卒業文集の書き方中学生向けガイド!おすすめテーマ10選と具体的例文!

卒業式が近づいてきましたね。中学校生活の集大成、中学生の卒業文集を作る時期ですね。

あなたは、作文を書くのが得意ですか?苦手ですか?

もし、あなたが苦手であれば、「私、作文苦手だしな?」「何を書けばいいかそもそもわからない」と今のあなたならこのような疑問を持っていませんか?

自分はどんなことを書いたのかな?と押し入れを探して見ると「卒業文集が出てきました。」中をパラパラめくってみました。この時の私、こういう事考えていたんだな、こういう風に思っていたんだと懐かしくなりました。

あなたも、数年後、何十年後かに見返した時に温かい気持ちになる卒業文集を作ってみませんか?

私は、子どもの頃作文を書くのが苦手でした。なので、あなたの気持ちがよくわかります。私が子どもの頃にこれがあったら良かったのになあ〜と思いました。

なので、この記事で紹介する『卒業文集の書き方』『卒業文集のおすすめテーマ10選と具体例文!』を実践すると、誰でも簡単に解決することが可能です。

「作文苦手」「何を書けばいいの?」と悩んでいるあなたを、この記事が解決へ導いてくれることでしょう。

それではさっそくいきましょう。

中学校の卒業文集とは?

中学校の卒業文集とは?

いろいろな目的があるようですが、いくつかピックアップしてご紹介します。

  • 卒業アルバムと合わせて作成され、生徒一人一人が文章を作成する物
  • 中学生時代の思い出としてこれからずっと残っていく物
  • ふとしたきっかけで見返した時に、懐かしく思える大切な物
  • 人に見てもらう物なので、相手に伝わる文章である事が大切です。

☆色々な人が見るものなので、誤字脱字に気をつけましょう。

いつ頃から書くもの?

  • 12月中旬〜:1回目の提出で、先生がチェックします。
  • 1月中旬 :2回目の提出で、直しをもとに完成させる。
  • 1月下旬 :本番用紙にペン書きする。

流れとしてはこういう感じになるので12月中旬から始めるといいでしょう。

卒業文集で難しい、悩んでしまうポイントは?

  • どうやって書き始めるか?
  • 何を書けばいいのか?
  • テーマはどうやって決めたらいいのか?
  • どういう構成で書けばいいのか?

卒業文集を仕上げる手順とは?

卒業文集を仕上げる手順

  • STEP1:テーマを決める
  • STEP2:作文の構成を考える(4段落に分けると書きやすいです。)
  • STEP3:下書きをする
  • STEP4:タイトルを決める
  • STEP5:清書する

この手順で作ると作りやすいです。

中学生におすすめの卒業文集テーマ10選

1)「将来の夢」

その時の気持ちを思い出すことのできる誰にでもおすすめのテーマと言えます。

中学校生活を振り返っての思い出だけではなく、卒業文集に将来の目標を宣言する。

イチローさんも小学校の卒業文集に一流のプロ野球選手になると明確に意思表示しています。)

夢を宣言することで、これからも努力して生きていくという、先生や友達への力強いメッセージにもなります。

 

自分の望むような人生を歩んで行く為にはどういったことをする必要があるかを具体的に書きましょう。      

2)「中学校生活の思い出」

「あの時、あいつとケンカしたけど、ああいう風(具体的に書いてください)にして仲直りしたな」など思い出すことでしょう。

 

行事、部活に限らず、毎日の中学校生活の中でクラスの友達との思い出や、授業中に得た思い出に焦点を当てて書くのも面白いです。

3)「クラブ活動や部活動の思い出」

あなただけが感じたことやたくさんの出来事、思い出、経験がある物なので書きやすいテーマです。

  • 好きだからこそ続けてきたことだから
  • 思い出が多い分濃い中身のある文章を書ける
  • 部活を始めたことで何を得たか

 

「特に、何に印象が残っているのか?」に範囲を限定して具体的に書くことでまとまった文章になります。                

4)「友達との思い出」

学校行事や部活動、授業を始め、ふとした友達との関わりの中で友情が深まったといった内容もありです。

 

いろいろなシーンで友達との友情が深まったというエピソードがあると思いますのでそのことを具体的に書きましょう。                          

5)「先生との思い出・伝えたい事」

中学校生活を通して、先生と様々な思い出がある生徒さんもいるでしょう。

例えば、「生活態度などを厳しく指導されたこと」「目標に向かっていつも努力するように厳しく、時に優しく接してもらったこと」で自分自身が成長できたことを書くのもおすすめです。

 

直接先生に感謝を伝えるのが恥ずかしくて言えない場合は、文集に書いて先生に今まで受けた指導に対する感想や感謝の思いを書いて伝えるのも素敵です。

6)「クラス替え」

  • 親しかった友人と別のクラスになった時の寂しかった気持ち
  • 新しい友達が出来た時の喜びなど

 

その時に感じた素直な気持ちを書くと良いでしょう。

7)「入学式」

  • 入学式の思い出で最初に印象に残った友人や先生の話題
  • 真っ新な制服を着て校門を潜った時の気持ちなどを書くのも良いですね。

 

ドキドキしながら潜った校門などの思いを振り返って書くといいです。

8)「体育祭」

中学校生活の中でも、体育祭について思い出が残っている人も多い事でしょう。

体育祭の為に、クラス全員で団結したことや、準備に苦労したこと、勝利を手にした時の喜び、負けた時の悔しさをテーマにして書くといいです。

 

「何が起こったか」だけではなく、「その時何を思ったか」「それによって何を学んだか」も書き加えるとさらにいい作文になります。

9)「修学旅行」

希少な経験である「修学旅行の思い出」をテーマにする場合は、

  • 行った場所
  • 関わった人(友人・先生・添乗員さんなど)
  • 何が印象に残ったか
  • 体験したこと、楽しかったこと、思い出や考えていることをわかる範囲で具体的なエピソードを書いてください。

 

心情面かエピソード面どちらに着目した内容にするかだけでも書く内容は大きく異なってきます。

10)「合唱コンクールの思い出」

中学校生活の中で、「合唱コンクール」に力を入れたという生徒さんも多いでしょう。

  • 入賞の為に練習に励んだことや、本番当日の緊張、うまくいったことやうまくいかなかったことなどいろいろあると思います。
  • 仲間と力を合わせた思い出などもテーマの一つになります。

 

なぜ印象に残ったのか?どんな気持ちになったのかなど具体的に表現しましょう。

 

病気などの理由で、学校の行事にはほとんど参加できなかったり、転校があってクラスメイトとあまりなじめなかったり、行事に参加はしたけどあまりいい思い出がないという子には「両親やお世話になった先生への感謝」「こういう大人になりたい」などのテーマでもいいですよ。

卒業文集の構成

卒業文集におすすめの構成は?

基本的な構成としては、英語の授業で習った「4W1Hの法則」を使ってみましょう。

「4W1Hの法則」

  • When…いつ
  • Where…どこで
  • Who…だれが
  • What…なにを
  • HOW…どうした

1つ1つ当てはめていくだけで原稿用紙がいつの間にか埋まっています。

各文字数の割合としては、「書き出し」1割・「メイン(中心)」8割・「まとめ」1割という形です。

では、1つ1つ解説していきましょう。

段落1:書き出し

3年間を振り返ると最初に浮かんだことは〇〇〇(行事・遠足・友人との時間・先生・部活など)です。から始めると次の文章が自然に出てきやすくなります。

段落2・3段落:メイン(思い出)

ここで、「4W1Hの法則」の登場です!

一つ一つ当てはめて書き進めます。

  • ここでは、誰が、どこで、何を感じ、どんなことがあったのか読み手が想像できるよう具体的に書きます。
  • 印象に残った出来事の状況説明を書きましょう。
  • 思い出の中で印象に残った会話や出来事などのネタを具体的に書く。

その具体的な内容で自分の気持ちや感情がどう動かされたかを書く。

 

  • 思い出の会話文を入れるとオリジナリティや現実味、具体的なイメージを読み手に与えることができます。
  • 思い出から得た物、思い出から何を感じたかを書きましょう。
  • 感じたことを素直に表現し、今後の学生生活に繋がるポジティブな内容にすることが大切になってきます。

段落4:(まとめ)終わりの言葉

  • 最後の文章は、長々と書くことなく数行程度にまとめるようにしましょう。
  • 主に書くのは、「感謝の言葉」「別れの言葉」です。

学校生活で顔を合わせてきた、仲間や先生などに感謝の気持ちを込めて書きましょう。

  • 高校生になったら頑張りたい事などを一言添えて書くのも良いでしょう。

 

2〜3段落で書いた思い出や自分にとって重要であった物事を、今後の自分にどう活かしていきたいかを書いてまとめましょう。

読みやすい構成とは?

しっかり中心を決めることが大事!!

(理由)

中心が決まっていなければ、何のことを伝えたいのか読んだ人がわかりにくい作品になってしまいます。なので、きちんと「中心に書くこと(将来の夢など)」を書きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました