小学生の子供が片付けないからイライラ!自発的に片付けさせるには?

スポンサーリンク

子供部屋

小学生の子供がいるママの悩み。

それは『子供が片付けない』!

子供が片付けないことで、イライラした経験を持つママは多いですよね。

「うちの子は片付けバッチリよ~」なんて、聞いたことないくらいです。

ここでは、子供が片付けない理由や、片付けることのメリットなどをまとめました。

オススメお片付けアイテムも紹介しています。

お子さんと一緒に気持ちいい空間が作れるよう、参考にしてくださいね。

小学生の子供が片付けないからイライラ!

イライラした顔のハート

小学生の子供が片付けなくてイライラする!

そんな気持ちを持ったママは多いですよね。

『小学生あるある』でも上位にランクインします。

ここではなぜ小学生は片付けができないのか、理由や環境についてまとめました。

子供は親の鏡・・・、私のせいかな?なんて思うママもいるでしょう。

また、片付けない子供になぜママはイライラするのか?というママサイドについても触れています。

なぜ子供は片付けができないか

1.『片付ける』ことにメリットを感じていない

なぜ片付けないか、それは子供が困っていないから。

逆に、ママがなぜ片付けをしたいかを考えてみましょう。

それは

  • 片付いていると自分が気持ちいいから

(モデルルームのような部屋に憧れを持つ人は多いですよね)

  • 衛生的だから

(主婦として、菌やカビを避けたい気持ちがあります)

  • 片付いていないところを人に見られると恥ずかしいから

(自分がそんなこともできないと思われるのが嫌)

といった理由がひそんでいます。

でも、子供はそんな動機を持っているでしょうか?

持っていませんよね。

いろんな物が散乱している床でも平気。

衛生なんて気にしたこともない。

自分が気にならないんだから人が見ても全然平気。

2.片付け方を教わっていない

生まれついての本能に『片付け方』はインプットされていません。

ですから、勉強と同じように『片付ける方法』を子供は後から教わるしかありません。

例えば、園児の頃はどうでしょうか。

おもちゃ遊びが終わったら、大きな箱に全部入れて「おかたづけできたね」と終わるシーンをよく見ます。

幼稚園、保育園でも保育室では大きな収納ボックスにおもちゃが入っていますよね。

この時点で、子供の頭の中では「お片付け=大きな箱に投げ入れる」と教わっていることになります。

そしてその知識のまま、小学生へ。

「お片付けして!」というママの言葉に子供は「箱へつっこむんだな」と思うんです。

それ以上の高度な片付け方はできなくて当然です。

なぜなら、これまでそうしてきたからです。

3.ママの片付け方を真似している

『服をどうしてそんなに雑に放り込むの?』

『なおすべきところにどうして入れないの?』

疑問という形の怒りを、子供に抱いたことのあるママは多いことでしょう。

でも、ちょっと待って。

同じようなことをママもやっていませんか?

子供はママの仕草ややり方を真似する能力があります。

急なお客さんが来るとき、とりあえず片付けたいとき、どうしていますか?

その問いに、「そういえばクローゼットにひとまず押し込んでいるわ・・・」と答えるママがいました。

その家では、子供はやはり同じような片付け方をしています。

子供はママの片付けを見ています。

そして、片付けに対する姿勢を学んでいるのです。

なぜママはイライラするのか

ママが「部屋はきれいに保つもの」という考えを持っているからです。

それは正しいこと。

でも子供はその考えを持っていないというだけの話です。

だから単発的に「言われたらそのときはする」けど、次の日は無理。

「床のものひろって!」っていったら例えば靴下は片付けるけど、その横にある服は目に入らない。

ママと子供の『部屋はこうあるべき』という感覚が違うため、イライラが生まれます。

やりっぱなし・出しっぱなしは仕方ない?それとも病気?

おもちゃを持つ母親の人形

じゃあ片付け方を教えよう、片付ける意味をおしえよう、となりますよね。

実際、それで片付けに対する姿勢が変わる子供がいます。

ママとしては嬉しい限り。

でも、

  • 日が経つとできなくなる
  • そもそも何を言ってもやっぱり片付けません!

というケースもとても多いもの。

何度も何度も繰り返して、ちょっとずつできることも出てきたかなぁ、というパターンがほとんどです。

言っても言ってもできない子供に、異星人を見るような気持ちになるママも多いはず。

ほとんどのママは「こういう性格なんだよな・・・産んだの私だわな・・・」と広い気持ちで受け入れる(ざるをえない)ことでしょう。

子供は興味の対象が次に移ると、それまでの対象のことは忘れてしまいます。

これは子供が成長の途中にあって、いろんなものに興味を持つことの裏返し。

結局「仕方ないか・・・」になるのはママの健全な反応です。

また小学生といっても、昼は外の世界(=学校)でいろんな波にもまれてがんばる時間を過ごしています。

家で「ダルダル、ゆるゆる」になるのは健全な反応とも言えます。

毎回もとの場所に戻すのも難しいかも!?と思えるなら許してあげましょう。

もちろん、許せないラインがあるならそれは伝えましょうね。

ママがストレスフルになると、結局犠牲になるのは子供です。

でも、あまりにも自分の感覚と離れている点が多いとどうでしょう。

「もしかして発達障害の可能性も?」

と思うママもいるかもしれません。

発達障害についてはここでは深くは触れません。

ですが、発達障害の特徴には「片付けができない」という例も。

発達障害は発達において『本人独自のパターン』を持っているということ。

その子に合った環境や手段を用意することで、本人の生きやすさに繋がります。

片付けが不得意だけでなく、気になる行動や表現があれば、先生や市の相談機関と話をすることも考えましょう。

自発的に片付けをするために親がすることは?

並んだミニカー

一番大事なのは動機

何においても、行動を決めるのは動機です。

『片付けるとイイコトがあるから片付けよう』、そうなれば最高。

でも動機といっても、「片付いた家が気持ちいい」なんて自然に思う子供は少ないもの。

だって自分は困ってなくて、親の都合が多分に入っているんですから。

でも、なんで片付けが必要か?という意識合わせはしておきたいもの。

  • 欲しいものがすぐ見つかり使える
  • 物がなくならない
  • 物が腐って臭くなるのが嫌(お菓子などがはまりこんでると悲劇ですよね)
  • 作業スペースがすぐ確保できる

片付けをする理由はちゃんとあります。

そして成長するにつれて勉強、クラブや仕事などのシーンで必要になってきますよね。

今は子供に響かなくても、言葉にして伝えることは大切です。

頭のどこかに残っていればいいやという気持ちで伝えていきましょう。

片付け方を具体的に共有する

『ちらかっているものをちゃんとして!』という声かけだけで片付けをしてという意味を伝えていませんか?

『ちゃんとして!』の言葉の中に込めたママの意味は例えばこんな感じ。

「落ちているレゴをレゴの箱に入れて、棚になおして。

ランドセルからはみ出しているプリントのうち保護者向けはリビングテーブルに出して。

脱いだ靴下は洗濯カゴに入れて。

玄関の靴は並べてつま先は外に向ける。」

本当にそんなに伝わりますか?

子供の受け止め方はこんなもの。

「ちゃんと・・・ちゃんとね。でも何かな?あ、この靴下?(終了)」

これでも、靴下だけ目に止まっただけ優秀な方。

うちの子は目の前にあっても気づかないことも多々・・・。

『何をどうするか』をしっかり言葉にしてあげましょう。

モノの住所を決めてあげる!

大人でも片付けの下手な人がいます。

それは下手なまま大人になったから。

その手の人はだいたい、『片付けるべき場所』を作れていないものです。

子供にとっても「かたづけて」と言われても、格納する場所がなければ無理難題。

ここはママがまず一緒に子供が使える場所に格納スペースを作ってあげましょう。

そうすれば、床にモノが散乱した場合も「おうちに帰らせてあげてよ」と声かけできますね。

声をかけても出しっぱなしのものはとりあえずゴミ袋に回収&保存

動機が必要という話に似ています。

それは『この行動をすると(しないと)自分が困るからする』を利用します。

出しっぱなしで子供が片付けないモノたち、ある程度たまったらママがごみ袋にとにかく突っ込みます。

そして見えない場所に保管。

本人が困ったら出してきましょう。

低学年:「ゴミ一歩手前だったよ、モノが悲しんでるよ」
高学年:「困るのは自分よね、お母さんもうっかりしてるから本当に捨てるかもしれないよ」

このような声かけをすれば

『片付けなければ自分が困る』

とインプットできます。

収納場所には余裕を持って

片付け作業について、ちょっとでも「やりづらい」と思うと子供はやらなくなります。

苦手な子にはワンアクションでできる仕組みを考えてあげましょう。

例えば、左手で倒れてくるものをおさえながら右手ではめ込む、といった片付け方は嫌われます。

箱をおろして蓋をあけて、だけでも嫌がるもの。

まずはワンアクション、右手だけでシュッともとの場所に戻せる仕組みを一緒に作ります。

そのときには「これならできそう?」と本人の意識も高めましょう。

子供部屋の整理整頓におすすめアイテム3選! その1:ランドセルラック

 

ここでは小学生の片付け問題を解決するアイテムを紹介します。

ランドセルラック 2人用(12,990円・税込)

ランドセルラック

『モノの住所』作りにオススメなのがこのランドセルラック。

「つかったら戻す」を子供にも覚えてもらいたいですよね。

2人用となっていますが、一人で余裕を持って使うのもオススメ。

置くスペースの確保が必要ですが、そこをクリアできるならぜひ使ってみたいラックです。

必ず、

  • どこに何を入れる
  • モノが増えて難しくなったらモノの場所を考え直す

の2点を、子供と話してから使い始めてくださいね。

このとき、子供の「使いやすさ」をぜひ優先させてあげましょう。

大物アイテムですが、あえてのランドセルラック。

それは、ランドセルの置き場に困るとモノが散らかる傾向にあるからです。

床に出しっぱなしだと、あれだけの体積と重量感で「ほかもちらかっていてもいいや」を誘発。

ぜひランドセルには住所を作ってあげましょう。

また、子供は基地のような場所が大好き。

このラックは○○ちゃん専用の基地だね!という声かけでやる気を引き出しましょう。

子供部屋

子供部屋の整理整頓におすすめアイテム3選! その2:書類ケース

次に紹介するのは小物アイテムです。

ファイルケース A4サイズ収納可(405円・税込)

ファイルケース

ファイルケースは書類をしまうだけではありません。

あの空間に、何を入れても自由なことに、意外と気づいていない人は多いもの。

実は子供の周りにある、こまごましたものを入れるのに最適です。

子供の周りにはいろんな形を持つおもちゃや道具がちらばっています。

かたづけにくい!

出しにくい!

すべてA4にしてしまいましょう。

  • 人形の服
  • 工作道具
  • 折り紙
  • トミカ(少し厚みのあるケースが必要)
  • アイロンビース
  • ガチャガチャのおもちゃ
  • 映画で毎年もらってしまう小さなキャラクターフィギュア
  • メダルのコレクション

ジップロックや巾着袋を使ったこともありました。

でも、ファイルケースには次の大きなメリットがあります。

  • 本のように立てて形を揃えて並べることができる
  • 取り出すのが簡単
  • パチンと留め具がとまれば、もうバラけない

まずは何か1~2種類ほど試してみてください。

お子さんができそうなら、他のグッズにもファイルケース収納の手を広げてみましょう。

また、100円均一ショップでも似た形の物があります。

そちらでも大丈夫ですよ、と言いたいところですが、耐久性は少し心配。

可動部分の多いアイテムなので、破損してもいいやという気持ちで試してくださいね。

(我が家ではしばらくして壊れてしまいました)

細かすぎるものは、薬用などの仕切りがあるものを使うのももいいですね。

カラフルなビーズ

子供部屋の整理整頓におすすめアイテム3選! その3:折りたたみボックス

最後に紹介するのは折りたたみ収納ボックスです。

収納ボックス フタ付き折りたたみコンテナ(1,680円・税込)

収納ボックス

これはどこにいつ使うか?

『長期休暇に持ち帰る学校関係の持ち物』です。

具体的には、学校に普段持っていっている

絵の具のパレット

  • 絵の具セット
  • 習字道具
  • 体操服

など、ですね。

これらは夏休み・冬休み・春休みだけ、自宅に帰ってきます。

普段は部屋にありません。

つまり、持ち帰ったときの『住所』がないんです。

『住所不定』つまり、置き場がなく床置き=散らかる原因。

長期休暇のママの精神状態はどんな感じですか?

「はやく休み終わってほしい」と思うママ多数ですよね。

なぜならお世話することが多く、イライラの種もその分いつもより多い。

長期休暇特有のイライラの種はひとつでも減らしておきましょう。

ここで、この折りたたみ収納ボックスの出番です。

長期休暇のときだけ、クローゼットの隙間から出してきて組み立てて使う。

シンプルな色を選んでおけば、あまり気になりません。

隅にたてかけて置いていた習字道具と絵の具セットが雪崩に・・・という事態も回避。

終わればまた畳んでクローゼットに。

子供が大きくなって使うことがなくなれば、今度は別の用途に使えるのもいいですね。

便利なアイテムです。

気づいたら汚部屋の住人にならないために!掃除のメリットの伝え方は?

掃除するレゴ人形

最後は、片付けだけでなく掃除・整理整頓にも触れていきます。

掃除を自らやる子供は少ないですよね。

もっと小さなころであれば、何でもママのマネをしたがって、「ほうきかして!」なんてことも。

でも小学生ともなれば、「やりたくない・・・」。

でもママは理由があるから掃除をします。

掃除の必要性を伝えるには、やっぱりメリットを言葉にして伝えることが大事。

  • ゴミがあると大事なものとの区別がつかなくてあとで困る
  • ホコリの中にはいっぱいダニや細菌があるから体(呼吸器系、皮膚)に悪い

大人にとっては当たり前のことでも、ちゃんと説明してあげましょう。

ダスキンのホームページでも次のような調査結果がのっています。

”平均的な一般家庭のハウスダストを調べると、1gの中にダニ約2,000匹、黒カビ約3万個、細菌約800万個が検出されました。”

引用元:ダスキン公式

一緒にホームページを見て「こわいね」と知ってもらうのもいいですね。

また、掃除のできた部屋は成績アップにつながるとも言われています。

『テスト勉強しようと思ったら部屋の掃除を始めてしまった』という経験はないですか?

それは、勉強をはじめようと思っても散らかった「何か」が目に入り、そちらに気が削がれてしまうから。

社長がトイレ掃除を本気で続けたら会社の成績が伸びたという話もあります。

これは都市伝説ではありません。

次の動画は小学生向けではないかもしれません。

でも、「こういうこともあるよ」とサラッと話すだけでも子供の心に何か残るのではないでしょうか。

【公式】トイレ掃除をすると本当にお金持ちになれるのか?

【公式】トイレ掃除をすると本当にお金持ちになれるのか?

引きこもりの子を対象とした塾の塾長が引きこもりの子の家に行くと、だいたい部屋は汚いそうです。

それはなんとなく想像つきますよね。

でも、その部屋を一緒に掃除すると、次の日から塾に来るようになったそうです。

表情にも明るい変化があったとのこと。

掃除が与える影響は大きいですね。

まとめ

 

今回はママのイライラのもと、『小学生の子供が片付けをしない』についてまとめました。

子供が片付けない理由は次の3つ

  1. 片付けるメリットを分かっていないから
  2. 片付け方を教わっていないから
  3. ママの片付け方を真似しているから

片付けができる子になるためには

  1. 片付けのメリットを伝える
  2. 片付け方を具体的に共有
  3. モノの住所(片付け場所)を決める
  4. 収納場所には余裕を持って

その他のポイント

  • 片付けを教えても、子供はちゃんとできないことも
  • オススメ整理整頓グッズを活用しよう
  • 掃除や整理整頓のメリットを伝えて、子供にいい影響を

 

大人でも頭を抱えたくなることがある片付けや掃除

一気に改善するのは難しくても、子供と一緒に自分も気持ちいい空間を目指したいですね。

【こちらも読まれています】

鈍臭い子供が悩み。イライラしてしまうことも。鈍臭さは直る?直さなくていい?
自分の子どもが鈍臭いとついイライラしてしまいますよね。よくないと分かりつつも周りの子と比較して不安にもなります。鈍臭い子どもに悩みを持った親に向けて、鈍臭さはこのままなのか直すために何か取り組むべきことがあるのかを解説していきます。

コメント