食パンの賞味期限が1日・2日・5日過ぎた場合でも食べれる?捨てる基準は?

スポンサーリンク

トーストされた食パン

食べ物には、賞味期限がつきものですよね。

中でも食パンは1日、2日という期限もあれば、5日という期限の商品もあるので、何を基準に判断すればいいのか難しいところです。

我が家では普段はご飯メインですが、休日の朝に子供達がパンを好んで食べます。

前日に買ってあるときは良いのですが、基本的に平日に買い物はしないので、5日前に買った商品、というのもザラです。

しかし、常温ではなく冷凍という手段を使っています。

食べ切れなかった時に、1日、2日なら食べてしまいますが、常温で5日というのは勇気がいるからです。

そこで、ここでは食パンの賞味期限、保存グッズ、トースターまでを徹底解剖しました。

参考にして、こだわりのパン朝食を楽しんでください。

食パンの賞味期限が1日・2日過ぎていた!食べれる?すぐに捨てる?

「食パンの賞味期限が1日、2日過ぎてしまった。」よくあることですよね。

大丈夫、基本的にその程度であれば食べられます。

ただ保存状態によって、食パンの状態も変わってきます。

カビの生える条件が整っている場合は注意しましょう。

カビの好む条件とは、温度、湿度が高く、酸素とカビの栄養分が豊富な環境です。

具体的には、梅雨時は注意が必要ですね。

ですから、1日、2日でも「つんとした酸っぱい匂い」や、明らかにカビが生えていた場合は、躊躇わずに捨てましょう。

匂いや見た目は問題なくてもそのまま食べるのを躊躇する場合には、トーストすることでカビが死滅することを期待できます。

ただ、カビの種類にもよるので万全ではありません。

いつもと違う様子であれば破棄をする、という勇気も必要ですよ。

食パンの賞味期限が5日以上過ぎていた場合はどうする?

かびた食パン

食パン、フランスパンであれば、期限後1週間は食べられる、という人もいるようです。

ただ上でも述べた通り、あくまでも理想的な保存状態で保存できた結果、というものであり、推奨するものではありません。

いつもと違う匂いやカビが見受けられた場合には、躊躇わずに破棄すべきですし、果たして体調を崩すリスクを負ってまで食べる必要があるか、ということになります。

迷ったときには、破棄した方が後悔しないでしょう。

食パンの賞味期限は?スーパーで売ってる食パンとパン屋の食パンの賞味期限は

スーパーで売っている食パンは、一般的なものだと常温保存で4〜5日です。

調べてみたところ、山崎製パンでは夏季と冬季とで消費期限の長さを変えているようです。

理由は上にも述べた通り、温度、湿度を考慮してのことでしょう。

夏季は製造日を含め最大5日間、冬季は製造日を含め最大6日間ということでした。

消費期限はメーカーによってももちろん違いがあります。

4~5日という賞味期限であれば比較的食べきれる期限ではありませんか?

そしてパン屋さんや自宅で作ったパンに関しては、作った翌日までがベストという回答です。

私は以前パン屋さんで職場体験をしたことがあります。

そのころからパンが好きで勿論こういった賞味期限についても疑問に思っていたので、質問した記憶があります。

翌日で食べきれないようなら早めに冷凍した方がよい、とのことでした。

冷凍してしまえばカビの心配もありませんね。

そもそも賞味期限と消費期限の違いは?パンの消費期限は?

スーパーで買った食品には必ず「消費期限」か「賞味期限」が表示されています。

消費期限とはお腹を壊さず安全に食べられる期限であり、賞味期限とは、おいしさの期限であるということができます。

消費期限は比較的いたみやすい食品に表示されています。

具体的にはおにぎり、サンドイッチなどです。

長くても5日程度なので、期限を過ぎた食品は廃棄するようにしましょう。

賞味期限は比較的いたみにくい食品に表示されています。

具体的にはカップラーメン、缶詰などです。

3か月から数年単位の期限があり、こちらは期限を過ぎてもすぐ食べられなくなる、ということではありません。

食パンは消費期限表記です。

期限内に食べられなそうなときには、すぐに冷凍保存することをおすすめします。

いつまでも美味しく!食パンを長く美味しく保存する方法やグッズとは?

すぐに食べきれる場合には常温保存がベストです。

「保存」というと冷蔵庫がベストなのでは、と考える方も多いと思います。

しかし、パンに関しては、冷蔵庫だと常温よりも早く乾燥、固くなる、という現象が起こり風味も損なわれるため、美味しくなくなります。

よって冷蔵庫保存はパンには不向きです。

次のような食パン保存に適した商品も売っていますよ。

容器内を真空に保つことにより、パンの乾燥を防ぎ鮮度を長持ちさせます。

ケースに桐材を使うことで、防虫、防カビ効果が期待できます。湿気にも強いので風味をキープできますよ。

すぐに食べ切れない場合には、冷凍保存がおススメです。

一枚ずつラップに包み、冷凍バックに入れて冷凍保存します。

食べるときには、そのままトースターで焼くと、買ったときと同等の食パンを食べられますよ。

焼き立てがやっぱり美味しい!食パンを美味しく自宅で焼くコツは?

トースターから飛び出す食パン

最近新調した我が家のトースターを紹介します。

このトースターは、外はカリッと、中はモチっと食感のトーストができますよ。

余熱なしの0.2秒で一気に焼き上げるので食材の水分を閉じ込めることでモチっとした仕上がりになります。

常温保存した食パンであれば2分、冷凍の食パンであれば3分、どちらも280℃という高温調理することで、手軽に美味しいトーストを食べられます。

実はこの値段を出すなら別のメーカーを私は検討していました。

しかし、レトロなデザインに子供たちが食いつき、また付属の深皿、浅皿を利用してトースト以外にも調理できるところからこちらに決まりました。

カリッ、モチッ、の食感が好みならばおすすめしたい一台です。

まとめ

  • 1日、2日の食パンの消費期限切れなら、食べられることがだいたいです。しかし、明らかにカビが生えていた場合は、躊躇わずに捨てましょう。
  • 5日過ぎた食パンは、あくまでも自己責任で、という範囲です。体調を崩すくらいならば、破棄する勇気も必要ですよ。
  • スーパーで売っている食パンは、一般的なものだと常温保存で4〜5日です。自宅で焼いたものや、パン屋さんで購入したものは翌日に食べきるようにしましょう。食べきれない場合は、どちらのパンも早めの冷凍保存が最善の方法ですよ。
  • 消費期限とはお腹を壊さず安全に食べられる期限であり、賞味期限とは、おいしさの期限であるということができます。
  • 食パンは常温保存がベストですが、すぐに食べ切れない場合には冷凍保存をしましょう。
  • トースターは、トーストだけでなく調理ができるものもあります。自分の生活スタイルと、トーストの好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

食パンはたくさん入っているので食べきれないことがありますよね。

早めの冷凍保存を心がけて、健康に美味しいトースト生活をはじめましょう。

好みの食パンをみつけたら、トースターはもちろん、バターなどにもこだわってみると楽しみが広がりますよ。

【こちらも読まれています】

パンにカビが!取り除くと食べられるは迷信?白黒緑のカビは猛毒?防止策は?
「朝ご飯用に買っておいた食パンや菓子パンなどをよく見てみたらカビが生えていた!」こういった経験がある方、多いと思います。 このような場合、カビを取り除くことで食べられるのか、生えているカビは食べても問題ないものかどうかなど、様々な悩みがでてしまうんですよね。 ここでは「『カビを取り除くと食べられる』は本当なのか」などパンにカビが生えてしまった場合の対策、また発生してしまったカビについての情報をまとめています。 せっかく用意したパンにカビが生えているとがっかりですしなんとか食べたくなるもの、ぜひパンのカビについての情報をチェックしていきましょう!

コメント