住吉大社の初詣情報2020!屋台がでている時間は?駐車場はあるの?混雑状況は?

スポンサーリンク

住吉大社

例年約234万人の参拝者が訪れるといわれる「住吉大社」の初詣

大阪では「初詣といえば、『すみよっさん』」といわれるくらい有名な初詣スポットです。

大みそかから出かけて年越しを住吉大社で迎えたり、なかには屋台がメインでいく、なんて人もいるくらい、年末年始の超人気スポットとなっています。

それだけ人気の場所なら2020年の初詣は住吉大社にいってみたい!と思ったかもしれません。

でもそうなると、今度はそれほど人気の場所、どれくらい混むのか混雑状況が気になってきますよね。

そこで今回は、住吉神社初詣の人気の理由や屋台のすごさ、営業時間、アクセス方法や混雑状況に住吉神社周辺のおすすめスポットまで盛りだくさんで紹介していきたいと思います!

いきたいけど行くかどうか迷っている人、いく日や時間を決めかねている人は、ぜひ参考にしてみてください。

住吉大社の初詣、屋台はでている?何時から何時まで?

屋台

住吉大社の初詣、正月三が日の参拝可能時間はどうなっているのでしょう?

  • 12月31日 22:00~1月1日 22:00
  • 1月2日~3日 06:00~21:00

このように、年越しから元日は24時間営業、2日~3日も朝から夜までの特別時間で参拝可能となっています。

そして人によってはメインとなる屋台のほうですが、こちらのあいている時間も、なんと、参拝可能時間とおなじ時間あいているんです!

しかも出ている屋台の数は、実に300店舗以上にもなります。

大みそかから三が日がピークで、4日、5日になると少し数が減ってきます。

6日になるとさらに減ってしまいますが、1月7日には「白馬神事(あおうましんじ)」という神事があるのでまた少し戻ってきて、さらには1月10日の「えべっさん」でまた多くの屋台で賑わうことになります。

ですので、初詣ついでに屋台もいっしょに楽しみたいのであれば、三が日中に訪れるのがおすすめです。

おすすめの屋台は?

でも300店も出店があると、どの店にいけばいいのか迷ってしまいますよね?

しかも食事、甘味、遊戯といろいろな種類の屋台もそろっているので、目移りして困ってしまいます。

なので、ここでほんの一部ですが、いくつかおすすめのラインナップを紹介させていただきましょう。

ベビーカステラ

お祭りど定番のベビーカステラ。

こちらは定番だけあって、いくつもの店が出店されています。

そのひとつひとつが味や食感がちがうので、大勢の人でいって、少しずついろんな店のカステラを食べ比べなんかするのもおもしろいかもしれません。

はしまき

大阪名物のはしまきです。

割り箸の周りにお好み焼きが巻いてある、子供から大人まで、観光客の間でも大人気の食べものです。

お好み焼きのほか、ピザを巻いているお店なんかもあったりします。

棒を持って食べられるので、食べ歩きするのにもちょうどいい感じですよ!

七味唐辛子

自分好みの辛さや香りにブレンドしてくれる七味唐辛子屋の屋台。

激辛や辛さ控えめなど、自分用に調整して買うのもいいし、日持ちもするのでおみやげとしても最適です。

お化け屋敷

異色の屋台(?)ながら、「住吉大社の屋台といえば?」と聞けばかならず出てくるくらい有名なお化け屋敷。

昔懐かしのレトロ感のあるお化け屋敷で、中は道が曲がりくねっていて見た目より長いです。

怖いです。

中から叫び声や怖すぎて爆笑している笑い声が聞こえてきて、外から見ているだけでも楽しめる、一風変わった屋台となっています。

他にも、ここでは紹介しきれないくらい定番の店から普段あまり見かけないような店まで、ほんとにたくさんの屋台が並んでいます。

とても一度ではまわり切れないので、つい来年も来たくなってしまうはずです!?

住吉大社の初詣に車で行きたい!駐車場はあるの?

路面電車

年越しでいかれる方は、深夜になってしまうので車でいきたいと考えるかもしれません。

住吉大社に車でいく場合、ふつうであれば阪神高速玉出出入口から南港通経由で12分ほどでつくのですが、年末年始例年では31日23:00~1日19:00、2日~3日の10:00~19:00は周辺道路で大規模な交通規制が敷かれるため、住吉大社まで直接車で行くことはできなくなります。

この交通規制にともなって、周辺の有料駐車場も利用できなくなっていますので、どうしても車でいく事情がある方は、パーク&ライドでいかれるのがいいかと思います。

交通規制範囲外の駐車場を利用して、そこから徒歩か電車で住吉大社に向かう方法です。

ですが考えることはみんな同じで、交通規制範囲外ギリギリの駐車場はすぐ満車になります。

停めるなら住吉大社駅または住吉東駅から4、5駅くらい離れたところにするのがいいでしょう。

ただ駐車料金もお正月の特別料金でかなり高くなっているので、こちらもあまりおすすめはしません。

終電が終わっても臨時電車を運行してくれる路線もあるので、できれば電車でいくようにしましょう。

南海鉄道

  • 南海本線「住吉大社駅」下車 徒歩約3分
  • 南海高野線「住吉東駅」下車 徒歩約5分

阪堺電気軌道

  • 阪堺線「住吉鳥居前駅」下車 徒歩すぐ

※大晦日~元旦は駅改札前から大混雑で、とてもこの時間ではたどり着けないのでご注意ください。

二つの路線のうち、南海鉄道は大晦日から元旦にかけては終電終了後も臨時電車が運行されていますが、阪堺電気軌道は深夜の臨時運行はしていないようなので、こちらもご注意ください。

ちなみに阪堺電気軌道は路面電車となっています。

大みそかから出かけられる方は路面電車で初詣、というのもいいんではないでしょうか。

住吉大社の初詣情報2020!混雑状況は?

屋台

住吉大社の初詣は、関西では京都の伏見稲荷神社についで参拝客の多い神社です。

大みそかの17時からお祓いの儀式や除夜祭の神事が行われ、それが終わる18時頃で一旦門が閉じられます。

そして22時に初詣参拝むけに開門するのですが、早い人になれば、この開門前からもう並んでいます。

開門されて23時をまわるころになると、さらに人が増えてきて、そこから年明けにかけてどんどん列が長く太くなっていきます。

混雑してくると一方通行の場所ができたり入場規制もかかることがあるので、ますます列が動かなくなってしまいます。

まるで満員電車に乗っているような、自分の意志では動けず流れに身を任せるしかないような状態になってしまうので、人混みが苦手な方はこの時間にいくのは避けたほうがいいでしょう。

でも、こんなに混雑するとわかっていても、この時間にいきたくなる楽しみがあります。

午前0時が近づくと、どこからともなくカウントダウンをする声があがり始めます。

このまったく知らない人たちとカウントダウンをして、ゼロの瞬間を迎えるというのが、妙な一体感を感じられて、ついまた味わいたくなるんですね。

ただ、カウントが0になった瞬間にお賽銭を投げる人が多いので、背の高い方は身をかがめて頭も守るようにしたほうがいいです。

頭に当たるとけっこう痛いので。

年越し後もこの混雑は続きますが、さすがに明け方3:00くらいになると多少はおちついてきます。

ですが多少落ち着くというていどで、まだ混雑はしています。

なんといっても、神社も屋台も24時間営業ですから。

翌日も8:00くらいからまた人が増えだし、人の種類は変わるものの、昼にむかって混雑具合はピーク時と同じような状態になっていきます。

初詣で賑わう大阪・住吉大社

初詣で賑わう大阪・住吉大社

参拝時間はどれくらいかかりそう?

住吉大社の本殿は第一本宮から第四本宮まで4つあって、初詣ではこの4つの本殿をお参りするのがいいとされています。

この4つそれぞれに待ち時間が発生するので、ぜんぶ回るにはかなりの時間がかかります。

そのうえお守りなどの購入、さらには屋台も散策となると、住吉大社に入ってから出るまで3時間以上はかかるでしょう。

初詣にいく場合は、それくらいの時間がかかることを見越して、余裕をもってでかけるようにしてください。

少しでも空いている時間にいきたいのであれば、ピークの元日、2日~3日の10:00~19:00を避けて、早朝か夜間の参拝、または確実に三が日を避けていくのがいいでしょう。

住吉大社が人気の理由!ご利益は?

太鼓橋

住吉大社は、なぜこんなに人気があるのでしょう?

住吉大社は全国に2300社ある住吉神社の総本山です。

1800年の歴史があって、国宝に指定されている本殿、ほかにもご神木や文化財など見どころ満載で、しかも選び放題のたくさんのご利益がります。

これだけいろいろな魅力があるのなら、この大人気も頷けますね。

住吉大社のみどころ

さすが住吉大社、みどころは住吉大社の神域に入る前からあります。

本殿にいくために渡る「太鼓橋」

高さ約4mで、最急勾配はなんと48度もあるそうです。

正式な名前は反橋といって、渡ることで穢れや罪が清められます。

これは渡らなきゃですよね!

ちなみに川端康成の短編「反橋」は、この太鼓橋が舞台となっています。

そして、とても珍しい四角の柱を使った「角鳥居」とも呼ばれる住吉鳥居

さらにその先の、4つの本殿。

神社の建築様式としては最も古い建築様式で建てられていて、海外からの観光客もこれ目当てにやってくるほどの建物なんです。

そのほかにも「五所御前(五大力石)」という願い事が叶う石があったり、願い事が叶うかどうかを占う「おもかるいし」、あの有名な一寸法師のお椀があったりと、ここでは書ききれないくらいみどころがたっぷりあります。

ただ、初詣のときには見られない、できないものなどもありますので、詳しく知りたい方は以下のホームページを確認してみてください。

住吉大社の御祭神

住吉大社では第一本宮から第三本宮まで住吉大神(住吉三神)といわれる3柱の神が祀られています。

  • 底筒男命(そこつつのおのみこと)
  • 中筒男命(なかつつのおのみこと)
  • 表筒男命(うわつつのおのみこと)

そして第四本宮には、住吉大神を住吉の地に祀った神功皇后(息長足姫命・オキナガタラシヒメノミコト)が祀られていて、この神功皇后も含めて「住吉大神」と呼ぶこともあります。

住吉大社には、この本殿4社・四神のほか、境内には摂社末社あわせて27社あって、数多くの神さまが祀られています。

住吉大社のご利益

まず御祭神の四神は、昔から海を司る神として豊漁や航海安全のご神徳があるとされてきました。

そのことから、現代では交通安全全般・農業・産業全般の神とされています。

商売繁盛を祈願した「えべっさん」が行われるのは有名ですね。

また、神功皇后は縁結びや子授けの神として信仰されています。

このほか、摂社末社にもそれぞれのご神徳があって、

ざっとあげてみただけでも、

  • 「縁結び」(侍者社)
  • 「縁切り」(立聞社。ギャンブルや飲酒、喫煙など断ち切りたいものを断ってくれる)
  • 「商売繁盛」(楠珺社)
  • 「夫婦円満」(夫婦楠)
  • 「資金調達」「子宝」(種貸社)
  • 「芸能上達」「女性守護」(浅沢社)
  • 「諸願成就」「集金満足」(大歳社)

と、これだけあればあなたの願うご神徳もあると思いますので、めあてのご利益があるならぜひ住吉大社にお参りしてみてください。

初詣の作法とは?お祈りの方法、お賽銭相場、おみくじは?

お参りする着物の女性

せっかくこんなご利益いっぱいの住吉大社に初詣にいくのなら、できればきちんと神さまに声を届けたいですよね。

そこで、ここでは住吉大社だけでなく一般的につかえる初詣の作法について紹介させていただきます。

参拝作法

  1. 入口の鳥居をくぐる前に軽く一礼。鳥居をくぐるときは端をくぐる。
  2. 参道の真ん中を避けて端を歩く(鳥居や参道の真ん中は「正中」という神様の通り道のため)。
  3. 入手水舎の水で心身を清める(手水をとる)。

手水舎

    1. 右手で柄杓(ひしゃく)を持って、汲んだ水を左手にかけて清める。
    2. 柄杓を左手に持ち替え、同じように右手を清める。
    3. 柄杓を右手に持ちなおして、左の手のひらに水を受けて口をすすぐ。
    4. もう一度水を左手に流す。
    5. 水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置く。
  1. 賽銭箱の前で会釈し、お賽銭を入れる。
  2. 鈴を鳴らす(神さまに奉納する意味もあるので、慣らせるならできるかぎり鳴らす)。
  3. 二礼二拍手一礼で拝礼し、会釈をしてから退く。
    1. 深いお辞儀を二回繰り返す(二礼)。
    2. 両手を胸の高さで合わせ、右手を少し手前に引いて、肩幅程度に両手を開いて拍手を二度打つ(二拍手)。
    3. 両手をきちんと合わせてから祈る。
    4. 両手をおろし、もう一度深いお辞儀をする(一礼)。

初詣はいつまでにいけばいいの?

初詣は歳神様がいらっしゃる「松の内」のあいだに行けばいいとされています。

「松の内」とは、門松や注連縄などのお正月飾りを飾っている期間のことで、関東では1月7日まで、関西では1月15日までを松の内とする地域も多く残っています。

喪中の人もいってもいい?

旧年中に身内が亡くなった場合、神社への参拝は忌明けをすれば(故人が亡くなってから50日目以降)参拝してもいいそうです。

ですが、まだ喪中期間ではあるので、「注連飾り」「年賀状」「お節料理」などのお祝いごとは避けるのが通例となっています。

お賽銭はいくらくらい?

お賽銭はお願いを聞いてもらうためのお金ではなく、日々の感謝の気持ちを込めたお供物です。

なので、特に決まりはありません。

一般的には語呂合わせで縁起がいい額が好まれて使われています。

語呂合わせ例)

  • 5円 「ご縁がありますように」
  • 15円 「十分ご縁がありますように」
  • 25円 「二重にご縁がありますように」
  • 45円 「始終ご縁がありますように」。

あと、10円は「遠縁」の語呂になるので避けたほうがいいといわれています。

おみくじは持ち帰る?結ぶ?

初詣といえばおみくじを楽しみにしている人も多いかと思います。

引いたおみくじは、どうするのがいいのでしょうか?

一般的には悪い運勢が出たら結んで帰るといいといわれていますが、実際には悪くても持ち帰って戒めにするのもいいようです。

持ち帰ったおみくじは、神棚に上げたり、財布などに入れておきましょう。

防寒対策をしっかりとしていこう!

寒そうな女性

年越しで初詣にいく場合、深夜になるのでかなり寒くなります。

しかも列が動かないで、寒いなか長時間じっとしていることもあるので、防寒対策はしっかりとしていってください。

時期的なものと人がいっぱい集まってくるのもあるので、マスクをするなど、インフルエンザ対策も考えていったほうがいいでしょう。

マスクは予防にもなるし、顔を覆ってくれるので防寒にもなります。

ただ、正しい礼儀としては神前に立った際には帽子やマスクははずしたほうがいいそうです。

自分の体調や状況と相談しながら、とれるようなら、とるようにしましょう。

初詣が終わったらおすすめしたい、住吉大社周辺の散策・観光スポットは?

商店街

住吉大社の帰りには、ぜひ近くの粉浜商店街のアーケードを歩いてください。

昔懐かしい雰囲気の下町の商店街で、お正月も営業しているので、歩き(並び?)疲れたからだを休めるのにちょうどいい喫茶店や食事処があります。

またこの商店街には、有名なお持ち帰りのコロッケ専門店「洋食やろく」さんの玉子コロッケがあります。

食べながら駅まで戻るというのも格別なものがあっておすすめです。

さらには、近くに昔は住吉大社の境内だった「住吉公園」があります。

大阪で一番歴史ある公園で、絶好の癒しスポットとなっています。

帰りに少しここでゆっくりして癒されていくのもいいかもしれません。

最後に

住吉神社

関西屈指の初詣スポット、住吉大社についてご紹介してきました。

 

  • 住吉大社の初詣には300店もの屋台が並ぶ!
  • 交通規制のため周辺駐車場は利用できないので、電車でいくか、何駅か前に停めてパーク&ライドで。
  • 大晦日~年明け、三が日はかなり混雑します。混雑を避けるなら早朝か深夜、4日以降に。
  • 住吉大社はみどころもご利益も盛りだくさん!
  • 初詣の参拝作法の基本は二礼二拍手一礼。お参りする礼儀としてこれだけでも身につけましょう。
  • 防寒対策はしっかりと。予防、防寒のためにマスクもあり!
  • お帰りの際には、ぜひ近くの粉浜商店街ものぞいてみてください。

来年は令和最初の初詣です。

ご利益たっぷりのお参りついでに屋台も楽しめる住吉大社で、この特別な初詣を堪能してみてはいかがでしょうか?

コメント