柴公園(映画)のロケ地は品川のどこ?神社はどこにある?

スポンサーリンク

映画「柴公園」かわいい柴犬たちが出てくる映画をご存知ですか?

もともと、ドラマで放映されていたものが映画化になりました。

内容は柴犬3匹がメインで、飼い主の男性3人が公園でダべリングしているというお話です。

この作品のキャッチコピーは衝撃のまったり感!おっさん3人+柴犬3匹。公園ダベリエンターテインメントだそうです。

ほのぼのとしていて、ワンちゃん派の人はたまらない作品ですね!

映画柴公園のあらすじは?ドラマからの続き?

映画版「柴公園」予告 2019.6.14 公開

柴公園はもともと2019年1月から「テレビ神奈川」で放送された、主演のあたるパパ役を渋川清彦さん、じっちゃんパパ役を大西信満さん、さちこパパ役をドロンズ石本さんが演じていたテレビドラマでした。

あらすじは、柴犬を連れた中年男性3人が公園で話(ダべリング)をしているというコメディです。

映画化になるにあたり、内容もドラマからさらに発展があり主演のあたるパパのラブストーリ―展開が期待されます。

原作は、「漫画:コノマエヨミ子さん 原作:永森裕二さん」のかわいい柴犬のマンガなんです。

散歩をする柴犬とおじさん。道々立ち寄る公園にも、柴犬とおじさん……。映画『柴公園』は、3匹の柴犬と3人のおじさんが公園のベンチに集う、少しだけ劇的な100分間。あたるパパ(渋川清彦)にさちこパパ(ドロンズ石本)、そして大西信満(しま)さん演じるじっちゃんパパが、無駄だけどあるあるな話(トーク)に真剣になる。

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

「互いに深入りしないから犬の名前しか知らない。でも、かえって本音が言えたりもする。若ければ飲みに誘えても、一歩踏み込むと関係が壊れてしまうという人生の経験則で、おじさん同士に妙な距離感が生まれて面白いんですよね」

本作は1月にローカル局で放送された連ドラの続き。ドラマでは犬の服や名前をめぐる会話がベンチで交わされた。

「3人の“色”は互いに探っていくうちに自然と出ていきました。じっちゃんパパは、ちょっと神経質で時々ムキになる。普段はシリアスで重い役が多いので、格好つけず、ちゃんとしなくてもいい役が、なんか心地よかったですよ」

『キャタピラー』の“軍神様”、『さよなら渓谷』では真木よう子の夫を演じた大西さん。

「実生活を重苦しく生きているわけじゃないし、おじさん的なものはもちろんありますから、自分のなかに溜まったものを発散できました」

引用:文春オンライン

「柴公園」メイン柴犬3匹インタビュー

こちらの動画はなんと、メインキャストの柴犬3匹さんのインタビュー動画です!

いや~、かわいいですね!癒されます!

映画柴公園のロケ地は品川のどこ? あの神社はどこにある?

さて、この映画のロケ地はどこだったのでしょうか。

ドラマも映画も主な舞台は品川区です。

しながわ花海道や八ツ山通り、立会川龍馬通り繁栄会や天祖諏訪神社など、品川区各地でロケが行われたそうです。

また、品川区フィルムコミッション〈しなロケ〉では「『柴公園』ロケ地さんぽマップin品川区」が作成され、都内映画館やしながわ観光協会で配布されるそうです。

ぜひ、このマップを見ながら散策してください。

映画柴公園のネットの評判は?

「柴公園」の入場者プレゼントとして、劇中に登場する柴犬たちのオリジナルコースターが6月14日(金)の公開より合計17,000名様に全5種の中からランダムで1種、配布されました。

ツイッターでは、このコースターを紹介しているものがたくさんあります。

https://twitter.com/shibainuKOTETSU/status/1140401939391188993

皆さんこの映画を見て、ほっこり癒されたみたいですね!

このコースターも、とてもかわいい!コンプリートしたくなります。

まだ、見ていない方は是非、映画館に足を運び楽しんできてください。

コメント