暑気払いの挨拶例文!幹事になった新入社員向け幹事ガイド!

スポンサーリンク

毎年夏に会社で開かれる『暑気払い』。新入社員にとっては初めて行事へ参加します。司会進行を任されたときは、どのようにプランを組み、何に気を付けるべきなのでしょうか。

今回は暑気払いの意味も含め、スムーズに進行が行えるよう流れと司会進行のセリフをご紹介します。

コピーをして使えるフレーズも載せていますのでぜひ参考にしてみてください。

暑気払いの挨拶!幹事が挨拶する場面はいつ?

暑気払いとは江戸時代から始まる慣習と言われており、「暑気を払う薬を飲む」習慣のことを意味してます。

「薬」とは漢方のことではなく、夏の暑さをしのぐために工夫された滋養のことをさします。
例えば「そうめん」や「かき氷」を頂いたり、川遊びをするなどをし、夏の暑さを払う行為のことです。

現代の私たちに引き継がれた暑気払いは、仕事帰りにキンキンに冷えたビールを飲んで活気を取り戻そうとする行為のようなものでしょう。

さて、会が始まったら幹事は司会役として進行を行います。通常の進行は、下記の流れで行います。

1、始めの挨拶
2、乾杯の挨拶
3、締めの挨拶

幹事が話すタイミングは、始めの挨拶の前に行う簡単な自己紹介と、各挨拶の間に進行役としてのナレーションを入れる時です。

挨拶は始めの挨拶と、締めの挨拶があります。始めの挨拶を暑気払いに参加する最も立場が上の人を、終わりの挨拶は次に偉い人に挨拶の依頼をすると良いでしょう。

挨拶を頼まれた人は準備に時間を要するため、前日までに声を掛けておくことをおすすめします。

暑気払いの幹事挨拶例文!はじまりと締めの挨拶!

暑気払いにおける、司会進行の挨拶例文をご紹介します。暑気払いの会の流れに沿ってご紹介しています。

まず、司会進行役としての初めの挨拶をします。話は長いものよりも、簡単でシンプルなものが好まれます。

「本日は納涼会にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。皆さま、日頃の暑さに負けないために、これから○○社の暑気払いを開始いたします。」

さらに、自己紹介を加えるとより丁寧になり、新入社員の顔を覚えてもらえるのでおすすめです。

「本日の司会進行は、○年度に入社いたしました××と申します。精一杯頑張りますので、何卒宜しくお願いいたします。」

と言った具合で挨拶を始めると良いでしょう。

挨拶を終えたら、上司が行うであろう始めの挨拶です。

「それでは、始めの挨拶を○○(役職)、宜しくお願いいたします。」

挨拶が終わったら乾杯の音頭に入ります。先輩方に予め依頼をしても良いですし、司会進行役が行っても良いでしょう。

「乾杯!」だけでなく、少しユーモアを出したい時は、こちら。

「それでは、乾杯の音頭を取らせて頂きます。冷えたお酒と美味しい食事をたのしみ、暑さを吹き飛ばしましょう!乾杯!」

長くなく、シンプルな言葉でまとめることがおすすめです。食事が目の前にある場合はなるべく短く話しましょう。

最後に、締めの司会進行の挨拶です。

「それでは、○○(役職名)より、締めのご挨拶を宜しくお願いいたします。」

締めの挨拶が終わった後は、忘れもの等がないよう一言声掛けを行うとより親切です。

「以上を持ちまして、暑気払いをお開きいたします。皆さま、お忘れ物が内容今一度身の回りをご確認のうえ、お帰り願います。本日はありがとうございました。」

コピーして使える文章ですのでぜひ参考にしてみてください。

暑気払いの幹事の役割は?滞りなく進捗させるコツとは?

幹事の役割は、「会をスムーズに行うこと」と「周りへの気遣い」です。参加者の皆に楽しいと思ってもらえる空間を作るためには、念入りな準備が欠かせません。

また、会をスムーズに進めるためには役割分担も必要です。お金を徴収する人や司会進行を務める人、飲み物を頼む人、体調の悪い人が居たら介護する人など、様々なケースに合わせて分担を決めておくとよりスムーズです。

会の途中でお祝いなどのプレゼントを贈呈する場合には、品物の準備なども必要でしょう。

起こりうる状況を想像し、予め準備しておくことがポイントになります。様々な状況については、次章で詳しくご紹介しています。

暑気払いの幹事が困ること!会費の金額が足りない・・忘れ物など

準備万端と思っていても、当日は様々なアクシデントが付き物です。しかし、事前に起こりうるアクシデントを予想しておくことで、防ぐことができる対策は様々あります。

例えば、起こりうるアクシデントは下記の通りです。

・会費が足りない
・忘れ物多発
・座る席順が決まらず会が始まらない
・アレルギーや苦手な食べ物
・好みのお酒
・人数の把握
・キャンセルが出た場合の対処
・タクシーの手配

ざっと挙げただけでもこんなに。アレルギーの有無は重要な情報になりますので、料理を決める前に必ず、参加者に聞いておくことをおすすめします。

金額が足りないというケースも考えられます。徴収したお金が不足していたり、払っていない人がいるなどのアクシデントはなるべく減らしたいものです。対策としては、名簿のチェックリストを作成すること、お金を受け取る係りを決めて、始まる前に担当にスタンバイしてもらう事とです。

また、上司の好みのお酒を事前に把握し、準備することで参加者が納涼会を十分に楽しむことができます。好印象を得ることができ、新入社員の気遣いに先輩たちは喜ぶに違いありません。

このように、アクシデントが起きても対応できるよう起こりうることを想像し、事前に準備することでより良い進行役となるでしょう。

最後に

今回は、暑気払い・納涼会の司会進行に役立つフレーズや事前に準備しておくことを紹介しました。司会進行の心得はこちらの3つです。

1、挨拶する人へ事前に依頼を!
2、司会進行は短いフレーズで爽やかに!
3、アクシデントに備えた準備を!

始めの挨拶と締めの挨拶は、部長や係長など参加者の中で偉い人に頼むと良いでしょう。前もって依頼をしておくことで会がスムーズに進み、協力的に参加してくれるので早めの対応を心掛けてください。

司会進行は、テンポよく、参加者へ気を遣いながら進めていきましょう。長い司会のフレーズは美味しい食事を楽しみに参加している人たちにつまらないものとして思われがちです。新入社員らしく爽やかに、なるべく短いフレーズでマナーのある言葉を使うことで好印象を得ることができます。

さらに、当日何が起こるか分かりませんので、事前のアクシデントへの対策は欠かせません。
アレルギーを持っている人は居ないか、上司の好むお酒は用意できているかなど知っておくと喜ばれる情報はどんどんサーチしましょう。

当日キャンセルが起きても大丈夫なように、お店との交渉や円滑なコミュニケーションが取れるシステムを用意することをおすすめします。

 

【こちらも読まれています】

暑気払いの案内状!社内・社外向けテンプレート!コピペOK!いつ配布?
暑気払いを初めて司会する場合、案内状に何を書いていいのか分からないことがありますよね。案内状は必要な情報と暑気払いのフレーズを用意するだけで簡単に作成することができます。今回は新入社員の人でもすぐにできる、社内・社外でもテンプレートを複数用意していますのでぜひ参考にしてみてください。
暑気払いで司会!挨拶マナーや司会進行方法を成功させる方法を紹介!
会社によっては暑気払いの飲み会をして社員のモチベーションを上げようとする会社も多いのではないでしょうか。初めて幹事や司会を任されてどうすればいいのかわからない、とお困りの方、この記事では、暑気払いでの招待の基本から挨拶のマナー、進行を成功させる方法をご紹介します。
納涼会の挨拶!社長向け文例!ウケる挨拶・うんざりされる挨拶の違い
納涼会は、夏の暑さに負けないで頑張ろう!という気合を入れるのと、涼しさを感じるために楽しむことをしようというものです。 今では企業の活性化に欠かすことのできないイベントとして、むしろ積極的に納涼会のような懇親会が行われているようです。 そんな納涼会で必ずあるのが「乾杯の挨拶」と「閉会の挨拶」です。 納涼会と言え、社長という立場である以上、少し仕事の話も盛り込んで、しっかりと社員に訓示をなんて考えていませんか? それは、ちょっと待ってください!納涼会のような懇親会では、社長にもやらなければいけない役割があるのです。 今回は、社長の納涼会の乾杯の挨拶、締めの挨拶を、例文を交えてご紹介します。また納涼会における社長の役割、期待されていることも併せていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

コメント