少年野球の指導者とのトラブル!保護者の対応は?事案別解決方法も!

スポンサーリンク

野球の試合

子供の頃からスポーツに親しむと、体力作りは勿論、仲間との連携だったり将来に渡っての趣味になったりと、メリットは多くありますよね。

中でも少年野球は昔から大人気のスポーツと言えるでしょう。

と同時に、昨今指導者とのトラブルも多く聞かれるようになりました。

子供同士のトラブルならば、人生経験の一部と捉えることができますが、相手が大人となると賠償問題になりかねません。

ここでは、少年野球においての指導者とのトラブル事例、解決事例、指導者変更ができるか?、少年野球の指導者資格の内容に至るまで具体的な事例を含めて解説していきます。

せっかく出会った少年野球仲間と楽しく練習できる環境作りを目指しましょう。

少年野球で指導者とトラブルに!どんな事例がある?

指導者によるパワハラ(理不尽に怒られる、暴言、体罰)

2年前に全国制覇の強豪チームでパワハラが発覚しました。

動画投稿された内容は、「おい、しっかり野球やれよ」、「オロオロオロオロやってよー」、「もっとしっかりタッチせぇよ」と指導者が関西弁で暴言を吐いた後、小学生が平手打ちされて吹っ飛ぶといったものです。

保護者が撮影したもので、動画がネット投稿されたことで波紋を呼びました。

指導者の経験がある知り合いと話したところ、この少年野球の世界には指導を監視する機関は存在せず、常識のない指導者はやりたい放題になっている、という現実があるようです。

対策としては、スポーツ連盟や所属する野球協会宛てに相談する、というところですが、任意団体なので処分や指導といったものは望めないだろう、との回答でした。

ただ、「相談をする」という話をすることで、自分の悪評になるわけですから、これを恐れない指導者はいないのではないでしょうか。

何も動かずにいるよりは、効果があるでしょう。

「うちの子だけレギュラーになれない」親の気持ち

これは、親なら誰にでも起こりうる感情ではないでしょうか。

その気持ちに関しては、押し殺さず正直な感情でよいのです。

あとは切り替えて、「1試合中1打席出れたら運があった」と思い、子供の役割を応援する、というのはどうでしょう。

その子供にもよりますが、試合に出れないことを悲観する子もいれば、そうでない子もいます。

子供は親以上に自分の役割を自覚していますよ。

そして、野球を好きな気持ちは平等です。

ならば、その野球を好きな気持ちを応援してあげましょう。

親の感情を子供に押し付けないことが大事です。

少年野球での指導者とのトラブル!解決方法は?事案別にご紹介!

野球のコーチと子供

[ケース1]指導者の「勝ちたい、強くしてあげたい」という気持が強くなってしまう場合

これは指導者にオンとオフを徹底することを求めてみましょう。

練習するグラウンドでは、子供達が理解していれば多少厳しくても構わないのです。

ミスを続けても「いいよ、大丈夫」では、少年野球に入れる意味はないのではないでしょうか。

そして、大事なのはその後に「指導者のオフの姿」を見せることです。

グラウンドとは違って冗談や笑顔によってコミュニケーションをはかります。

指導者自身も、グラウンドで言いすぎたな、伝わりにくかったかな、と思うことがあればここで挽回できるのです。

ただ、ここはあくまでもオフの時間、ということを指導者は忘れないことです。

これがうまくできる指導者に、子供達はついてきます。

子供達と指導者とのオフの時間をつくること、これが親ができる指導者への関わり方です。

[ケース2]自分の子だけレギュラーになれない場合

子供が野球が好きで、練習に行くのが嫌になった、というわけでなければ、静観するのが親としてはベストな対応です。

上でも少し述べましたが、子供達は親が思う以上に「自分の役割」を理解しています。

少年野球において「自分の役割」が試合に生きているのであれば、子供も納得する場合が多いでしょう。

子供自身が納得していない場合は、子供自身に指導者へ説明を求める、といった対応の方がトラブルなく収めることができるはずです。

子供も、「分からないことは聞く」という姿勢を学習できますよ。

少年野球の指導者変更依頼は可能?トラブルがこじれてしまった時にも出来る?

トラブルがこじれてしまったときには、指導者を変えることより、自分がチームを移籍すること、変革することを検討すべきです。

なぜなら、少年野球の指導者はボランティアがほとんどです。

過去に在籍していたチームまたはその関係者から、指導者の依頼を受けているケースが多くあります。

そして、指導者不足から、自分の子供が入団したためにやらざるを得なくなったケースも増えています。

しかし、いくらボランティア指導者であっても、選手主体の野球でないためにトラブルが起こってしまったのですよね。

そこで、保護者が騒ぎ立てることによって「保護者主体」の野球になってしまってはトラブルが大きくなるだけです。

どうしても今のチームを離れたくない場合には、ルールを作り直す作業から始めてみてはどうでしょう。

指導者の選び方から、チームとしての意思決定はどうするのか、指導者には講習会や資格が必須である、という細かな作業から始めます。

すると、「指導者としての条件」から外れた指導者は自ずと退任に追い込まれる状況が作られます。

こちらとしては、チームのためのルール作りであり、あくまでも前向きな姿勢をアピールできます。

指導者を解任させるためではなく、チームのため、という姿勢を貫くことで「親としてサポートをしている」ということです。

少年野球の指導者は資格を持っているの?資格の内容とは?

野球のスコアボード

少年野球には、資格は必要ありません。

ですから、ボランティアや児童の保護者が務める、という状況が可能になります。

しかし、スポーツ少年団に属するチームは平成27年より有資格指導者の登録を義務付けることになっています。

この資格は「認定員」「認定育成員」と呼ばれるものに分かれます。

「認定員」とは、「単位スポーツ少年団活動の中心的指導者として、スポーツ少年団の理念にのっとり、その指導・運営にあたり、単位スポーツ少年団内における育成母集団をはじめ、組織の強化をはかっています。」とのことです。

「認定育成員」とは「単位スポーツ少年団指導者の中核として、単位スポーツ少年団の育成や指導にあたり、市区町村・都道府県スポーツ少年団の組織指導者としてスポーツ少年団の普及、活動の活性化を図っている他、認定員の資質向上と育成拡充に努めています。」とのことです。

引用元:日本スポーツ協会「指導者資格」

どちらも講習会ありき、の資格なので子供を預けるうえでは、この知識があるのとないのとでは親の気持ちは違ってきますよね。

また野球指導者ライセンス協会の資格で「C級指導者ライセンス」というものもあります。

少年軟式野球、少年硬式野球の指導者を対象にした資格です。

資格取得している指導者であれば、プライドも伴ってきます。

資格剥奪となると、今後の自分の人生にも関わってくるので、パワハラやトラブルを回避できる可能性は高いものになってくるはずですよ。

まとめ

  • 指導者も親も「選手主体」で練習、試合を進めることを心がけることによって、トラブル予防になります。
  • トラブルが起きてしまった時には、大人が自分の気持ちを子供に押し付けないこと、つまりは子供の気持ちに寄り添うことがトラブル解決の鍵です。
  • 指導者の変更を求めるより先に、自分が変わること、前向きな行動に移すことに重きを置きましょう。
  • 指導者が資格を持つことで、万が一間違いを犯したときに資格剥奪を恐れます。それがパワハラ予防になることを考えれば、資格を持つ指導者が増えると親も安心して子供を預けられますね。

「指導者」だからという視点ではなく、どんな人でも人として敬意をもった関わり方ができればトラブルは予防できるはずです。

子供がスポーツをすることは、人との協力やコミュニケーションを学ぶうえで最適です。

どんな時にでも子供の気持ちに寄り添って、応援していける最適な関わり方ができれば、親子共に楽しんいける環境を作れますよ。

【こちらも読まれています】

少年野球の指導者が怒鳴るのはなぜ?対策は?子どもの脳にも影響が!
子供から新しいスポーツを「やってみたい」と言われた。しかしいざ入団させたものの、怒鳴る指導者だったとか、暴力を振るわれた、となると親としてどう対応していいか悩むところでしょう。大人らしく穏便に解決し、どう振る舞ったらいいかを考えていきましょう。

コメント