スイミング嫌がる1年生・2年生の子供をやる気にさせるには?高学年から習いなおしても大丈夫?

スポンサーリンク

いまやこどもの習い事の人気ナンバーワンともいわれるスイミング

うちの子にも習わせたい、と思う小学1年2年のママ・パパは多いですよね。

でも実は、習わせてみたものの、スムーズに毎回通うお子さんばかりではありません。

途中までは機嫌よく通っていたのに、ある段階で急に「行きたくない」というケースもあります。

いざ子供がスイミングへ行くのを嫌がる、もうやめたいと言われてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

どのような理由があるのでしょうか。

お子さんがやめたいと言う理由や、やる気につながる対応・声かけについてご紹介していきます。

また、どうしても今は続けられないな…とママ・パパが判断したときの、その後のおすすめのケースもまとめました。

お子さんに一番いい選択をしてあげてくださいね。

スイミング嫌がる2年生・1年生の子供!なぜ嫌がるの?心理や理由は?

小学1年生・2年生がスイミングに行きたがらなくなる理由はいくつか考えられます。

水が怖い、濡れるのが嫌

これは、小学生になってからスイミングを始めたケースでよく聞く理由です。

水に慣れてないから怖いということですね。

うまく泳げない

ある程度水に慣れてくると、次は泳法の習得に入っていきます。

そこでまずはクロールというスクールが多いのですが、このクロールの習得に関して、ひとつの難関がやってきます。

息継ぎです。

腕をあげながら顔を水面に出して息をするというのは、最初なかなか難しいものです。

友達にいやなことをされた

小学生のクラスになると、同じ時間に高学年のお子さんがいる場合がほとんどです。

場合によっては、ちょっとやんちゃな高学年のおにいちゃんにふざけ半分にやられたことを怖く感じる1年生2年生のお子さんがいるかもしれません。

実はうちの子もそういう目にあいました。

そのときはさほど尾を引かずに気持ちを持ち直してくれたのでホッとしましたが、引きずるお子さんもいるようです。

なんのためにやってるのかわからない

親に言われて入ったスイミングですが、まだ楽しさもよくわからず、もう行かなくていいや、と消極的になることがあります。

スイミングを嫌がる子供がやる気になる親からの声かけは?

それぞれの理由について、具体的な方法と声かけについてまとめます。

水が怖い場合

小学生とはいえ、まだまだ1年生2年生といえば小さく、かわいい盛りですよね。

水が怖いということであれば、お風呂でママが一緒に水慣れをしてあげましょう。

楽しく、シャワーを顔にかけてあげます。

コツは、

「鼻から必ずフーンと息を出してね!大丈夫!」

と声をかけてあげることです。

鼻から水が入る痛みは、もう水はいやだ~!となる原因です。

お子さんによっては、洗面器に顔をつける練習もいいです。

忘れてはいけないのは、このときも「鼻からブクブク」と息を出し続けることです。

そして、必ずママが明るく「大丈夫!」と見守ってあげてくださいね。

うまく泳げない

ここでつまずいている場合は、家では泳げませんから、まずはコーチに相談してみましょう。

練習内容を乗り越えやすいように少しアレンジしてくれるかもしれません。

そして、お子さんに「コーチに相談したから、〇〇ちゃんのこと考えてくれてるよ」と伝えてあげましょう。

お子さんに安心感を持ってもらうためです。

そして、うまくいかないポイントをコーチから大人であるママ・パパが聞いて、かみくだいてお子さんと話すことも有効です。

それでもその練習が嫌だというのが長引くようであれば、市民プールなどでママ・パパが一緒に練習してあげるのもいいでしょう。

そのときのためにも、コーチからどのあたりがつまずいているポイントなのか聞いておくことは大事です。

そして、練習しながらの声かけは

「大丈夫、できるよ」
「うまくなるよ」
「今日はできなくても必ずできる日がくるからね」

という前向きな励ましをしてあげてくださいね。

「なんでできないの!?」という責めてしまうワードはNGです。

友達に嫌なことをされた

運動系のグループレッスンならば水泳に限らずありえることです。

どうしてもその子のことが気になるようであれば、曜日、時間帯を変えるといいです。

そうすることで、うそのように嫌がっていたのがなおったというケースもあります。

なんのためにやってるのかわからない

これは、少し心が成長してきたお子さんにみられるケースです。

こういうお子さんの場合、目標をわかりやすくしめしてあげましょう。

進級表を見せてあげるととたんにやる気が出た、というお子さんもいます。

「早くこのクロール25mやりたい!」

「早くこの色のワッペンになりたい!」

と、がぜんやる気になったそうです。

スキルやアイテムをゲットするRPGゲームのような感覚なのでしょうか…。

お子さんのやる気スイッチが入るといいですね。

どうしてもスイミングを嫌がる子供、辞めてもいい?

嫌がるならやめてもいいよ!

とは、すぐにはなかなか言えないですよね。

なぜなら、やめると失うものがやはりあるからです。

子供のころに同じことを体験した人たちはどう言っているでしょうか。

『子供の頃、スイミングをやめたいと親に言ったが続けるようにすすめられた。

嫌な部分を乗り越えることができたあとは楽しく、今では親に感謝している』

という声をよく聞きます。

もちろん、全員ではありません。

でも、嫌がった時期が未就園児や園児ではなく小学生であれば、そのように振り返る人は多いです。

では、どうしても嫌がっているお子さんにはどう声かけをすればよいでしょうか。

  • 泳げるようになると、川や海で泳いだときに楽しめるし、命を守るよ
  • 学校の授業で泳げたほうが楽しいよ、泳げる子も多いから、泳げないとそのときに困るんじゃないかな?

と、やめることのデメリットをお子さんが想像しやすいように伝えてみるといいでしょう。

低学年と言っても、自分にとっていいこと、悪いことの判断はだいぶつくようになっています。

本当にやめてもいいのかな?と小さな体で真剣に考える年代です。

それでもやめたいというのであれば、やめるというのもひとつの選択です。

体を鍛える習い事はスイミングだけではありません。

一生に一度の“ゴールデンエイジ”とよばれるいろんなものを吸収する時期を、その子に合った習い事で伸ばしてあげることができるといいですね。

スイミングは中学年・高学年に入ってからやり直しても間に合う?

1年生2年生でスイミングをいやがるお子さん。

いろいろ話をしてみても嫌がり続けると、やめさせてあげた方がいいのかな…と、気持ちは揺れますよね。

ここで、スイミングを続けることで得られるメリットを整理してみました。

やめさせてもいいかどうかの判断や、お子さんへの話の材料に使ってみてくださいね。

  • 心肺機能が向上する
  • 全身がバランスよく鍛えられる
  • 水のレジャーのときなどいざというときに自分の命を助ける
  • 級が進むことで達成感を味わえる
  • 仲間ができる
  • 小学校の体育の授業(水泳)に役立つ
  • 大人になってから、マリンスポーツを楽しみやすくなる

これだけのメリットがある習い事を、本当にやめさせていいものかと悩みますよね。

あまりに嫌がるようであれば、一旦やめさせて、またしばらくしたら再開させるという方法もあります。

実際、1年生のときにハードなスイミングスクールに入らされたものの嫌になってやめてしまい、5年生のときに新しくできた比較的キツくないスクールに入りなおしたという方がいます。

その方は5年生で再開してからはスイミング楽しく、すぐに上達したということでした。

子供のやる気とタイミングをうまくつかまえられたケースですね。

ただ、スイミングスクールは習得度に応じてグループ分けをされてグループレッスン形式になっているところがほとんどです。

そういったスクールでは、バタ足ができない、などのレベルで再開すると、おそらく小学校低学年や園児たちのグループの中に入ることになります。

それをお子さんが恥ずかしいと躊躇することも考えられます。

その場合は、マンツーマンのレッスンがおすすめです。

マンツーマンと聞くと「お高いんでしょ?」と思ってしまいませんか?

体育スポーツの家庭教師ファーストの料金を調べてみました。

1回60分 3,800円

(マンツーマン、月4回以上の利用の場合、2019年5月時点)

となっています。

一般的なグループレッスンのお月謝(7千~8千円/月)と比べてみると、どちらも月4回利用したとして、およそ2倍のお月謝ということになります。

自分のレベルに応じて無駄なくレッスンをしてくれるのであれば、上達は早く、むしろグループレッスンよりも短い期間で習得できるかもしれません

そうなるとトータルでかかるお月謝の差は2倍ではなく縮まるかもしれませんね。

ある程度習得したあとに、同年代のグループレッスンへ改めて合流すれば、お子さんも楽しく通えるようになることでしょう。

マンツーマンレッスンが気に入れば、そのまま通えばいいですね。

マンツーマンをしてくれる拠点は、グループレッスンのスクールに比べて少ないようです。

大きな都市付近ではだいたい利用できるようですが、気になる方はお住まいのエリアで探してみてくださいね。

スイミング以外にも子供にメリットが大きい運動の習い事は?

どうしてもスイミングは嫌、とやめてしまう場合、親としてはそれに代わる体にいい習い事をさせてあげたいですよね。

ここではスイミング以外で子供に人気の習い事を見てみましょう。

せっかくの身体成長に最適の時期、ゴールデンエイジですから、いろんな習い事を経験してみるのもいいのではないでしょうか。

参考:なぜ「動き」が大切か(日本体育協会)

なぜ「動き」が大切か

それぞれの習い事にもメリットがあります。

お月謝の相場も見ていきますね。

体操

お月謝の目安:4,000-6,000円

バランス感覚や運動神経を伸ばすというメリットが水泳と似ていますね。

柔軟性も身に着くのは体操ならではです。

小学校の授業でも跳び箱、鉄棒、マット運動がありますので、水泳同様、体育の授業にも役立つのが嬉しいですよね。

サッカー

お月謝の目安:

地域のスポーツ少年団の場合 2,000-3,000円
本格的なクラブチームの場合 5,000-8,000円

コート中を走ることもあり、体力づくりに適しています

特に持久力がつきます。

ボールに対する集中力も向上します。

チームプレイのため、友達との仲が深まるのもメリット。

武道(空手、剣道、柔道)

お月謝の目安:4,000-6,000円

総合的な体力づくりに役立ちます。

そして武道ならではのメリットといえば、あいさつなどの礼儀が身に着くことです。

道場の中で人とのつながりも生まれるのもいいですね。

まとめ

  1. スイミングを嫌がる場合、理由を聞く
  2. 理由によっては親のできることがあるので対処してあげる
  3. 辞めることのデメリットを伝えて考えさせてあげる
  4. 中学年、高学年から習いなおすときはマンツーマンという方法も
  5. スイミング以外の体を伸ばす習い事も視野に入れる

スイミングを嫌がる理由はお子さんによってさまざま。

親としてできるだけのことをしてあげて、スイミングがまた楽しめるような環境になるといいですね。

後でお子さんが振り返ったときに、「あのときは親がこうしてくれてよかった!」と思えるような対応をしてあげましょう。

 

【こちらも読まれています】

スイミング嫌がる4歳・5歳・3歳の子供への対処法ややる気になる声かけは?
いろんな習い事がある中で、我が子にスイミングを、と思うママ・パパは多いです。そして、4歳5歳3歳のお子さんがスイミングを習い始めたときや、習い始めてからしばらくたって、スイミングに行くのを嫌がるという話はよく聞きます。そんなとき、どのように対応すればいいか、まとめてみました。

コメント