ひまわりの花言葉!韓国と日本では違う!?結婚式には最適な花?

スポンサーリンク

夏の花の中でも大きく華やかなひまわりは、見ているだけでも元気が出てくる、好きな方が多い花ですよね。

そんなひまわりを結婚式で使いたいと考える方も多いのですが、一方結婚式で使うのなら特に気をつけたいこととして「花言葉」があります。

またひまわりの花言葉は日本と韓国では違うという情報もあり、具体的にどんな花言葉なのか、日本と韓国でどう違うのかも知っておきたいところですね。

ここではひまわりの花言葉について、日本と韓国それぞれの違い、そして結婚式で使うに最適な花なのかどうかを紹介します。ひまわりの花言葉は日本と韓国だけではなく本数でも違うので、ぜひこの機会にひまわりについて詳しく知っておきましょう!

【ひまわりの花言葉は韓国と日本では違う!?】

まず最初に何よりも気になるひまわりの花言葉、日本と韓国それぞれでどうなっているのかをチェックしていきましょう。

◎日本
私はあなただけを見つめる
あなたを幸福にする
愛慕
崇拝
熱愛
崇拝
偽りの富
◎韓国
待っていてね

基本的に日本の花言葉はポジティブなものが多いなか、韓国でのひまわりの花言葉「待っていてね」はちょっと違和感があるかもしれません。

韓国語で「해바라기(ヘラバギ)」と言う「待っていてね」という意味、これはひまわりが太陽を憧れの目で見つめている、その様子から生まれたんです。

韓国の男性はおよそ2年間の兵役があり、最も恋愛をする19歳から29歳の間に必ず離れてしまう時期があります。「待っていてね」はこういった背景から生まれた言葉ではないかと言われていて、やはり愛情の気持ちの表れなんですね。

花言葉とはそもそも花の特徴などから象徴的な意味を持たせたものであり、有名なものではユリの「純潔」などがあります。ですから花言葉は近しい意味を持つものもありますが基本的に世界共通ではなく、国や民族によってそれぞれに合わせた花言葉がつけられています

ひまわりのようにその国ならではの花言葉がつけられている場合もあり、調べていくと花言葉だけではなく様々な知識を知ることができ楽しいですよ!

【ひまわりを結婚式でブーケやテーブル装飾に使いたい!】

ひまわりは華やかで明るく夏らしい花で、結婚式でのブーケやテーブル装飾に使いたいと考える方も多いですよね。実はひまわりをテーマに結婚式を挙げる新郎新婦も多く、ひまわりは結婚式でもとても人気が高いんです。

ブーケやテーブル装飾はもちろん、ウエディングケーキの装花や花冠、会場の装花など、様々な場所でひまわりを使っている新郎新婦もいます。

もちろんせっかくの結婚式に悪い意味は持たせたくないもの、ひまわりの花言葉をしっかり把握するために、本数や品種などによる花言葉の違いもチェックしておくと安心ですね。

【ひまわりの花言葉、本数でも意味が違う】

結婚式で失敗しないためにもひまわりの花言葉の本数・品種によって変わる花言葉もチェックしておくと良いとお話した通り、本数や品種によっても花言葉が変わります

品種が違うと色が違いそもそもイメージが変わる場合もありますし、本数も一本だけの花を見る場合と花束を見る場合では印象が違いますよね。そういった特徴に合わせてつけられた本数や品種によるひまわりの花言葉の違い、ぜひチェックしておきましょう!

品種の違い

・イタリアンホワイト
「ほどよき恋愛」

名称の通り白いひまわりというのが特徴で、黄色く華やかなひまわりと比べ控えめな印象があり、冷静さを促す意味を持つ花言葉がつけられています。

・サンリッチレモン
「願望」

濃い黄色のひまわりではなくレモンのような爽やかな色をしたひまわりで、結婚式というよりは受験生などに贈ると喜ばれる花です。

・ソニア
「太陽の恵み」

一株からたくさんの花が咲くのが特徴で、その姿から「太陽の恵み」というポジティブな花言葉がつけられているので安心して使うことができます。

・小夏
「献身」

ちいさなひまわりの品種で、その小ささにかかわらずけなげに咲く姿はまさに「献身」であり、誠実を表す意味などにも使えますね。

・ムーランルージュ
「悲哀」

紫色のひまわりとなるムーランルージュの花言葉は「悲哀」なのでネガティブになってしまい、結婚式や贈る花としては向いていません

本数の違い

・1本
「一目惚れ」
・3本
「愛の告白」
・7本
「ひそやかな愛」
・11本
「最愛」
・99本
「永遠の愛」
・108本
「結婚しよう」
・999本
「生まれ変わっても愛しています」

さすがに999本を用意するのは難しいですがひまわりの本数による花言葉の違いはこのようにポジティブなものが多く、結婚式会場のひまわりの本数などで調節するのも楽しそうですね!

【ひまわりの上手な活け方は?】

ひまわりを家で飾りたい場合、華やかで大きな一輪の花は逆に他の花や周囲と合わせにくいと感じてしまうかもしれません。

同じような咲き姿をした白いダリアと合わせるメガネヤナギの枝をあわせて空気感を作るなどその存在感ならではの飾り方があるので、ぜひいろいろ試してみましょう。

長持ちさせるにはどうしたらいい?

ひまわりを長持ちさせたい場合は茎を水につけてしまうと腐りやすくなってしまうので花瓶の水を浅くしておくこと、先に湯揚げをしておくことがおすすめです。

湯揚げとは花に蒸気がかからないように新聞紙などでまいてから茎を平らに少し切ってそろえ、熱湯に2cm程度を10秒くらいつけ、すぐに深めの水に1~2時間つけておく方法です。

花瓶に戻す前に茎を切り戻し、このような一手間をかけることでひまわりも長持ちしやすくなります。

自分で育てる場合はどうしたらいい?

ひまわりは自宅で育てることも可能ですが、日当たりの良い場所を選ぶこと、風通しが悪い場所の場合は病害虫が発生しやすいため注意することが大切です。

養分をぐいぐい吸収するので肥えた土で育てる場合は大丈夫ですが、痩せた土地に植える場合は腐葉土や堆肥、粒状の肥料を混ぜ込んでおきましょう。

気になる病害虫については薬剤を散布して駆除すること、こまめに葉の裏などを確認し、アブラムシやハダニがついていないかチェックすることを心がけてください。

ひまわりの種、食べられる?

ちなみによくお店などでひまわりの種が売られているので、「自宅で育てたひまわりの種も食べられるの?」と考える方もいらっしゃいますよね。

実はひまわりの種は栄養価も高く海外でも食用として親しまれているほどで、普通に食べることが出来ます

ひまわりの種の食べ方は種の殻を割って白い部分をまとめてフライパンで炒めて塩を振って食べる、実はこれだけなので簡単です!

【まとめ】

ひまわりの花言葉と日本と韓国の違い、結婚式に最適かどうか、ひまわりの育て方まとめ!

1:ひまわりの花言葉は日本と韓国で違う、韓国では「待っていてね」という、憧れの目で見つめている意味がある

2:ひまわりは結婚式のテーマになっているほど人気、ブーケやテーブル装飾、花冠などたくさん使っていこう

3:ひまわりの花言葉は品種や本数でも違う、黄色いひまわりはポジティブな言葉が多いが紫のひまわり「悲哀」などもあり注意しよう

4:ひまわりは同じ咲き姿をするダリアなどと合わせやすい、自宅で育てることも可能で種も食べられる

ひまわりの花言葉はポジティブな「私はあなただけを見つめる」「愛慕」などが多く、結婚式にも多く使われている人気の花です。

一方韓国では「待っていてね」と韓国ならではの花言葉があり、それぞれの国や地域によって違う意味になることもありますので、品種や本数の花言葉についても事前にチェックしておきましょう!

コメント