思春期の男子がイライラする理由は?どう接すればいい?叱ってもいい?

スポンサーリンク

♪思春期に、少年から大人に変わる…。

アーティスト徳永英明さん「壊れかけのRADIO」の1節です。

思春期、やたらと反抗的になったり話を聞かなくなったり、親は対応に困ってしまいますが、理由は何なのでしょうか?

何が子どもたちをイライラさせているのでしょうか?

それは思春期を迎えた男子には、「ある変化」が訪れようとしているからです。

ここではその変化を迎えた彼らに接するときのポイントを紹介していきます。

思春期の男子がイライラする理由は?

個人差はありますが、一般的には小学校高学年から17歳頃までが思春期と言われています。

これを読んでいただいている皆さんの、子どもの頃を少し思い出してみてください。

性別に関わらず小学6年生の頃と17歳を比較すると、身体的にも精神的にもかなりの違いがありますよね?

思春期に始まる男性ホルモンの生産・分泌は男らしい体格的な変化を引き起こします。

それと同時に心のバランスにも変化が訪れ、勉強や部活、異性のことなど取り巻いている環境について思考が変わり不安定になりがちです。

また、自立したい!という自立心が芽生え始め親をうっとうしく感じて、イライラしてしまうのです。

いわゆる反抗期ですよね。

まさに「♪思春期に少年から大人に」変化しているのです。

一方で近年、カウンセリングなどの結果で「反抗期がなかった」と自身の経験を語っている成人が少なくないようです。

これは過度のしつけや甘やかしが原因の一つとして考えられます。

この「反抗期がなかった」場合、大人になっても精神的な自立がうまくいってないケースあるとの報告があります。

思春期に反抗的な様子がないからと言って喜んでいいかというと、そうではないこともあるので注意が必要です。

思春期の男子のイライラに対する接し方は?母親、父親ならではの方法はある?

母親、父親別の接し方のポイントを挙げてみます。

母親の場合

  • 必要以上に話しかけ過ぎないこと、しつこくしない
  • 余計な世話を焼かない、気を使わない

息子をかわいがる気持ちの強さは、やはり父親よりも母親のほうが強いですよね。

ですがここは一歩引いて、さらにイライラをアップさせないようにしましょう。

父親の場合

  • 一方的に注意しない、叱らない
  • 暴力を振るわない

父親は同性ですから、言うことを聞かない息子につい感情的になってしまうこともあるでしょう。

ですが間違っても呼び出して態度をムリやり正そうとしたり、ましてや暴力に出たりしてはいけません。

これはかえって逆効果で、反抗心を煽ってしまうでしょう。

思春期の男子のイライラに対して叱るのはNG?良い叱り方はある?

前述の通り思春期にはある程度の反抗は仕方ないととらえ、「叱る」に至るボーダーラインを今までよりも上げなければならないと考えましょう。

ですがどうしても叱る必要が出てきたとき、どうしたらいいでしょうか。

ダメな叱り方、良い叱り方にわけて具体的な例を挙げてみます。

ダメな叱り方

  • なんで約束したことができないの?
  • その服、変じゃない?恥ずかしいから着替えなさい!
  • ××君(友達)は頑張ってるんだから、もっと頑張ってみたら?
  • (カッとなって)叩く、暴力をふるう、怒鳴る

おわかりでしょうか?本人を否定する言葉は絶対にNGです。

他人や兄弟と比べたり、叱り方によっては子どもの心を大きく傷つけることもあります。

そうは言っても親のほうだっていつも平静でいるわけではないですので、そんな時はひと呼吸おいたり、いったんその場はこらえたりして感情をコントロールしましょう。

感情をコントロールできない思春期の男子に、感情でぶつかっても状況が悪化するだけです。

また、暴力を振るわれたりしつけが厳しすぎる子どもは、親にとって悪いことを隠したりウソをつく習慣がついてしまいます。

そんなことは誰も望んでないですよね。

良い叱り方

  • 〇〇(息子)がそんなことするの、お母さんは悲しくなる
  • お父さんも○○(息子)と同じだったけど、今はこうだと思う
  • 〇〇(息子)は、どうしたらいいと思う?
  • 母親が叱った場合、あとで父親がフォローにまわる(父親が叱った場合は、母親がフォローに)

頭ごなしにダメ出したり怒りの姿勢を見せると、反発を生んでしまいます。

思春期の不安定な気持ちを理解し、見守ってあげることが大切です。

そして父と母の両方ともが叱る、という状況は避けましょう。

抜け道を作ってあげることが重要です。

ですが根幹のところでは意見を統一して、両親で言ってることが違う!という状況にならないよう注意してください。

また、本人は親から自立したいともがいています。

叱るときは子ども扱いをやめ、自分の同僚や後輩にならどう声をかけるかを考えると、違った視点から向き合うことができるでしょう。

思春期はいつまで?正しい知識をもって適切に接しよう!

前述のとおり思春期は個人差があり明確な時期はなく、長く続く子どももいれば早期に終わる子どももいます。

息子のイライラがなくなってきた、最近は親子の関係がうまくいっている、などと感じるようになれば思春期の終わりを迎えたサインでしょう。

また、思春期が終わっても親子関係が改善しないケースもあります。

時間では解決できない、すれ違いや価値観の相違など何らかの原因が考えられます。

親も感情で態度を決めようとせず、しっかりとわが子に向き合いましょう。

最初から完璧な親なんていません。

たとえ時間がかかったり遠回りになったとしても、わが子を信頼していることが本人に伝わるよう誠実に対応しましょう。

思春期に関する正しい知識を得て、適切に接することが大切ですね。

まとめ

思春期の男子のイライラに対する接し方のポイントです!

  1. ホルモンバランスが変化し、感情が不安定になっていること理解する
  2. 体の成長とともに、芽生えだした自立心を理解する
  3. 親は感情的にならず、父親と母親で対応を変える
  4. 本人を否定する(傷つける)ような言動は避ける
  5. 時間がかかっても、わが子に向き合う姿勢をもつ

人それぞれ性格や個性があり、思春期の接し方に正解はありません。

親としてはやっかいな思春期、年月はかかるかもしれませんがいつかは親離れしていくわが子です。

早く終わることを願うより、親子で一緒に成長できたらいいですね。

コメント