手汗を止める方法中学生編!手汗レベル、原因と対策は?

スポンサーリンク

手汗で悩んだことがある、もしくは現在悩んでいる人はどれくらいいるでしょうか。

私が汗について気にし始めたのは中学生の頃で、代謝が良く汗をかきやすい年齢ということ、見た目や匂いを気にしたり、人に不快に思われていないかと気にしていたこと、異性との関わりを意識するようになったことなど、様々な理由があったと思います。

手汗に関しては見えにくい部分であり匂いもなく、全身の汗で悩んでいる人に比べて一部分だけということで声を上げにくいということ、また誰かに話しても汗っかきな体質ということで片付けられてしまい、一人で悩んでしまう人もいるようです。

きちんとした知識や対処法を知れば、きっと今の不安も少しは解消されるはずです。

「人より手汗をかきやすいのではないか」「手で触れた紙が湿ってしまう」「手汗が気になって彼女(彼氏)と手を繋げない」「不安だけれども誰かに相談できない」「知識がない」

今回はそういった不安を持つ中学生の皆さんに知ってもらいたい手汗を止める方法や、手汗が出る原因などを紹介していきます。

手汗に悩んだら

私の考えですが、まず手汗に悩んでいる方にお勧めするのは、病院で診断を受けることです。

病院で診てもらうほどではないのではと心配する方もいるかもしれませんが、前にも話した通り全身の多汗ではなく手汗だけの場合、周りの人に理解されにくい場合があります。

例えば最近手汗に悩み始めた中学生の皆さんが、親や周りの人にこのことを相談してみたとしましょう。個人的な感覚が大きいため「緊張していたのでは」「暑かったから」で片づけられてしまう場合があります。

または、もしあなたのお子さんが「手汗がひどくて悩んでいる」と打ち明けてきたとしましょう。汗は自然とかくものだからと、そこまで重大な問題として受け止められないことがあるかもしれません。

中学生の皆さんは代謝が良く汗もかきやすいので、もしかしたらこの後症状が落ち着いてくる可能性もありますが、手汗をかいている本人が悩んでいることは事実。そして、治療が必要な可能性もゼロではありません。

早い段階で病院で診てもらって、自分の状態を知り対処法を考えたほうが効率的です。

汗は生きている限りかき続けるもので完全になくすことはできませんから、早いうちにうまく付き合う方法を見つけていきましょう。

手のひらの多汗症(手掌多汗症)とは

多汗症とはわきの下、手のひら、足の裏、頭部などに異常に発汗する病気ですが、このうち手のひらに日常生活をするうえでいろいろな障害をもたらすほど発汗するのが、手のひらの多汗症です。

医学的には「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と呼び、ひどい時には治療の対象になります。

手のひらの多汗症を腋臭(わきが)と同じあるいは類似の病気と思っている人もいるようですが、全く違う病気ですし、治療法も異なります。

手汗レベルを知ろう

汗の出る量によってそのレベルが下記のように3段階に分けられています。数字が大きいほど症状がひどいことを表しています。

自分の多汗症の程度がどのレベルか知っておくと治療に取り組む際の目安にもなります。

レベル1:湿っている程度。見た目にはわかりにくいが、触ると汗ばんでいることが分かる。水滴ができるほどではないが、汗がキラキラと光っている。

レベル2:水滴ができているのが見た目にもはっきりとわかる。濡れている状態。しかし汗が流れるところまではいかない。

レベル3:水滴ができて、汗が滴り落ちる。

手のひらの多汗症の原因とは

手のひらの多汗症の原因ははっきりとは解明されていませんが、以下が関係あると言われていますので参考にされてください。

ホルモンバランスの乱れ

生理や妊娠、更年期障害など、女性の身体は特にホルモンの影響を大きく受けます。ホルモンバランスが乱れると交感神経が過剰に働くのは、脳の同じ部分がこの両方をつかさどっているためです。そのため手汗が出やすくなります。

緊張や不安など精神的なもの

手に汗握るという表現があるように、人は緊張したときに手汗をかきやすくなります。不安なときや緊張したときは精神的にストレスを感じており、交感神経が刺激され発汗につながっています。

食事、生活習慣の乱れ

香辛料などの辛い食べ物をよく食べる人は、痛覚神経を刺激することでアドネラリン分泌が多くなり、交感神経を刺激します。これを「味覚性発汗」といい、局部的に汗をかくことが多くなります。

また、カフェインやニコチンは中枢神経を興奮させるため、交感神経の刺激につながります。

濃い味付けや動物性脂肪が多い食事なども発汗作用があります。

肥満

肥満になると、内臓脂肪以外に皮下脂肪も多くなり、身体に熱をため込みやすくなります。その熱を放出しようとして汗が出るため、肥満の人は標準体型の人よりたくさんの汗が出やすくなります。

手汗を抑える方法、対策とは

制汗剤を使う

わき汗用などは殺菌や消臭効果など手汗には特に必要ない成分が含まれています。そして脇汗用は「アポクリン汗腺」に作用するよう開発されていますが、手汗はもう一つの汗腺「エクリン腺」が根本的な原因なので、手汗専用のものを選ぶようにしましょう。

ミョウバン水を使う

ミョウバンを使ったミョウバン水は、肌と汗腺を引き締めると言われ、古くから制汗剤として使われてきました。

ミョウバンはごくごく身近な食品添加物ですのでスーパーや100円均一などでも手に入り、赤ちゃんのお肌にも使用できるほど危険性が少なく安全です。

ミョウバン水を手に付けることで汗を抑える効果がありますが、重度の手汗の場合はあまり効果が期待できないこともあります。

ツボを押す

特定の部位のツボを押すことで発汗を妨げるとされています。食後すぐと飲酒した時は避けてください。

〇後谿(こけい):手のひらを上に向けてグーを握った時に小指の付け根が飛び出た骨の部分。筋肉の緊張を和らげ、発汗を防ぐ。

〇陰郄(いんげき):手のひらを上にした時、小指側の手首付け根から1.5cm下にある部分。

〇合谷(ごうこく):手の甲を上にして指を広げたとき、人差し指と親指の骨の分かれ目になって少し凹んでいる部分。血圧が下がったり精神を落ち着けたりと万能なツボで、発汗を防ぐ効果もある。

〇労宮(ろうきゅう):手のひらの中央にあり、指を内側に曲げたときに中指の先端が触れる部分。精神的な発汗に効果があると言われている。5秒押して5秒離す、を繰り返す。

〇復溜(ふくりゅう):くるぶしの内側から指3本ほど上にあるツボ。体内の水分調整を行う。親指でもむように刺激する。

睡眠時間の確保

睡眠と自律神経には密接な関わりがあります。十分な睡眠時間を確保し、良質な睡眠をとることで交感神経の高まりを鎮めましょう。寝不足の時は交感神経が過敏になり、手汗が出やすくなります。

理想的な睡眠時間は7時間前後。ただ長く寝ればいいわけではなく、睡眠前の食事やカフェインの摂取、スマホの使用を避け、リラックスした状態で副交感神経を優位にして睡眠の質を高めましょう。

お風呂につかる

自律神経のバランスが崩れ交感神経が過剰にはたらくと、汗が出やすくなることがあります。緊張状態が続いて汗が出やすくなっている場合は、温めのお湯につかる習慣で心身をリラックスさせてみてください。

食生活を見直す

大豆イソフラボン:大豆、みそ、豆乳、豆腐など
ホルモンバランスを整え発汗を抑える働きがあります。植物性エストロゲン:アボカド、もやし、大葉など
女性ホルモンエストロゲンと似た働きをして自律神経を整える働きがあります。カリウム:きゅうり、なす、トマト、ゴーヤ、ピーマンなど
体内の熱を排出する働きがあります。カリウムは熱に弱いので熱を加えず生で食べたほうが効果的です。ハーブ類:自律神経に働きかけリラックス効果があります。

気にしない

手汗が出る原因として緊張や不安など精神的なものがあると前に上げましたが、手汗を気にするあまりそれがまた発汗を促している可能性があります。

長年手汗に悩んできた人が、病院の待合室で待っている間に「これで手汗が少し改善されるかも」という安心感から手汗が治まったという話も聞いたことがあります。

手汗が出ても必要以上に不安にならないことが、手汗を抑える一歩となります。

病院での治療

手術、内服治療、外用剤による治療(アルミニウムを含む塗り薬)、イオントフォレーシス、注射などがあります。

効果や副作用に個人差があるので、実際に医師による説明を受けて相談しながら行ってください。

まとめ

・手汗に悩んだら、まず病院で診てもらうことを考えてみよう
・手のひらの多汗症とは、手のひらから、生活の中でいろいろな障害が出るほどの発汗があることである
・手汗にはレベルがある、自分の手汗レベルを知ろう
・手汗が出る原因ははっきりとは解明されていないが、ホルモンバランスの乱れ、緊張や不安など精神的なもの、食事、生活習慣の乱れ、肥満、病気が関係あると言われている
・手汗を抑える方法・対策には、制汗剤を使う、ミョウバン水を使う、ツボを押す、睡眠時 間の確保、お風呂につかる、食生活を見直す、気にしない、病院での治療などがある

手汗についてここまで細かく見てきましたが、それぞれの身体の状態によってどの方法がいいか、どのくらい効果が出るなど違ってきます。

いろいろな方法を試すには、本人だけではなく、周りの人の協力も必要かもしれません。
皆さんが、手汗を気にせず快適に過ごせるように、きっと応援してくれる人も沢山いると思いますので、是非前向きに向き合ってみてくださいね。

これを読むことで、少しでも手汗で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

 

【こちらも読まれています】

手汗対策!中学生必見!実際にみんながやっている対策とは?
中学、高校生の皆さん、手汗が出て困ったり、何とかしたいと思ったことはありますか。10代の皆さんは代謝が良く、年齢的にも汗をかきやすい時期でもあり、この時期に手汗に悩む人は意外と多いんです。今回はそんな手汗に悩んでいる人たちが実践しているシーン別の対策をまとめてみました。是非参考にして、自分なりの手汗対策法を見つけてみてください。

コメント