七夕の短冊に書く願い事、2歳なら何を書く?七夕飾りはいつまで飾れる?

スポンサーリンク

夜空

もうすぐ七夕

保育園から短冊を持ち帰って、願い事を書いてきてくださいと言われているご家庭も多いのではないでしょうか?

とはいえ、まだはっきりとした意志や願い事がないのが2歳児。

保育園だからママ友にも見られるし、なんて書くのが正解なんだろう?と頭を悩ませているお母さんもいらっしゃるのでは?

この記事では

  • 2歳児にオススメな短冊に書く願い事
  • 七夕飾りがいつまで飾れるか?
  • 楽しい七夕工作

について解説しています。

七夕の短冊に書く願い事、2歳児は何を書けばいい?おすすめの例、3選!

七夕

短冊にお願い事を書くことが七夕の醍醐味。

しかし、2歳児は何を書いたらいいのでしょうか?

2歳では言葉を話してもはっきりとした意味を持たなかったりすることもありますよね。

本人の意思がはっきりしていないこの時期は、子供が頑張っていることを代弁して短冊に書く親が多いようです。

トイレでちっちができますように
ひとりで歯磨き頑張るよ

2歳だとイヤイヤ期が始まって自分で願い事決める!という子も出てくる頃。

子供の欲求を素直に書く親も多くいます。

新幹線に乗れますように

七夕の願い事はまだ2歳ですから、可愛らしい願い事が多いもの。
人目は気にしなくて良いでしょう。

七夕の意味をどう説明すればいい?2歳でもわかる簡単な伝え方は?

親子

短冊って何?なんでお願い事を書くの?と疑問を抱くお子様もいるのではないでしょうか?

願い事を書くだけでなく、七夕がどんな行事か教えたいものですよね。

七夕って何?

毎年7月7日が七夕で織姫と彦星が1年に1度だけ会うことができる日とされています。

なぜ1年に1度しか会えないの?

織姫と彦星は恋に落ち、結ばれました。

織物を織る織姫と、牛の世話や畑仕事をする彦星。

働き者だった彼らはのちに働かなくなり、それを見かねた神様がふたりが会えないように大きな天の川で2人を引き離してしまったのです。

2人が再び人々に潤いをもたらすよう真面目に働くのであれば、1年に1度だけ合わせてやろうと神様が約束したのです。

七夕は古くから伝わり諸説は多数あります。

どうして短冊に願い事を書くの?

短冊とは細長く切った紙のこと。

願い事を書いた短冊を笹の葉に飾ると、織姫と彦星が願いを叶えてくれる、悪いものから守ってくれるという言い伝えから七夕には願い事を書く習慣になったのです。

ざっくり噛み砕いて説明すれば、2歳児にも伝わりそうですよね!

1年に1度だけ愛おしい人に会える日、既にロマンチックだなと思うお子様もいるのでは?

七夕飾りを工作してみよう!2歳でも作れる簡単な作り方3選!

きつね

七夕は織姫と彦星が天の川を渡って1年に1度だけ会える特別な日

せっかくなら子供と楽しめる七夕飾りを作ってみては?

子供と簡単に作れる!七夕飾り

平和のリング

短冊サイズに切った折り紙の両端をのりで止め、作ったリングに通し同じ工程を繰り替えすだけ!
2歳でも簡単にできちゃいます。

絵を描く

2歳になると絵を描くことに興味を持つお子様も。

織姫と彦星のイメージをお話ししながらシンプルに画用紙に絵を書いてみるのもいかがでしょうか?

折り紙で笹の葉

折り紙を三角に折り、のりで貼り付ける。

2歳だと折り紙を織ることはまだ難しいと感じるお子様もいるかもしれません。

のりで貼ってしまえばとても簡単にできますよ。

七夕飾りはいつからいつまで飾る?飾り終わった飾りはどう片づければいい?

悩む女性

そもそも七夕飾りはいつからいつまで飾っておくものなのでしょうか?

七夕飾りや願い事を吊るした笹の葉、せっかくなら少しでも長く飾っておきたいですよね。

結論から言うと七夕飾りは7月6日の夜から飾り、7日7日の夜には片付けるのが決まり。

とっても短い命ですよね。

長く飾ると願い事が叶わなくなると言われているのです。

では、飾った七夕飾りや笹の葉はどのように処分したら良いのでしょう?

神社でお焚き上げをしている地域は神社で、そうでなければ燃えるゴミの日に処分が一般的なようです。

昔は天の川にちなんで川や海に流すこともあったようですが環境問題から燃やす手段がベターと言えるでしょう。

短冊は取っておいて、その年のお子様のアルバムと一緒に保管し見返したり、お子様と一緒に作って飾れそうな飾りはとっておき、翌年に再度利用しても良いですね。

まとめ

金魚
七夕を2歳の子供と楽しむには、まず七夕の意味から伝えてあげたいものですよね。

七夕ってどんな日?

  • 1年に1度織姫と彦星が会える日
  • 短冊に願い事を書く日
  • 七夕飾りを作る

2歳のお子様が、七夕と聞いてこんな日だなとイメージできれば十分七夕を楽しむことができるのではないでしょうか!

1年に1度、織姫と彦星が出会いを喜ぶように、家族で楽しい時間を過ごしましょう。

【こちらも読まれています】

七夕短冊の願い事!1歳・2歳ならどう書く?子供への七夕の説明は?
保育園や幼稚園でも行事に取り入れているものとして「七夕」があり、子どもと一緒に七夕の飾りを作ったり短冊に願いを書いたりしているところも多いですよね。 しかし短冊に願い事を書く場合の悩みとして、低年齢児……1歳や2歳の場合はどんな願い事をどのように書けば良いのか、保育園でも迷ってしまうことがあります。 ここではこのように七夕の短冊に書く願い事、特に1歳・2歳頃の子どもはどうすれば良いか、また子どもたちへの七夕の説明方法について説明しています。 1歳・2歳の子どもたちの七夕の短冊の願い事に悩んでいる保育園の先生方へのヒントになりますので、ぜひご確認ください!

コメント