七夕の由来は何?どうして保育園で笹を飾るの?子供の疑問に答えよう!

スポンサーリンク

保育園に通う子供は毎日色んな刺激を受けて帰ってきます。先生やお友達との会話からどんどん知識欲も刺激され、知りたい欲求が増えてきますよね。お子さんの「どうして?」「なぜ?」は知識への第一歩。しっかり答えてあげたいのが親心。

でもそもそも七夕ってなんだっけ?笹ってどうして飾ってるんだろう?改めて質問されてすぐに答えられますか?私はちゃんと答えられませんでした。答えられない時お子さんはどんな顔をするでしょうか。悲しそうな顔?それとも少しがっかりした顔?そんな顔させたくありませんよね。

親が知らないと子供に説明できませんよね。実は七夕は一つの伝説と二つの行事が重なって出来たんですよ。子供の質問にきちんと答えて、知的好奇心を満たしてあげましょう。それが子供の知識欲を刺激し、お勉強が好きな子への入り口になります。

今思えば、私のどうして攻撃に飽きもせず答えてくれた母親にとても感謝しています。簡単な質問には答えてくれたし、年齢が上がるにつれ難しくなる質問には辞書を引っ張り出してきて一緒に調べてくれました。今はネットで検索して調べるのが簡単になっています。どうぞ、この記事を読んでお子さんの疑問に答えてあげてください。

織姫と彦星の伝説

神様の娘で織姫という女の子がいました。女の子はとても働き者でしたが、働くことしかせず、綺麗な服を着たりお化粧をしたりしませんでした。お父さんである神様は、働き者の人間の彦星と結婚させます。二人は幸せに暮らしましたが、二人共働かなくなってしまいました。怒った神様は二人を大きな川の両岸に離れ離れにして、一年に一度しか会えないようにしました。という中国の伝説です。

なんとなく聞いたことあるお話ではないでしょうか?神様は自分が結婚させたのに、いざ結婚してお互いしか見えないような状況になると怒ってしまったんです。ちょっと勝手ですよね。でも神様は強すぎて逆らえないです。私の頑固な父親を思い出させられます。

乞巧奠(きこうでん)

織姫にあやかって、女の子が裁縫が上手になるように七月七日にお願いする中国の行事です。元々は裁縫だけに針をお供えしていたんですよ。それが日本に伝わると、裁縫だけではなく、習い事の上達を願うように変化しました。

今では上達を願う願い事より、将来の夢を書くお子さんのほうが多いのではないでしょうか。私の子は保育園児のとき、まわりのお友達が「ケーキ屋さんになりたい」「プリキュアになりたい」なんてかわいい夢を書く中で「普通のサラリーマン」と書いていて反応しづらかったです。

棚機(たなばた)

昔の日本の行事です。今の様に食べ物がたくさん無い時代、人々は豊作を願いました。その行事の一つが、選ばれた女性が神様のために棚の付いた機織りで一晩で完成させ捧げるというものでした。その時使われた機織り機が棚機(たなばた)と呼ばれ、七夕(たなばた)の語源になりました。

このとき選ばれた女の人は棚機津女(たなばたつめ)とも呼ばれました。棚機津女が女性だったこと、織姫が機織りの仕事をしていた事がうまい具合に混ざっていったんでしょうね。それにしても、一夜にして織り上げるって結構疲れそうな行事ですね。

この三つが合わさって、今、私たちが毎年笹を飾る七夕になりました。あれ?でもこの三つには笹は出てきませんね。どうして笹が出てきたのでしょうか。

笹を飾る理由

日本で七月七日は七夕(しちせき)という節句の一つです。三月三日は桃の節句で、桃の花を飾ります。おひなまつりの歌にも桃の花の歌詞が出てきますね。

五月五日は端午の節句でお風呂に菖蒲を入れたりします。では七月七日の七夕の節句はなんだと思いますか?ここまで言うと分かりますよね。です。でもさすがに現代日本で竹を飾るのはハードルが高いです。なので名残として笹を飾るんですよ。これで笹を飾る理由も完璧ですね。

まとめ

❏ 七夕の由来
織姫と彦星の伝説と、中国の上達を願う行事・乞巧奠、日本にあった豊作を願う行事・棚機が合わさって七夕になった。
❏ 笹を飾る理由
五月五日は端午の節句で竹を飾っていた。それの名残で笹を飾る。

これで七夕に関するお子さんの質問が怖くなくなりましたね。子供からの質問にぜひ、どや顔で答えてあげて下さいね。

 

【こちらも読まれています】

七夕の由来を子ども向け紙芝居で説明してから七夕飾り制作をしよう!
保育園や幼稚園でも行事に取り入れているものとして「七夕」があり、子どもと一緒に七夕の飾りを作ったり短冊に願いを書いたりしているところも多いですよね。 そんな七夕、しっかり楽しむためにも由来を説明しておくのは大切なものの、由来の説明をしてもこどもはなかなか集中できず……説明方法を悩むことがあります。 そんな場合におすすめなのが「紙芝居」または「絵本」で、子ども向けの紙芝居を使って、七夕の由来を説明すると聞いてもらいやすいんです。 ここでは子供向けに紙芝居で七夕の由来を説明するために知っておきたいおすすめの紙芝居や絵本はもちろん、七夕飾りや笹の入手方法などをまとめています。 今年の七夕をしっかり楽しむためにも七夕の由来を知っておくのは大切なので、ぜひ紙芝居や絵本もチェックしておきましょう!
七夕短冊の願い事!1歳・2歳ならどう書く?子供への七夕の説明は?
保育園や幼稚園でも行事に取り入れているものとして「七夕」があり、子どもと一緒に七夕の飾りを作ったり短冊に願いを書いたりしているところも多いですよね。 しかし短冊に願い事を書く場合の悩みとして、低年齢児……1歳や2歳の場合はどんな願い事をどのように書けば良いのか、保育園でも迷ってしまうことがあります。 ここではこのように七夕の短冊に書く願い事、特に1歳・2歳頃の子どもはどうすれば良いか、また子どもたちへの七夕の説明方法について説明しています。 1歳・2歳の子どもたちの七夕の短冊の願い事に悩んでいる保育園の先生方へのヒントになりますので、ぜひご確認ください!

コメント