スイカ割りを保育園で導入を提案!提案絶対盛り上がる!

スポンサーリンク

夏のお楽しみといえばスイカ割りです。子供ってスイカ好きですよね。半月型に切ってパクリとかぶりつく。種をぷぷぷと飛ばすのも、おうちでやられるとお母さんは大変ですが、保育園で一斉になら許されるかもしれません。もちろん片づけは大変ですが、楽しい体験を子供たちにさせてあげられますね。

私はスイカには何もつけずに食べる派なんですが、塩をかけないとダメだという人もいますね。夏は汗で塩分も水分も流れ出てしまいすから、塩をかけて食べるのは理にかなっている気もします。もっと甘くするために、砂糖をかける人もいるんですよ。スイカはウリ科なので、体を冷やす作用もあります。夏にぴったりなデザートですね。

大きなスイカを手に入れて、子供たちとスイカ割り大会を行えば盛り上がる事間違いなしです。でも、棒を振り回して保育園内でスイカ割りをするのはちょっと危ないかもしれません。楽しいイベントで、怪我なんてしてしまったら悲しい思い出になってしまいます。そんな事態にならないように、保育園でスイカ割りをするコツをご紹介します。

スイカ割りの基本

まずは基本的なスイカ割りの道具を確認してみましょう。

● スイカ
● 棒やバット
● 目隠しをするアイマスク
● ビニールシート
● スイカ割りをする人
● スイカ割りをする人を誘導する人

これだけあればスイカ割りは出来ます。スイカ割りを園の中で行うなら、スイカの下にビニールシート等を引いて被害を少なくすることを忘れないでくださいね。

ルールを変える

ここからは子供と楽しめるようなスイカ割りについて考えていきましょう。

スイカ割りには公式ルールがある事をご存じですか?日本すいか割り推進協会認定が公式ルールを定めています。子供がスイカ割りにハマったら、スポーツとして極めることもできると教えてあげてください。日本初のプロスイカ割り選手になるかもしれませんよ。

保育園・幼稚園で楽しく行うために、ルールを変えてしまいましょう。いくつか例を出しますので参考にしてください。

ぐるぐるの回数を変える

スイカ割りの前に、バットをおでこにつけてぐるぐる回りますよね。小さいお子さんだと危ない事があります。回数を少なく変えてしまいましょう。大きいお子さんなら、ぐるぐる回る前にくじ引きで回る回数を変えてしまうのも楽しいですよ。

誘導者に制限をかける

スイカ割りをする人を誘導する役目の人に「猫になって話してください」「○○弁で話してください」と制限をかけます。語尾が変わるだけでも盛り上がります。

道具を変える

棒で人を叩いてしまっては危ないし、スイカだって大きいから何個も買えません。そんな時は道具を他のもので代用してみましょう。しっかり遊び終わったら、先生が切ったスイカを出してあげれば十分スイカ割り大会です。

【棒の代替え案】
● 長い風船 
バルーンアートで使われる風船です。軽いので、幼児さんでも持てます。● プラスチックのバット
百円均一店で売られているプラスチックのバット。スイカはわれませんが、人にあたると結構いたいので注意してください。● 新聞紙とビニールテープ
新聞紙を細長く丸め、ビニールテープで止めます。丸める時にきつくすると、あたると痛いのでほどほどにするのがポイントです。
【スイカの代替え案】
● 水風船
水を入れて、叩かせてあげれば風船が割れて盛り上がりますね。濡れてしまうので、濡れても良い場所、替えのお洋服を準備して暖かい日に行いましょう。● 紙風船
弱い力でも潰すことが出来ますし、膨らませば何度か再利用もできます。● ビーチボール
普段はボールとしても使用できますし、叩いた感触も面白いですね。
【目隠しの代替え案】
● 面白アイマスク
百円均一店で売られている面白いイラストが描かれたアイマスクをつければ、子供立ちは面白がってくれます。● お面
目の部分を見えないように加工しても良いですが、危なく感じた時はあけたままでも十分楽しめます。
【スイカ割りの代替え案】
● ピニャータ
スイカ割り自体もちょっと違った物にしてみましょう。テレビ番組でも見かけるようになったピニャータはくす玉のようなものの中にお菓子等を入れ、天井に吊るして棒で叩くというもの。いつもと違った催しに子供たちは大興奮するでしょう。● ピニャータ作り方
YouTube
● ピニャータ遊び方
ハロウィーンでパーティーでピニャータ割り!!

スイカ割りを保育園で楽しむ方法のまとめ

● ルールを変える
○ ぐるぐるの回数を変える
○ 誘導者に制限をかける● 道具を変える
○ 棒の代替え案
○ スイカの代替え案
○ 目隠しの代替え案
○ スイカ割りの代替え案

いかがでしたか?ご紹介した案を参考にして、子供たちにあったスイカ割り大会を行ってくださいね。最後はみんなでスイカを食べて楽しんでください。

コメント