相撲の口上とは?四字熟語一覧!あの有名な力士の口上は?

スポンサーリンク

最近、相撲界でいいニュース悪いニュースなど色々見聞きしますね。そんな中で、大関昇進、横綱の口上で四字熟語が、などという言葉をよく耳にします。

口上には必ず四字熟語が入っているのか?そもそも大関と横綱はどちらが上でどんな立ち位置なのか?

そんな、さまざまな相撲界の決まり事などについて調べてみました。

相撲の口上とは?

そもそも口上とはなんでしょうか?

大相撲には昇進伝達式という、大相撲の番付編成会議にて新横綱、新大関が誕生した際に力士の相撲部屋などに使者が赴き、その旨を伝える儀式があります。その際に使者から昇進決定の旨を聞き、それに力士が所信表明をします。

それがいわゆる口上と言われるものです。力士は口上を決める際、過去の口上を見たりして考える方もいるそうです。

伝達式の始まりは明治36年(1903年)といわれており、口上が今のような形に定着したのは昭和40年頃と言われています。またその際の口上は「謹んでお受け致します」といったようなもので、四字熟語は使われていませんでした。

ではいつから四字熟語が使われだしたのか?

実は、口上を述べる際に四字熟語を入れなければならないというルールはなく、若乃花勝、貴乃花光司らが平成5年の伝達式での口上において四字熟語を使用し、以後四字熟語を用いるか否か、どんな四字熟語を使うかが注目されるようになりました。

ただ、実はその前に千代の富士も四字熟語を使っているのです。

相撲の口上の四字熟語!あの力士の口上は?

では、ここで四字熟語を使用した力士、横綱と、その四字熟語とその意味をご紹介します。

千代の富士1981年 大関昇進
  • 一生懸命(いっしょうけんめい):物事を命がけで真剣にすること
千代の富士1981年 横綱昇進
  • 一生懸命(いっしょうけんめい):物事を命がけで真剣にすること
貴乃花1993年 大関昇進
  • 不撓不屈(ふとうふくつ):どんな困難にあってもくじけないこと
若乃花1993年 大関昇進
  • 一意専心(いちいせんしん):ひたすらひとつの事に心を集中すること
貴乃花1994年 横綱昇進
  • 不惜身命(ふしゃくしんみょう):自分の身をかえりみないで物事にあたること
貴ノ浪1994年 大関昇進
  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん):勇気を持って目的に突き進むこと
若乃花1998年 横綱昇進
  • 堅忍不抜(けんにんふばつ):意志が堅く、辛いことにも耐え心を動かさないこと
武双山1998年 大関昇進
  • 正正堂堂(せいせいどうどう):態度や方法が正しくて立派であること
朝青龍2003年 横綱昇進
  • 一生懸命(いっしょうけんめい):物事を命がけで真剣にすること
白鵬2006年 大関昇進
  • 全身全霊(ぜんしんぜんれい):体と精神の全てをかけて
白鵬2007年 横綱昇進
  • 精神一到 (せいしんいっとう):精神を集中して事に当たれば、どんなことも成し遂げられること
琴光喜2007年 大関昇進
  • 力戦奮闘(りきせんふんとう):力の限り努力すること
日馬富士2008年 大関昇進
  • 全身全霊(ぜんしんぜんれい):体と精神の全てをかけて
琴奨菊2011年 大関昇進
  • 万里一空(ばんりいっくう):ひとつの目標に向かって努力を続けること
日馬富士2012年 横綱昇進
  • 全身全霊(ぜんしんぜんれい):体と精神の全てをかけて
鶴竜2014年 横綱昇進
  • 一生懸命(いっしょうけんめい):物事を命がけで真剣にすること
高安2017年 大関昇進
  • 正正堂堂(せいせいどうどう):態度や方法が正しくて立派であること

どの言葉も力強く前を向いていてかっこいいですね。口上、そして昇進伝達式の雰囲気をこちらの動画でぜひご覧ください。

・第70代横綱日馬富士が誕生 「全身全霊で精進」

第70代横綱日馬富士が誕生 「全身全霊で精進」

・大関・高安が誕生 「正々堂々精進」と口上

大関・高安が誕生 「正々堂々精進」と口上

相撲の口上でユニークな口上を言った力士は?

ではここで一旦四字熟語から離れ、ユニークだったり感動した逸話の残る口上もご紹介したいと思います。

鶴竜は、大関昇進時、「これからも稽古に精進し、お客さまに喜んでもらえるような相撲が取れるよう努力します」と口上を述べました。鶴竜はモンゴル出身の力士です。お客さまという言葉を昇進伝達式で使うのは珍しく感じますよね。

大関昇進の鶴竜「稽古に精進、喜ばれる相撲を」(12/03/28)

大関昇進の鶴竜「稽古に精進、喜ばれる相撲を」(12/03/28)

武蔵丸は、大関昇進時、「日本の心を持って相撲道に精進致します」と口上を述べました。武蔵丸は、なんとアメリカ、ハワイのオアフ島出身の力士です。ハワイで生まれ、日本で日本の心を持つ。外国人力士ならではの口上ですね。

貴景勝は「大関の名に恥じぬよう、武士道精神を重んじ、感謝の気持ちと思いやりを忘れず相撲道に精進してまいります」と口上を述べ、感動を呼びました。武士道精神という言葉がとても響きますよね。

スピード昇進 早くも横綱視野

YouTube

相撲力士が口上を言える身分になるまでの年数は?

大相撲には、番付というものがあります。口上を言えるのはその中でも大関、横綱のみ。
ではその大関、横綱はどのくらいの立場の人なのか。番付一覧をご覧ください。

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両
・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口

これだけの順位があるのです。このうち、横綱・大関・関脇・小結・前頭(平幕)・十両を関取と呼び、力士として一人前になったと認められています。そして、幕下・三段目・序二段・序ノ口を力士養成員と呼び、力士としてはまだ半人前であることを表しています。

また、横綱・大関・関脇・小結・前頭は幕内と呼ばれ、テレビの大相撲中継では幕内力士のみが報道されます。想像以上に実力主義、過酷な相撲界の現実が垣間見えます。

そして、口上を述べる横綱・大関となるには。

大相撲は一年に6場所あります。初土俵から所要12場所、要は2年で大関昇進を果たした雅山が、戦後最速の記録です。逆に初土俵から最も多くの場所数(所要91場所)をかけたのが、霧島一博です。霧島一博は1975年に初場所、1990年に大関昇進を果たしています。年数は15年。このように、一口に大関といっても人により山あり谷ありなことが伺えます。

また、全力士の引退する平均年齢は20代前半、幕内の力士であれば30歳過ぎと言われており、あまり長くは続きません。引退時点での過去最高齢は北斗龍という力士で、なんと46歳まで現役生活を続けていました。このことからも、霧島一博の15年という数字の凄さがわかります。

最後に/まとめ

最後にこの記事のまとめを述べたいと思います。

1. 口上は、進伝達式という場所で述べるものであり、四字熟語をいれなければならないという決まりはない
2. 口上での四字熟語は、一生懸命・正正堂堂など力強く前向きなものが多い
3. 口上は各力士が自分で考えるため、生き方や考え方が出ていてとても興味深いものが多い
4. 口上が言える大関になるまで、過去最短2年、最長15年かかった力士がいる

華々しく見えますが、その裏厳しく過酷な相撲界。口上からも生き様や性格が覗けて興味深いですね。

これを機に相撲に興味を持ってもらえたらうれしいです。

コメント