本人選手が出場するときも注目ですね!

【はじめての観戦でも大丈夫!アーチェリーの楽しみ方・ルールは?】

アーチェリーは、的を狙って弓で矢を放ち、得点を競う競技です。わずかな雑念がミスにつながる競技であり、メンタルの強さが勝敗の決め手となります。重要な場面でどれだけ平常心を保って正確な矢が放てるかが見どころです。

日本での競技人口

日本での競技人口は約1万2000人です。

オリンピック種目としての歴史

オリンピックにアーチェリーが採用されたのはパリ1900大会からです。パリ1924大会からしばらく外されていましたが、ミュンヘン1972大会から再び正式競技として復活しました。

競技説明

個人戦は64人の選手で予選が行われます。

予選はトーナメントのランキングを決めるために行われます。
1人が72射放ち、合計得点で1位から64位までの順位をつけて、1位対64位、2位対63位とトーナメントでの対戦相手が決められていきます

1対1で行われるトーナメントでは、1射ずつ交互に射ちます。
1マッチ6ポイント先取で勝利。1セット3射30点満点で得点の高いほうの選手に2ポイント、引き分けの場合はそれぞれに1ポイントが付与されます。

最大5セットまで行い、両者5ポイントの引き分けのときはシュートオフ(タイブレーク)で勝者を決定します。

団体戦は予選の合計点が上位の16カ国が出場し、1チーム3人ずつで行います。1エンドは3選手が各2射の計6射。これを4エンド行い、総得点の高いチームが勝ちとなります。

1マッチ5ポイント先取で勝利。1セットは、選手が各2本射ち計6射60点満点で得点の高いほうのチームに2ポイント、引き分けの場合はそれぞれに1ポイントが付与されます。

最大4セットまで行い、両チーム4ポイントのときはシュートオフ(タイブレーク)で勝者を決定します。

アーチェリーのルール

オリンピックでは70メートルで競技を行い標的は直径122センチメートルの円で、中心に当たれば10点。以下、得点となる円の帯が並んでいて外側に向かって点数が小さくなっていきます。1点の外側は0点となります。

アーチェリーの観戦の楽しみ方は?

矢をつがえ、引き、狙いを定め、引いた矢を離すまでの一連の動作を、選手は心を乱さず、集中力を高めて行います。観戦しているとその時の心身の緊張がはっきりと伝わってくるのです。

観戦する時は、この緊張感をともに味わいたいですね。

また矢が的に向かって飛んでいくスピード感や、矢が的に吸い込まれていく時の爽快感も、選手とともに感じることができるのが醍醐味です。

アーチェリーの観戦マナー

選手たちは集中して 試合に臨んでいるので、それを妨げるような行為をしてはいけません。基本的に静かに見ていましょう。

【アーチェリーの注目日本人選手は?メダルの可能性は?】

過去の日本人選手の快挙は?

アーチェリーが日本で注目されたのは、山本博選手アテネ2004大会で銀メダルに輝いたときでしたね。

ロサンゼルス1984大会で銅メダリストとなってから実に20年を経て41歳での銀メダルで「中年の星」と呼ばれました

ロンドン2012大会では古川高晴選手が再び銀メダルを獲得。また女子団体チームが、アーチェリー団体戦では男女を通じて初のメダルとなる銅メダルに輝きました。

アーチェリーの注目日本人選手は?メダルの可能性は?

東京2020大会では男子の古川高晴選手、女子の川中香緒里選手、永峰沙織選手、林勇気選手、早川 漣選手に期待がかかります。

2017年ロザリオで行われた世界ユース選手権キャデット部門で男子団体銅メダル、女子団体金メダルを獲得するという活躍があったので大いに期待できるでしょう!

アーチェリーの世界的有名な選手

アーチェリーの強豪国といえば、なんといっても韓国が圧倒的な強さを誇ります
リオデジャネイロ2016大会では、男女個人、団体の4種目の金メダルを独占するという快挙を果たしました。女子団体はバルセロナ1992大会でこの競技が復活して以来なんと7連覇!

韓国ではオリンピックでメダルをとるよりも、韓国代表に選ばれるほうが難しいと言われ東京2020大会で誰が韓国代表になって活躍するかはまだわかりません。熟練の選手か若手か、予測するのは難しいのです。

韓国の次に強豪国と言われるアメリカでは、リオデジャネイロ2016大会で男子個人銅メダリストだった「ブレイディ・エリソン選手」と「ジェイク・カミンスキー選手」がメダル候補。

層の厚い韓国に対してどのような戦いを挑むのかに注目です。

【層の厚い韓国に挑む日本代表を応援しよう!】

東京オリンピック2020のアーチェリーについてご紹介しました。
まとめますと、

①チケットは、公式チケット販売チャネルのみでしか販売しない。
②アーチェリーのチケットは予選3,000円 、決勝7,000円。
③アーチェリーの会場は夢の島公園アーチェリー場
④日程は7月24日から8月1日まで
⑤選手たちは集中しているので静かに観戦する。
⑥日本人の注目選手は男子の「古川高晴選手」。女子の「川中香緒里選手」「永峰沙織選手」「林勇気選手」「早川 漣選手」
⑦世界の注目選手は「韓国代表」とアメリカの「ブレイディ・エリソン選手」と「ジェイク・カミンスキー選手」

日本の代表選手が層の厚い韓国に対してどのような戦いを挑むのかに注目しながら、緊張感を味わってアーチェリーを観戦しましょう!

コメント