体調不良で仕事を休むと罪悪感があるから無理を押していく私は変?

体温計

熱が出てつらいなど様々な体調不良で仕事を休むことがありますが、そんなときに「仕事を休んでしまった」と罪悪感にかられてしまう場合があります。

「今日の仕事は自分しか出来ない」などの理由から体調不良なのに無理をして仕事に行ってしまうことも多く、休むことへの罪悪感は大きいんですね。

そこで今回は体調不良などの事情によって仕事を休むのは悪いことなのか、罪悪感に駆られてしまう場合はどうしたら良いかを紹介しています。

体調不良や病気その他の原因で会社を休んでしまうことはどうしてもあり得るので、持ってしまいがちな罪悪感についても知っておきましょう!

体調不良・病気で仕事を休むことに罪悪感がある

マスクをした男性

体調不良と言っても人それぞれで、例えば

  • 体調管理が出来てない
  • 会社に迷惑をかけた
  • 日頃から休みにくい環境
  • 取引先に申し訳ない
  • 締め切りが近い

などの理由から自分を責めてしまう、罪悪感を持ってしまうことが多く、このことからも日頃から真面目に仕事に取り組んでいる、責任感が強いタイプが罪悪感を持ちやすいことが分かります。

また会社に体調不良でも仕事をするべきなどの考えを持つ方がいると「体調不良なんかで仕事を休むの?」など言われてしまい、それが罪悪感となる場合もあります。

体調不良・病気で仕事を休むことに罪悪感をもたなくていい理由

具合の悪い男性

しかしまず最初に体調不良で仕事を休んで良いかどうかの結論をお話するとまったく問題がなく、もちろん罪悪感を保つ必要はありません。

体調不良はどれだけ日頃から体調管理をしていた場合でも誰でも起こる可能性があり、その場合に無理をして仕事をされると逆に困ることも多いからです。

罪悪感を持たなくて良い理由

  • 社内に広める危険がある
  • 不調な様子で仕事をされると迷惑
  • 信用を失う危険がある

例えばインフルエンザが疑われるのに無理を押して会社に行き、社内にインフルエンザを広めてしまってはそれこそ会社への迷惑はより大きなものになります。

また無理を押して仕事をしていても明らかに体調不良であることが分かる、受け答えが不明瞭だったりしんどそうに仕事をしていると、逆に「いないほうがいい」と思われることもありますね。

また社内だけではなく取引先、特に接客業の場合はお客さんに風邪などを移してしまうと会社の信用自体をなくしてしまう危険があるので、絶対に避けたほうが良いんです。

飲食店など接客業で店員さんがやたら咳をしている場合はお客さんとして不安になるなどの経験は、おそらく多くの方があると思います。

腰痛で動きがにぶい、商品を持ってつらそうにしている場合は落としてしまうんじゃないかなども不安になってしまいますし、無理を押す理由は何一つないんですね。

体調不良で仕事を休むときの連絡は電話?メール?

スマホ

無理して出勤する必要はないからといって無言で仕事を休む、仕事を休むのに悪びれない態度ではもちろんNGであり、仕事を休む場合はできるだけ早く連絡するようにしましょう。

休む際の連絡は基本的に電話、会社によってはメールやLINEで行うようにしている場合もあるので、会社のルールに従って連絡をとってください。

電話の場合はメールやLINEと違って声の調子が相手に伝わることもあり、本当にしんどい、つらい状態であることも分かるのでぜひおすすめします。

もし体調不良で仕事が出来るかどうかの判断が自分で出来ない場合も一度連絡し、上司の判断をあおぐのも一つの方法です。

体調不良や病気で仕事を休む時の言葉のテンプレ

仕事する男性

電話で仕事を休むことを伝える場合基本的には会社の直属の上司に連絡、また会社で連絡相手が決まっている場合もあるので、その場合はルールに従いましょう。

例文

おはようございます、○○です。
申し訳ございませんが昨晩から熱があり、本日お休みを頂いてもよろしいでしょうか。
症状が分かり次第また連絡させていただきますので、申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

電話、メール、LINE共に伝えることは同じなのでテンプレは上記の例文を参考に、症状を明確に伝えること(例文の場合は熱)、お休みしたいという意思、また症状についてを伝えましょう。

特に冬場でインフルエンザやノロウイルスが疑われる場合は社内感染を防ぐためにも必ず症状を伝えることが大切で、例文の通り症状が分かったら絶対に連絡を入れてくださいね。

体調不良や病気で仕事休みから復帰が行きづらい場合は?

OL

体調不良などで仕事を休む場合は速やかな連絡が必要ですが、もちろん復帰した後も同僚や上司にお礼を伝え、気持ちよく仕事に戻れるようにしておきたいところです。

インフルエンザなどで長期間休んでしまった場合は特に復帰しづらい、行きづらい場合もあるかもしれませんが、最初にお話した通り体調不良は誰にでも起こるもの、気にしないのが一番です。

休み明けに会社へ行ったあとは同僚や上司に休ませてもらったことへの感謝、そして迷惑をかけてしまった謝罪を伝えれば問題ありません。

挨拶例文

おはようございます。
先日は体調不良で欠勤しご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。
しっかり休ませていただきましたおかげで無事復帰できました、ありがとうございます。
休んだ分も本日から取り戻しますので、よろしくお願いいたします。

会社の上司や同僚、また取引先などにも同じように伝えていけば休んだ分をフォローして良かった、治ってよかったと気持ちよく受け取ってもらえるので、ぜひ挨拶はしていきましょう。

また復帰しづらい、行きづらいと思わないためにも、日頃から体調不良で休む方がいた場合は積極的にフォローし、仕事を受け持っておくことも大切です。

日頃からフォローしてくれる方が体調不良で休んだ場合は積極的にフォローしようという気持ちになりますし、良い「持ちつ持たれつ」の関係を築いておきましょう。

まとめ

体調不良で仕事を休むことへの罪悪感が強くて無理をしてしまう場合どうすれば良いのか、仕事を休む際の注意点などまとめ!

 

1:体調不良や病気で仕事を休む場合は自分の体調管理が出来ていなかった、会社に迷惑をかけてしまったなどから罪悪感を持ってしまうことが多く、真面目な方が持ちやすい

2:体調不良はたとえ風邪であっても出社してしまうと周囲に広めてしまう危険や信用を失う危険、逆に心配や不快感を味わわせてしまう可能性があり、無理をして行かないほうが良い

3:体調不良など様々な理由で休む場合は基本的に電話連絡、社内にルールがある場合はそのルールに従いきちんと連絡しよう

4:体調不良で休む場合の電話連絡・メール・LINEでは症状と休みたいという意思を必ず伝えること、またインフルエンザなどの場合は社内感染を防ぐためにも速やかな連絡を

5:体調不良が治り職場に復帰する際に行きづらい場合も気にせず大丈夫、日頃から休む方へのフォローをしておくと罪悪感も薄れるのでおすすめ。挨拶はしっかり行おう

体調不良や病気などの理由で会社を休んでしまう可能性は誰にでもあり、決して無理をして出社することが会社のためになるとも言えない、むしろ逆効果になることも多いです。

不必要な罪悪感にとらわれてしまうよりもまずはしっかり体調を治し、元気に職場に復帰することが大切なので、しっかり連絡や感謝の気持ちは伝えつつ、体調を整えていきましょう!

コメント