少年野球の指導者が怒鳴るのはなぜ?対策は?子どもの脳にも影響が!

スポンサーリンク

キャッチャーの少年

子供から新しいスポーツを「やってみたい」と言われたら、親としては止める理由はありませんよね。

よほど危ないスポーツや、近くにチームや指導者がいなければ別ですが、スポーツを通して学べることは沢山あるからです。

しかしいざ入団させたものの、怒鳴る指導者だったとか、暴力を振るわれた、となると親としてどう対応していいか悩むところでしょう。

大人らしく穏便に解決し、子供がのびのびとスポーツを楽しめるよう、どう振る舞ったらいいかを考えていきましょう。

ここでは少年野球の指導者が怒鳴る理由、怒鳴るのをやめさせる方法、少年野球のトラブル事例から、怒鳴ることによる子供の脳への弊害までまとめました。

少年野球の指導者は怒鳴る人が多い?疑問に思う親も!その理由とは?

怒鳴る指導者は練習も一生懸命ですが、とくに試合になると子供と一緒になって戦ってしまいます。

なので、つい頭に血が上ってしまうのでしょう。

練習でやったことを実践できない、みんなが頑張っているのに、全力でやらない、サインを間違えたり見忘れたり。

指導者の立場になれば、これらが怒鳴る理由になっているのでしょう。

しかし、これは「教える技術」が伴っていないので、その場の勢いで理解してもらおう、という未熟さが露呈した結果ともいえます。

本来少年野球のあるべき理想の姿とは、「自発的に楽しんで」練習する、というものではないでしょうか。

自発的な練習は、怒鳴られてする練習よりも、明らかに成長も早いです。

怒鳴り散らす指導者は、この辺の声かけや見守りという「距離感」を掴めればうまくいくのかもしれません。

少年野球の指導者が怒鳴るのをやめさせる方法は?保護者ができることとは?

怒る男性

指導者に変革を求めるよりも、子供からの「質問 」という形で本題からずれていることを気づいてもらいましょう

怒鳴る指導者は、上でも述べたように一生懸命な指導者が多いことがほとんどです。

しかし怒鳴るタイミングでは、自分自身のコントロールができず感情的になっているため、本題から逸れてしまうことも多くあります。

子供からの質問が難しいようであれば、「ここの意味が分からないようなので教えて欲しい」と親から質問してみましょう。

質問形式であればトラブルなく解決できる場合がほとんどです。

あくまでも「指導者」という立場を利用して気づいてもらうように仕向けましょう。

指導者がどうであれ、いいプレーや頑張っタイミングときは、子供を思い切り褒めることも忘れないでくださいね。

少年野球での指導者とのトラブル事例と解決方法!

知り合いのお子さんで小学3年生がいます。

「指導者に怒鳴られる」とのことで野球チームを移籍しました。

しかし新しいチームで、この子がなかなかバットに当てることができないと気づいた指導者は、時間をかけて、毎日少しずつ話を聞いてくれました。

この子は前のチームで「バッティングフォームが悪い」という理由で自分だけが怒鳴られていたそうです。

それがトラウマになっていたので、技術よりも明らかに心理的な問題でした。

時間をかけて練習を繰り返し、また新しいチームの指導者は「続ける姿勢」を評価し、本人に伝えることで、少しずつ自信を取り戻していき、今では自主的に楽しそうに練習をするようになった、とお母さんは喜んでいました。

指導者も人間です。

対等に話をすれば分かってくれる人もいるでしょう。

分からないこと、不安、さらにはレギュラーになるためへの疑問点まで「指導者」にとことん聞けばいいのです。

それでも解決しないなら、この場合のように「チームを移籍すること」が1番手っ取り早い解決策になることもあるでしょう。

怒鳴る指導の弊害とは?子どもの脳に影響が?

脳

体罰や暴言といった環境にさらされると、子供の脳は萎縮や変形といった変化が現れます。

体罰は前頭前野が減少、暴言は聴覚野が変形すると国内外の研究により証明されています。

前頭前野は考える、記憶する、判断する、感情のコントロールといった人間らしくあるために重要な器官といえます。

聴覚野は、聴覚伝導路の最高中枢です。

複数領野から構成されているので機能分担は明らかになっていない部分も多く、これから研究により暴言との関係が明らかになることでしょう。

怒鳴るという行為には、子供にこれだけの影響が与えられる、ということを指導者たるものは知識として知っておくべきです。

しかし、これらの知識を指導者に伝えるだけでは、うまく伝わりません。

感情に流されて怒鳴るという行為の裏には、本来子供に伝えたかった意味が必ずあるはずです。

そこを大人が丁寧に「この叱責は、こういう意味があってのことですか?」と質問し、咀嚼して子供に伝えることで、指導者と子供の関係もスムーズに運ぶはずです。

指導者側もいつも保護者から質問があれば、自分も子供側に伝わる伝え方をしよう、と気付かされるのではないでしょうか。

まとめ

  • 怒鳴る指導は、教える技術が伴っていない証拠です。自発的に練習するように仕向けるのがよい指導者と言えるでしょう。
  • 「指導者」という立場を立てて、とことん質問することで、指導者自身が振り返るきっかけ作りをしましょう。
  • 指導者も人間です。トラブル解決にはまず話し合いましょう。それでもこじれそうなら、移籍することが望ましいです。
  • 体罰や暴言によって、子供の脳は萎縮や変形といった変化が現れます。怒鳴る指導はやめさせるべきですが、トラブルにならないよう慎重になる必要があります。

せっかく新しいことを学ぶならば、楽しい環境で学んだ方が、子供は絶対的に伸びます。

親は指導者を変えることに目がいきがちです。

しかし、「色んな人との対応法」を学ぶうえでも出来る限り、子供と指導者のコミュニケーションを主体としましょう。

親はできる限り見守る、どの場面でもこのスタイルを忘れずに楽しんでいきましょうね。

【こちらも読まれています】

旦那がすぐ怒鳴る・キレる!対処法は?子供への影響は?どうすれば治る?
旦那がすぐに怒鳴ったり、キレたりする。キレる人は、何が原因でキレるのかわからないので周囲が大変なのです。普通に話をしていたと思ったら突然キレるなんて、どうしていいのか悩んでしまいますよね。まずは対処方法を見つけましょう。対処方法はあります。

コメント