小学1年生の夏休み勉強方法は?夏期講習に通わせるべき?

スポンサーリンク

ひまわり

小学生になっての初めての夏休み、当然学校に行かない日々が続きます。

そのため、親たちにとっては子供が学習する環境がない日々をどう過ごしたらよいか不安になります。

そこで、学習する環境をつくるために塾へ夏休みに行くべきか考えるでしょう。

そのお悩みを解決していきます。

小学1年生の夏休みの勉強方法やスケジュールは?

家での夏休みの勉強方法としては、午前中に短時間(1時間~2時間)で継続しておこなうことだと思います。

1.午前中

まずは暑い時はやる気もおきないことを考慮し、夏の一番暑い時間帯は14時~15時この時間帯付近を除くと午前中か夜になります。

夜は1日の疲れが出やすくTVやゲームでリラックスしたい思います。

そこで午前中が最適となります。

2.短時間(1時間~2時間)

小学1年生の集中力は概ね1時間といわれています。

そこでなるべく集中力が持続する範囲で1時間~2時間とします。

長い時間勉強すればよいという訳ではありません。

勉強が身にならなければ意味がありません。

3.毎日、継続しておこなう

学力というのは、毎日継続して身になっていきます。

まさに『チリに積もれば山となる』です。

勉強のスケジュールに関しては、小学1年生では一人で立てることができないのでが協力してスケジュールを立ててください。

気をつけなくてはいけないのは嫌いな分野の勉強後に、嫌いな分野の勉強を立てないことです。

嫌いな分野の勉強後に嫌いな分野の勉強が続くとやる気のテンションが下がります。

やる気のテンションが下がると勉強しても身にならないし最終的には、勉強をさぼりがちになりますので気をつけてスケジュールを立ててください

小学1年生の夏休みはどういう時期?

本

小学校に入って初めての夏休み、子供たちにとって成長できる大事な時期です。

成長させるには下記7項目が大事だといわれています。

成長させる7つの項目

  • 具体的な目標を決め、それをやり遂げる。
  • 夏休み全体と毎日の計画
  • 夏休みは毎日、家のお手伝いをする。
  • 夏休みは読書の習慣をつける。
  • 夏休みには普段できない体験をする。
  • 夏休みは体力づくりをする。
  • 夏休みは私のことはあた自分で習慣づける。

このなかで私が実感するのが、読書の習慣をつけることです。

私は幼い頃から読書をする習慣がなかったため、今でも読書があまり好きではありません。

しかし、読書好きで得意になると

  • 学生の場合 → 英語の長文読解、数学の文書問題。
  • 社会人の場合 → メールや文章での読解や文章を書くスキル

が強くなります。

私は幼い頃から読書習慣をしていれば、メールなどの文章の対応も楽になると今でも後悔しています。

小学1年生の夏休みに夏期講習に通わせるべき?

宿題をする女の子

まずは夏期講習のメリットを考えていきましょう。

  • 夏休みでも勉強する環境の場をあじわうことができる。
  • 新たな友人をつくれる。
  • 小学1年生の1学期にできなかった分野を復習できる。

そして本題の夏期講習に通わせるべきか?

主体的に家で勉強しないならば、学校のない夏休みに勉強する環境の場が必要です。

それを補うのが夏期講習です。

だからこそ、通うべきです。

友人と一緒に夏期講習に通っていましたが、友人は勉強嫌い夏期講習をサボることばかり最初は考えていました。

友人を変えたのは塾の先生との出会いでした。

塾の先生は、必ず人のよいところを見つけ褒める先生です。

友人は勉強をしないので、教科書やノートはほとんど手をつけず綺麗な状態でした。

しかし、先生は大切に扱っていると友人をすごく褒めました。

勉強嫌いな友人は家や学校でも褒められることはありませんでした。

塾の先生に褒められることで新鮮な喜びを感じ、塾の先生の授業を真面目に取り組むようになりました。

夏期講習終わりの小テストでは満点をとるようになりました。

学校で普段勉強していない子が、この夏休みで学力をつけるきっかけを生むことができるものも夏期講習の魅力です。

小学1年生で夏休みだけ塾に通う場合の塾選び方は?

教室

夏期講習無料体験のある塾を探しましょう

ほとんどの塾では夏期講習の無料体験をしています。

無料体験をした感想で塾の判断するのがよいかと思います。

ネガティブな感想

夏期講習の授業がお子さんに合っていない。

(例)難しい、楽しくない、わからないetc

ポジティブな感想

夏期講習の授業がお子さんに合っている。

(例)簡単、楽しい、わかりやすいetc

私も小学生の時、夏期講習の無料体験をしました。

塾の先生の小話が面白く授業が楽しかったので、そこの塾の夏期講習を選びました。

夏期講習は1日も休むことなく塾の宿題も必ずやって通いました。

もし体験をして難しい授業だったら、親にすすめられても断っていたと思います。

だからこそ、夏期講習の無料体験を活用して塾選びを判断しましょう。

夏休みの宿題に勉強をさせることは?逆効果は?

一般的な小学1年生の夏休みの宿題

  • 自由研究
  • 読書感想文
  • 絵日記
  • ドリル集(算数・国語)etc

この夏休みの宿題に以下のことを意識したら、もっと身のある夏休みの宿題になります。

苦手なことを克服する

苦手なことを今からつくると、学年が上がって更に苦手意識も大きくなります。

今のうちに苦手なことを克服することが大事です。

計画を立てる

計画を立てないと目標に対して対応できず、現状もわかりません。

そのため、夏休みの宿題や課題をためることになります。

目標をしっかりもつ

目標がないと計画も立てられませんし、向上心もわきません。

勉強も同じです。

成し遂げることの喜び

夏休みのラジオ体操、1日終えるとカードにシールを貼られ達成感を感じます。

自分もその達成感を感じるために、夏休み毎日、ラジオ体操に出席しました。

勉強も同じようにラジオ体操のような仕組みで達成感を感じられるようになればやる気も出てきます。

小学1年生だと特に目標や計画を立てることは1人では難しいです。

そのため、親のサポートがしっかりなければ、勉強に対する取り組みが中途半端になりお子さんの身になる夏休みの宿題にならないので、逆効果を生んでしまいます。

上記の内容を含めて、可能ならば親子で一緒におこなうことが大事です。

まとめ

勉強する女の子

 

  • 家での夏休みの勉強方法としては、午前中に短時間で継続しておこなう。
  • 嫌いな分野の勉強後に嫌いな分野の勉強は控える。
  • 家で勉強しないならば、夏期講習に通う。
  • 夏期講習の塾選びは無料体験の感想から判断する。
  • 親がサポートして目標や計画を立てる。
  • なるべく親子で一緒に取り組んでいく。

大まかに上記の内容をとらえることが大事だと思います。

一番強調したいなのは、学校が夏休みの時、学校と同じように勉強できる環境を夏休みに過ごせるかです。

その環境が家でできないならば、夏期講習しかないのです。

今回、夏休みの勉強の過ごし方の足がかりになりましたら、幸いです。

【こちらも読まれています】

1年生で勉強ができない子の特徴は?問題はある?良い勉強方法はある?
こどもが小学校へ。学校生活を過ごすうちに、ふと感じたことが…。あれ、ウチのこどもは勉強ができないんじゃないか…⁉1年生の勉強ってみんながだいたいできるんじゃなかったっけ…。早いうちから、学習の力を身に付けて、勉強の苦手を克服していきましょう。

コメント