小学生1年生の子が勉強についていけない!教え方は?塾に通わせれば大丈夫?

スポンサーリンク

勉強する女の子

小学1年生も入学して半年が経過しました。

小学校の勉強習慣に慣れてきた子もいれば、その一方で勉強についていけない子もでてきていると思います。

上位の学年にいけばいくほど、学業が難しくなるので、特に勉強についていけない子に対しては、本人よりも親のほうがすごく心配になります。

じゃあ、どうすればいいのか?

今回、勉強についていけない子について、まとめましたので読んでいただければ対応がつかめるはずです。

小学1年生が勉強についていけない!その理由は?

保育園や幼稚園のころから、少し勉強をされていた家庭もあると思いますが小学生になったら、1年生から学校の授業として、コンスタントに勉強していきます。

その環境になれるのに時間がかかり、結果として勉強についてこれない状態になっています。

そのため、学校側が本格的に授業を開始する前に各教科の勉強の仕方を教える授業をしてくれればいいと思います。

私の長男が小学校に入って宿題もほとんどせず、遊んでばかりで成績もあがらず勉強嫌いになっている状態でした。

長男にたずねました。「なぜ、勉強しないのか。」と、「勉強が面白くない。わからないから。」という回答でした。

そこで、家庭で各科目の勉強のやり方を教えました。

小学1年生の内容なので勉強のやり方さえつかめば、直に理解しやすく自主的に勉強をするようになりました。

次男に対して長男の体験を生かし、小学1年生の授業がスタート直後に家で各科目の勉強のやり方を教えるようにしました。

その結果、次男は自主的に勉強してくれます。

小学1年生が勉強についていけない!教え方は?国語編

漢字を切るさむらいのシルエット

小学1年生の国語の勉強で苦戦するのは漢字です。

理由

  1. ひらがなより画数が多い
  2. 「とめ」「はね」「はらい」「書き順」を意識する
  3. 漢字の練習はとても地味な作業なので、子供は苦手である

子供の場合、漢字の練習する意義よりも、ただノートに書く、埋めることが優先している状況になっています。

そのため、勉強の中に変化をもたらせる必要性があります。

まずは1日、少ない文字数でノートに練習をする。

文字数を少なくすることで文字のポイントを意識させる。

文字の成り立ちを一緒になって調べる。

文字に興味をもたせたり、覚えやすくさせる

きれいに書けた字を選んで花丸をつけてあげる。

よろこびをもたせて自信をつけさせる。

漢字を書くことの向上心を湧かせる。

 

このような話を聞いたことがあります。

ある方は漢字が苦手なお子さんがいて悩んでいたそうです。

夏休みに漢字の苦手を克服させようと、お子さんと一緒になって漢字の勉強を取り組んだそうです。

しかし、お子さんが漢字を書くことが嫌になってしまい、漢字を書くことに抵抗するようになってしまいました。

そこで、いろんな動物のスタンプを用意し上手に書けた漢字にはスタンプを押すようにしました。

それが嬉しかったようです。

もっとスタンプが欲しくなり、そのために漢字を上手に書こうとこころがけるようになりました。

そして、漢字を書くことに抵抗がなくなったことを語っていました。

夏休みの期間でお子さんの苦手な漢字が克服できたようで喜んでいたようです。

小学1年生が勉強についていけない!教え方は?算数編

算数のイラスト

 小学1年生が算数で苦戦するのは、繰り上げのある足し算と繰り下げのある引き算です。

子供にとっては繰り上がりや繰り下がりを使って計算する方法が新しい方法として考えなければいけないので、かなり難しいようです。

では、算数の繰り上がり、繰り下がりを乗り越えるには、数を10のまとまりで教えることを身につけてしまうことです。

おはじきやマグネットなどを用意していくつかを手で隠して「あといくつで10になるのか?」を繰り返しやってあげることだと思います。

私は子供に対して、繰り上げのある足し算と繰り下げのある引き算を覚えさせるためにこのようなことをしました。

ステップ1

子供と一緒に単価の安い品物を数個買い、買ったレシートを使っておはじきやマグネットで計算確認をしました。

計算確認を繰り返しおこない計算方法を覚えさせていきました。

ステップ2

ステップ1ができたら、一緒にボードゲームをやり、必ず子供を会計にさせて、そこで計算力の向上をさせるようにしました。

この2つのステップをやったら、子供が自発的に繰り上げ足し算と繰り下げ引き算をするようになりました。

子供は「楽勝。」と喜んでいました。

小学生には塾が早い?塾に行けば勉強がついていけるようになる

勉強がついていけない状態というのは、勉強内容がすでにわからなくなっている状態です。

その状態をお子さんが自分で解消しなくてはなりません。

お子さんが自分1人で勉強し、理解し、覚えることが必要になります。

しかし、お子さんが1人でするには、かなり難しいのです。

誰かのサポートが必要となります。

それを親がするのか、塾がするのかになります。

では、どちらがよいのかになります。

それは、お子さんのやる気が大事になります。

まずは、お子さんにたくさんの塾の無料体験にいき、お子さんがいきたい塾が見つかればいくのがよいかと思います。

お子さんのやる気やいく気がないのに塾にいっても学力の向上につながりません。

ただし、金銭的な面で難しいならば、お子さんを1人にせず親が一緒になって勉強しながら教えていくことだと思います。

小学1年生の内容は大人にしたら難しい内容でないので親でも充分に教えることができます。

子供とのコミュニケーションの場にもなるのでよいかと思います。

これは近所の子の話になりますが、塾の体験学習にいき、その体験学習で教えている先生が好きになったようです。

その先生にほめられたいから塾の授業も一生懸命に頑張り、また、塾の宿題でわからないところは親に聞いて教えてもらう。

後日、塾で宿題を見せてしっかりできていると先生に評価されてほめられる。

このような状況が続いたので、その子の学力は向上したようです。

結果的に塾と家庭をうまく利用し勉強できるようになり親は喜んでいたようです。

小学1年生おすすめのドリルや学習アイテムは?

スマホを持つ手

小学生向け通信教育でタブレットを使うスマイルゼミというのがおすすめです。

特徴

1.ひとりでも学べる。

自分のペースで学ぶことができる。

ひとりで学習できなければ、親が一緒になってタブレットに向かっておこなうことができるので問題ないかと思います。

2.タブレットに個人の学習状況が全て把握できる。

学習状況が把握できるため、一人一人に合った最適学習プログラム育成ができる。

3.教科書準拠なので授業に自信がついてくる。

授業の進度に沿って学べるので予習・復習にも最適である。

4.書く学びに追求した学習専用タブレット

手をついて書ける唯一の学習専用タブレットなので、書いて覚えることができるのでテストでの不安はなくなる。

5.低価格である。

5教科+漢検ドリル+計算ドリル全て入って月々2,980円(税抜)仮に全ての科目のテキストを買っても月2,980円(税抜)だけでは支払うことができません。

お得だと思います。

HPはこちらになります。

 

よろしければ一度拝見してみてください。

勉強がついていけない子は特に現状を把握する必要があります。

何がつまづいているのか、ついていけない原因を抑える必要があります。

このタブレット教材は、一人一人の学習状況を把握できるので、勉強がついていない子にはおすすめかと思います。

まとめ

勉強する男の子

 

  1. 学習する前に各科目の勉強のやり方を教えてあげる。
  2. 漢字は地味な作業なので、嫌にならないよう勉強に変化をつけさせてあげる。
  3. 繰り上げ足し算と繰り下げ引き算を覚えるのにおはじきやマグネットを利用する。
  4. 勉強についていけない子は誰かのサポートが必要である。
  5. 勉強をする場所を選ぶには子供のやる気を考えてあげることが大事である。
  6. 勉強についていけない子にはタブレットの教材でスマイルゼミがおすすめである。

小学1年生の段階でも勉強についていけなくなると、先のことを考え親は急いで対応を求めてしまいます。

しかし、小学1年生は勉強に関わる入口です。

勉強嫌いになって、この先を引きずらないためにも、慎重に対応すべきです。

私の父親がいきなり小学生の勉強に関わる辞典を一式購入してきた。

私もはじめは興味津々で中身を見ましたが、時間が経つにつれて私の座布団代わりになっていました。

父親は私に対して、すぐに対応したが、サポートやフォローもしないので、対応した行為は結局無駄になってしまいました。

こんなことにならないようたとえ、お子さんが勉強についていけなくなったとしても、親だけで対応せず、お子さんを交えて勉強に対応していきましょう。

そして、お子さんが勉強についていき、勉強好きになっていきましょう。

【こちらも読まれています】

小学1年生で勉強嫌い我が子が勉強を好きになる方法や教え方は?
中学、高校と勉強内容も難しくなっていきますので、小学生のうちに自発的に勉強する習慣を身につけ、勉強を嫌いにならないことが大事です。ここでは小学生になって勉強嫌いをなくし、好きになる助言をしていきますので、小学生のうちに勉強に対する悩みは克服できると思います。

コメント