紹介状の期限は?歯科からの紹介状には何が書いてある?紛失した場合は?

スポンサーリンク

病院に通っていると違う病院を紹介されることがあり、いつもと違う病院へ行く億劫さや病院の診察時間を調べようと思っているうちにうっかり長い期間が経ってしまうことがあります。

こうなると紹介状の期限としても使えるものなのか気になりますし、いつのまにか紹介状をうっかり無くしてしまうと、どうしたらいいのか迷いますよね。

また大きな病院へ検査をするための紹介状ならまだ分かりますが、例えば歯科からの紹介状の場合だと、そもそもどんなことが書いてあるのか疑問に感じてしまうこともあります。

ここでは病院からもらう紹介状に期限はあるのか、歯科からの紹介状には何が書いてあるのか、うっかり紛失した場合はどうすれば良いのかなど、紹介状についての疑問をまとめています。

歯科などから紹介状を受け取っていたけれどうっかり長い期間が過ぎてしまって迷っているという方、紛失して困っている方はぜひご確認ください!

【紹介状の期限は?歯科の紹介状はいつまで有効?】

歯科の紹介状の期限についてですが実は明確なものはなく、どちらかというと紹介状は「もらったらすぐに行くもの」です。

一般的に「期限は2~3ヶ月」と言われることもありますが、紹介状をもらったまま忘れて何年も経ってから持ってきた方がいるなんて話もあります。

これは歯科だけではなくどんな紹介状でも同じで、例えば5年前の紹介状を持っていったとして病院が「受け付けません」とすることはあまりありません。

しかしその紹介状の中身は古く現在の状況には当てはまらないと判断され、紹介状としての意味はほぼなくなっています

紹介状はタダではなくお金を払って受け取っていることが多いためこれではあまりにもったいなく、期限関係なく紹介状を受け取ったらできるだけ早く受診することをおすすめします

【紹介状は依頼すれば誰でも書いてもらえる?紹介状の費用は?】

多くの場合紹介状とは医師が自分の病院では詳しい検査が出来ない、また専門外となるため他の医者を紹介したいという場合に書かれます。

地域のお医者さんが連携を取って「このような検査をしたい場合は○○病院への紹介状を書く」としていることも多く、場合によっては紹介状の段階で予約してもらえることもあります。

一方患者側から紹介状を書いてもらうことも可能で、例えば引っ越しをして同じ病院に通えなくなった場合、セカンドオピニオンを得たい場合にお願いすれば書いてもらえます。

この際は医師の知り合いでない相手に書くことになりますが、「ご担当医」「主治医」などで発行してもらうことも出来るので問題ありません。

紹介状の費用についてはそれぞれの病院やデータ、健康保険の自己負担の比率によって違うので一概には言えませんが、おおよそ数百円~数千円となっています。

紹介状のメリットを知るには紹介状をしっかり理解しておくことも大切で、紹介状とは正式にいうと「診療情報提供書」と呼びます。

「紹介」というイメージから受けるのは「この患者さんをよろしく」という雰囲気ですが実際はそうではなく、症状や診断など現在までの診療データ全て、そして紹介の目的が書かれています。

受け取った病院はこういったデータを受け取ることにより例えばすでに済ませた検査などを省略して診察が可能なので、同じ検査を二度行うというような手間を省くことが出来るんです。

病院側からしても結果が出ている検査を二度しなくとも良くなる、患者側からしても同じ検査や質問を受けて無駄な費用や時間をかけることがなくなると、お互いに大きなメリットがあります。

歯科から紹介状を出す場合でも歯のレントゲンや今までの診療が書かれてあることにより同じ検査をすることなく必要な処置などに進むことが出来るので、メリットは大きいんですね。

【紹介状には何が書いてあるの?開封したらどうなるの?紛失したときは?】

先程お話した通り症状や診療データが書かれてあるものが紹介状ですが、さらに詳しく紹介すると以下のようなものが紹介状に書かれます。

・紹介目的
・症状、病名
・入院歴
・検査内容
・手術の有無
・退院後の経過観察
・治療経過
・薬の処方内容
・アレルギー歴
・レントゲン写真
・血液検査結果
・その他

紹介状は基本的に封筒に入れしっかり封をされた状態で渡され、これを直接紹介された医師に渡す必要があります。

患者としても自分の診察内容が気になるところですがあくまで紹介状の宛名は医師なので、勝手に開封し中を覗くというのはやめましょう

どうしても開封して確認したいことがある、気になる点をしっかり把握してから渡したい場合は開封してもかまいませんが、医師に渡す際に開封した理由、開封したことをしっかり説明してくださいね。

またうっかり紹介状を紛失してしまった場合の対応ですが、これは病院によってそれぞれ違うので一度素直に無くしたことを相談しましょう

再発行にお金がかかることはもちろんありえるのでそのつもりで相談し、次は絶対になくさないように注意してくださいね!

【紹介状がない場合とある場合、何が違う?】

現在大きな病院を受診する際で初診の場合は紹介状をもっていないと「選定療養費」という費用を別に支払う必要もあり、必要だから受診したという証明にもなります。

選定療養費は大病院をいきなり受診した場合は5400円と非常に高く、現在は多くの大病院で「まずは地域の病院にかかり、紹介状をもらってきてください」となっています。

これが最も大きな差ではあるものの、もちろん紹介状がないから治療に差がある、治療を後回しにするということはありません(予約していた場合は予約優先となる可能性はあります)。

しかし選定療養費の負担や大病院はすでに予約でいっぱいということも多く、紹介状なしで行った場合は何時間、場合によってはその日は無理というほど待たされるかもしれません。

また紹介状を持っていかないとお話した通り同じ検査を二度行う同じ質問をまた繰り返されるなど手間も多く、検査代などももちろんかかります。

紹介状がなくとも受け入れてくれることは多いもののこのようにあまりにメリットがないので、紹介状を受け取ってから受診することをおすすめします

【まとめ】

歯科など病院から紹介状を受け取った際の期限・何が書いてあるか、紛失してしまった場合はなど、紹介状についてのまとめ!

1:紹介状に期限は設定されていないものの書いてあるデータが古くなり参考にならなくなる可能性は大きい、できるだけ受け取った後速やかな受診を心がけよう
2:医師が検査などのために違う病院を紹介する他、引っ越しやセカンドオピニオンを目的に患者側から依頼して紹介状を書いてもらうことも可能
3:紹介状には紹介目的からはじまり症状や病名、入院歴、アレルギー歴など治療に必要なデータが多く書かれてあり、これによって同じ検査は省くなどが可能に
4:紹介状がないと特に大病院では選定療養費が大きい負担となり、同じ検査を再び繰り返すなど大きな手間に、違う病院へ行く際には紹介状を持っていこう

紹介状とは「診療情報提供書」という症状や紹介目的、現在までの治療や投薬情報など多くのデータが詰まっていて、これは次の診療をスムーズに行うためにも必要なものです。

古い紹介状ではこれらのメリットがまったく使えなくなってしまうので、紹介状を受け取ったらできるだけ速やかに紹介された病院を受診し、メリットを最大に活かすようにしてくださいね!

コメント