宿題が終わらないと泣く我が子に困った!手伝うべき?早く終わらせるコツは?

スポンサーリンク

小学校に入ると、どこの学校でも宿題がでますよね。

スンナリ済ませることのできるお子さんばかりではありません。

「終わらない~!」と泣いて嫌がるお子さんもいますよね。

それが毎日だと、疲れてしまうのは見守るママも同じ。

ここでは宿題を嫌がるお子さんの理由や気持ちをまとめています。

さらにママの対応として、ぜひ試してもらいたいことを挙げています。

ママとお子さんで、宿題をのりこえましょう。

お子さんの悲しみや怒りの涙、そしてママのイライラの気持ちをぐっと減らしていきましょう。

宿題が終わらないと毎回泣く我が子に困った!なぜ泣く?子供の心理は?

宿題の束を背にした少年

毎日ある宿題が終わらないと泣くお子さんは結構たくさんいます。

まずはなぜ泣いてしまうのか、その理由を整理しましょう。

  1. 「できない」のがつらい、悔しい
  2. 体と頭が疲れている
  3. 間違うことで、自分を否定されたように感じる
  4. 他にやりたいこと(遊び、ゲーム、テレビ)があるのにできないのが腹立たしい

1については、完璧を求めるお子さんによく見られます。

宿題は、時には難しいことが出たり、ぱっと見て終わりそうにない量に感じることがあります。

そんなときに、感情が振り切って涙という形になって出てくるのです。

真剣に取り組むお子さんには見られる涙です。

高学年のお子さんや、成績のいいお子さんにも見られます。

2は、特に低学年のお子さんに多い理由です。

学校から帰宅すると、気が緩んで疲れが出てきますよね。

学校では気も張るし、小さな体でがんばっているのでしょう。

その疲れが、宿題なんてとても無理…と本人に思わせてしまいます。

3は、大人でもありますよね。

仕事の上で自分のやったことを間違いとされると、どう感じますか?

自分自身が否定されたように感じることもありますよね。

それは大人にとってもつらい感情です。

子供も同じことです。

4については自分のやりたい行為(遊び、ゲーム、テレビ)を邪魔する宿題が、憎くて仕方ない状態です。

宿題をなぜするのか、宿題をするメリットをわかっていないことが原因です。

宿題が終わらないと泣く場合に親はどこまで手伝う?

缶に入った困った丸顔と泣いた丸顔

宿題を前に泣くお子さんを目にして、親は何ができるでしょうか。

涙ぐむだけでも見ていてつらいのに、大声で泣いて暴れるお子さんもいますよね。

人間の「泣く」という行為は、その人の受け止めきれなかったストレスを出す効果があります。

ですから、まずは好きなだけ泣かせてあげましょう

抱えているストレスを出してあげるのです。

そして、ママの大事な役目はここです。

共感することです。

つらい気持ちを一緒に一旦受け止めてあげましょう。

泣きわめいてうるさくて受け止めるどころじゃないよ!と思うこともあると思います。

それでも、

「つらいよね、いやになるときあるよね」

と声をかけてあげてください。

聞いていないようでお子さんはこういう言葉は聞いています。

そして、受け止めてくれたという安心感をもたらすのです。

私も、宿題に限らず子供が号泣しているとき、一旦「そっか、つらいんだね」とそのつらさを肯定するようにしています。

その原因が子供にあるように見えるときも同じです。

そうすると、「泣く」という行為が短く済むことが多いです。

泣きやめば、会話をすることができます(話し出すとまた気持ちがぶり返して泣くこともあります)。

泣いていると何も進みません、本当に。

逆に、こちらもイライラして「自分が悪いんじゃないの?」などと言おうものなら、いつまでも泣き続ける結果に…。

これは、ママとしての大失敗です。

また、「疲れている」お子さんの場合は、先にお風呂に入らせてあげるのも有効です。

大人も、一日の活動で体力や気力が落ちているときってありますよね。

疲れているときにお風呂に入ると、不思議なことにスッキリするものです。

スッキリさせてから、宿題をさせてみましょう。

子供としても「お風呂」というイベントがひとつ終わっていることで、気が楽になる効果もあります。

我が家の子供も「あとは宿題とご飯と寝るだけだね!」と嬉しそうに気持ちを切り替えていました。

なぜ宿題をするのかが分かっていない場合や、間違えることを嫌がるお子さんにはこのように声かけをしてあげましょう。

「宿題は先生と〇〇ちゃんとののおやくそくだよ。おやくそくはまもらないといけないよね?」
「宿題をすれば頭がちょっとずつよくなるよ。将来、おしごとのできるかっこいい人になれるよ。」
「間違ってもいいんだよ。間違うと、次は間違えないって頭に入るから、それでもいいんだよ」

こういったママの言葉を聞いてくれたら、次のステップです。

いつやるかを、お子さんが自分で決めたと思えるように話をしましょう。

「ごはんの前にできる?」
「明日の朝ならできる?」

あくまでも、『お子さんがいつやるかを決めた』というように話をしてください。

自分で決めたことはやろうとするし、できなかった場合は「自分で決めたことはやろうね」と話をすることができます。

また、宿題のうち、特に『ママが丸つけしたあとの、間違いのお直し』を強く嫌がるケースがあります。

これは、

  • 間違った自分が嫌だ
  • 自分を否定された
  • ママにはいいところだけ見てほしいのに失敗した

という気持ちが根底にあることが多いです。

その気持ちから、お子さんは「もういやだ」となげやりになっていることが多いです。

ママは、間違いを消しゴムで消す作業だけを手伝ってあげるのもいいでしょう。

その小さなお手伝いが、お子さんの助走になることがあります。

もちろん、さきほど挙げた励ましの声かけもしてあげてくださいね。

学校から帰ってきたらすぐに宿題をやる子にするには?声かけは?

「Time for Change」の文字と泣き顔と笑い顔

学校から帰宅後、すぐに宿題をしてくれるとママとしても大助かりですよね。

そんな風に、親子ともにストレスなく過ごすにはどうすればいいのでしょうか。

大事なのは、

  1. 環境づくり
  2. 宿題の意味を子供がわかること

のふたつです。

まずは環境づくりについて具体的にみていきましょう。

あなたが今から仕事の資料作りをするのに、作業場所がめちゃくちゃに散らかっていたら、集中して気持ちよくとりかかることはできますか?

難しいですよね。

子供も同じです。

宿題するスペースをきれいに整えてあげましょう。

今はやりのリビングでも、個室の勉強机でも構いません。

お子さんがやりやすいという場所を、キレイにしておいてあげましょう。

お子さんが気になるアイテム(漫画、本、ゲーム)が目に入らないことも重要です。

少し大きくなったお子さんなら、一緒に片付けてもいいですね。

それでもエンジンがかからない場合もありますよね。

そのときは気持ちの面で環境を整えてあげるといいです。

ママも少し参加して、その日の宿題を見てみましょう。

そして、比較的お子さんがやりやすいものを選んで、

「今日はこんな漢字(計算)するんだね、学校では今日やったのかな?」

会話半分、宿題半分のところからスタートです。

ママのもくろみとは違って、

「今日そこやったよ、そのときね、●●くんが消しゴム飛ばしてね…」

と“その日あったこと報告”に話がずれていってしまうかもしれませんが、それも聞いてあげてくださいね。

ほどよいところで宿題にまた話を戻してあげましょう。

環境づくりの一環で、「ご褒美」を用意するのもいいでしょう。

単純におやつであってもいいし、ママがそばで穏やかに見てくれていることもご褒美です。

もうひとつの大事なことは、

「宿題の意味を子供がわかること」

です。

このお話は、お風呂に一緒に入るなどの、リラックスタイムにしてもいいですね。

なぜ宿題をするのか、の答えは、ぜひママ自身の言葉で伝えてあげてください。

さきほど、

  • 先生との約束だから
  • 将来のため

という例を挙げました。

  • 〇〇ちゃんが幸せになってほしいから

など、その答えはママ自身の中にあるはずです。

逆に、その答えがない、もしくは「宿題なんてやらなくていいよ!」と実は思っているようでしたら、お子さんに宿題をスムーズにさせるのは難しいかもしれません。

『なぜ宿題(復習)はすぐやるべきか?』〜エビングハウスの忘却曲線に学べ!〜

『なぜ宿題(復習)はすぐやるべきか?』〜エビングハウスの忘却曲線に学べ!〜

宿題が終わらない、宿題が遅い子供に言ってはいけない言葉は?

宿題をやる外国人少女

宿題が終わらない、終わるのが遅いお子さんは、自分自身でそのことに傷ついていることが多いです。

追い打ちをかけるように、怒り、否定を口にすることは避けましょう。

ママのNG行為

  • できていないことを怒る、否定する
  • 毎日むりやり机の前にひっぱってきてやらせる(たまにカンフル剤としてはあり)
  • 無視する

宿題に限らず、自分の行為を怒られたり、否定されることが続くと、お子さんは自分のことを信じられなくなってきます。

大好きなママからなら、なおさらです。

そして自分のことを大事にできない人、がんばっても無駄だと思う人になってしまいます。

それは悲しいですよね。

親はおおらかに、今すべてが決まるわけではないという気持ちでいてあげてください。

ただ、勉強の習慣づけが不要ということではないので、そこにジレンマは生まれます。

それは「なぜ宿題をするのか」のママ自身の答えと、現状にズレがあるからです。

でも、その気持ちをそのまま子供にはぶつけるのはやめましょう。

ぜひ前章のやり方を参考に、少しゆったり構えて、環境を整えていってあげてくださいね。

夏休みや冬休みの宿題が思いやられる・・計画的に宿題をこなすには?

机の上の方眼紙と筆記用具

毎日の宿題にてこずるお子さんに、今度は夏休みや冬休みの宿題がドサッとやってきます。

パッと見た量も多く、期間も長い…たやすく実行できるお子さんの方が少ないのではないでしょうか。

どう対応していけばいいかみていきましょう。

ここで大事なのは、『お子さん自身が計画を立てる』ことです。

ママが「宿題の計画たててね~」と言って、放置しておくという意味ではありません。

お子さんが『じぶんできめたよ』と思えることが大事なんです。

その気持ちは、『だから宿題やるよ』につながる原動力です。

一緒に、とにかくお子さんが「できる」と思うように、ドリルや問題集といった宿題の量を割り振っていきましょう。

ここでポイントは「一日あたりどのくらいするか」までわけることです。

少し上の学年のお子さんの場合なら、「一週間単位」もありですね。

計画に対してのズレは、一日単位で考えていたほうが把握しやすいです。

また、はりきるお子さんの場合は、とてもできない量の計画をたてることがあります。

こんなときは、「そんなの無理よ!」と真正面から否定はしないであげましょう。

そんなときは、

『一日10ページって決めたけど、昨日の宿題は30分で2ページだったよね?
がんばる気持ちは素敵!
だけど、150分もいきなりがんばれるかな?2時間以上だね
夏休みは〇日あるから、もうちょっと一日あたりを減らしても間に合うよ。』

と、否定せずに、具体的に誘導してあげましょう。

逆に、一日あたりの量を少なくみつもるお子さんの場合はどうすればいいでしょうか。

『このぺ―スでやってみるね(目の前でカレンダーに書き込む)。
大変!始業式までに終わらないね。
もうちょっと一日の量を増やしてみようか。』

こちらもどのくらい夏休み・冬休みからはみだしてしまうかを、お子さんの目に見えるようにしてあげましょう。

また、「自由研究」「読書感想文」「日記」などの“大物”も準備のめどをつけることが大事です。

こちらも親ができるサポートがあります。

  • 図書館で自由研究の本を早めに借りる(出遅れると残っていないことも)
  • 読書感想文に使える本を一緒に探しておく
  • 工作ができる施設を探しておく
  • 休みの間に予定しているイベントがあれば、「これが終わったらこのことを日記に書こうね」と心の準備をさせる

低学年のお子さんの場合は特に、スムーズに取り掛かれるように、少し手を添えてあげましょう。

では、いざ夏休みや冬休みがスタート。

ママはどうサポートすればいいでしょうか。

計画はしたけど、その後は放置、というのは避けたいです。

毎日、「そろそろママ、丸つけできる?」と声をかけてあげましょう。

また、学校によっては、ドリルなどのお勉強の宿題とは別に、『縄跳び』や『おうちの方のお手伝い』を設けていることがあります。

それらを、毎日ひとつひとつ確認するのは、骨が折れますよね。

私はいちいち聞くのが面倒で、苦手でした。

そこで考えたのが、マグネットがくっつく素材で、お手製のボードを用意することです。

それはこのようなリスト形式です。

リストは具体的にひとつずつ書くのがポイントです。

やることリスト

このボードの「これから」の欄にマグネットを用意しておきます。

子供がその日の分を済ませたら、「できた」にマグネットを移動させます。

翌朝は、また「これから」にマグネットを移動しておきます。

これを毎日繰り返します。

パッと見るだけで何ができているか(できていないか)わかりますよね。

これでうまくいかないお子さんもいます。

でも次の年にはできるようになったね、ということもあります。

子供にとっても「やった」「やってない」が把握しやすいというメリットがありますので、一度試してみてくださいね。

そして、「これから」(=やってない)が続くようであれば、もう一度、宿題の必要性を話しあってみましょう。

あくまでも、お子さんの気持ちを聞いて、怒らずに対話してくださいね。

宿題の量や勉強のペースについて不安がある場合は?

たくさんの木片キューブと「SUPPORT」と書かれた木片キューブ

いろいろ声かけやサポートをしてみたものの、やっぱり宿題が終わらないと泣くお子さん。

そうなると、授業についていけてないんじゃないか、と心配になってきますよね。

そんなときはどうすればいいのでしょうか。

家庭のフォローで改善しないときは、プロに相談しましょう。

まずは学校の先生に相談

学校によっては、放課後に宿題が苦手な生徒向けの時間をとっている場合があります。

私の校区の小学校では、その制度がありました。

用意されている制度をうまく使えるといいですよね。

そのような制度はないよ、という場合でも、まずは担任の先生に相談してみましょう。

先生は学校での授業中の態度などを把握してくれています。

ママの心配にも、相談にのってくれるはずです。

例えば、こんなケースがありました。

家庭での宿題で、ママの丸つけのあとの『お直し』を猛烈に嫌がるお子さん。

ママも困ってしまい、先生に相談したところ、そのお子さんに関しては先生が丸つけをしてくださることに。

その後、泣く回数が劇的に減りました。

また、発達も含めた相談ができるのが学校のいいところです。

発達障害と聞くと、「それはちょっと…」と二の足を踏む保護者の方は多いです。

ですが、専門家の意見では、集団の中でやりづらさを抱えているお子さんの場合は、手厚いフォロー体制の方が成長するといいます。

私の知り合いにも、相談した結果、知的な問題はないが、学習障害のうちのディスレクシア(読み書き困難)ということがわかった、という方がいます。

わかるまで、2年ほどの月日がかかりました。

算数はできるのに国語が本当にびっくりするくらいダメで…というお子さんでした。

ディスレクシアと判明したことで、国語に関してはその子に応じた勉強の手段をとることができたそうです。

塾、家庭教師に相談

塾や家庭教師は、勉強についてのノウハウを持っています。

学校の先生にないとはもちろん言いませんが、つまずきやすい子供のポイントを救うコツを持っています。

私も子供の頃塾に通うようになって、コツを聞くことで勉強が楽しくなった覚えがあります(特に算数)。

集団が不安なら、家庭教師や個別対応塾もいいでしょう。

宿題についても見てくれるところが多いので、ママにとっては心強い味方になってくれるはずです。

まとめ

学校の教室

毎回宿題でお子さんが泣くのを見るのはつらいですよね。

改善するコツをまとめます。

  • 泣いていたら、まず共感「つらいよね」
  • 疲れているようなら気分転換(お風呂やおやつ)
  • 宿題をやる意味をお子さんと話そう
  • 環境作りも大事
  • 怒る、否定するのはNG
  • 夏休み冬休みの計画、進捗管理はお子さんと二人三脚で
  • それでも難しいなら、プロ(①学校の先生②塾)に頼ろう

特に低学年のお子さんは宿題で泣くことが多いです。

でも、一年たってみれば「あれ?そういえば最近泣いてないな」となることがほとんど。

少しおおらかに、ゆったり見守っていってあげましょう。

【こちらも読まれています】

宿題が終わらないと泣く子供、親はどう対処したらいい?
ただ宿題をやらせる・・・それだけのことですが、親としてはすごく悩んでしまう問題の一つですよね。筆者の子供も、すぐやり始める時となかなかやり始めない時があります。ここでは、子供の心理状態から、どう対処していったらいいのかを一緒に考えて見ましょう。

コメント