スイミング嫌がる4歳・5歳・3歳の子供への対処法ややる気になる声かけは?

スポンサーリンク

いろんな習い事がある中で、我が子にスイミングを、と思うママ・パパは多いです。

そして、4歳5歳3歳のお子さんがスイミングを習い始めたときや、習い始めてからしばらくたって、スイミングに行くのを嫌がるという話はよく聞きます。

そんなとき、どのように対応すればいいか、まとめてみました。

スイミング嫌がる4歳・5歳・3歳の子供!なぜ嫌がるの?心理や理由は?

まずは嫌がる理由をお子さんに聞いてみましょう。

とはいえ、4歳5歳3歳のお子さん、なかなか明確に自分の気持ちを言葉にすることは難しいものです。

「どうして!?なんで行かないの!?」とママが必死になってしまうと逆効果なときも。

優しく聞いてみてあげてくださいね。

お子さんの目線で考えられる理由をみてみましょう。

  • コーチが怖い
  • 水がこわい、練習がうまくできない
  • お友達にいやなことをされた
  • ママと離れるのがいや
  • 慣れない場所に行くのがいや
  • 生活リズムの関係で眠いときにあたっている

3歳4歳5歳のお子さんがスイミングを嫌がる理由はこのうちのどれかであることが多いです。

コーチが怖い、練習がうまくできない、といった場合は自分でも把握しやすく、特に5歳のお子さんであれば言葉にしやすいかもしれません。

一方、まだ小さな3歳4歳のお子さんの場合を考えてみましょう。

ママと離れるのがいや、生活リズムの関係で眠いときにあたっている、といった場合は、なかなかお子さん自身、何が嫌なのかうまく答えられないですよね。

お子さんの様子から、どれが理由なのかさぐってみてくださいね。

スイミングを嫌がる4歳・5歳・3歳に親はどう対応する?

お子さんがスイミングに行くのを毎回嫌がって泣いてしまう、となると連れて行くママは気が重いですよね。

ここでは、お子さんの嫌がる理由別に対処法をあげていきます。

コーチが怖い、同じクラスのお友達と合わない場合

曜日、クラスを変えてみるのもアリです。

男性コーチだと萎縮してしまうが、女性に替わったら大丈夫だった、というケースもあります。

女性コーチがどのクラスなのか、こっそりリサーチして移ることができるならそれもいいと思います。

または、スクールにとっても珍しくはない子供の事情なので、スクールに「困ってるけど続けたいんです」とお願いベースで相談してみるものいいのではないでしょうか。

ちょっと合わないお友達がいて、という場合は、あなたのお子さんの他にも嫌な思いをしているお友達がいるケースもあります(うちもありました、違うスクールでも聞いたことあります)。

冷静に見て、あまりにひどいようならご相談ということでスクールに「うちの子だけでしょうか?」とそれとなく聞いてみるのもいいでしょう。

どちらのケースにしても、「お金を払っているのだから」と大きな態度でのぞむのはタブーです。

水がこわい、練習がうまくできない

これもよくある理由です。

乗り越えることができるお子さんも多いです。

運動などの能力を伸ばすことでよく知られているヨコミネ式を採用している幼稚園では、そこでつまずかないように、家庭でできることとしてスイミングが始まる前の練習が推奨されています。

家のお風呂で、ママが楽しく顔にシャワーをかけてあげて慣らしてあげてくださいね、というものです。

このときに嫌がられてしまうとどうしよう、とママもがんばりどころにはなるのですが、お子さんの様子を見ながら、おだやかに楽しくやってあげてみてください。

水が嫌になるのは「鼻から入って痛かった」というケースが多いです。

『鼻からフーンと息を出してたら、絶対大丈夫だからね』と声をかけて、まずは短い時間からはじめるといいでしょう。

ヨコミネ式幼稚園では各家庭でこのような練習をしてからスイミングの授業が始まります。

結果、最初は嫌がるお子さんもいますが、ずっと入水できない園児はほとんどいないようでした。

おうちでもできる練習のひとつですね。

入水はできるものの、通っていくうちにある段階でいやな練習が出てきた、という場合もあります。

例えば足がつかない場所での練習を嫌がるお子さんもいます。

どうしてもいやそうなら、コーチにその練習はひとまず回避させてくださいとお願いするのもいいでしょう。

テストには合格できませんが、嫌になってスイミング自体やめてしまうよりはいいのではないでしょうか。

対応してくれないこともあります。

足が着かない場所での練習に移行したとたん、嫌がるようになったお子さんのケースではこれがうまくいきました。

コーチに相談したところ、腕につける浮き輪(アームリング)をつけることをすすめてくれて、それからは嫌がらなくなって続けられました。

周りでがんばっているお友達を見ているうちにやっぱりやってみよう、と思うようになることもあるようです。

生活リズムの関係で眠いときにあたっている

幼稚園、保育園の疲れがピークのときにスイミングの時間がやってくる、というケースもあります。

まだ小さい3歳4歳のお子さんならどうしてもその時間まで体力がもたない、ということもあるでしょう。

園のない土曜にスイミングの時間をうつしてみたら大丈夫になった、というお子さんもいます。

このくらいの年齢のお子さんは半年、一年違うだけで体力の持ちが変わってくるので、ひとまずは楽にうけることのできる曜日、時間帯に変えてあげるのも有効です。

ママと離れたくない、慣れない場所に行くのがいや

これは離れてみればケロッとしていることもあれば、何週間も毎回泣いてしまうということもあったりと、難しいのがこのケースですね。

特に未就園のお子さんの場合は母子分離ができていないうえに、慣れない水の中に入るということでパニックになることもあるかもしれません。

3歳の場合は、ママも一緒に水に入るベビースイミングのクラスに入れることもあります(スクールによります)。

その年齢だけでしかできない習い方なので、そちらを検討するのもいいのではないでしょうか。

ママが、嫌がるお子さんのためにどうすればいいか一生懸命向き合う姿勢は、きっとお子さんにも伝わるはずです。

また、どんな習い事でもそうですが、親と先生が子供の成長のために同じ方向をむいて、一緒に取り組むという姿勢が大事です。

先生、コーチの悪口は子供の前で絶対に言わないようにしてくださいね。

お子さんが先生、コーチを信じられなくなります。

先生、コーチがどうやっても誠実に対応してくれない場合は、違うスクールを探すのもいいでしょう。

スイミングを嫌がる子供がやる気になる親からの声かけは?

先に挙げた対処法をとっても、嫌がるお子さんはいます

練習が怖い、嫌だ、と言い続けてている場合はどう声をかければいいのでしょうか。

  • なんでも初めからできる人はいないよ
  • 〇〇さん(お子さんの好きな選手やヒーロー)だって、すぐにあの技ができたわけじゃないんだよ
  • ママ(パパ)も最初は苦手だったけどやっていくうちにできるようになったんだよ

と、身近な人やお子さんの好きな尊敬する先週やヒーローを例に出して励ましてみましょう。

コーチやスクールが怖い、という場合は

  • コーチも〇〇ちゃんがうまくなるようにとがんばってくれてるんだよ
  • コーチはいつもしっかり教えてくれてるね、ママはすごいなって思ってるよ

と、コーチは怖くない、という声かけをしてあげるといいでしょう。

また、小さくても「自分のせいでママが元気になる、ママの役に立つ」っていうのは嬉しいものです。

  • 〇〇ちゃんのがんばってる姿みたらママもがんばろうって思えるよ
  • 〇〇ちゃんが自分はがんばれる子だって思ってくれたらママは嬉しい

という声かけもいいでしょう。

それでもどうしてもその気にならない、というときはお菓子でつるのはアリかしら、と考えるママもいると思います。

毎回毎回、プール=お菓子になるのはちょっとどうかなと思いますが、どうしても乗り越えられないレッスンのときに、「特別にね、今日がんばれたらね」とお子さんのスイッチを入れるのに使うのもたまにはいいのではないでしょうか。

どうしてもスイミングを嫌がる子供、辞めてもいい?

いろいろ対処もしたし、声かけもした、おやつでつってみたもののそれでも泣き続けてしまう我が子。

そうなると、もうどうしたらいいか、と思ってしまいますよね。

悩みますよね。

続けさせるかどうか…。

続けさせたら、嫌なことを強制されたと心の傷にならないか。

やめさせたら、なんでもちょっと嫌と思ったら諦める子にならないか。

ママさんたちの話を聞くと、幼稚園に行っていて、母子分離が普段からできているお子さんなら

「続けさせる」がやや優勢です。

でもそれは、ただ単に「行ってこーい!」と放り出すというようりも、こんな声かけをしながら続けさせています。

  • ここをがんばったら〇〇ちゃんならきっとできるよ
  • 最初からできる子ばっかりじゃないよ
  • 〇〇ちゃんは前にちょっと難しかった△△ができたよね、だからこれもできるよ(今までの成功体験を掘り出してほめる、だからこれもできる)

こどもとちゃんと向き合って話をして、というプロセスを一緒に歩みながらも、なんとか送り出すという努力をされているママが多いです。

その結果、すぐに合格したりはしないものの、仲間が増えたり、コーチの励ましがあったりで徐々にスランプ克服、合格にいたったというお子さんのケースを聞きました。

そのお子さんは、今はプール大好きになっています。

子供が泣くと、ママは本当に心が痛いですよね。

つい、「すぐに泣かなくて済むような選択(=やめる)」をしそうになります。

でも、『スイミングがいや』は乗り越えられるお子さんが多いのも確か。

「すぐに嫌なことから逃げる子に育ってほしくない」という熱い想いのママが多いです。

このくらいの年齢のお子さんなら、3か月泣いた、半年泣いた、でも泣かなくなった!というケースはちょくちょく聞きます。

乗り越えて、また楽しい!っていう顔が見られたら最高ですよね。

ただ、一旦お休みしてまた再開、でうまくいくケースもあるのも事実。

そこはママのさじ加減で判断していきましょう。

プールからあがったあと、楽しそうだったか?というのもポイントです。

プールの最中や終わったあと、さっきの嫌がりかたが嘘のようにけろっと楽しそうにしているなら次もがんばって連れていくといいのではないでしょうか。

そうすると、そのうち大丈夫になるケースが多いようです。

日常生活でも「プール嫌だ…。」とどんよりしているようなら、一旦おやすみしてもいいのかもしれませんね。

スイミングは小学校に入ってからやり直しても間に合う?

どうやってもお子さんがスイミングを嫌がるようであれば、「一度やめてしまった方がいいんじゃないか」と思ってしまいますよね。

お子さんを見て、今はがんばりきれないな、とママが判断したなら、それはお子さんにとって正解なのではないでしょうか。

小学校に入学してから始めて、上手になっていったというお子さんもいます。

頭と体の能力が高くなっているので、園児が習得する早さよりも早く級が進むということもあります。

ここでは、改めてスイミングを習うメリットを整理してみます。

心肺機能の向上

水の中では当然呼吸ができないので、制限された息継ぎにより鍛えられます

陸上運動と違い、砂ぼこりなどの異物が舞うこともないので、喘息のお子さんにもよいとされています。

全身がバランスよく鍛えられる

浮力があるため、関節や骨への負担を軽くしながらも運動ができます。

左右対称の動きがベースの全身運動のため、成長にゆがみがおきにくい状態で、全身の筋肉がバランスよく鍛えられます。

いざというときに体を助ける

考えたくはないですが、毎年水死事故というものは報告されています。

泳げると、命を守る確率があがります。

達成感を味わえる

級に合格する=できなかったことがひとつひとつできるようになるという経験になります。

「自分はやればできるんだ」という自信にもつながります。

仲間ができる

ほとんどのスイミングスクールは複数のお友達と一緒に受けるグループレッスン形式で行われます。

毎週定期的に会うわけですから、お友達の輪が広がります

園だけ、学校だけ、ではない複数のコミュニティを持つことはこどもに感情や経験のひろい幅を持たせます。

小学校の体育の授業に役立つ

小学校に入ると、体育の授業で毎夏水泳があります。

ひと夏に8回程度の小学校の授業だけではクロールまで泳げるようになるのは難しいとも聞きます。

それでも泳げることを求められるのですから、習いにいこうとなるのも自然な流れです。

メタボリックシンドロームの予防につながる

『メタボリックシンドロームの予防は、成人のみが取り組むべき課題ではありません。

近年では小児肥満が深刻化し、メタボリックシンドロームとの関連が問題視されています。

そこで新たに小児期メタボリックシンドロームの診断基準が設けられ、早期発見・早期予防の取り組みが求められるようになりました。』

(厚生労働省サイト)

大人になってから、マリンスポーツを楽しめる

泳ぐことに抵抗がないと、大人になってからマリンスポーツを楽しみやすくなります。

スイミング経験のあるママが3人たまたま集まったとき、3人とも大人になってからスキューバダイビングのライセンスを取得していたと聞いて驚いたことがありました。

このようなメリットがある習い事、スイミング。

今は嫌がっていても、いつかは楽しんで通えるように応援していきたくなりますよね。

参考:スイミングは基礎体力につながる習い事の定番 ドルフィンスイミングスクール

スイミングは基礎体力につながる習い事の定番 ドルフィンスイミングスクール

まとめ

  1. スイミングを嫌がる理由を聞く
  2. 親が対策できることに関してはしてあげる
  3. 対策しても嫌がるお子さんには励ます声かけをする
  4. どうしても嫌がるようなら一旦やめて小学生にあがってから再開するのもあり

4歳5歳3歳のお子さんがスイミングを嫌がる場合はこのように対応してあげるといいでしょう。

メリットいっぱいのスイミングを、それぞれのお子さんに合ったかたちで続けることができるといいですね。

 

【こちらも読まれています】

スイミングで進級できない!進級早い子と遅いわが子の違いは?進級ペースは?
習い事で、スイミングをお子さんにさせている、というママ・パパは多いと思います。スイミングに通わせているママによくある悩みで、「なかなか、進級テストに合格しない」ということではないでしょうか。そんな悩みにあたってしまったとき、どうすればいいかまとめてみました。

コメント