スイミングで進級できない!進級早い子と遅いわが子の違いは?進級ペースは?

スポンサーリンク

数ある習い事の中でも、スイミングをお子さんにさせている、というママ・パパは多いと思います。

スイミングに通わせているママによくある悩みといえば、

「うちの子、進級が遅くって」

「なかなか、進級テストに合格しない」

ということではないでしょうか。

そんな悩みにあたってしまったとき、どうすればいいかまとめてみました。

お子さんが楽しく、泳ぐ能力を伸ばせるといいですよね。

スイミングになかなか合格しない!そんなときママはどうすれば?

習い事のスイミングで、進級テストの不合格が続いて…となると、

「なんで?」

「こんなに通っているのに」

「お月謝を捨てているみたいで…」

とママは思ってしまいがちですよね。

でも、焦らないでください。

ママが結果だけを見て焦ると、子供へのプレッシャーという形になってしまかねません。

なんでもそうですが、運動能力は特にそれぞれのお子さんによって違いがあるものです。

「できる、できる」と伝え続けて、お子さんが安心して続けられることが一番大事です。

そして親は何もしない、ではなく、親ならではのできることをしてみましょう。

それは、

  • 『どのポイントができていないから、不合格なのか』をお子さんと共有
  • とにかく励ましてあげる

の2点です。

そうすれば、時間はかかったとしても、お子さんの合格にきっとつながるはずです。

スイミングに通って1年以上!進級できない我が子・・なぜ?

スイミングスクールは、スキル習得に応じて級の設定がされているところがほとんどです。

そして、それぞれの級には合格するための基準が定めてあります。

なので、進級テストに落ちるということは、落ちるだけの理由がある(はず)なのです。

それを、子供がわかっているかどうか、これがまず大事です。

まずはその確認をしてみましょう。

親が、子供に聞くのです。

ここで、子供ながらにちゃんと答えられるものがあれば、親は「そっか、じゃあ次はそこに気をつけてがんばろうね。」と声をかけ、あとはほっといてもいいくらいです。

もし、答えられなかったら。

あやふやなことしか言えなかったら。

親の出番かもしれません。

スクールによっては、『あまりにも不合格が続くのであれば、スクールから親に電話をします』というルールを設けているところもあるくらいです。

小さなお子さんならなおさら、何がダメなのか「理解」ができていない場合があります。

子供が乗り越えるべきポイントをわかっていないのであれば、いつまでも合格は難しいでしょう。

ですから、子供がイマイチ理解していないようであれば、不合格の理由を親がコーチに聞いて、それを子供に伝えるというのは有効です。

これは、特にお子さんが園児や小学校低学年の場合、考えてあげるといいことです。

実際、テスト前に親子で「ここが前はひっかかったから、今日はがんばってみてね」と確認してからのぞんだ進級テストで、ようやく合格した!という話を聞いたことがあります。

また、残念な話ですが、不合格ポイントを聞いた際にコーチの回答があやふやであれば、指導力がイマイチなスクール(コーチ)かもしれません。

残念ながら、こどもが合格しなかったからといって、コーチに「ちゃんと指導できていないじゃないか!」というペナルティを課すスクールはほとんどないのが実状です。

進級早い子との違いは?我が子より遅く始めた子に抜かされた!

同じスクールなのに、お友達〇〇ちゃんはもう何級にまでなってるのよね、それに比べてうちの子は遅くて…という心配はよく耳にします。

進級の早いお子さんは何が違うのでしょうか。

残念ながら、と言うべきかはわかりませんが、持って生まれた運動神経の違いはやはりあります。

そのスポーツへの向き不向きも。

スイミングで合格をすぐとれるお子さんはの特徴は、

「人の言うことをすぐ理解して、その指示通りに体を動かすのが得意な子」と

表現できるのではないでしょうか。

それは、ひとりひとりがもっている資質の部分です。

ですから、自分の子が周りのお友達に比べて進級が遅い、というのは必要以上に気にしてもはじまりません。

では遅い場合はどうすればいいでしょうか。

さきほど書いたように、

  • 親子で不合格のポイントを共有する、意識する

ことも大事ですが、物理的に練習の機会を増やしてあげるのもひとつです。

スクールの多くが、週1回だけでなく、複数回のレッスンを用意しています。

週2回にするだけで、それまでの練習の機会が倍になるのです。

練習の機会を増やしてあげることも、「指示を理解して体を動かす」という流れをスムーズにするひとつの手段です。

スイミングで進級できずに落ち込む我が子にかける言葉は?親の役割とは?

何度も「不合格」を持って帰ってくると、わが子に対して「なんで?」「本当にがんばってる?」とつい思ってしまうものですよね。

こんなとき、どのように声をかければいいのでしょうか。

おすすめは、子供のやる気を出してあげる言葉です。

親の役割はそれにつきると言っても過言ではありません。

ですから、

  • 今回はダメだったね、でも〇〇ちゃんはできるよ
  • だめだったとことをクリアすれば、必ずできるよ

といった言葉をかけてあげてください。

そのためにも、『どこがダメだったか』を具体的にお子さんと話ができることが必要です。

また、お子さんのがんばっている部分を見つけてほめてあげることも大事です。

いつもはバスで見送ったら終わり、というママも、こういうときは可能ならレッスンを覗いてみてください。

そこで見た、よかったところ、がんばっているところをみつけてほめてあげるのです。

  • (前はできなかった)顔つけが長くできるようになっていたね
  • コーチのお話をよく聞いていたね

など。

お子さんによっては、怖くて泣きどおしだった、ということもあるかもしれません。

その場合も、

  • いやだっていう気持ちもあったのに、ちゃんとプールにいることができたね、強い!

と逃げなかったことをほめてあげてくださいね。

逆に、

  • なんでできないの?

などと言った、お子さんを責めるような言葉はNGです。

お子さんなりに、がんばっているところをほめてあげましょう。

一般的な進級ペースは?コーチによって進級基準の違いはあるの?

人とは比べないで、とは言うものの、一般的にどのくらいで進級するのか、というのは気になる話ですよね。

進級ペースは、級の基準もスクールそれぞれなので、スクールによって異なってきます。

開始級の設定が違ったり、早く進むスクールもあれば、遅く進むスクールもあります。

よく言われるのがそれぞれのメリット、デメリットです。

早く進むスクールではお子さんのやる気につながりますが、フォームの完成度はあまり高くないという声を聞くことがあります。

遅く進むスクールはその逆ということですね。

また、テスト実施の頻度も、1か月に一回というところもあれば、2か月に一回というところもあります。

言うまでもありませんが、合格に求めるレベルに大きな差がなければ、頻繁にテストしてもらう機会があるほうが合格はしやすいですよね。

長い目で見た場合のスイミングの習得という観点からいうと、

  • 小学校低学年で始めたとして、2~3年で4泳法習得

というのがひとつの目安になります。

これより早いお子さんも、長くかかるお子さんも、もちろんいます。

長い目で見て、続く不合格をまぁいいかと容認できればそれでいいですが、「コーチは本当にちゃんとみてくれているの?」と思ってしまうこともあるかと思います。

そんなとき、あなたはどうしますか?

中には、「何か月も不合格で、親がコーチにクレームしたら翌月合格」という話も聞いたことがあります。

それはこどものやる気を一瞬もちあげるにはいいけど、合格基準に達していないのにむりやり…だとしたら、あとあとお子さんが困ることにも繋がりかねません。

どこがダメなのか、コーチにクレームではなくポイントを聞いて、親子で共有できるといいですね。

今度こそは進級!家でできる特訓方法は?パパの役割は?

さぁ、間もなく進級テストです。

今度こそは合格させてあげたい!

そんなとき、ママは何ができるでしょうか。

先にも書きましたが、

  • 不合格になったポイントを親子で言葉にして、子供が意識できること

がとても大事です。

「できていないからダメ!」ではなく「ここをなおせば大丈夫だよ」と伝えてあげてくださいね。

また、

  • 物理的に、練習の機会を増やす

も有効です。

週1回のレッスンを2回、3回に増やすのも手ですが、家庭でもできることがあります。

開放している市民プールや、もしあればスクールのファミリー遊泳の時間を活用して、ママも一緒に練習することです。

ここは、パパの得意分野かもしれません。

「ママはなんで不合格なの、って言ってたけど、あまり何も言わないパパと練習したら、自然とできるようになった」というお子さんの声も聞いたことがあります。

クロールの教え方①~浮きやすい正しい姿勢~【コナミメソッドまとめ】

(クロールの教え方①~浮きやすい正しい姿勢~【コナミメソッドまとめ】)

とにかく、「ここをなおせばできるよ、大丈夫!」という前向きな応援の声かけが大事ですね。

できないことを怒ってしまうと、泳ぐこと自体を嫌いに、また『できない自分を嫌い』になっちゃいますよ。

それは悲しいですよね。

まとめ

お子さんのスイミングの進級テスト、不合格が続いて…そんなときはこのようなことに気をつけてくださいね。

  1. 不合格であること、できないことを怒らない
  2. どのポイントができていないかをこどもに聞いてみる
  3. こどもが不合格になる理由を答えられなければ、コーチに親が聞くのもアリ
  4. できていないポイントを進級テストの直前に親子で確認
  5. 声かけは「できる、できる!」

合格にかかる時間はお子さんそれぞれです。

焦らずに、親子で乗り越えられるといいですね。

そして振り返ったときに、お子さんがスイミングを通じて自分に自信を持てるようになっていれば最高ですね。

コメント