スピード違反の罰金の支払い方法は?処分のフロー解説!逮捕もある?

スポンサーリンク

道路標識

約束の時間や仕事の時間に間に合わない・・・!など、車やバイクを運転していてついついスピードを上げてしまうことってありますよね。

急いでスピードを上げすぎてしまい、気づいたらパトカーや白バイに捕まってしまった、というそこのあなた!

罰金を支払わないといけないが、どうやって支払えばいいのか?いくら払うのか?もし払わなかったらどうなるの?など、分からないことがたくさんあって困っていませんか?

この記事では、そんなあなたのためにスピード違反で捕まってしまった場合の罰金の支払い方法や、罰金の相場、支払わなかった場合にどうなるのか、スピード違反でも前科もちになってしまうのか、ということについてまとめました。

スピード違反で捕まってしまったらどうすればよいのか、という不安をこの記事を読んで解消しませんか?

結論から言うと、スピード違反で捕まってしまった場合、違反の程度によって相応の金額の納付書が発行されるので、記載されている納付期限内に銀行や郵便局できちんと納付しましょう!

納付期限を過ぎてしまってもすぐに逮捕されることはありませんが、いつまでも支払わずにいると拘留されることもあるので、気をつけてください。

それでは具体的に説明していきますね。

スピード違反で切符を切られた!罰金の支払い方法は?分割払いは出来るの?

違反切符

スピード違反で罰金の支払い方法は、違反の程度によって変わってきます。

比較的軽い違反は青切符、重い違反は赤切符となります。

それぞれの支払い方法を説明していきますね。

青切符

(比較的軽い違反で、一般道では時速30km超以下、高速道路では時速40km超以下の違反)

  • 青切符の場合、取締りを受けたその場で切符と一緒に仮納付書を渡されます
  • その仮納付書を持って、銀行もしくは郵便局で記載されている期限内に納付します

赤切符

(比較的重い違反で、一般道では時速30km超以上、高速道路では時速40km超以上の違反)

  • 赤切符の場合、罰金の額はその場では決まらず、後日簡易裁判所に出頭したときに判決を受けて決まります
  • 罰金が決まるとそのまま窓口で罰金を納付するか、納付書をもらい後日銀行か郵便局で納付します

納付書で納付する場合は、銀行もしくは郵便局で納付可能ですが、コンビニでは納付できないので、気をつけてくださいね。

納付する場合は、現金のみです。

小切手、振込、書留では納付できません。

クレジットカードでの支払いもできません。

罰金や反則金の支払いは、基本的に一括で納付する必要があります。

分割納付をしたいと申告することは出来ますが、通帳や給与明細の提出や親族や知人からの借金、売却できる自動車などの売却などをしてでもお金を準備するように言われ、分割納付が認められることはほぼありません。

スピード違反での罰金の金額相場は?反則金と罰金はどう違うの?

罰金

そもそも、反則金と罰金は何が違うのでしょうか。

青切符と赤切符との違いは先ほど説明しましたね。

青切符なのか赤切符なのかで、名称も変わります。

  • 青切符・・・反則金
  • 赤切符・・・罰金

となります。

金額の相場を表にまとめてみました。

一般道路の場合の反則金

反則金 大型車 自動車 二輪車 小型特殊車 原付車
15km未満 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
15~20km 15,000 12,000 9,000 7,000 7,000
20~25km 20,000 15,000 12,000 10,000 10,000
25~30km 25,000 18,000 15,000 12,000 12,000

高速道路の場合の反則金

大型車 自動車 二輪車
30~35km 30,000 25,000 20,000
35~40km 40,000 35,000 30,000

※高速道路で30km未満の違反の場合は、一般道路の反則金と同額です。

罰金

先ほど説明しましたが、赤切符の場合は簡易裁判所で金額が決定しますので、推定額です。

超過速度 推定罰金額
30~34km/h 50,000~60,000
35~39km/h 60,000~70,000
40~44km/h 60,000~80,000
45~49km/h 70,000~80,000
50~60km/h 80,000~90,000
61~70km/h 90,000~100,000
71~80km/h 10,000
80km/h 懲役・禁錮

スピード違反の罰金で前科もちに?!消す方法はあるの?

スピード違反で捕まってしまったときに罰金や反則金と同様に気になるのは、前科が付くのかどうかですよね。

次は、青切符と赤切符の場合の処分の違いについて説明します。

青切符

  • 行政上の処分としては、1~3点の点数が付けられますが、一定期間の点数の合計により、免許の停止や免許の取り消し処分になる可能性もあります。
  • 刑事上の責任については、反則金を支払えば責任は問われません。

赤切符

  • 行政上の処分としては、6点以上の点数が付けられ、過去に違反がなくても一発で免許停止処分になります。過去の一定期間に違反がある場合、合計点数によっては免許の取り消し処分になることもあります。
  • 刑事上の責任としては、裁判で罰金刑もしくは6ヶ月以下の懲役刑になり、罰金を支払ったとしても、前科が付きます。

では、スピード違反の赤切符で前科が付いてしまった場合、前科を消すことは出来ないのでしょうか。

一般的な犯罪の場合、前科が消えることはありませんが、交通違反の場合、他とは少し異なり、期間の経過により消えます。

前科が消えるのに必要な期間は5年です。

罰金支払い後5年間、罰金以上の刑を受けなければ、前科は消えますので、違反を繰り返さないように気をつけてくださいね。

スピード違反の罰金を支払い忘れた!期限までに納付しないとどうなる?

カレンダー

スピード違反の反則金や罰金については分かったが、期限までに納付金を準備することが出来なかったり、払い忘れてしまった、ということもあると思います。

期限までに納付できなかった場合はどうなるのでしょうか。

青切符の場合

先ほど説明したように、捕まった日から8日以内は「仮納付」期間となり、この期間内であれば近くの銀行や郵便局で納付できますが、期限を過ぎてしまった場合の流れは以下です。

  1. 青切符に記載された指定日に交通違反通告センターに行き、通告を受ける。(本人がいけない場合は代理でもOK)
  2. 通告を受けると、通告書本納付書を渡されるので、その日から11日以内に銀行か郵便局で納付
  3. 通告センターにいけない場合は、40日ほどで通告書と本納付書が郵送されてくるので、反則金に郵送費800円ほどをプラスして銀行か郵便局で納付
  4. 本納付書の期限が切れた場合、通告書か本納付書を持って通告センターへ行き、当日限りの納付書を再発行してもらう
  5. 本納付書が届いても納付しない場合、督促状が届いたり督促の電話がかかってくるが、それでも納付しない場合は刑事手続きに移行
  6. 出頭要請が来て、交通裁判が開かれる。この時点で赤切符と同じ扱いになり、反則金ではなく罰金になる
  7. 出頭要請にも応じない場合、逮捕されてしまうこともある

赤切符の場合

先ほど説明したように、裁判所に出頭した後に罰金額が決まり、納付書が繰られてきますが、罰金を払わない場合は、

  • 預貯金や家、車、装飾品などの財産の差し押さえ
  • 留置され1日5,000円相当の労役

となります。

スピード違反の赤切符の場合は10万円以下の罰金なので、労役の場合20日間ほど拘束されることになります。

まとめ

青切符

  • 金額は違反の程度や運転している車の大きさによって変わり、6,000~40,000円の「反則金」
  • その場で渡される仮納付書を使い、銀行や郵便局で納付
  • 行政上の点数は付くが、反則金を払えば前科は付かない
  • 仮納付書の期限が過ぎてしまっても、すぐに逮捕されることはないので、通告センターで納付書を発行してもらうか、郵送されてくるのを待って納付
  • 本納付書の過ぎてしまい、督促にも応じない場合、刑事手続きに移行し、裁判所への出頭要請が来る
  • 出頭要請にも応じない場合は逮捕されることもある

赤切符

  • 金額は6~10万円
  • 裁判所に出頭し罰金額が決定し、その日のうちに窓口で納付するか、納付書をもらい後日銀行か郵便局で納付
  • 罰金を支払っても前科が付くが、その後5年間罰金以上の刑罰を受けなけば前科は消える
  • 渡された納付書を期限内に収めず、督促にも応じない場合、預貯金や財産を差し押さえられたり、労役となる

いかがでしたでしょうか。

スピード違反で捕まってしまった場合、その違反の程度により支払う金額や支払い方法、行政処分などが変わってきます。

今後の生活への影響を少しでも軽減するためにきちんと支払いましょうね!

【こちらも読まれています】

オリンピック仕様ナンバープレートとは?金額や申請方法まとめ!
最近よく見かけるのが、虹色の線が放射状に広がっているナンバープレート。これは東京オリンピック特別仕様のナンバープレートです。新車に買い替えなくてもつけることができる、金額は10000円前後かかる、申請方法など、いろいろ分かったのでまとめてみました。

コメント