サッカーを習う子供がやる気ない場合はどうすればいい?おすすめの対処法は?

スポンサーリンク

芝生で寝転がる二人の男性とサッカーボール

サッカーは子供に人気の習い事です。

体力もつくし、チームプレーなので、協調性や責任感なども学べます。

親としては、せっかく習い事をしているのだから、楽しんでほしいし、技術的にも上手になってほしいし、精神面でも成長してほしいと思います。

それなのに、なかなか子供がやる気を出してくれません。

最初の方は楽しそうだったのに、だんだんやる気がなくなってきてます。

無理にやらせるのも良くないし、簡単にやめてしまうのも良くないと思います。

どうしたらやる気を出してくれるのか、この先どうするべきか、悩んでしまいますよね。

やる気が出ないときの、オススメの対処法をご紹介します。

子供の習い事サッカー、やる気ないのはなぜ?

猫とサッカーボール

子供の習い事のサッカーで、やる気を感じられない。

なんてこと、ありませんか。

サッカーを習い始めたきっかけは、自分の意志で習いたいと言ったり、友達に誘われたり、親が好きで、親が始めさせられたりなど、さまざまです。

親としては、習い事は頑張って続けてほしいと思います。

自分でやりたいと言い出したのなら、簡単にやめさせたりはしたくありません。

でも肝心の本人のやる気がないのにやらせているのも、子供もつらいだろうし、時間もお金も、もったいなく感じてしまいます。

どうにかやる気を出してほしいです。

そもそも、何でやる気が出ないのでしょうか。

やる気が出ないのにも、ちゃんと理由があります。

環境や人、内容が合わない

友達やコーチ、場所や練習のやり方など、合わないことがあると、やる気も下がってしまいます。

怒られて、褒めてもらえない

怒られてばかりいたらやる気もなくなってしまうし、頑張ってても、評価されなかったり、褒めてもらえなかったら、やる気がなくなっていきます。

他のことに興味がでてきた

他に好きなことや、やりたいことができたりすると、そっちに気がいってしまって、サッカーに対してやる気がなくなってしまいます。

できないことがある

新しいことに挑戦していくと、どうしてもできないことも出てきます。

できないと、やる気もなくなってしまいます。

楽しくない

サッカーや、練習を楽しく感じることができないと、やる気もなくなってしまいます。

大人もやる気が出ないことがありますが、同じような理由ですね。

子供のやる気のない姿に心配したり、イライラしたりしてしまう時もあるかもしれませんが、しっかりと話を聞いてあげて、気にかけてあげるようにしましょう。

やる気とは…どういうメカニズム?

サムズアップ

やらなきゃいけないと分かっているのに、後回しにしてしまったり、諦めたり。

どうしてもやる気が出ないこと、ありますよね。

逆に、時間を忘れるくらい集中して、夢中になってしまっていることもあります。

このやる気満々の、集中している時間に脳内では、やる気ホルモンとドーパミンという物質が分泌されています。

やる気ホルモンは脳全体を活性化させる働きがあり、ドーパミンは、思考力や決断力をアップさせます。

やる気ホルモン、ドーパミンは、報酬を得る前に分泌されます。

報酬は、子供だと褒められたり、ご褒美がもらえたり、やりがいも報酬になります。

なので、「ここまでできたら…」「これができたら…」など、細かく目標を決めて、達成していきましょう。

そうすることで、やる気ホルモン、ドーパミンが分泌します。

やる気ホルモンとドーパミンでやる気をアップさせていきましょう。

子供にサッカーのやる気をださせるには?親がかけると良い言葉は?

サッカーボール

サッカーをせっかく習うなら、上達してほしいし、楽しんでもらいたいですよね。

子供にやる気を出させるにはとにかく褒めることが大切です。

誰だって褒められると嬉しいです。

もっと褒められたいと思います。

褒められることで自信が持てるようになり、サッカーも好きになります。

やる気もアップしていきます。

褒めるときは、専門的なことや、技術的なことでなくても、大丈夫です。

よく走ってるねとか、この間より上手になったねとか、些細なことでも良いので、たくさん、具体的に褒めてあげましょう。

また、子供と一緒にサッカーをしたり、見たりするのも良いです。

サッカーは楽しいことを一緒に体験しましょう。

逆に、やる気をなくさせてしまわないように気をつけましょう。

叱ってはいけません。

叱られると、サッカーが嫌いになってしまうし、やる気もなくなってしまいます。

できないことがあっても叱るのではなく、できる所を見つけて褒めてあげましょう。

他の子と比べてもいけません。

あの子の方が上手とか、何であの子みたいできないのなんて言われたら、やる気もなくなってしまいます。

子供は、成長の仕方も全然違います。

まわりと比べないで、長い目で成長を見守ってあげましょう。

子供がサッカーにやる気をださない場合の対処法は?

サッカーのコーチの話を聞く子供たち

サッカーにやる気をだしてほしい。

楽しんでほしい。

と褒めまくっても、なかなかやる気をだしてくれない…。

そんな時は、思い切ってサッカースクールを変更してみてはいかがでしょうか。

サッカースクールは、場所によってレベル、練習の内容、コンセプトが違いますし、コーチや仲間も違います。

その子に合った所がやりやすいと思います。

ときには休むことも大切です。

やりたくないことを無理にやっていても、どんどん嫌になってしまいます。

少し離れることで、楽しさに気づいたり、気分転換ができて、またやってみようと思うこともあります。

やる気に溢れ、上達するには、サッカーを好きになって、楽しむことがいちばん効果的です。

長い目で見守ってあげましょう。

まとめ

  1. サッカーは怒られてばかりいたり、環境が合わないと楽しめず、やる気も出ない。
  2. 目標達成することで、やる気ホルモンとドーパミンが分泌され、やる気がどんどんアップする。
  3. こどもにやる気を出させるには叱らないで、些細なことでもとにかくたくさん褒めること。
  4. どうしてもやる気が出ない場合は環境を変えることや休むことも大切。

サッカーに対してやる気を出させるには、好きになって楽しいと感じてもらうこと、自信を持たせることです。

その為に親ができること、やってはいけないことがあります。

子供と一緒に成長しながら、一緒にサッカーを楽しみましょう。

【こちらも読まれています】

スイミング嫌がる1年生・2年生の子供をやる気にさせるには?高学年から習いなおしても大丈夫?
いまやこどもの習い事の人気ナンバーワンともいわれるスイミング。でも実は、習わせてみたものの、スムーズに毎回通うお子さんばかりではありません。ある段階で急に「行きたくない」というケースもあります。子供にもうやめたいと言われたら、どうしたらいいのでしょうか。

コメント