思春期の男子がイライラの毎日!初めての思春期対応の正解は?

スポンサーリンク

べんちに座りパソコンを開いて頭を抱える女性

最近、息子が妙にイライラしていて、何を話しかけても無視したり怒ったりしてくる…

そんな息子に、どう接していいか悩んでしまいますよね。

もしかして育て方が悪かったのかも…などと考えてしまうかもしれません。

でも大丈夫です。

思春期の男子はイライラするものであり、きちんとした成長の過程です。

ここでは、思春期の男子はなぜイライラするのか?

どのような接し方が適切なのか?父母のならではの接し方はあるのか?

良い叱り方、悪い叱り方などについて、しっかりとご紹介していきます。

思春期の男子がイライラする理由は?

あごに手をつく少年のモノクロ画像

思春期の男子がイライラする理由は、思春期には男性ホルモンが増えるからです。

この時期に心も体も成長し、大人に近づくのですが、ホルモンの関係で心理状態が複雑で、とても不安定な状態になります。

必要以上に話しかけたり、子供には子供の考えがあるのにそれについて深く追及したり、否定したりするとイライラしてしまいます。

これは男子が大人になるならば誰しもが通る道であり、決して親の育て方が悪いとか、子供が悪いということではありません。

そのことを踏まえたうえで、下記に示すようなことに注意して子供のイライラに接しましょう。

思春期の男子のイライラに対する接し方は?母親、父親ならではの方法はある?

コーヒーカップを握る女性を手をとる男性の手

ではイライラしている子供にどう接したらいいのか。

やってはいけない接し方をご紹介していきます。

まず大切なことは、“話しかけすぎないこと”です。

イライラしている時に必要以上に話しかけられると、大人でもイライラが増しますよね。

「今日は学校で何があった?」など、必要のない質問、確認はイライラの原因となります。

全く話しかけず無関心なのもダメですが、きちんと用のある時や、ちゃんと聞いておきたい、話しておきたいことなど、節目の時にだけ声をかけるようにしましょう。

イライラしていても、大切な内容なら返事やアクションをとってくれるはずです。

また、何かを話しかけるときに”否定から入る”のはいけません。

例えば、「その音楽変なの、もっと他の音楽聴けば?」などです。

これはさすがに大人が言われてもイラッとしますが、もっと小さな否定や注意でもイライラしてしまうのが思春期です。

親が思っていることと子供がやっていることが違うと、つい注意したり、なぜそうなったのかという子供の心理を知りたくなってしまいますが、そういったときは、「どこでその音楽を知ったの?」など、質問で理由やきっかけを軽く聞くくらいにしておきましょう。

これもしつこく聞くとイライラしてしまうので、軽くライトに聞きましょう。

そして、子供に対して、“親(自分)が絶対に正しい”という言い方をしてはいけません

大人になりかけている思春期の子供には、それなりにきちんと自分の考えや意図があって、しっかりした考え方をしている場合があります。

その考えを聞きもせず頭ごなしに親の言うことを聞かせようとするのではなく、親が考えている以外にも子供なりの道筋、生き方があると考え、子供のサポートにまわってあげられると最良です。

その中で、こうしたほうがいいよ、などと大人目線の注意点をあげたりする程度におさえましょう。

もちろん非行に走るなど、あからさまに子供が悪い場合もありますが、そのことにもきちんと理由がありますので、ただ怒るのではなく、質問してどうしてそうなったのか聞いてみてください。

また、“子ども扱いをしない“ことも重要です。

思春期の子供は、親の想像以上に周りの目を気にします。

家族で外食している姿を友達に見られた、などは思春期の子供にとっては最悪の事態です。

自分が子供扱いをしているところを見られてしまったわけですから。

なので、皆で外食に行こうなどと言っても断られるかもしれませんが、それも大人になるための一歩だと思って見守りましょう。

なぜなら、思春期の子供は、自分はもう自立している、と見られたいからです。

なので、友達などが周りにいる場合は、話しかけたりするのはできるだけ避けましょう。

ただし、“完全な無関心”というのもいけません。

子供に関心のない態度をとっていると、子供の心が親から離れ、非行に走るなど、自分は親に必要とされていないんだという気持ちになってしまいます。

難しいですが、遠くからしっかり見守って、サポートしてあげているという状態がベストです。

そして、母親と父親の在り方、接し方についてですが、叱るべき事柄はきちんと叱り、でも基本のスタンスは遠くからサポートしてあげる形にしてあげてください。

叱る場合ですが、父親にも母親にも叱られると、子供は更にイライラし、ストレスをため込んでしまいます。

飴と鞭のように、ご両親で役割分担をしてあげてください。

叱る役はどちらもやりたくないものですが、子供のことを考え心を鬼にして叱ってあげて下さい。

その役割分担は、“子供と多く接する方”を飴、慰め役としてください。

たいていの場合は母親がこれにあたると思われます。

母親はフォローしてあげて、“子供と接する機会が少ない方”たいていの場合は父親、が、たまに叱るという連携プレーでメリハリをつけてください。

ただし、子供が女の子の場合は、父親が叱りすぎると嫌われてしまうこともあるため、言い過ぎには十分注意して、母親も上手にフォローにまわって下さい。

思春期の男子のイライラに対して叱るのはNG?良い叱り方はある?

カフェで話をする男女

思春期の子供は叱られたり否定されるのがとにかく嫌いです。

自分には自分の考えがあって行動しているのですから。

叱ること自体をやめる必要はありませんが、叱る前に理由をきくとか、叱るラインを少し高めにして、ちょっとした悪いことに対してはこちらが我慢しましょう。

叱るラインを高めにし、理由を聞くというのは、

例えば子供の帰りが遅かったときに

「もっとはやく帰ってこないとだめでしょ!!」

と叱るのはいけません。

まず、

「今日遅めだったね。何か用事でもあったの?」

などと理由を聞いてあげて、穏やかに会話するよう努めましょう。

子供にも何か理由があって遅れただけであり、約束を破りたかったわけではないかもしれないからです。

また、周りの子と比較する叱り方もしてはいけません。

「○○くんはできるのに、どうしてあなたはできないの?」
「○○ちゃんは練習してるよ、あなたも練習しないと!」

などです。

子供には子供の考え、ペースがあります。

そこに口を出されて、ペースが乱されることを子供は嫌います

他の子と比較をして叱りつけられるのは子供にとって嫌なことです。

他人の子は他人の子、と考え、自分の子供のペースを信じて温かく見守りましょう

良い叱り方は、感情的にならず、しっかりと筋道を立てて叱ってあげることです。

そうすると、子供も、何が悪かったのか理解し、また、親は理不尽なことを言っているわけではないと気づき、叱られても親を嫌いになることはありません。

そして、叱り終わった後は、そのことは綺麗さっぱり水に流し、「まあ、次から気を付けたらいいよ、ところで~」などと、ねちねちと言わないようにしましょう。

また、もちろんですが暴力はふるってはいけません。

何があってもです。

子供の心に深い傷が残り、親と子供の間に埋められない溝ができてしまうかもしれません。

そして、一方的に叱ってはいけません。

上記のように、叱る前に質問をするのがいいでしょう。

それに対する子供の答えがどんなに間違っていても、一通り説明を聞き、その後、間違っている部分を指摘、叱るようにしましょう。

思春期はいつまで?正しい知識をもって適切に接しよう!

組み合わさるハートのピース

子供は可愛い。

でもこのイライラした思春期の状態はいつまで続くの?と辛くなる時があると思います。

一般的に、12歳~18歳頃までの時期が思春期です。

思春期の男子は男性ホルモンが増え、心と体が子供から大人へ大きく変化する時期です。

いつか独り立ちし、自立するために今までの良い子ではなくなり、親の干渉をうざく思ったりするのです。

実は、思春期はどれだけ栄養を摂取したかや、どれだけ運動したかなどによって、始まる時期と終わる時期がバラバラです。

ある程度は決まっていますが、個人差が大きいのは事実です。

それでも、おおむね18歳頃には終わると言われています。

実は身長の伸び幅を思春期の終了の目安とすることもできます。

男子は25センチほど伸びると、目安ですが、だいたい思春期の終わりだということができます。

なので、イライラも18歳前後、もしくは25センチほど身長が伸びた頃にはおさまり、一歩大人になった子供の成長が見られるはずです。

イライラしている子供と接するのは辛く大変かもしれませんが、しっかりと終わりの時はくるので、正しい知識を得て、適切に接してあげて下さい。

まとめ

道路に置かれた白い花と鍵

思春期は、子供が大人になるには必要な過程であり、また、しっかりを終わりがくることもわかりましたね。

以下に、今回のまとめを簡単に記します。

  • 思春期の男子がイライラする理由は、男性ホルモンが増え、心理状態が複雑になるから
  • 思春期の男子への接し方、父母の役割分担の重要性
  • 思春期の男子へのNGな叱り方、よい叱り方
  • 思春期はきちんと終わるときがくる。それまで、適切な接し方をしよう

思春期の男子は、イライラしていて、接し方がわからなくなったり、育て方はあっているのかなどと、悩んでしまうことが多々あると思います。

思春期は子供が大人になるための大切な期間なんだとしっかり認識し、適切に接し、子供を遠くから優しくサポートしてあげてください。

【こちらも読まれています】

思春期の男子がイライラする理由は?どう接すればいい?叱ってもいい?
思春期、やたらと反抗的になったり話を聞かなくなったり、親は対応に困ってしまいますが、理由は何なのでしょうか?何が男子たちをイライラさせているのでしょうか?それは思春期を迎えた男子には、「ある変化」が訪れようとしているからです。

コメント