暑気払いで司会!挨拶マナーや司会進行方法を成功させる方法を紹介!

スポンサーリンク

だんだん暑くなってきて、ビールが美味しくなる季節ですね。

会社によっては暑気払いの飲み会をして社員のモチベーションを上げようとする会社も多いのではないでしょうか。

楽しい飲み会ですが、初めての幹事や司会を任されてどうすればいいのかわからない、とお困りではないですか?

スムーズに進行できれば参加者に楽しんでもらえて、さらにあなたの会社での評価も上がるはずです。

この記事では、暑気払いでの招待の基本から挨拶のマナー、進行を成功させる方法をご紹介します。

暑気払いの飲み会での司会を成功させるかどうかは、事前の準備にかかっていると言えます。

参加者を募る招待や挨拶の依頼、当日のタイムスケジュールや2次会の有無などについても、事前に準備することで当日の流れはだいぶ変わってきます。

この記事を読んで、暑気払いの飲み会を成功させて、あなたの会社での存在感をアピールしましょう!

はじめが肝心!招待の基本やマナーを紹介!!

司会を任された場合、まずは招待状やメールを送ることから始まります。

参加者が集まらないと飲み会も始まらないので、ポイントを抑えて招待状やメールを送りましょう。

社員に送るのは社内メールなどで少し砕けた感じでも良いでしょう。

取引先なども招待する場合は、失礼のないように文面にも気をつけましょう。

一番先に目に入るタイトルは簡潔に一目見て内容がわかるように、「暑気払いについてのお知らせ」「暑気払い開催について」など簡単なものでいいでしょう。

タイトルの次にくるあいさつ文も、社内に送るメールであれば「お疲れ様です」など簡単な文章でいいでしょう。

取引先などに送る場合は、「拝啓 貴社ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます」といった感じで書き始めると良いでしょう。

詳細について必要なのは、

  1. 開催日時
  2. 開催場所
  3. 会費
  4. 参加可否
  5. 幹事の連絡先

の5つです。

社内に送る具体的な文例として、

タイトル「暑気払いについてのお知らせ」

皆様お疲れ様です。暑い日が続いていますね。
この暑さを打ち払うために、暑気払いの飲み会を開催します。
お忙しいと思いますが、ぜひご参加ください。

日時 ○年○月○日(曜日) ○○時~○○時ごろ

場所 ○○○○

(住所)、(電話番号)、(地図)

会費 ○○○○円

なお、お手数ですが参加人数の確認のため、【○月○日まで】にこのメールに返信もしくは担当までご連絡ください。

担当 ○○(名前)

(携帯番号、メールアドレス)

などといった感じです。

上司や幹部など相手によっては砕けた文章では失礼になるので、相手によって文例は変更してくださいね。

司会者の務め!進行内容(演物など)や役割の基本!失敗しない暑気払いの飲み会!

いよいよ暑気払い当日です。

まずは会場にやってきた参加者の人数を確認して、参加者が揃ったらいよいよスタートです。

スムーズな進行をして、参加者に退屈させずに楽しんでもらうためにはどのような流れが良いのでしょうか。

  1. 開会・司会の挨拶
  2. 開会の挨拶
  3. 乾杯の挨拶
  4. 歓談・余興(余興はなくてもOK)
  5. 締めの挨拶
  6. 閉会の挨拶

といった流れが一般的です。

前日までにお店に滞在できる時間を考慮してタイムスケジュールをまとめておくと、当日の進行がスムーズに出来るのでオススメです。

開会・乾杯・締めの挨拶についても事前に声をかけてお願いしましょう。

当日も出番の少し前に声をかけに行くといいでしょう。

暑気払いの飲み会なら、余興は特になくても問題ありませんが、何かしたい場合などはビンゴやじゃんけん大会などをして景品を準備すると参加者も盛り上がるでしょう。

挨拶の締め!誰にお願いする!?お願いする人には相応しい順番があった!

当日の流れは先ほど説明しましたが、挨拶を誰にお願いするかも大事なポイントになってきます。

会社の役職者にお願いする場合には、相応しい順番があるので、気をつけてください。

基本的には、先ほどの流れの中の

  • 【2】開会の挨拶
  • 【3】乾杯の挨拶
  • 【5】締めの挨拶

役職者にお願いします。

  • 【2】開会の挨拶は、役職の一番高い方
  • 【3】乾杯の挨拶は、役職の3番目に高い方
  • 【5】締めの挨拶は、役職の2番目に高い方

挨拶は相応しい人にお願いするように注意してください。

【3】乾杯の挨拶は、【2】開会の挨拶の時に役職の一番高い方に一緒にお願いしても問題ありません。

当日参加できる役職者の中で先ほどの順番に前もって声をかけましょう。

最後まで役目を果たそう!忘れ物や金銭の確認!

会も盛り上がってきましたが、時間には限りがあります。

お店から参加者全員を退店させるのにも時間がかかるので、滞在できる時間の10分前には閉会の挨拶をして会を締めましょう

参加者全員が退店した後に、席に忘れ物がないかのチェックや、トイレに泥酔している人がいないかなど最後のチェックをしましょう。

会費については、当日の最終的な参加者を確認して最後に徴収するのもいいですが、徴収漏れで足りずに自腹で補填などということが無いように、前日までに徴収しておくことをオススメします。

当日に徴収する場合は、お酒が入るとスムーズに回収できないことも考えられるので、なるべく乾杯前には徴収したほうが良いです。

退店後にお店の入り口付近で団体になって2次会についての話をするというのも良く見られる光景なので、事前に2次回の候補になるお店をピックアップしておいて、1次会のうちに2次会をやるかどうかを判断することで、2次会までの流れもスムーズに行きます。

翌日には過不足無く精算したことを確認し、参加者や上司にお礼のメールなどを送るのもいいでしょう。

まとめ

この記事であなたに伝えたいことは、この4つです。

  1. 同僚に送る案内メールは社内メールなどで少し砕けた感じでOK。上司に送る場合は失礼の無いようにビジネスメールで
  2. スムーズな進行のために前日までにタイムスケジュールを組んで流れを確認
  3. 開会の挨拶は参加者の中で役職の一番高い人、乾杯の挨拶は3番目に高い人、閉会の挨拶は2番目に高い人にお願いすべし
  4. 会費の徴収は前日までに済ませるのがオススメ。2次会の有無についても事前にお店の候補を確認し、1次会の内に参加者にヒアリングして判断を

スムーズに進行していくことで社内でのあなたの印象もかなり良くなるはずです。

押さえておきたいポイントをしっかり押さえて、暑気払いの飲み会を成功させましょう。

暑気払いの司会は大変なことも多いですが、頑張ってくださいね。

【こちらも読まれています】

暑気払いの案内状!社内・社外向けテンプレート!コピペOK!いつ配布?
暑気払いを初めて司会する場合、案内状に何を書いていいのか分からないことがありますよね。案内状は必要な情報と暑気払いのフレーズを用意するだけで簡単に作成することができます。今回は新入社員の人でもすぐにできる、社内・社外でもテンプレートを複数用意していますのでぜひ参考にしてみてください。
暑気払いの挨拶例文!幹事になった新入社員向け幹事ガイド!
毎年夏に会社で開かれる『暑気払い』。新入社員にとっては初めて行事へ参加します。司会進行を任されたときは、どのようにプランを組み、何に気を付けるべきなのでしょうか。今回は暑気払いの意味も含め、スムーズに進行が行えるよう流れと司会進行のセリフをご紹介します。
納涼会の挨拶!社長向け文例!ウケる挨拶・うんざりされる挨拶の違い
納涼会は、夏の暑さに負けないで頑張ろう!という気合を入れるのと、涼しさを感じるために楽しむことをしようというものです。 今では企業の活性化に欠かすことのできないイベントとして、むしろ積極的に納涼会のような懇親会が行われているようです。 そんな納涼会で必ずあるのが「乾杯の挨拶」と「閉会の挨拶」です。 納涼会と言え、社長という立場である以上、少し仕事の話も盛り込んで、しっかりと社員に訓示をなんて考えていませんか? それは、ちょっと待ってください!納涼会のような懇親会では、社長にもやらなければいけない役割があるのです。 今回は、社長の納涼会の乾杯の挨拶、締めの挨拶を、例文を交えてご紹介します。また納涼会における社長の役割、期待されていることも併せていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

コメント