障害物競走のネタ、幼稚園や保育園ではどうする?アイディアをご紹介!

スポンサーリンク

運動会の競技の1つ、障害物競走

子供達がさまざまな障害を乗りこえゴール姿は、見ていて楽しく感動する競技の1つですよね。

そこで!

  • どんな障害物がこども達にお勧めなの?
  • こども達が楽しめて、親も見ていて楽しいものってなに?
  • 障害物競走のネーミングってどんなものだと惹かれるのかな?

運動会に向けて参考になるアイディアをいくつかご紹介しますね。

障害物競走のネタは何がいい?

障害物競走はいろいろなものを取り入れることによりたくさんのコースが存在します。

幼稚園や保育園のこども達が楽しめそうなお勧めのネタをいくつかあげてみますね。

動物さんになって走る!

カードをめくって出てきた動物さんのまねっこをして走るということです。

  • うさぎなら(ぴょんぴょん跳ぶ)
  • かになら(よこ歩き)

もし年齢が小さくて親子でやることにした場合は、

  • カンガルーなら(子供を抱っこしてスキップ)
  • キリンなら(子供を肩車して大股歩き)
  • ペンギンなら(足の甲に子供をのせてペンギン歩き)

お菓子キャッチレース!

こども達が届く高さにお菓子を設置し、ジャンプしてお菓子をとりゴールに向かうです。

こども達は手作りのものが大好きです。

なので、お菓子も本物じゃなく作り物でもよろこんでとりに行きますよ。

ダンボールキャタピラー!

上下を切りとり筒のようにしたダンボールに子供がはいり、中でハイハイをしてゴールに向かうです。

ダンボールの切り口などで子供が手を切らないように、切り口にはガムテープなどで補強をかねて保護しておくと安心です。

お買い物(借り物)競争!

ひいたカードに書かれたものをお店(テーブルなどに物をおいておく)で買ってゴールするです。

どんな物をおくといいかは、こども達の身近なものでわかりやすいものがお勧め。

たとえば、スプーン・バケツ・ボール・絵本・ぬいぐるみなど。

知らないものがないように、事前の保育とかで「これなーんだ?」とクイズをして覚えさせると本番こども達が迷わなくなりますよ。

4,5歳くらいになりいろいろな事が出来るようになったら、マット運動やとび箱をとぶ。

平均台の上をあるく・なわとびで5回とぶ・ネットをくぐるなど少し難しいことを取り入れてみてください。

親はこどもの成長が見られて楽しめるものになるのでお勧めです。

ただ少し難しいことにチャレンジさせる場合は、こどもがケガをしないようにさらに注意をしてくださいね。

こどもが落ちてケガをしないようにマットを敷くこと!

ネットをくぐる場合はひっかからないよう飾りのある髪どめは使用しないこと・髪型なども指定するなど対策を! 

障害物競走の面白いネーミングは?

続いては、プログラムにのせるネーミングです。

面白いものをつけたい!ってなると、その年に流行っている「アニメ」や「映画」また「芸人のギャグ」などを取り入れた種目名にすると面白いものになります。

たとえば、

「にんにん忍たま、にんにんにん!」

子供を忍者にたとえ、障害物を修行って感じで(忍たま乱太郎から)

「ありのままで~レッツゴー」

自分のペースで最後まで頑張って(アナと雪の女王から)

「ゴール目指さなきゃ、ダメよダメダメ!」

最後まで諦めず頑張って(芸人のギャグから)

もちろんBGMはそのアニメの曲をつかったりするとまた盛り上がり、曲を知っているこども達はノリノリです。

ただ、面白いネーミングを使う場合は何の競技かわからない!ということにはならないように気をつけましょう。

参考までに

「さぁ!たんけんにでかけよう!」

いろいろところを探検して進もう

「くぐって、のぼって、すべって!」

からだを使った障害物をとりいれて楽しもう

「かわいいだけじゃないよ」

かわいいだけじゃないよ!こんなこともできるんだよ

こんなネーミングもお勧めです。

幼稚園・保育園の障害物競走の難易度はどうしたらいい?

こども達はまだ成長発達をしているところです。

年齢により出来ること・出来ないことがあります。

なので、年齢別にどんなものを取り入れたらいいのかまとめてみました。

0歳児

0歳児は種目で競うのではなく子供達の出来ることを楽しんでもらうのが一番です。

泣いたり笑ったりその場から動かなかったり、様子をみているだけでも可愛いものなので!

親のところまでハイハイをして、その後は保護者と一緒にゴールするだけでも可愛いですよね。

1、2歳児

1、2歳児は発達の差が大きいことが特徴なので、その特徴をうまくいかして楽しむことのできる競技をするのがいいです。

ゴールを目指すのではなく、動物のまねっこして~とかこれのぼれるかな?とか子供の興味をひくことをとりいれて、ゴールにうながす競技にするといいです。

3歳児

3歳児になるとルールのある遊びを理解して楽しめるようになります。

お友達と協力して何かをするとかも出来るようになるので、2人1組でできる障害物競走をしても楽しいかもしれないです

(一緒にかごなどをもっていく。大きいダンボールに二人で入って中ハイハイをしゴールへなど)

4歳児

4歳児は体力もついてしっかりとした運動も出来るようになってくるので、さまざまな動作や運動を取り入れる障害物競走にしてもいいですね。

出来る子出来ない子の差が出てきたりもするので注意も必要だけど、ケンケンパをして進むやダンボールで作ったトンネルをくぐる、マットの上でコロコロ転がるなど体をつかったものにするとこども達のがんばりにもつながりますね。

5歳児

5歳児にとっては最後の運動会!

園でのお手本となる子達だから、多少難しいことにチャレンジして意欲や自信の向上に繋げるのもいいです。

ネットくぐり・平均台の上を歩く・とび箱を跳ぶなど保育活動で学んだことを取り入れた競技にすると、親は幼稚園での成長を見て感じすごく感動する競技の一つになります。

障害物競走、雨天の場合におすすめの体育館でできるネタ

運動会などでの競技は、雨天の場合順延になり体育館でおこなうことはありません。

ですが、もし障害物競走を体育館で行った場合はどんなものを使うのがいいのか参考までにいくつかあげてみますね。

  • マットでつくった山をのぼっておりるたり、マットの上をコロコロ転がる
  • とび箱をとびこえる
  • フラフープやダンボールのトンネルをくぐる
  • まねっこ動作をする

いろいろあげてみましたが、見てみると外で出来るものとたいして変わりませんね。

ただ、変わるといえば室内になるので動ける範囲に限りがあるということです。

なので、体育館の広さにより置けるものなどの制限があることを考慮しコースを組み立てるのが一番大事なことになります。

まとめ

今回、幼稚園や保育園のこども達に向けた障害物のアイディアをまとめてみました。

  • 動物さんのまねっこなどをする動作を使ったもの
  • ダンボールなど物を使ったもの
  • 自分で考えさせる頭を使ったもの
  • とび箱やマットなど運動をとりいれ体を使ったもの

こどもの年齢・成長により出来ることがことなります。

なので、それをいかせる競技を考えることが一番必要なことになります。

そして、競技を考え障害物を作成する時は、ダンボールの切り口で手を切らないようにガムテープなどで補強をかねて保護したり、ホッチキスを使った場合はホッチキスの上にテープをはって安全に使用できるようにしてくださいね。

また、ネーミングは面白いものをつけるのもいいですが・・・

”何の競技かわからない!”ってことにならないように気をつけましょう。

障害物競走は見ていてゴールするまでとても興奮する競技です。

頑張っている姿に「頑張れ~」と応援し、出来た姿に「すごーい」と微笑ましく思う。

こどもの成長を感じられる競技になります。

アイディアをいろいろ取り入れ、こども達そして見ている親も楽しめる障害物競走

作っていってくださいね。

 

【こちらも読まれています】

運動会のスローガン!令和を使った赤白青黄スローガンアイデア集!
運動会といえば学校行事の中でも大きく盛り上がる、練習を繰り返し成果を発揮する、自分の組を勝利に導くなど、いろんな目標を掲げ頑張るものですよね。 運動会はもちろん練習など準備もやることがたくさんあり、そんな一つとしてあるスローガン、せっかく今年やるのなら新元号「令和」を入れてみたいと考えたことはありませんか? ここでは新元号である「令和」を取り入れた運動会のスローガンを作ってみたいと考えている小学校の生徒さんに、運動会で使える令和を取り入れたスローガンの紹介をしていきます。 元号が新しくなった今年ならではのたったひとつのスローガンを作るため、運動会を盛り上げるため、ぜひチェックしてくださいね!

コメント