東京オリンピックのチケットの値段閉会式はいくら?確実にゲットするには?

スポンサーリンク

いよいよ東京オリンピックのチケット販売予約がスタートしました。
特に人気なのはやっぱり「開会式」と「閉会式」ですよね!

人気なだけチケット代もお高いのでは?と気になりますよね!

ところで、みなさん「閉会式」ってどんな内容かご存知ですか?そういえば「開会式」はわかるけれど「閉会式」ってどんな内容なのか知らないなぁという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は東京オリンピック2020の「閉会式」について気になるチケットの値段から、閉会式の見どころまで調べてみました!チケット購入の参考にしてみてくださいね!

【東京オリンピックのチケット閉会式の費用はいくら?】

閉会式のスケジュール・費用

場所 : 新国立競技場 (東京都新宿区霞ヶ丘町10番2号)

日時 : 2020年8月9日21時~24時

チケット料金:
12,000円~220,000円
A席 220,000円
B席 177,000円
C席 82,000円
D席 35,000円
E席 12,000円

【閉会式と開会式、どちらが人気?】

開会式と閉会式の費用の違いは?倍率は?

開会式は12,000円~300,000円。

閉会式は12,000円~220,000円。

開会式のチケット料金のほうが高いです
倍率も開会式の方が高いのでしょうね。

閉会式と開会式、どちらが人気?

閉会式よりも開会式の人気の方が大きいようです。

その理由としては、開会式も閉会式もショープログラムがありますが、開会式の規模の方が大きいものになるということ。

また開会式で最終聖火ランナーによるオリンピック聖火の点灯は毎回話題になりますよね。

しかしながら開会式ほどの規模でなくとも、閉会式も開催国である日本のショーが行われ、2024年の開催国パリによるプロモーションショーもあります

閉会式は競技を終えた選手たちが一堂に会し、後夜祭のような雰囲気を醸し出すのも4年に1度ですから閉会式も楽しいものには間違いありません!

【東京オリンピックの閉会式のみどころは?閉会式ならではの楽しみ方は?】

閉会式では下記のような日程で行われるのがほとんどです。

①開催国と次回開催国の文化を紹介する各種パフォーマンス
②選手入場(開会式と異なり各国選手が入り混じって一斉入場する)
③開催国の国旗の掲揚と国歌の斉唱
④ギリシャ国旗の掲揚とギリシャ国歌の斉唱
⑤次回開催国の国旗の掲揚と国歌の斉唱(フラッグハンドオーバーセレモニー)
⑥オリンピック賛歌の合唱とオリンピック旗の降納
⑦IOC会長と開催都市のオリンピック組織委員会の会長による式辞
⑧IOC会長による閉会宣言
⑨次回開催都市の市長へのオリンピック旗の引渡し
⑩オリンピック聖火の消灯

閉会式での特徴は、次回開催都市の紹介がプログラムに含まれることと、近代オリンピック発祥の地に敬意を表してギリシャの国旗の掲揚とギリシャ国歌の斉唱が行われることです。

みどころ①選手入場の様子

閉会式の選手入場も開会式とは大きく異なります。

開会式は出場国が順番で並んで入場しますが、閉会式は各国の選手が入り混じって腕や肩を組み合ったり談笑したりしながら、会場の中央めがけて自由に入場してきます。

戦いを終えた各国選手がリラックスして楽しんでいる姿が見られるようになったのは1964年東京オリンピックからです。今では自由な入場が五輪閉会式のスタンダードになっています。

試合が終わったライバル同士、手を取り合い、喜び合いまがら「後夜祭」のような雰囲気で進行します。自分のスマートフォンで撮影をする選手の姿も見られますね。

そんなお祭りのような選手の雰囲気をぜひ味わってほしいなと思います!

みどころ②日本の文化を紹介するパフォーマンス

映像や音響、演劇や歌、ダンス、そしてさまざまな特殊効果を駆使した演出が行われ、式に花を添えます。文化や芸術にかかわっている方々が参加し、それぞれの技を披露する場でもあります。

2020年東京五輪では、開閉式の総合統括を狂言師の野村萬斎さんが、責任者を映画監督の山崎貴さんが務めます。アーティストの椎名林檎さんや振り付け師のMIKIKOさんなども演出企画に参加します。

コンセプトには「平和」や「共生」の他に「復興」や「未来」というキーワードも含まれており、日本らしさを備えつつ近未来を見据えた内容になることが期待されます。

みどころ③次回開催都市パリのパフォーマンス

過去最高数のメダルを日本にもたらしたリオデジャネイロ・オリンピック閉会式では、リオから東京への引き継ぎセレモニーで安倍晋三首相が任天堂のゲームキャラクター、スーパーマリオになって登場するというサプライズが会場を沸かせました。

パリはどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみですね!

【閉会式後にスムーズに帰宅するには?駐車場は近くにあるの?】

最寄り駅は地下鉄・大江戸線 国立競技場駅で徒歩すぐです。
JRは千駄ヶ谷駅で徒歩約5分

観客が一斉に帰路につくことで混雑も予想されていますが、組織委員会の担当者は「この時間を前提に鉄道各社に終電の調整をしてもらっており、問題はないと考えている」と話しています。

また、東京五輪の開会式がある7月24日前後が4連休、閉会式がある8月9日前後が3連休になります。

観光客の増加などによる首都圏の交通混雑を緩和するため、祝日化で通勤・通学や経済活動を抑えるために、東京五輪の2020年に限り、「海の日」「山の日」「体育の日」を移動させて五輪開催に合わせることが閣議決定しているからです。

祝日を1年限りで移すのは1948年に祝日法が施行されてから初めてのことです。

東京都内の駐車場の確保は最重要課題の一つとして取り上げられてはいますが周辺の駐車場は大変混雑する事が予想されます。上記を考慮すると公共交通機関のご利用がおすすめです。

NAVITIME 国立競技場周辺の駐車場

国立競技場周辺の駐車場 - NAVITIME
国立競技場周辺の駐車場を一覧でご紹介。国立競技場からの距離や、駐車場の料金・満車空車情報・営業時間・車両制限情報・収容台数・住所を一覧で掲載。地図で位置を確認したり、グルメや不動産などの周辺検索も可能です

【東京オリンピック閉会式も見どころ満載!】

東京オリンピック2020の閉会式についてご紹介しました。
詳細は公式HPで随時公開されますのでチェックしてくださいね!

TOKYO2020公式HP

Tokyo 2020 | 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式ウェブサイトです。大会に関する最新ニュースやイベント情報、大会ビジョンや会場計画をご紹介します。

内容をまとめますと

①閉会式は新国立競技場で8月9日21時から24時の3時間
②閉会式のチケット料金はE席12,000円~A席220,000円
③開会式の方が人気だが閉会式は「後夜祭」のようで楽しい!
④閉会式の見どころは「選手の自由入場」「パフォーマンス」「次回開催国パリのパフォーマンス」
⑤閉会式に合わせて終電時間が調整される予定
⑥閉会式がある8月9日前後を3連休にして混雑緩和を図っている。
⑦駐車場は検討されているが、公共交通機関のほうがおススメ。

開会式から閉会式まで見逃せない自国開催のオリンピックを、ぜひ肌で感じてくださいね!

コメント