卒業式告白のセリフ完全ガイド!学年別・シチュエーション別セリフ例文!

スポンサーリンク

赤いハート

間近にせまった卒業式

学校に行っても、彼の姿をもう見られなくなってしまうんだ・・・。

そう思うと、悲しくなってしまいますよね。

そこで、浮かぶのはこんな思い。

「このまま会えなくなるなんてイヤだ。」
「こんなに大好きだってこと彼に伝えておきたい。」

そんな風に告白する勇気がムクムクと湧いてきたあなたを応援したい。

そんな思いから、彼の心をつかむセリフやシチュエーションをご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

卒業式告白のセリフ完全ガイド!小学校編 男の子→女の子

今どきの小学生は、彼氏・彼女がいても珍しくありません。

その付き合い方は、ほぼ女の子主導

女の子の方が男の子よりおませさんなので、どうしてもそういう傾向にあるようです。

そんな小学生の男の子から、女の子に告白する場合のおすすめのセリフ。

「好きです。付き合ってください」

シンプルにそれにつきます。

そして、LINEや手紙ではなく、直接伝えましょう。

のちのちの付き合い方は女の子主導としても、

ここは男らしさを見せると成功率がアップしますよ。

卒業式告白のセリフ完全ガイド!小学校編 女の子→男の子

制服を着た男の子と女の子

小学生の女の子が、同年の男の子に告白する場合は、直接告白する方法だけでなく、LINEや手紙などの方法もおすすめ。

女の子よりも精神的にまだ幼く、面と向かって好きと言われても、その感情にいまいちピンとこないタイプの男の子もいるからです。

手紙であれば、かわいいレターセットを使って、女の子らしさのアピールしてくださいね。

おすすめのセリフ、または文章は・・・

「ずっと前から好きです。付き合ってください」

これは王道です。

「○○君は、サッカーしているところがすごくかっこいいです」
「勉強ができてすごいと思います」

こんな風に彼のどこが好きかを伝えると、彼もうれしいはず。

卒業式告白のセリフ完全ガイド!中学校編 男の子→女の子

男の子が女の子に告白する場合、「直接告白する」というのは鉄則です。

男女の壁がとっぱらわれつつある昨今ですが、直接伝えられる勇気を出せるかどうかで、男らしさや本気度がはかられるというのは変わらないようです。

LINEや手紙を使うとしたら、あくまで相手を呼び出す手段として使ってください。

やはりおすすめは王道のセリフ。

「好きだ。付き合ってほしい」

現在進行中の熱い思い、男らしさが伝わりますね。

「ずっと好きだった」

この言い回しになるとちょっとソフト、それでいてひたむきさが伝わります。

もう少し大人同士になると、「好き」を違う表現で伝えるのもアリですが特に男の子は、シンプルで直球勝負の方がおすすめです。

卒業式告白のセリフ完全ガイド!中学校編 女の子→男の子

レターセット

女の子場合は、告白に「女の子らしさ」をプラスしたいもの。

そう意味でもやはりおすすめはこれ。

「ずっと前から好きでした。今も大好きです。付き合ってください」

「ずっと」という言葉のひたむきさ。

それでいて「~でした」は、過去形でどこか遠慮がち。

と思いきや「今も好き、付き合って」と熱い懇願。

いろんな要素があって、個人的にもこのセリフは最強だと思います。

ほかにもこのセリフ。

「好きです。このまま会えなくなるなんていやだから、連絡先を教えてください」

付き合って欲しいという表現より、少し間接的になりますね。

卒業後にもつながっていける、そんな可能性を秘めたセリフといえます。

小学生の女の子が告白する場合は、手紙やLINEでの告白をおすすめしましたが、

中学生の場合、慎重に選ぶ必要があります。

なぜなら男の子も思春期を迎え、女の子ほどの熱量ではないにしても恋愛とはどんな感情なのか、わかってくるからです。

直接告白することで「自分のことをマジメに好きなんだ」と感じてもらえます。

それでいて、この時期の男の子は、恋愛なんて興味ないといった風に振る舞っている子が多いです。

だから、周囲の友達に恋愛のことで冷やかされるのが大嫌いだったりします。

あなたが告白しようと二人きりになろうとする過程で、友達にからかわれるのは避ける方がよいでしょう。

本来は、直接告白するのをおすすめしたいところですが、こんな恥ずかしがり屋の彼で、告白するタイミングがうまく作れないという場合にはLINEや手紙を使うのもアリでしょう。

LINEや手紙については、それぞれ注意してほしいことがあります。

手紙について

中学生くらいになってくると、字の上手い下手の差がはっきりしてくるもの。

字が汚いという人は、やめておく方がよいかも知れません。

特に、あまり親しくない場合、手紙があなたの印象を大きく左右してしまいます。

手紙で伝えることにした場合は、くれぐれも連絡先を書くことを忘れないようにしましょうね。

LINEやメールについて

日ごろ、スマホなどでやり取りしている間柄であれば、きっと絵文字などを使った、明るく楽しいやり取りをしていることが多いでしょう。

しかし、日ごろの延長のように、告白をしてしまうのは、本気度が伝わりにくくなってしまうおそれがあります。

普段のような絵文字は使わず、彼に「なんかいつもと違うな」と思わせるようにしましょう。

「直接伝える勇気がなくて」

そんな一言を添えるとよいかも。

そして、文章は短めに

募る思いをつらつらと書き綴りたくなるのはガマンしてくださいね。

卒業式告白のセリフ完全ガイド!中学校編 女の子→先輩の男の子

卒業してしまう先輩に思いを伝えたい、そんな女の子もいることでしょう。

まず、気をつけたいのは言葉使い

普段、親しく話している間柄だとしても、ため口はやめておきましょう。

「先輩のことがずっと好きでした。私と付き合ってもらえませんか?」

このように、少し謙虚な表現にしてみると、印象がアップしますよ。

卒業式告白のセリフ完全ガイド!高校編 男の子→女の子

手をつなぐ男女

高校生でも、やはり男の子は

「好きです。付き合ってください」

これに尽きます。

男の子も高校生くらいになると、恋愛にも興味が湧いて、気の利いた言葉を口にしたくなるでしょう。

けれど、告白のセリフはシンプルでわかりやすいのが一番なのです。

参考までに、おすすめしない告白のセリフと、もたれがちなネガティブな感想をご紹介します。

  • 君のことが好きかもしれない ⇒ 好きじゃないかもしれないの?
  • 付き合ってみない? ⇒ お試しってこと?
  • 付き合ってあげてもいいよ ⇒ 何様?
  • 一生大事にするよ ⇒ 一生なんて軽く言わないで!
  • 君のことずっと見つめてた ⇒ ちょっとキモチ悪いかも。

いかがですか?

好きな人からならどう言われても嬉しいんですけどね。

自信がない人は特に、曖昧または行き過ぎた表現は、イメージダウンのリスクがあります。

そんなリスクを冒すくらいなら、シンプルでストレートな言葉で伝えてください。

卒業式告白のセリフ完全ガイド!高校編 女の子→男の子

「好きです。付き合ってください。」

何度も言うようにこのセリフは、どんなシチュエーションでもおすすめのセリフです。

けれど、たとえば、仲の良い友達関係の男の子に告白するなら

「好きです。私を○○君の彼女にしてください」
「あなたのことが好きだから、これからも傍にいさせてください」

という表現もOK。

今の関係からステップアップしたい、というようなニュアンスが伝わります。

なので、あまりしゃべったことがないような場合にはやめておくのが無難。

相手との距離感に見合ったセリフを選ぶようにしましょうね。

卒業式告白のセリフ完全ガイド!高校編 女の子→先輩の男の子

教室

学生時代の歳の差は1歳でも、とても大きく感じられるもの。

私も高校時代、先輩たちをとても大人に感じていました。

個人的には、中学生の頃よりもそういう印象が強かったように思います。

ひたむきさが伝わるのは、やはり面と向かった告白です。

恥ずかしくても、頑張って相手の目を見て、直接告白しましょう。

セリフはこの言葉が一番であるのは言うまでもありません。

「先輩のことが好きです。付き合ってもらえませんか?」

仲の良い先輩に伝えるなら

「ずっと好きでした。先輩の彼女にしてもらえませんか?」

一目ぼれなら、ぜひそれを伝えてみて。

「初めて会ったときから好きです。」

卒業式に先生に告白!あり?告白するならセリフは?

先生に告白したい、そういう人も意外と少なくないようです。

先生への告白は、「あり」か「なし」か?

在学中であれば、先生の立場を危うくしてしまいかねないので「なし」をおすすめしますが、卒業してしまえば「あり」です。

告白するなら、たとえばこんなセリフ。

「今日やっと告白できます。ずっと前から先生のことが好きでした。」

先生と生徒という関係が足かせになっていたせつない思いをこめて。

そして、ここまでほとんどのシチュエーションで、告白するなら直接とおすすめしてきましたが、先生に対しては、手紙というに形もよいと思います。

なぜなら、きまじめな先生であればあれほど、卒業式当日までは、あなたを生徒としか扱ってくれない可能性があるからです。

また、卒業生を受け持つ担任だったりすると、当日は心身共に余裕がない可能性もあります。

手紙であれば、相手の都合のよい時に読んでもらえますし、返事も落ち着いてからもらうことができるでしょう。

「先生のことがずっと好きでした。私と付き合ってもらえませんか。落ち着いてから返事ください。待ってます」

そう記しておけば、先生への負担も少ないですよね。

直接伝えるとしても

「返事は後日聞かせてください」

と伝えることをおすすめします。

告白する場所はどうする?告白する相手をどうやって呼び出す!?

座る男女の足

告白の場所選び

告白する場所選びは、大切です。

特に、中学生くらいの男の子には、二人きりになれる場所で告白するようにしましょう。

周りに友人がいるまま告白しても「付き合うとか興味ないし」なんて、つれない態度をとられかねません。

とはいえ、そういう場所を探すのはなかなか大変。

友達の協力などをもらいながら、頑張ってみてください。

告白するのにおすすめの場所

1.放課後の教室

教室のなかでも、実験室や音楽室など限られた目的で使う教室は、人の出入りが少なくて告白しやすいようです。

2.校舎裏・体育館裏

オーソドックスな告白場所です。

ということは、同じことを考えている人が他にもいるかもしれませんね。

安心して二人きりになるには、友達の協力が必要かも。

3.公園

彼の家の近くの公園に呼び出すという手もあります。

いったん呼び出せれば、二人きりになりやすい場所です。

4.下校中

友達と一緒だったら、彼が一人になるタイミングで告白。

彼の行動パターンを把握していればこそ、使える方法です。

相手の呼び出し方

1.LINEや電話で呼び出す

連絡が取れるなら、これが一番スムーズ。

話したいことがあるから、とだけ伝えるようにしましょう。

「何だろう?」と相手もきっとドキドキするはず。

2.友達に呼び出してもらう

仲の良い友達に協力してもらいましょう。

3.直接呼び出す

周りに気づかれて、冷やかされることもあるかも。

けれど、男の子は特に、堂々としていれば、それも男らしさにつながり、印象プラスになるでしょう。

告白するなら卒業式当日?

卒業式当日に告白すると、普段するよりも成功率がアップすると言われていますが、定かではありません。

けれど、人の心理としては、十分あり得ます。

なぜなら、卒業式当日の心のなかは、春からの新生活に対する興奮や期待よりも、慣れ親しんだ人たちとの別れへの寂しさが圧倒的に占めるからです。

この日を選ぼうとしている人の多くは、相手からOKをもらえるかいまいち自信が持てない人でしょう。

会えなくなるからこそ出せる勇気なんですよね。

伝えるだけで満足、当たって砕けろ、そんな心境のようです。

Twitter / ?
遥 (@YUrJYontBHJwnbP)さんはTwitterを利用しています

告白するタイミング

1.登校直後

卒業式終了後はどうしても慌ただしくなるものです。

そう考えると、卒業式前も選択肢のひとつ。

ただ、もしフラれたら、ツライ1日になってしまいます。

逆にOKをもらえたら、幸せな気持ちで迎える卒業式になることでしょう。

2.卒業式終了後

慌ただしいなかで、相手を呼び出せるなら、このタイミングがおすすめ。

多くの人と別れる日に、ふいに差し出された「始まり」にうなずいてしまう、そんな心理わかる気がしませんか。

3.帰宅後

高揚した気分から落ち着いたころ。

寂しさはいっそう増していることでしょう。

このタイミングもおすすめです。

まとめ

青空

 

  1. 好きな人に告白する時に、どの年代、性別にも共通しておすすめなのは「好きです。付き合ってください」。シンプルなセリフで伝えよう。
  2. 特に男の子は、直接告白して男らしさと本気度をアピールすべし。
  3. 女の子は、相手やシチュエーションによっては、LINEや電話などを活用するのもあり。
  4. どんな告白方法でも、相手に対してマジメな思いが伝わるように。相手との距離感も考慮しよう。
  5. 先生に告白するなら、返事は後日もらうほうがベター。
  6. 告白の場所選びは大切。二人きりになれる場所を選ぼう。
  7. LINEや電話、友達の協力などでうまく呼び出そう。
  8. 卒業式の日に告白すると普段よりも成功しやすいというのは、人の心理を考えた上で十分あり得る。

好きな人に告白することって、本当に勇気のいることですよね。

日ごろ顔を合わせる回数が少なくても、なかなか勇気が出ないのに、ましてや毎日顔を合わせる相手に対してなんて、相当の勇気がいるはず。

だから、卒業式のタイミングで告白したい、という気持ちが痛いほどわかります。

そんな私は、卒業式で告白の経験はあるか、といえばないのですが、自分自身が引っ越しするタイミングで告白した経験はあるのです。

もう会えないから、フラれても忘れられる、そう思って。

でも、相手には彼女がいましたから、

「ずっと好きでした・・・」

それしか言えませんでした。

彼からは「ありがとう」と一言。

結果は、フラれたようなものです。

そんな思い出しか持たない私ですが、それでも、みなさんには告白することをおすすめしたいです。

なぜなら、大人になってからよみがえるのは、忘れたくなるような記憶じゃないからです。

あのせつない気持ちも、しどろもどろの自分も、彼の声も、帰り道の夕焼けがキレイだったこともまさにかけがえのない「キラキラした思い出」。

実らなかった恋なのに。

もう一つうれしかったこともありました。

大人になってからの再会で

「○○さん、元気だった?」

と彼がそう話しかけてきてくれたのです。

違うクラスで、目立たちもしない、それも途中で転校した私のことを彼が覚えていてくれたのは告白したからこそに違いありません。

大好きな人の記憶に刻まれる、そう思うと、たとえフラれても、告白ってとても素敵なことだと思いませんか?

【こちらも読まれています】

告白のセリフはやっぱり男から!中学生におススメの告白方法とは?
中学生くらいになると、好きな女の子ができることは自然なことです。でも、中学生くらいのときってどう恋愛したらいいのかわからなくて悩んだりしますよね。そこで、中学生の男の子にむけて、好きな子へのおすすめの告白のセリフから告白方法まで紹介します。
告白のセリフは女からでもOK?高校生におススメの言い方伝え方!
告白は男子から、なんて思っていませんか?現実は女子から告白する人が増えています。でも、勢いだけで告白をすると無駄な失敗を招きかねません。女子からの告白には、言い方と伝え方のコツがあるんです!この記事を読んで、大好きなあの人への告白をぜひ成功させましょう!

コメント