小学1年生でも反抗期はある?男の子の場合はどんな反抗内容?親の接し方は?

スポンサーリンク

むすっとした顔のイラストを持つ人

小学校に慣れてきたと思ったら、こどもの態度がだんだん反抗的に…。

反抗期…?

まだ小学校1年生だけど。

反抗的な態度をとったり、約束を守らなかったり、毎日イライラするし、こんなまま成長してしまったらこどもの将来どうなってしまうのか、不安でたまりません。

急に反抗的な態度になって、びっくりしてしまう親も少なくないのではないでしょうか。

反抗期は、成長している証でもありますが、親の対応は重要になってきますので、冷静に正しく対処しましょう。

今は大変だと思いますが、成長した時に、あんなことあったよね!!と笑って話せる日がくはずです。

小学1年生の男の子でも反抗期はある?どんな反抗内容?

怒る男の子

反抗期というと、中学生位の、思春期のことだと思う方も多いと思います。

でも、こどもが成長していくなかで、反抗期は3回くると言われています。

第1次反抗期は、2、3歳頃にくる反抗期で、イヤイヤ期のことです。

自我が出てきて、何でも自分でやりたがるようになり、思うようにいかないと癇癪を起こしたり、やることなすこと、イヤイヤと反抗します。

第2次反抗期は、中学生頃にくる、有名な反抗期です。

自立心が出てきて、親から距離を置いて、親の干渉を嫌うようになります。

親に対してそっけなく冷たい態度をとったりします。

大人の体へと変わっていく時期でもあり、ホルモンのバランスが乱れることが原因になっていることもあります。

第1次反抗期と第2次反抗期の間にやってくる反抗期が中間反抗期です。

中間反抗期は、小学校低学年頃にやってきます。

親が世話をするのを嫌がったり、注意をしても聞こうともしません。

特に、口答えをするのが、中間反抗期の特徴です。

何でも口答えをして、屁理屈まで言うようになります。

男の子は、女の子と比べると言葉が乱暴になりやすい子もいます。

こどもの為に言っているのに、こんな反抗的な態度を取られたら、頭にきてしまいますね。

小学1年生の男の子の反抗期、なぜ起こる?

並んで座る子供たち

今まではとっても良い子だったのに、なぜ反抗するようになってしまったのでしょうか。

それは、環境の変化が大きいと思います。

小学校に通うようになり、家で親との生活を中心に送っていたものが、学校で友達との生活に変わっていきます。

学校では友達、先生、上級生などからたくさん刺激を受け、今まで経験したことがないことを経験したりして、興味や、やってみたいことも増えます。

勉強して知識も身についていきます。

学校などで他の子と一緒に勉強やスポーツをやることで、周りの子と比較するようにもなります。

たくさんの刺激を受け、自分で考えて行動したいという気持ちが高まります。

そんな状況から、親に何か言われると、口答えをしたり、注意されても反抗的な態度を取ります。

親の方は、イライラしてしまうし、心配にもなりますが、成長の表れなので、落ち着いて冷静に対応しましょう。

特に男の子は、女の子に比べると自分の気持ちを言葉にするのがうまくないので、物にあたったり、乱暴な言葉をつかったり、わざと汚い言葉をつかったりすることもあります。

小学1年生の男の子の反抗期はいつまで?

悩むお母さん

こどもが成長していくうえで反抗期は3回あると言いましたが、一体いつからいつまで反抗期があるのでしょうか…。

ずっと反抗期が終わらなかったら…なんて思うとぞっとしますね。

反抗期の始まりと終わりは、もちろん個人差、男女差もあり、何歳から何歳までとは明確には言えませんが、第1次反抗期は、1歳頃から始まり、周囲の理解や衝動のコントロールが効くようになる3、4歳頃で終わる子が多いようです。

思春期の第2次反抗期は、小学校高学年頃から始まり、高校生でおさまってくることが多いようですが、男の子の場合は大学生に入ってからということもあるようです。

年齢でいうと、20歳くらいまでには反抗期は終わるようです。

中間反抗期小学校へ入学する頃から、小学校3年生頃まで反抗的な態度をとることが多いようです。

変化した環境が整ってきたり、気持ちがうまく伝えらるようになってくるとおさまってきます。

反抗期のこどもを憎たらしく思ってしまうこともあるかもしれませんが、反抗期になるのにも、反抗期が終わるのにもちゃんと理由があります。

今のうちから厳しく、しつけておかなくてはとか、反抗期を終わらせたいからといって、頭ごなしにし怒ったり、押さえつけようとしたりしてはいけません。

逆効果になるので注意しましょう。

小学1年生の男の子の反抗期、親の接し方は?注意点はある?

人差し指をあげる木の人形の手

反抗期のこどもに対してどう接して良いか悩んでしまう親も多いと思います。

特に男の子は、物にあたったり、乱暴な言葉を使う場合もあるので、びっくりしてしまうこともあります。

中間反抗期は、成長の表れです。

落ち着いて、冷静に対応しましょう。

とは言っても、口答えしたり、無視したり、反抗的な態度を取られると、感情的になるし、イライラしてしまいますよね。

この頃のこどもは、自分で何でもやってみたい気持ちや、自分の意見を認めてほしい気持ちが多くあります。

その気持ちが反抗的な態度に表れるようです。

注意点

こどもの話を最後まで聞いてあげるようにしましょう

間違ってることを言ってても、言っていることがよく分からなくても、無視したり否定したり途中で遮ったりせず、最後まで聞いてあげるようにしましょう。

まだうまく伝えることができないかもしれませんが、ちゃんと聞いてるということを親が伝えましょう。

こどもにやらせてみる

自分でやってみようとしているのに、何でもやってあげては、こどもも嫌な気持ちになります。

手助けが必要なときは勿論手伝ってあげても良いですが、チャレンジさせてあげるのも大切なことです。

こどもの自信にもつながります。

成功したときは褒めてあげて、一緒に喜べると良いですね。

失敗してしまっても、励ましてあげて、落ち込まないようにしてあげましょう。

叱るときはちゃんと叱る

何でも話を聞いてあげて、なんでもやらせてあげるとは言っても、悪いことをしたときは、しっかり叱ります。

ルールを決めておくと良いです。

寝る時間や、遊ぶのは、宿題が終わってからなど、守れるルールを決めましょう。

もし守れなかったときは、頭ごなしに怒らないようにして、なぜ守れなかったのか言い分を聞いてあげたり、叱るときでも、話をきいてあげるよ、というのを示してあげるのも、良いです。

親はこどもに対して無視したり、怒ったり、押さえつけたりしてしまうと、もっと反抗的になってしまう可能性もありますし、自分の意見を言わなくなり消極的な性格になってしまう可能性もあります。

感情的になってしまいがちですが、ぐっとこらえて、冷静に接するようにしましょう。

まとめ

クローバーを持つ手

 

  1. 小学校1年生の反抗期は中間反抗期と呼ばれ、親の世話を嫌がり、口答えばっかりする
  2. 小学1年生の反抗期は学校に行くようになって環境が変わり、周りからたくさん刺激を受けることで、自分で考えて行動する気持ちが強くなることから、親に反抗する
  3. 小学1年生の反抗期が終わるのは小学3年生位までが多く、小学校入学で変化した環境に慣れてきたり、気持ちをうまく伝えられるようになってくると、おさまってくる
  4. 反抗期の子に対しての親の接し方は、感情的にならず、冷静になって、話をきちんと最後まできいてあげることが大切

誰もが通ると言われている反抗期ですが、いざこどもが反抗期になると、大変です。

こどものことが憎らしく思えてしまったり、何でそんな態度を取るのか全然分からなくて心配になってしまうこともあると思いますが、成長の証と思って、頑張って乗り越えましょう。

イライラや感情を抑えるのは簡単ではありませんが、こどもも大変なのかもしれません。

大きい心を心がけて、冷静にこどもと向き合えるようにしましょう。

【こちらも読まれています】

小学1年生でも反抗期はある?女の子の場合はどんな反抗内容?親の接し方は?
小学校に通うようになったら、今まで娘と仲良く楽しく過ごしていたのに、だんだん反抗的な態度を取るように…。反抗的な態度を取られると、イライラするし、こっちも感情的になって怒ってしまうこともあります。しかし、冷静に正しい対処をして、良い関係を作っていきましょう。
中学生の反抗期!疲れた母親へのアドバイス!!反抗期の乗り切り方!
子供が反抗期かもしれない・・・。尖った心や不安定な心とまともにやり合っていては、毎日が疲れ果ててしまいますよね。ノイローゼになりそうです。こんな子供に対して、親はどう対処していけばいいのでしょうか。反抗期の子供との向き合い方を考えてみましょう。
中学生の反抗期に疲れた。上手に反抗期と向き合うコツ!子供の思いを知ろう
中学生になるとほとんどの子供が反抗期を迎えますよね。親の言うことなすことがとにかく気に入らない。親は子育て以外にもやることがいっぱい。それなのに子供に振り回されて、疲れてしまいますよね。でも反抗期の中学生と向き合うには、それなりのやり方があるのです。

 

コメント