社葬って!?弔電の文例や書き方を伝授!社葬マナーを徹底解説

スポンサーリンク

あなたは、社葬(しゃそう)という言葉を知っていますか?聞いたこともないという人も多いのではないでしょうか。社葬を行うというのは主に大企業である場合が多いです。

社外の方も多く参加される大規模なものになることが多く、もし参加することになったら、失敗や失礼なことは許されないのでしっかりと予習が大切です。

今回はその社葬についての記事です。万が一、上司から弔電を頼まれたり、社葬に参列することになった場合も慌てないですむように是非読んでみてください。

弔電とは!?弔電の書き方や文例!文例の基本を解説!!

社葬 とは、会社を挙げて、亡くなった方の葬儀を行うことです。会社の発展に大きく貢献された故人を称え、敬意を示し弔う(とむらう)意味があります。

また、故人の死を悼み(いたみ)つつ会社自体の地位を示したり、後継者を発表するなど、故人の残した功績に感謝をして、その意思を次の世代へ引き継いでいくというバトンタッチを行う重要な儀式でもあります。

ただし、どうしても参列ができないという場合もあると思いますのでそのときには弔電(ちょうでん)を打つということで哀悼(あいとう)の意を示すことができます。特に大切な弔電であれば、司会者によって弔電披露とし読み上げられることがありますす。

また、遺族の方へのグリーフケア(遺族が悲しみから乗り越えるための助けになるようなケア)として役立つこともあるので、弔電には定型文だけではなく、故人にお世話になった思い出などを入れるとよりよいでしょう。

それでは、基本の文例をご紹介します。

文例番号 文例
7488 御社●●様のご訃報に接し衷心より哀悼の意を表します。ご最善のご厚情に深く感謝いたしますとともに、心ばかりのお線香でございますが、どうぞ仏前にお供えいただければと存じます。在りし日のお姿を偲びつつ、心よりご冥福をお祈り申しあげます。
7514 ●●●様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。遥かにご冥福をお祈りいたします。
7620 御社社長様のご訃報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
7622 会長様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

上の図は引用:電報申し込みサイトD-MAIL│NTT東日本サイト

文例番号 文例
8703 貴社●●様の突然の訃報に際し、ご遺族ならびに社員の皆様に謹んでお悔やみを申し上げます。生前のご厚情に深く感謝すると共に、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
8704 ご遺族様はじめ社内ご一同様のお嘆きのほど、拝察致します。心からご冥福をお祈り申し上げます。
8711 会長様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。これからも社員皆様お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。
8719 ●●様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。自社のみならず幅広く社会貢献されて来られました故人の業績にはただ脱帽するのみでごじます。心からご冥福をお祈りいたします。

上の図は引用:KDDIグループの電報でんぽっぽ

上記の他にも電報サービスを行っている会社のWebページから文例を見ることができますので、よければ参考にしてみてください。

弔電を送るには!?失礼にならないポイントをまとめてご紹介!!

ここからは、弔電を送るときに気をつけたいマナーをお伝えしたいと思います。

宗教を確認しておく

宗教によっては使ってはいけない言葉があります。

例えば、

宗教 避けるべき言葉
仏教 迷う浮かばれない
浄土真宗 霊前、冥福
キリスト教 冥福、合掌、弔うなど仏教で使われる用語

キリスト教の場合「×ご冥福をお祈りいたします」→「○追悼の意を表します」など、言い換えが必要です)

冥福とは:死後の世界での幸せのことをさします。浄土真宗には、この「冥福」といった概念がないですので、避けるべきだといわれています。

このように、宗教の違いでも気をつけるべきところが違います。ただ、宗派が分からないといった場合もあるので必ずしも失礼にはあたりませんが、電報の文例などを見る前には、必ず一度は確認するように気をつけてください。

忌み言葉は使わない

忌み言葉とは、読み方によっては縁起の悪いこと(不幸)を連想させてしまうので冠婚葬祭などの場では使ってはいけないとされている言葉のことです。

もっとも知られているのは、“不幸なことが繰り返し起こる”ことを連想させてしまう言葉です。「再び」「重ね重ね」「いよいよ」「ますます」「またまた」など繰り返される言葉は使わないでください。

他にも、不吉だと言われている言葉も避けましょう。「落ちる」「消える」「とんでもないこと」「数字の4(死ぬ)」「数字の9(苦しむ)」「追う」といった言葉です。

他にも、「死ぬ」「生きる」といった生死の言葉は、大切な家族を失ったご遺族の気持ちに配慮して直接的な表現をしないように気をつけてください。「逝去」や、「お元気なときは」といった具合に言い換えてください。

お通夜の当日もしくは葬儀前までに届ける

一般的には弔電は訃報を受けたらすぐに送るのがマナーです。葬儀当日には、準備などで葬儀場が混雑していることもありますので、葬儀の前日には届けましょう。

葬儀前ギリギリになるようであれば、遅くても弔電の読み上げられる時間より前に届くように送ってください。そのためにも、事前に時刻確認は行うようにしてくださいね。葬儀開始の3~4時間前までだと思っていてください。

またどうしても遅れてしまった場合に、出さないよりはマシだと考えて葬儀後に届ける人もいますが、これは大変失礼なことです。弔電は手紙と違い、すぐに届けることができます。より早く、そしてより簡易です。そのような簡易なものを葬儀後になって届けるということになるので、必ず間に合う時間に送って下さい。

送り先・宛名(受け取り人)を事前に確認しておく

弔電の送り先は、葬儀の行われる斎場もしくは葬祭ホールに送りましょう。

受け取り人ですが、社葬の場合はその主催者(喪主や葬儀委員長などの責任者)を宛名にすることが一般的です。主催の人は社葬の案内状に記載されているので確認してみてください。

もしも、責任者の方が分からない場合であれば「○○会社 故(名前) 葬儀委員長(葬儀責任者)様」というように記載してもよいです。

差出人は、葬儀の主体が企業ですので、企業名と、代表取締役社長など会社の代表者の名前を書くことが一般的です。

故人が重要な相手(取引先など)である場合は、弔電を差し出す人の名前を変えて2通送る場合もあるので会社に確認してくださいね。

その際、連名は避けることと、できれば先方への配慮として名前にふりがなをうっておきましょう。

社葬に行く際の注意点!!やってはいけないNG行動とは!?

服装

女性:黒か紺のスーツ・もしくはワンピース。スカートの丈が短いものは避けてください。膝が隠れる程度の長さのものが好ましいです。革や毛皮などの羽織ものは避けて、アクセサリーは基本的に結婚指輪以外つけないほうがよいです。

靴もプレーンタイプの黒のパンプスがよいです。ヒールは高すぎず低すぎず常識の範囲で(お洒落で買うわけではないので)考えて用意しましょう。

もしもネックレスをつける場合は、二連になっているものは、忌み言葉で触れましたが「繰り返される」という縁起の悪さを連想させるためつけないでください。ネックレスは真珠(涙の象徴とされています)のものを選ぶとよいでしょう。真珠は白・黒・グレーがOKです。

不揃いな大きさの真珠はカジュアルになってしまうので、避けます。真珠の形は丸いものを選び、大きすぎない程度(7ミリ~8ミリほど)のものを選びましょう。鎖骨までぐらいの長すぎないものにしてくださいね。

また、メイクは普段よりも控えめにして口元も赤みの強いものは避け、ナチュラルなものにしてください。髪が長い人は、低いところでまとめるなどして整えて下さい。

男性:黒か紺のスーツにネクタイは地味な色味(黒が好ましい)のものを合わせましょう。シャツも色付きの物は避けてください。光るネクタイピンは避けましょう。

男女ともに、身につけるものは黒や紺を基調とし、光るものは避けて、光沢のないものにしましょう。キラキラした物は派手なこと、よろこびのことを連想させるため、こうした場にふさわしくないからです。

時間

故人を思い、行けるならば早ければ早いほどよいと思いがちですが、ご遺族のかたも準備に追われていることがありますのであまり早くに行くとかえって迷惑になってしまうことがあります。

1時間前でも、まだ打ち合わせなどをされている場合もあるので、開始時間の10分~15分前ぐらいでも大丈夫です。『受付を並ぶのが嫌だから早めに』という考えは家族にとってもとても失礼です。

挨拶

まず、受付に着いたら家族にお悔やみの言葉をかけましょう。

お悔やみの言葉は簡潔に、短くまとめてください。
例① )この度はご愁傷(しゅうしょう)さまです
例② )この度はお悔やみ申し上げます
などです。

香典

受付で渡しましょう(香典は受け付けているかどうかも事前に確認が必要)。

また香典は主催した企業に対してではなく、遺族の方に対して用意をしてください。企業宛ではなく、遺族の方に宛てて準備をしておきましょう。

香典のあとに、名刺も渡します。代理人として参列する場合は、代理人(自分)の名刺の右上に『代』と書き、本来参加する予定であった人の名刺の右上には『弔』と書いたものを手渡しし、本来の代表者が参列できないことを謝罪しましょう。

【注意】名刺は持参しますが、お悔やみの場です。仕事上の名刺交換は厳禁です。

社葬に行けない…。失礼のない欠席の仕方!最低限のマナーとは!?

どうしても社葬に参列することができない場合は、できないと分かった時点で早めに伝えましょう。

葬儀場では慌ただしく準備などに追われていることが多いですので、もしも電話で欠席を伝える場合は長くならないようにして切りましょう。

また代理人をたてる場合は、受付でしっかりと欠席理由を伝えてもらえるように事前に確認をしてください。

欠席理由の伝え方ですが、「結婚式に参列する予定(お祝いごとがある)なので欠席させて頂きます。」「旅行中のため欠席させて頂きます。」といったことは、事実であっても遺族の方の気持ちを配慮して言わないでください。

「すぐに駆けつけたいところですが、やむを得ない事情がありまして、大変申し訳ございませんが欠席をさせて頂きます。」や、「遠方のため、すぐに駆けつけることができませんので欠席させて頂きます。大変申し訳ございません。」といったように伝えてください。

まとめ

1. 社葬とは会社が主催をして故人の葬儀を行うこと。
2. 葬儀に参加できないときには早急に連絡をし、代理をたて弔電を送るとよい。
3. 弔電を送る際には、故人の宗教・忌み言葉・送る時間・宛名や送付場所を事前に確認すること。
4. 服装は黒や紺を基調としたもので金属や光るものは避けること。
5. 葬儀の受付に行く時間は早すぎないこと。
6. 故人を偲ぶ場で、仕事上の名刺交換はしないこと。
7. 欠席理由は失礼にあたらないよう十分に配慮すること。

社会に出るということは覚えることも、責任のあることを任せられる機会も多くなりますね。今回は特に、『社葬』という会社にとって重大な儀式ですので、知らなかったでは済まされないことです。

この記事を読んで、しっかりとマナーを知り、会社が安心してあなたをこうした場に送り出せるようになるお手伝いができると幸いです。

コメント