小学校のプールでゴーグルを使用する方が良い理由とゴーグルの選び方とは

スポンサーリンク

だんだんと暑くなってきて、小学校でもプールの授業が始まります。学校のプールのゴーグルですが、以前はゴーグルの使用が禁止されていたり、使用する場合は許可が必要だったり、あまり使用されていませんでしたが、最近は禁止している学校も少なくなり、ゴーグルを使用するこどもも、多くなりました。

禁止されていたものが、今は推奨されるって不思議ですよね。こどもにゴーグルを使用させるべきか、使用する場合はどんなゴーグルを選べば良いのかご紹介します。

こどもに合ったゴーグルを選んで、学校のプールを安全に楽しみましょう。

ゴーグルの使用が禁止されていた理由

小学校でのプールでは、以前はゴーグルの使用が禁止されていたり、使用する場合は許可が必要だったりして、あまりなじみがありませんでした。

だいぶ前になりますが、私が小学校の時にもゴーグルを使用している子は、ほとんどいませんでした。習い事として通ってたスイミングスクールでは、中学生や高校生がゴーグルを使用していて、おとなになるとゴーグルをつけるんだという記憶があります。

今は、禁止されている学校も減ってきていて、最近だと、ゴーグルの使用を推奨する学校、自由に使用できる学校、申請すれば使用できる学校が多いです。なぜ今までは禁止されていたのか…。

数十年前のゴーグルは、ガラス製のものがあり、割れてしまったりすると危険だったことや、価格も高く、プールの授業だけで購入するようなものではありませんでした。

また、水難事故や水害の非常事態を想定して、水のなかでも目を開けられるようになるための練習としてゴーグルを使用しないという理由もあります。

昔はゴーグルを使用してプールの水が目に入らないようにするよりも、プールの後に水で目を洗うことが大切だと考えられていました。

今は、安くて、プラスチックで割れにくいゴーグルなどが増えて、簡単に手に入りやすくなりましたし、目の保護のためにも、ゴーグルは必要だと思います。

ゴーグルが必要な理由

最近の小学校でのプールは、ゴーグルの使用を推奨したり、使用するかは自由とする学校がほとんどです。ゴーグルを使用した方が良いいちばんの理由は、目の保護です。

プールでは、消毒用に塩素が使われています。感染症を防ぐために塩素で衛生面を管理していますが、咽頭結膜熱(プール熱)や、流行性角膜炎、急性出血性結膜炎など、プールの水での感染症を完全に防ぐことができまん。

プール後の感染症の予防として、うがい、手洗い、目を洗う、シャワーを浴びる、などがあり、目のウイルス感染症予防には、目を洗うことは、欠かすことができません。

でも、最近では水道水で目を洗うと、水道水の塩素で角膜を損傷する危険があるとも言われています。

アレルギー体質の場合、目が充血したり、かゆみがでたりする症状があります。目を感染症から守るためには、ゴーグルの使用が効果的です。

また、ゴーグルを使用すると、水中での視界が良くなります。プールの授業では、こどもたちが一斉にプールに入り、潜ったり、歩いたり、泳ぎます。

泳ぎが得意な子、苦手な子、早く泳ぐ子、ゆっくり泳ぐ子、様々です。他の子の足や手が目に当たったり、水中でぶつかったりすることもあります。

ゴーグルを使用することで、水中で周りがよく見えて、ぶつかるのを防いだり、ぶつかったときには、目を守ることができます

また、水中での視界が良くなることで、水慣れが早くできたり、泳ぎが上達するともいわれています。

ゴーグルを使用するのに申請が必要なときの理由

最近では小学校の授業のプールで、ゴーグルを使用することを推奨する学校、自由に使用できる学校が多くなりましたが、使用するのに許可が必要な学校もまだあります。

目の感染症やぶつかったりするのを防止するために、ゴーグルを使った方が良いと思いますが、申請しなくてはいけなっかり、許可が必要と聞くと、どんな理由を書けば良いか悩むし、少し面倒に感じてしまいます。

申請する場合の理由としては…

・ 衛生面の理由からゴーグルの着用を希望します。
・ 眼病予防のためゴーグルの使用を希望します。
・ アレルギーのためゴーグルの使用を希望します。
・ 眼科の先生からプールに入るときはゴーグルを使用するように指示されています。

など、健康上の理由や、衛生面の不安を正直に書けば大丈夫です。

ゴーグルを使用することは悪いことではありません。使用することでのメリットの方が多いと思います。少し面倒でも、使用の許可をとって、こどもにゴーグルを使用させてあげましょう。

ゴーグルの選び方とオススメのゴーグル

いざゴーグルを選ぼうと思っても、種類も価格もたくさんありすぎて、悩んでしまいます。ゴーグルの選び方と、オススメのゴーグルをご紹介します。

こども用のゴーグルには、対象年齢が記載されているものが多いので、年齢と対象年齢が合っているかを確認しましょう。

サイズは重要です。サイズが合っていないと水が入ってきてしまったり、長時間使用する場合痛くなってしまうことがあります。鼻のベルトの部分がサイズで交換できるものや、ストラップが簡単に調節できるものが良いと思います。

私も以前、ゴーグルが合っていなくて、ゴーグルを使用するたびに頭痛でつらい思いをしたことがあります。

https://item.rakuten.co.jp/swim-aqua/sr-11jm/ 

↑鼻のベルトのサイズも変えられるし、色もたくさんあって見た目もとてもかわいいです。

https://item.rakuten.co.jp/find/aqa-4/

↑ストラップの調整が簡単です。

https://item.rakuten.co.jp/yatabe/yg482/

↑低価格です。買い換えように便利です。

まとめ

1. ゴーグルが禁止されていた理由は水の中でも目を開けられるようになるためと、昔はガラス製のゴーグルがあり、割れたりすると危険だったから。
2. ゴーグルを使用した方が良いのは、感染症の予防ができ、視界が良くなることでぶつかったりするのを防げるから。
3. ゴーグル使用の申請理由は、健康上の理由や衛生面の不安を正直に書けば大丈夫。
4. ゴーグルの選び方はサイズが重要。オススメのゴーグをご紹介。

最近の小学校では、ゴーグルの使用を推奨している学校もあります。ゴーグルを使用することで、目を守ることができます。

ゴーグルの種類も様々で、選ぶことも楽しいと思います。お気に入りのゴーグルで、プールの授業を楽しみましょう。

【こちらも読まれています】

プールの水を飲んでしまった時、知っていて良かった対処法!
初めてのプールデビュー、はしゃいでいたら溺れかけてプールの水を飲んでしまった。プールって塩素の匂いもするし、いろいろな人が入っているし、汚れているのに飲んでも大丈夫なのか不安ですよね。お子さんがプールの水を飲んでしまったとしても安心できる対処法を一緒に身につけましょう。

コメント