小学一年生の子が朝泣く理由は?学校が不安になってしまう理由は?

スポンサーリンク

晴れて小学校へ入学した一年生

期待や楽しさに胸をふくらませる一年生ばかりではありません。

学校に行きたくなくて、ママに毎朝泣きついてしまうお子さんもいます。

ママとしても、毎朝、自分の子供のそんな辛そうな姿を見るのは悲しいですよね。

ここでは、朝学校に行きたくないと泣いてしまう小学一年生のお子さんに、どう対応してあげればいいかをまとめました。

最初にひとつ言いたいのは、『三学期まで泣き続けるお子さんはほとんどいない』です。

ほとんどのお子さんが、通学前に泣くのは今だけのこと。

ひとりで抱え込まずに、参考にしてくださいね。

小学一年生の我が子が朝になると泣く・・・その理由や心理は?

泣いている女の子の絵

毎朝家を出るときに泣いてしまう姿を見ると、ママはつい「どうして泣くのかしら…」と思ってしまいがち。

入学したてのお子さんが泣くのには、こんな理由があります。

  • 母子分離不安がある
  • 新しい環境に慣れていないのが不安

多くのケースが、このふたつのどちらかです。

一つ目の母子分離不安は、ママと離れることに不安が残っている状態のこと。

幼稚園や保育園でもよく見られます。

小学校一年生で残っていても、おかしくはありません。

二つ目の新しい環境への不安は、周りに気を遣う優しい子に多いとも言います。

周りをよく見ているので、今までとの違いを敏感に感じ取ってしまうのです。

ママによっては、幼稚園、保育園で集団生活に慣れてきているはずなのになんで?と思う方もいますよね。

意外と、園と小学校には違いが多いんです。

  • 先生やお友達の顔ぶれが違う
  • ほとんどの時間を机に向かって過ごす
  • 自分のことは自分でしないといけない
  • 先生が生活面で手をかけてくれる時間は少ない

簡単に箇条書きにしましたが、その中にいるお子さんにとっては、自分を取り巻くたくさんの面が違うということです。

違いをあまり気にしないお子さんもいます。

「ドッチボールが楽しい!」「給食が好き!」と楽しみにつなげるお子さんもいます。

ですが、敏感なお子さんとっては不安を生み出す、大きな違いなんですね。

朝泣く小学一年生の子供と一緒に通学すべき?ひとりで行かせる?

教室

朝お子さんが通学前に泣くと、ママとしては一緒に行くしかないか…と考えますよね。

突き放すべきなのか、悩む方もいると思います。

急に突き放すのは、やめましょう。

子供にとって、否定されたと感じ、つらい状況がさらにつらく感じてしまいます。

また、親は「この子大丈夫なのかな…」という不安をお子さんには見せないでください。

さらに不安が増してしまいます。

ママが一緒に行くことで登校できるなら、してあげるといいですよ。

実際、入学当初はチラホラいるものですよ。

それを校門で待ち受ける校長先生も、ニコニコ見守るくらいの『よくあること』です。

離れる場所は、慣れたら徐々に家に近い場所にしていきましょう。

最初は、校門のそばまで。

少し慣れたら、その手間の角まで、

さらに慣れたら、もう一つ家に近い角まで、など。

できれば、離れる場所については、お子さんと事前に話し合ってみましょう。

「今日はひとつ手前の角までにしようか。」というように。

離れるときは明るく、サッと離れることも大事です。

子育てのヒント 不安が強い一歩踏み出せない子どもにはこれがコツ!

子育てのヒント 不安が強い一歩踏み出せない子どもにはこれがコツ!

小学一年生の子供が泣くほど学校を嫌がる場合、誰に相談をする?

スクールバスを待つ子供たち

ママだけでは抱えきれないときもありますよね。

そんなときの相談先をあげてみました。

  • 子供の担任の先生
  • パパ(夫)
  • 校長先生
  • 公的機関(子育て支援センターなど)

まずは、最も身近なプロ、担任の先生に相談しましょう。

子供の対応について勉強もされ、いろいろなケースを見てきています。

学校での様子も知っているので、ほかの原因がわかるかもしれません。

お子さんのパパである夫も、もちろん当事者ですから、お子さんが通学時泣くことは共有したいですよね。

でも、家庭によっては、育児についてはママよりも理解が進んでいないことも。

「本人を責めたりはしないでね」と、やんわり『NGな対応』も伝えましょう。

校長先生は、毎朝校門でこどもの出迎えに立たれている場合は、状況をよくご存じのはず。

担任の先生に相談しても好転しないようであれば、相談してみるのもありです。

ただし、担任の先生が「ないがしろにされた」と感じないようにフォローも必要。

「先日、立ち話の機会があって、校長先生にもちらっと聞いてもらったんですが…。」と担任の先生に伝えるのもいいですね。

最後は、子育ての悩みを受け付けている、公的機関に相談するのもいいでしょう。

『子育て支援センター』など、受付窓口の名称は自治体によってさまざまです。

ただ、お子さんに他に目立った変化がなければ、まずは担任の先生への相談が一番。

そこで解決・改善するケースがほとんどですので、少し気長に見守っていきましょう。

子供が楽しく学校に通うために親ができることは?

黒板を前にする白い人形

小学校に行くときに泣いてしまうお子さんに、親ができることは何でしょう。

お子さんが、学校に行く楽しみを少しでも持てるよう、サポートしてあげたいですよね。

  • とにかく話を聞いてあげる
  • 生活リズムを整えてあげる
  • 朝、離れるときの儀式を作る
  • スムーズな学校生活のための身の回りの下準備

とにかく話を聞いてあげる

一番大事なのは、お子さんの話を聞いてあげることです。

ママが聞いてくれることによって、お子さんは不安を少しでも手放すことができます。

ママが受け止めてくれるというのが、心の安定につながります。

聞くときは、ママも楽しい顔で。

楽しそうなトピックがあれば、「それいいね、楽しいね」と、“学校=楽しい”という気持ちを結び付けてあげましょう。

また、誰でもほめられると嬉しいもの。

学校でがんばったことはいっぱいほめてあげてください。

「学校では泣かなかった」ということだけでも花マルものです。

生活リズムを整えてあげる

朝、学校に行くのがつらいのは、単に眠くて調子が出ないからということもあります。

昼間は学校で気を張ってがんばっている一年生。

大人が思っているよりも、疲れがたまっていることも。

帰宅後はゆったり過ごして、思い切って早めに寝ることで、翌朝スッキリすることがあります。

試しに、1時間ほどいつもより早く寝るのもアリですね。

朝、離れるときの儀式を作る

朝、見送って離れるときに、「ハイタッチ」や「ハグ」を別れ際にするのもいいでしょう。

あくまでも、明るくサラッと、テンションがあがるようにするのがポイント。

離れるときはスッと離れることも鉄則です。

しめっぽくなると、お子さんの不安な気持ちがあふれ出してきます。

スムーズな学校生活のための身の回りの下準備

小学校では、自分の準備は自分でするのが基本です。

準備がうまくできずみんなに遅れをとる、それだけでもストレスに感じるお子さんはいます。

小学校の先生は、幼稚園・保育園の先生ほどは、児童の生活面に手を出してはくれません。

必要な場面ではもちろん助けてくれますが、何から何までというわけにはいきません。

ですから、自分のことは自分でやりやすいように、親の準備が大事です。

例)

  • 着脱しやすい靴
  • 体育があるときは脱ぎ着しやすい服(ボタンどめがない、など)
  • 消しやすい消しゴム(意外と、「これ消えにくい!」という消しゴムがあります)

校舎の出入りのたびに、下靴と上靴を履き替える必要がありますよね。

靴の履き替えでひっかかると、出遅れることになります。

また、1年生は、まだ靴の左右を間違うこともあります。

イラストが入っていて、左右がわかりやすくなる中敷を用意するのもいいですね。

100円均一のお店にもありますよ。

主に体育のときには、体操服との着替えがあります。

体育のある日は、私服通学の場合は、脱ぎ着のしやすい服で登校させてあげましょう。

意外と、商品によって使いにくいものもあるのが、消しゴム

中には、大人が使っても「ちゃんと消えない!」とストレスを感じるものも。

力が弱く、まだコツをつかめていない一年生が使うのは、なおのこと難しいです。

おうちでお子さんと一緒に消す練習をして、スムーズに消せるものか確認するのもいいでしょう。

このとき、小学1年生は消しゴムを大きく動かして、紙を破いてしまうことがよくあります。

細かく動かした方が早くキレイに消えることを伝えて、一緒に練習してあげると安心ですね。

どうしても子供が学校を嫌がる場合は転校を考えるべき?

抱き合う黒人親子

いろいろフォローしたけれども、まだ登校前に泣き続ける…。

そんな状況になると、環境を変えるしかないのではと、ママも追いつめられることもあるかもしれません。

子供が登校時に泣き続ける場合、公立小学校から公立小学校への転校はできるのでしょうか。

答えは、『難しい』です。

本来の校区以外の学校へ通学することを、就学校の指定変更と言います。

一般的には越境通学と言われることが多いですね。

越境通学は、その学校のある市区町村役場への申請が必要です。

越境通学の基準は、地方公共団体ごとに異なりつつも、だいたい同じような内容です。

例として、市原市の基準を見てみると、『毎朝泣いてしまう』という状況での転校は難しい印象ですね。

文部科学省HP

越境通学は、児童の心身の健康のために、許可できるようにはなっています。

表現としては、『いじめがある』、『心身に著しい疾患がある』というもの。

ですから、『毎朝泣くから』という理由で、すぐに転校というのは難しいでしょう。

やはり、担任の先生や校長先生と連絡を密にして、今の環境での通学が少しでも楽しくなるように働きかけるのが一番です。

何かクラスの中でお子さんにとって問題があるのであれば、配慮してくれることでしょう。

考えたくはないですが、どう訴えても先生方に対応してもらえないということもあるかもしれません。

その場合は、統括する教育委員会に相談することも考えましょう。

まとめ

TRUSTの文字

毎朝、通学前に泣くお子さんを見るのはつらいですよね。

ママがどう対応すればいいのか、まとめました。

  • ママが一緒なら通学できる場合はつきそってあげる
  • 続くようであれば担任の先生に相談
  • 家では子供の話をよく聞いてあげる
  • スムーズな学校生活ための準備が大事(早寝早起き、脱着しやすい服や靴、使いやすい学用品)
  • 転校は難しいので、学校との連絡を密にして改善へ

冒頭にも書きましたが、3学期まで続くことは少ないです。

多くの場合は、後で思い返して「こんなことあったよね~」と懐かしく、ほのぼのした気持ちで笑えると思います。

いつか笑って思い返せる、ということを頭のすみに置いて、お子さんと向き合ってあげてくださいね。

【こちらも読まれています】

一年生の子供が学童を嫌がる理由は?無理にいかせるべき?楽しくなるには?
夏休みになると学校がないので働くお母さんは夏休みに子供を学童に預けようと考えている人も多いでしょう。学童に行くのを楽しんでくれたらいいですが、学童に行くのが嫌で泣かれたら親としてはどうしていいのかわからなくなりますよね。ここでは子供と学童について楽しく過ごせる方法を紹介します。

コメント