七夕飾りはいつからいつまで飾るのが正しいの?捨て方まで教えます!

スポンサーリンク

毎年、娘から「ママのお願いは何?短冊に何を書くの?」と聞かれると、七夕シーズンがやってきたなと感じます。娘は工作が大好きなので、この質問が出ると同時に、我が家では短冊や七夕の飾りを作り始めます。私は細かな作業が苦手なのですが、誰に似たのか娘はとても器用で、毎年新しい飾りを作っては楽しませてくれます。

七夕の一週間前くらいからスーパーやデパート等でも短冊を書くコーナーができ始めますね。店内も七夕ムードを盛り上げる飾り付けになっていて、ワクワクしてきます。短冊コーナーで子供たちがお願い事を書いているのを見ると、なんだか暖かい気持ちになりますね。

七夕の笹飾り、我が家では娘が飾りを作り始めると、すぐに飾って欲しそうにするので笹を持ってくるんですが(実家の横が竹林なんです)そういえば、七夕の飾りっていつからいつまで飾るのが正解なんでしょうか?なんとなく、七夕が終わったらダラダラ片づけていましたが、調べてみると正しいやり方がわかりました。

どうせするなら正しいやり方でやりたいですよね。私はここ数年間違ったやり方で飾っていましたが、それを反面教師にして正しい行い方を覚えてくださいね。

七夕飾りは一夜飾り

実は七夕飾りは一夜のみ飾るのが正解なんです。一夜って、七日から八日にかけてかなと思いますよね。でも、六日の夕方から飾り、七日の夜に破棄するんですって。かなり短期間ですよね。

一生懸命作った飾りを、一夜だけしか飾らないなんてちょっともったいない気もします。どうしてこんなに短期間なのかというと、七夕の由来の一つ『棚機(たなばた)』の風習が関わっています。

棚機とは、七月六日から始まる豊穣を願う儀式です。六日に機織りで着物を織り、一夜にして完成させた後、七日の夜に禊(水に入り体の汚れを払う)を行っていたそうです。七夕の由来の風習なので、今の七夕に日程が引き継がれているんですね。

もちろんこの儀式は旧暦なので、新暦に直すと八月七日です。七月七日だと梅雨が明けてない時もあって、寒い時もあるかもしれませんが、八月七日なら暖かいので、川に入っても大丈夫そうですね。

棚機の儀式なんて聞いたことありましたか?どこでやってたんだろうと思いません?どうやら全国様々な場所で行われていたようです。だから七夕飾りを川に流す風習が残る地域もあるんですね。ちなみに、棚機発祥の地と言われているのが奈良にあるその名も棚機神社です。

奈良はこれもその名の通り奈良時代に栄えた都市ですから、様々な儀式がここから始まり、全国に広がっていったんでしょうね。

七夕飾りをいつからいつまで飾るのかはわかりましたね。では、七夕の夜に破棄するにはどんな方法があるのでしょうか?破棄の方法も種類があるので、ご紹介しますね。

七夕飾りを破棄する方法

お焚き上げ

お焚き上げとは、元々は気持ちのこもったものを供養するため、神社等で燃やして頂くことです。願い事を燃やした煙で、天の神様に届けるという役割もあります。思いを込めた七夕飾りだし、願い事を神様に届けたい!という方にはぴったりですが、庭や空き地で勝手に燃やす事は出来ませんのでご注意くださいね。

七夕祭りを盛大に行う地域だと、お焚き上げをしているところもありますので、そこに行って燃やしてもらいましょう。神社やお寺に出向いて、個人でお焚き上げもできますが、ちょっとハードルが高いですよね。

七夕送り

名前にもついている通り、七夕の飾りを送り(川や海に流す事)ます。イメージは精霊流しに近いです。これも七夕まつりの一環で行われる地域があります。個人で川に流すのは、ゴミになってしまうので止めましょう。

ごみとして出す

一般家庭だとこれが一番真似しやすいのではないでしょうか。七夕飾りは大半がもえるゴミだと思いますので、可燃ごみとして出します。我が家もこれです。ただ、注意があります。捨てている所を、子供に見られないようにしましょう。

折り紙や紙コップで作った、大人からみれば安価な飾りですが、子供にとっては宝物です。一生懸命つくったものを目の前で捨てられるって、大人でもキツいですよね。捨てる時はこっそりしてあげてください。

とても上手に出来た飾りや、捨てにくいものは空き箱などに入れてまた来年飾るのも良いですね。

七夕飾りの飾る時期と捨て方のポイントまとめ

● 七夕飾りは一夜飾り
● 七夕飾り破棄する方法
○ お焚き上げ
○ 七夕送り
○ ごみとして出す

いかがでしたか?七夕の飾りは七月六日から七日までの短期間のみ飾る事がわかりましたね。これが終わると大敵、夏休みがやってきます。さっさと片づけて、夏休みに備えましょう!

 

【こちらも読まれています】

七夕飾りの作り方五選!保育園児と一緒!安くて簡単に作れます。
保育園に勤務していると季節の行事がありますよね。準備をするたびに一年の巡る速さについていけなくなります。もう七夕の季節がやってきてしまいました。どんな飾り付けをすれば園児たちが喜んでくれるのか心配ですよね。今回は安価な素材で、簡単に子供と作れる七夕飾りをご紹介します。とっても簡単なので、子どもたちが楽しくて作りすぎてしまうかもしれませんよ。

コメント