小学1年生でも反抗期はある?女の子の場合はどんな反抗内容?親の接し方は?

女の子の後ろ姿

こどもの成長は本当に早いですよね。

どんどん成長していき、とうとう小学生に。

小学校に通うようになったら、今まで娘と仲良く楽しく過ごしていたのに、だんだん反抗的な態度を取るように…。

これは反抗期…?

反抗期って中学生くらいにくるんじゃなかったっけ…。

反抗的な態度を取られると、イライラするし、こっちも感情的になって怒ってしまうこともあります。

こんな状況はいつまで続くのか、どう接して良いのか、困ってしまいますよね。

反抗期はこどもが成長している証でもあります。

イライラすることもたくさんあると思いますが、冷静に正しい対処をして、良い関係を作っていきましょう。

小学1年生の女の子でも反抗期はある?どんな反抗内容?

ひじをつく女の子

反抗期は、こどもが他人の言うことを聞かなったり、拒否したり、抵抗したり。

口答えをしたりして、反抗的な態度をとることが多い期間のことです。

反抗期は、二度くると言われています。

幼少期の「第一反抗期」と、思春期の「第二反抗期」です。

でも実は、小学校低学年くらいでも反抗期があります。

それを「中間反抗期」といいます。

中間反抗期の特徴は、とにかく答えが多く、反抗的な態度を取ります。

親と話をしたがらず、親が世話をするのを嫌がります。

男女でも違いがあるようです。

男の子は、汚い言葉や、乱暴な言葉をわざと使ったりします。

女の子は、口答えです。

言い訳や屁理屈が多くなります。

男の子は母親、女の子は父親というように、異性の親に対して反抗的な態度を取ることが多いようです。

今まで素直だったこどもが、反抗的な態度を取るようになると、びっくりするし、ショックですよね。

反抗期は誰にでもくると言われていますし、反抗期は成長の証でもあります。

焦らず対応しましょう。

小学1年生の女の子の反抗期、なぜ起こる?

手を合わせる人たち

反抗期はなぜ起こるのか…

一般的に反抗期と言われているのは、思春期の時期にくる、「第二反抗期」です。

思春期に差し掛かると、大人から自立しようという考えから、反抗的になります。

また、自分で考え、自分で行動したい。

自分とは何か…というように、あれこれ悩んだりします。

それに加え、体に変化がやってきます。

こどもの体から大人の体へ変化することで、心と体のバランスがうまく取れません。

そんな状況がより反抗的な態度にしていくのかもしれません。

では、小学1年生はなぜ反抗期が起こるのか…

コメント